はじめてのSDA王滝バイクまとめ

2017年05月25日 08:00

全体的なレポートはコチラ「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km」まで。今回は自転車編です。

2014 MERIDA BIG.NINE TEAM ISSUE
merida big.nine sda王滝仕様

29incタイヤを装備したアルミハードテイルMTBです。予定では27.5incタイヤを装備したカーボンハードテイルMTBで参戦の予定でしたがシートステーの傷が発覚し急遽代車を用意しました。その後最適化1最適化2などのカスタムを行いこの日を迎えました。

完成車からカスタムしたポイント
チューブレス化とタイヤ交換
パンクリスクの高い王滝では定番のカスタム。クリンチャーと違ってリム打ちパンクをあまり心配する必要がないので、空気圧セッティングの幅が広がります。一般的に低圧にする事でタイヤの変形を使ったグリップの向上や振動吸収性を高める事ができます。私はロード、CXもチューブレスを使っていてその転がりの良さ、IRCタイヤの精度の高さも信頼をしてます。
タイヤ空気圧はF:1.65でR:1.7にしました。前日の夜に入れたので気温が上がったり標高が上がったりするので実際は空気圧は上昇していたと思います。

(IRC/アイアールシー)(自転車用MTBタイヤ)ミブロ for マラソン チューブレス READY(700x50C(29x2.00))
by カエレバ

・ブレーキ交換
完成車にはマグラのブレーキが付いていましたが、使い慣れているシマノに交換しました。BIG.SEVEN XTに付いていたブレーキセットです。またパッドについては雨だった事を想定してメタルパッドに交換しました。結果的に晴れでしたがカッチリとしたタッチはとても好みで自信をもってブレーキングができました。

・ステム、サドル、シートピラー、ペダル交換
ステム交換で上半身のポジション合わせ。シートピラーは振動吸収を狙ってBIG.SEVEN XTに付いていたメリダ純正カーボンへ交換。サドルもBIG.SEVEN XTからSPECIALIZED HENGEに交換しています。ペダルはCXで使っているシマノXTRにしました。この辺は王滝向けて事でもなく好みの問題です。

・サドルバッグ
IMG_9624.jpg

29incチューブ2本、タイヤレバー(2本)CO2ボンベアダプターヘッドタイヤブートイージーパッチ、コネクトピンを入れるためにサドルバッグを新調。選んだポイントは入れたいモノに対してちょうど良い大きさと、ベルトでしっかりと取り付けられる事。今までEVOCのツアラーを使っていましたが、べルクロの固定方法に難があってしっかりと固定する事ができませんでした。

(20%OFF※) トピーク サドルバッグ ウェッジ ドライバッグ (ストラップ マウント) Mサイズ WEDGE DRYBAG (STRAP MOUNT) SIZE M [BAG27101]【容量:1L】【防水ナイロン】【TOPEAK】(※メーカー希望小売価格参照)【パーツ】
by カエレバ

今回購入したTOPEAKのウェッジバッグも特別なアタッチメントを仕様しないベルトストラップでの固定には変わりませんが、クイックカプラーで固定後にベルトを引っ張って絞る事ができるのがポイント。CO2ボンベと携帯マルチ工具、ミニフロアポンプは入らないので、それは他の場所に入れました。

・トップチューブバッグ
補給食を入れるために準備したトップチューブバッグですが、そのままでは予定していたステム後ろに取り付ける事ができず。ストラップのカスタムをしている時間もなかったのでシートチューブ前のこの位置に。ダブルファスナーとマグネットによる蓋の構造は秀逸です。

grunge B-Wever(グランジビーウェバー) トップチューブポーチ[トップチューブバッグ][自転車に取り付ける]
by カエレバ


IMG_9626.jpg

今回王滝向けに工夫したのが取り付け方法。揺らさない、ずらさないをモットーにノンスリップマットを駆使して取り付けました。ダンシングでトップチューブバッグが揺れて脚に当たるのは避けたいし、サドルの下でサドルバッグが揺れるとリズムが狂うでしょ?また、その揺れが衝撃となってカーボンシートポストにクラックが入るなんて事もあるようです。予備の予備タイヤチューブを巻いておくのもいいみたいですね。盛大にサドルバッグを振りながら走っている方も見かけましたが100km走っている間には相当なロスとなって蓄積されているはずです。

