massage in a bottle

2017年03月17日 08:00

レースの記憶は曖昧です。

IMG_8221
Photo by fb-gti

レポートを書こうと振り返っても、何があったかは覚えていても何周目にあったかはなかなか思い出せません。その記憶にタグを付けて後から検索しやすくしてくれるのがレース中の写真や動画です。今年もたくさんの方々に写真を撮影していただきました。

DSC_0396

CXの何が素晴らしいかってこの撮影がオフィシャルフォトグラファーではなく(たまにオフィシャルがいらっしゃる場合もありますが)有志の方々によるものであるって事。

DSC_0496

カメラをメインでCXを楽しむ方、レースエントリーをしながら空いている時間は応援と撮影に勤しむなどスタイルは様々。

DSC_0222

私もレースと応援と撮影を楽しむひとり。時々応援で疲れて自分のレースがグダグダってパターンに陥りますが、幸いな事にレースの順位で生活が左右されるような立場にはいませんから。トータルで楽しめればそれはそれでOK。

17240273_1395177847201177_1966378286926710307_o.jpg
Photo by Masakazu Abe

これははじめてCXの観戦に行った2012年のミストラルでの1枚。

DSC_0049

観戦に行こうと思ったキッカケは個人ブログで見た楽しそうなレースの写真があったから。そう、この世界を伝えてくれたのは不意に見つけた写真のチカラだったわけです。その写真がメッセージ・イン・ボトルのように世界を漂い、もしかしたら誰かの心を動かす事になるかもしれないのです。そんな事を以前の記事「写真で繋ぐバトン」でも書きました。

スターライト幕張 C3
Photo by Satoshi ODA

最初に自分の写真を撮ってもらったのは初戦茨城CXでシクロワイアードに掲載されたもの。次がこのスターライト幕張で春日部写真店の1枚だったと思います。

まぁ、CXレースを走るのと同じように応援して撮影するのが楽しいからやってるわけで義務感なんてものではありませんが、それが結果的にちょっとでもシーンに貢献できたらラッキーですよね。なんだか脱線してしまいましたが、脱線ついでに申しますとレースを開催してくれる人、受け入れてくれる地域、走りたい人とそれを応援してくれる人・・・どれが欠けても成り立ちません。お互いを尊重する・・・そんな空気が会場に溢れているから、私はシクロクロスが大好きなんだと思います。

今年もCX会場でたくさんの応援と撮影ありがとうございました。レース後に写真を見て振り返る事が走るモチベーションのひとつである事は間違いありません。いつか大きなガッツポーズを撮ってもらえるようにがんばろう。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1123-e8a0cadb
    この記事へのトラックバック


    最新記事