サイクリストがフルマラソンを走ったら

2017年02月28日 22:00

東京決戦と名付けたシクロクロス東京〜東京マラソンを無事に戦い終えました。人生で一度くらいはフルマラソンを走っておきたい。どうせなら東京で。エントリー抽選に応募しはじめて5回目で当選しました。最初はトレーニングしていきなりサブ4とか狙おうかと密かに思っていましたが、CXシーズン真っ只中でランに時間を割けるわけもなくモチベーションが上がらないまま当日を迎えます。その辺についてちょっと書いておきます。

私とラン
子供の頃から短距離走は大得意ですが1500mやマラソン大会では目立った成績は残せないタイプ。大人になり5年ほど前からハーフマラソンの大会には年に2〜3回程度参加している。ただし、友人とワイワイ楽しみながら走る感じでタイムを狙うような走りはしていない。最長走行距離は青梅マラソンの30km。ハーフのタイムは2時間〜15分くらいで走ってます。

一時期思い出したかのように朝か晩5〜8キロ程度のランを週に3回くらいやっていたが、最近はあまりやっていない。東京マラソンの1週間前に17.5キロのラン、4日前に7キロのランをしました。

要は中長距離は苦手な部類で、克服のためのトレーニングもしていない状況。CXシーズンなので心肺的には余裕がありつつも、右足首は捻挫の癖があり、長距離のランでは経腸靭帯炎の不安を抱えています。

装備や対策など
ランの暦だけは断続的とはいえ10年くらいになるのでシューズやその他の装備については揃っていました。

1fe896ad.jpg

シューズ:HOKA ONEONE CLIFTON 2
タイツ:ワコール「CW-X」
時計:GARMIN ForeAthlete 35J
バッグ:NIKE ランニング ラージ ウエストバッグ
ソックス:ライトソック

HOKA ONE ONE® Clifton 2

キャップやジャージ、パンツなどはランニング用ではなく自転車系やアウトドア系で。補給食も自転車でお世話になっている食べ慣れたものを準備しました。

目標
歩かないでちゃんと完走すること。フルマラソン参加は楽しみではなく、人生のチェックシートを埋める作業。歩いたりするともう一度チャレンジする必要が出てくるからね。

歩く事態に陥る可能性のある要因は膝の痛み。学生時代のバレーボール部の時でさえテーピングをしないタイプでしたが経腸靭帯炎(ランナーズニー)だけは話は別。しっかりとテーピングをしました。なるべく膝がぶれないように走り方も改善をしているのでそれを守ることだけ考えます。

東京マラソン2017
今年からコースが変更になり、超高速コースに生まれかわりました。後半のアップダウンと海からの風は疲労をためたランナーにはかなり堪えただろうと思います。今回は序盤は下り基調でその後は平たん。さらにゴール地点が寂しい臨海地域だったのが丸の内〜東京駅、皇居前と観客の盛り上がりも期待できてランナーを後押しすることでしょう。

スタートからハーフまで
DSCN2629.jpg

下り基調、サブ4グループでのスタート、序盤の高揚感なども手伝って最初の1キロは5分を切るハイペース。その後も5分なかばとオーバーペースの感じ。時計で確認はできていましたが、ただただ足をスムーズに運ぶことだけを考えていました。結果的に自分の時計では10分ほどベストより速い感じでした。

ハーフからゴールまで
東京マラソン2017

右足首と左肩に痛みを感じ、両足が次第に上がらなくなってきます。タイムを見てもここから急に落ち込んでいて、やはりハーフから先に関して耐性がないことがわかります。肉体よりも精神的になもの「いつもならここで終わりなのに、あと倍走るのか・・・」ってところなんでしょうね。そんな事もあり、残りのKm数や足の運びなどを気にしていると辛くなってきたので、準備していたミュージックリストを聴きながら走ります。

走っていて結構参ったのが自分のGPS時計で計測する距離と実際のコースでの距離が1キロ以上違うこと。考えれば片側3車線の幅の広い道路を走るわけでライン取りによっては長い距離を走ることになるのは当たり前なんですけどね。

コースに設定してある給水は全て利用し、補給に関しては自分で持ち込んだMagONか羊羹を10キロごとに摂りました。これで脚攣りについては心配ないだろうと思っていましたが、それでも後半は左のふくらはぎが危なかったです。

いろいろな痛みなどを感じながら、どうやったら脚が上がるか探っていると不意にペースが改善される時があったりして。もうすぐゴールだと感じた残り3キロくらいは特に脚が軽くなりました。

IMG_8068.jpg

残り2キロで見慣れたジャージを発見!まさか、こんなところを走っている人じゃないだろうと思ったのですが、辻善光選手じゃないですか!昨年は3時間半くらいで走っているはずです。声をかけたら今年は脚のトラブルで辛いとのこと。「残りがんばりましょー!」とこちらも元気をもらって丸の内へ。

丸の内の通りはロケーションも抜群だし、観客の声援もすごくて最高でした。左に曲がりゴールへ・・・あれ?ゴールゲートがないぞ・・・とか思いながらゴール・・・。あとで振り返ると背景の東京駅駅舎が見えるようにゲートにしなかったんですね。

トイレ1回、補給と応援に駆けつけてくれた仲間とハイタッチした以外は脚を止めずに完走しました。タイムは4時間50分(ネット4時間44分)でした。上出来、上出来。

レース後
日比谷公園で荷物を受け取り着替えなどを行うために整列して歩かされる。この間メダル、タオルなどをはじめいろいろ協賛品をもらえます。ポカリを飲み干すところまでは良かったのですが、荷物がいっぱいで補給食などを摂ることができず。応援に来てくれたメンバーと新橋で打ち上げに行き、一般的な食事は喉を通らずビールだけ飲む。帰宅後おそらく低血糖から体の震えが止まらなくなりました。ストーブの前で丸くなりゼリーなどの補給食を体に入れます。

帰宅後はあえて完走メダルを首からかけて街を歩いていたのですが、参加した中国人ランナーや応援に来ていた見知らぬ方々とコミュニケーションがとれて面白い体験ができました。しかし電車の優先席は譲ってもらえません(笑)

雑感
東京の街をここまで大規模に止めてマラソン大会をやるなんて、サイクリストから見ると羨ましくてしょうがないですね。やはり競技の価値を上げて認知されることは大事なんだと再確認しました。

フルマラソンへの準備もさほどせずに、緊張も期待感もなく"こなした"感じなので達成感もそれほどありません。声援はもちろんすごくて感謝していますが、CXなんか名前呼ばれて激が飛びますからね。贅沢なことだと改めて思います。

とにかく完走して人生の体験しておくことのひとつフルマラソンにチェックが入れられました。これで満足です。趣味のランとしてハーフは継続するし、トレランにはちょっと興味はあるけどフルマラソンはとりあえずもういいや。次はあなたの番ですよ。

追伸
最後にフルマラソン完走ついでにMTBのマラソンレースセルフディスカバリー王滝にエントリーしたことをお伝えしておきます。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

GARMINでトラッキングしたデータをもとにSTRAVAで管理していますが、自己ベストを連発でした。フルマラソンの過程なのにね。いつも、もう少し本気出せってことですよね(苦笑)
IMG_8079.jpg

純粋に自分でトラッキングした距離で42.195kmを走ったタイムを見ると4時間33分です。トイレ休憩で約4分タイムロスしているのもわかりました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1110-5e139ef5
    この記事へのトラックバック


    最新記事