バックパックに入れるって作戦もあるんだと思いますが、ハイドレーションのみにしてなるべく自転車に背負わせた方がが疲れないと思います。

・ボンベホルダーとボトルケージ
サドルバッグから追い出されたボンベをボトルケージと共締めできるホルダーBBB CO2 HOLDを導入。ボトルケージはBIG.SEVEN XTから流用でサイドから取り出しがしやすいSPECIALIZED Zee Cage II - Right。固定力もかなりあるので振動でボトルが落ちる事はありません。道中、結構ボトルが落ちていたので注意した方がいいと思います。

・コースプロファイル、マップ
IMG_9574

はじめての参加なのでコースが全くわかりません。迷子になる事はありませんが、チェックポイントまでの距離と、大まかにどれくらいの上り下りが残っているのか把握しておきたいところ。トップチューブに貼ったデータは走行中全く見えませんでした(苦笑)わかりにくいのですが、ゼッケンの上隅(向かって左上)に標高がわかる図をステッカーにして貼ってあります。公式WEBから拝借した標高マップは適当で標高はともかくCPの距離も合ってないのには参りましたけどね(苦笑)走っている人に「あとどれくらいですかねぇ?」なんて声を掛けながら走ってました。

・サイクルコンピューター
いつも使っているGARMIN820Jは電池容量的に8時間ちょいで切れてしまうのでそれまでに完走したいと考えていました。もちろん電池切れも想定してモバイルブースターとケーブルも準備しましたが、なんとか残り6パーセントくらいで帰ってこれました。ちなみにGARMINに過去に走った人のログデータを入れておくなんてテクニックを使うとコースプロファイルの把握にも役立つようです。

・その他
チェーンの給油は前日にしっかりと。小分けにして持っていく事はしませんでした。シーラントにしてもちょっと多めに入れて別に持参はなし。パンクしたらあれこれしないでチューブを入れる覚悟ですね。これについてはパンクしなかったからよかったけど、実際走ってみるとチューブ交換をしないで済むに越した事はないので考えておいた方がいいかもね。もしパンク修理(チューブ交換)2回していたら第3CP間に合わなかった恐れがあるので。

【あす楽】IRC FAST RESPAWN (ファストリスポーン)ロードチューブレスタイヤ専用瞬間パンク修理剤 50ml 仏式バルブ専用
by カエレバ

IRC(井上ゴム) IRCチューブレスレディタイヤ用シーラント(60mL) 991101[パンク修理キット][メンテナンス][工具]
by カエレバ

まとめ
何もトラブルなく帰ってこれたのは運もありますが、それなりに準備をしたおかげだと思います。先人の知恵を拝借、参考にして自分なりの対策を考えるのは楽しい時間でした。王滝の醍醐味って雄大な景色の中を自分と対話して走るだけではなく、ここにもあるんだと思います。それが面倒な人はMTBが得意な自転車屋さんにメンテを頼みましょう。途中でトラブルが起きても回収車が迎えに来てくれる訳でもなく、ただひたすら自転車を押して歩くしかありませんからね。もちろん今回うまくいったからといってこれがベストではありません。あなたのベストを探ってみてください。

IMG_9613
Photo by Keiji Kaneko

これで王滝対策の話は最後にしようと思ったけど、練習編も書こうかな。

<関連リンク>
セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km レポート
はじめてのSDA王滝補給まとめ
はじめてのSDA王滝装備まとめ
はじめてのSDA王滝バイクまとめ
はじめてのSDA王滝練習まとめ

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1167-3203bb6b
    この記事へのトラックバック


    最新記事