セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km

2017年05月22日 18:43

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝・・・通称SDA王滝。王滝クロスマウンテンバイク100kmに参加して来ました。結果としては、目標の完走を成し遂げることができました。いつも通り備忘録の意味も込めて初めての挑戦を記録しておきます。

決戦前夜
IMG_9572

ヒルクライムなどもそうですが地方での開催イベントは前日受付が基本。いろいろ思うことろはありますが、自治体の協力なくして自転車イベントはなかなか成り立たないので地域経済に微力ながらも貢献できる前日受付は仕方がないですね。しかし、宿泊が限られる王滝村。後述しますが早朝にレース準備がはじまる事もあり車中泊を選択しました。地域経済のへの貢献は中華料理屋さんでの晩餐会。

会場では受付を済ませ、出店ブースを見て回る。ボトルを忘れたので購入。予備のチューブなどは完売していたのでココを目当てにしている人が多いのか?パンクを避けて通るのが難しい王滝なのでシーラントなども売れているようでした。

IMG_9574

明日のレースに向けてバイクの最終チェック。ゼッケンを付けてタイヤの空気圧などを合わせます。シード選手以外のスタート順は早い者勝ち。早朝に起床して自転車を速やかに並べるためにはこの時点でバイクの状態を完璧に仕上げておく必要があります。

王滝 前泊 車中泊

競技説明会&パーティーが開催。イベントへ向けて高揚感が高まる瞬間です。早く寝たいので高揚している場合じゃないんですけどね(苦笑)会場にはコインシャワーがふたつありますが、時間によっては行列になるのでご注意を。私は並ぶのが面倒で汗拭きシートなどで済ませました。これが原因でアトピーの乾燥肌が痒くて1時間くらいしか眠れなかったんですけどね・・・。

レース当日
IMG_9586

早朝に目覚ましをセットして自転車をスタートラインに並べます。朝食を済ませて早めに排便ができれば準備は終わったようなもんですね。正直トイレの台数はかなり少なく(常設の他に簡易トイレが8台くらい)スタート前1時間になるとかなりの行列ができるので早めの行動をオススメします。

IMG_9584

無事に結構前方に自転車を並べることができました。前方集団で走りきれる訳ではありませんが、スムーズに最初の登りに突入するためにね。着替えや補給食の準備をしてスタートまでリラックスして待ちます。この日は気温がかなり上昇することがわかっていたのでジレやウインドブレーカーの類は置いていくことにしました。サイクルジャージ以外では防寒ではなく日焼け止め用のアームカバーのみの身軽な装備で。

レーススタート
安全祈願後スタート。林道に入るまでの舗装路はパレード走行です。上手な人は後方スタートでもこの段階でかなり前方へ上がれるようです。私は上昇する心拍数に若干の焦りを覚えながら位置をキープ。林道に突入しました。

IMG_9609

あれだけ密集していた集団も最初の登りで篩にかけられバラけてきます。心拍数が落ち着く範囲に負荷を調整してマイペースで淡々と。

IMG_9588

ココで自転車の紹介を。メリダの29インチハードテールバイク。王滝を想定して、完成車からパーツをいくつか入れ替えています。大きなところだとまずタイヤ。WOからTL化しました。タイヤは定番のIRC ミブロマラソンです。タッチの向上と雨天時の耐久性を考慮してブレーキパッドをメタルパッドに交換したことも自信を持って下れる要因となりました。

話をレースに戻します。

最初の登りでパンクやチェーン切れなどのトラブルでストップしているライダーを何人も見かけます。出鼻をくじかれるようでこれは避けたいと思いながらも、その洗礼をいつ自分にやってくるかわかりません。制限時間があり疲れている状態で作業したくないですよね。とにかく事前の整備でリスクを減らす努力(整備)とパンクをさせない努力(テクニック)は大前提であとは運に身を任せるしかないでしょう。幸い私は運良くパンクをしませんでしたが、2度パンクしていたら完走は無理だったな。

