BIG.NINEの最適化 2

2017年04月26日 08:00

前回「BIG.NINEの最適化 1」では今まで乗っていたBIG.SEVEN XTから使い慣れた部品を移植しました。その後乗りながら王滝に向けてモデファイを続けています。

IMG_8828

ステム交換
前回とりあえずgurunge 66ステム(80mm)を取り付けたのですが、まだ上半身が詰まる感じがしてCX用に使っていたOnebyESU 77ステム (110mm) に交換しています。

77stem110cx.jpg
過去記事「66ステムと77ステム」

平地と登りだけを考えるともっと下げたい感じもするのですが、シングルトラックを考慮するとこれくらいかな。贅沢を言えば66ステムの100くらいを試したい感じもしますけどね。

タイヤ交換
完成車装着のMAXXIS CrossMark。走行距離も少なくほぼ減っていないのですが、2014年式の完成車ですからね・・・劣化はしています。触った感じも「こんなにブロックのゴム硬いのかな?」って不安も。完成車用に供給されるタイヤは銘柄が同じでも市販品と違うなんてのは常識かはたまた都市伝説か?

タイヤ交換はただでさえコストパフォーマンスの高いカスタムと言われていますが、更にクリンチャーからチューブレスにするだけで約200gのタイヤチューブを減らす事ができます。リムテープとシーラント充填を加味しても、タイヤ外周部の重量が減る事はまちがいありません。もちろんリム打ちのリスクを減らしつつ、タイヤの空気圧を下げる事ができるのでセッティングの幅が広がり、結果的に速く安全に走ることにつなが・・・るはず、頼む!

ミブロ マラソン
過去記事「MTBのTL化 第2章」

IRC 『MIBRO-MTLR2920』MIBRO(ミブロ) for マラソンチューブレス READY 700x50C(29x2.00) [0306820002]
by カエレバ

どの銘柄にするか迷いましたが王滝向けの定番タイヤIRC ミブロ for マラソン チューブレス READYをチョイス。CX、ロードとIRCのチューブレスタイヤを使っていて、TLタイヤにとって大切なビードの精度を信頼しています。グラフィックはあまりにも好みと違うのですが(苦笑)

その他
気になっていたシフター問題。SRAMの押し込みしか対応していないトリガーシフトに対応できるか心配でした。(シマノは2WAY)フロントがトリプルからダブルになったので急坂への対応も心配でしたが、筑波山でギリギリどうにかなったのでこのままでチャレンジしてみようかな。

ちょっと気になっているのがグリップ。純正のフォームタイプも悪くないのだけれどエルゴンのエルゴノミックなタイプも気になる。王滝の下りで疲労軽減してくれそうじゃない。

【グリップ GP ジーピー】「VLG-1189 Ergo Grip VLG-1189 エルゴ グリップ」[HBG173] [ma] 自転車 MTB クロスバイク ハンドル GIZA PRODUCTS ギザプロダクツ【R】
by カエレバ

この辺はマストじゃないけどね。それよりもフロントフェンダーとかガード類があったほうがいいのかな。

そんな感じで最適化はほぼ終わって、やっと自分のバイクっぽくなってきました。あとは色を塗り替えれば完璧だな(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1150-a773fff5
    この記事へのトラックバック


    最新記事