ヒートガン

2017年04月14日 12:15

若い頃、とりあえずクルマが欲しくて解体寸前のクルマを乗り継いでいました。その時からまず行っていたのがエンブレムやステッカーを剥がすこと。時は90年代、カスタムの手法でハイテックカスタムが流行っていた頃でしたね。まぁ、クルマのステッカーなんかノリがしっかりしていることや、長い期間紫外線に晒されていたので剥がすのは大変でした。スクレイパーみたいなもの使いたいけどボディ塗装面に傷が付くのも困りますし。

ステッカーを剥がすなら温めろ
冬より夏の方が剥がしやすい事に気がつき、そこで覚えたテクニックが熱湯をステッカーにかけること。ステッカーも切れにくくなるし、ノリの粘着性も落ちるのです。熱湯かけて、「あつっ」とか言いながら爪で剥がしてました。

このテクニックで格段にステッカーを剥がす作業は効率化されましたが、更にヒートガンを入手した事によりスピードアップします。私が買ったのはアストロプロダクツの製品。パワフルなヘアードライヤだと考えれば安いので十分でしょう。

【照明・電工関連】 AP ヒートガン [アストロプロダクツ・ASTROPRODUCTS] 【DIY 工具 除雪機 耕うん機 発電機 薪割機 芝刈機】
by カエレバ


元々は配線作業で使う収縮チューブ用で購入しましたが、ステッカー剥がしにも効果抜群。

IMG_8623.jpg

これを使ってホイールのステッカーを剥がします。最初温めないでやったらエライ苦労しました。爪でキッカケ作って剥がし始めてもステッカーが切れてしまったり、表面の透明保護シールだけ剥がれるなど散々な事態に。しかし、適度に温めてやれば一気に剥がせます。

この時もヒートガンについては紹介してましたね。そんなに高いものでもないのでガレージに1台いかがでしょ?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1143-08f69532
    この記事へのトラックバック


    最新記事