王滝 登坂
Photo by Keiji Kaneko

とにかく登りは淡々と。下りはリラックスしつつ、足を回して血液を循環させようと考えていましたが、事前の筑波山でやった王滝対策がうまくいったようで下りが最高に気持ちよく走れました。筑波山系一本杉林道のガレ場に比べたら王滝だってかわいいもんでしたよ。
ただ、それで調子にノってしまい下りの(特に)外脚トラクションでかなり筋肉に疲労を貯めてしまったようです。もっとニュートラルポジションでリラックスしなければいけなかったんですね。この辺の経験、スキルが足りません。CP2目前の下りで前輪が取られてリカバリーしようとした時に両脚を攣る事態に。なんとか落車はしませんでしたが、コーナーのアウト側でうずくまってしまいご迷惑をお掛けしました。特に自転車を移動してくれたスレート乗りの兄貴には大感謝です。スタート位置からその後のペースまでかなり近く王滝を走る励みになりました。この場を借りてお礼申し上げます。

CP1は制限時間1時間前に到着。その後大ブレーキでCP2は30分前。最後の関門CP3は15分前と結構ギリギリでした。正直完走はなんとかなるだろうと思っていたで詳しい制限時間なんか調べてなかったんですよね。

CP3後は気温も下がり、CP2手前で攣った脚も回復してきたのでペースを取り戻して走れた気がします。山のピークから谷に架かる橋まで下りてきて登り返すみたいなシチュエーションはスピードをなるべく殺さずにフロントアウターで登っていく感じが最高だったな。筑波山系練で國井さんに教わったスキルが役に立ちました。

IMG_9602
CP3直後の絶景にて

自分のメーター読みで9時間21分かけてゴール。(追記に公式リザルト記載) 移動時間が8時間1分と休んでいる時間を合計すると1時間20分もあったのに驚き。季節外れの真夏日による脱水も影響して両脚が攣ったことは誤算でしたが、それ以外は気持ちを切らせる事なく完走することができました。それにしては遅いけど。

王滝
Photo by SAKi

ゴール後会場まで戻るのに若干迷子になりつつ、無事に駐車場へ。同行者には約3時間も待たせてしまった大変申し訳ない!撤収作業を手伝ってもらったりして家路に。

完走の感想
心のどこかでは完走なんてのは余裕だろうと思っていましたが、30度以上の気温がそれを難しくしたのかもしれません。それでも気持ちを切らせることなくゴールできたのは経験者のアドバイスとネットにアップされた先人の知恵。そしてペースが合わないにもかかわらず一緒に練習してくれたCX仲間のおかげでしょう。はじめてのMTBイベントにも関わらずたくさんの顔見知りと挨拶できる事も緊張感を和らげ、心の底からリラックスすることができました。

また王滝に出たいか?

今は即答で「Yes」とは言えませんが、間違いなく楽しんだし最高の時間を過ごせました。ありがとうございます!

次回から補給など個別の準備と結果について書こうと思います。

<関連リンク>
はじめてのSDA王滝補給まとめ
はじめてのSDA王滝装備まとめ
はじめてのSDA王滝バイクまとめ
はじめてのSDA王滝練習まとめ

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

【5/25】公式リザルトが出ました>>>100kmリザルト

総合タイムと順位
総合タイム 9:21:16
総合順位:563位
男子:551位
40代男子:246位

区間タイムと順位
START-CP1 3:09:31 (539)
CP1-CP2 3:11:38 (615)
CP2-CP3 1:25:11 (606)
CP3-FINISH 1:34:56 (441)

実感として辛かったCP1-CP2が相対的に一番遅く、こちらも実感として脚が復活したラストの区間がダントツで早い。下りが長いからってのもあってスキル的にも相性が良かったのも大きいと思いますけどね。途中のマネージメントができたらもっとタイムを削れる予感・・・ん?また出る気になってる!?(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. SAKI | URL | -

    お疲れ様でした~(笑)
    お互い完走出来て良かった
    ロード乗りでも何とかなりました
    近々反省会でもやりましょ~

  2. カルさん | URL | -

    SAKiさん

    完走おめでとうございます!楽しかったですねぇ。写真ありがとうございまーす。 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1164-8cc6167b
この記事へのトラックバック


最新記事