シクロクロス東京 2017 C4-C

2017年02月14日 12:22

さぁ、いよいよシクロクロス東京です。このレースについての思い入れはブログ記事「東京決戦前夜」で書いた通り。砂浜は辛いけど、こんな環境で走れるチャンスは貴重なので楽しみなレース。

バイクと整備など
クロモリオーダー シクロクロス

先週のレース後帰りに輪工房へそのままバイクを持ち込み注文してあったリアディレイラーに交換。合わせてカセットスプロケットを最大ロー28Tから32Tにしました。昨年のCX東京は25Tで後半ギアが足りずに砂浜乗車が難しくなった事を受けて対策しています。

タイヤはフロントがIRCシラクのノーマル、リアがシラクのサンドを準備しました。林間エリアがドライであればこのまま。マッドであればリアタイヤを交換する予定。

砂浜ライドのセッティングに傾倒しつつ、シューズはランを考慮してMTB用のラバーソールシューズを持って行きます。

当日会場まで
IMG_7879.jpg

受付、試走までのスケジュールがタイトだった事もあり余裕を持って会場入り。前の晩11時くらいにはベッドに入りましたが、3時半くらいに目が覚めてしまい、ダラダラと準備をして高速も使わずに一般道で会場入り。

試走とアップなど
それほど冷え込みもなかったので霜が降りている様子もない。乾燥と風もあって林間エリアのコンディションは完全なドライ。砂浜をベースにタイヤを選択しても問題なさそう。
コースは昨年と基本的には変わりがないがフライオーバー手前は短いが簡単になった。ロングサンドセクション入口はモーグルエリアと呼ばれていて土嚢が積み上げられています。舗装路区間の勢いのままロングサンドセクションに突入する事が難しくなりました。

試走の段階で砂浜の乗れるラインを探ります。コーステープ側は締まっていて割とイージーに乗車が可能。基本的に海辺は潮が引いて乾き始めた部分を狙えばいいのですが、時間とともに状況は変わるのでレース中の判断が重要。ライン際もランで行く人によって耕されると難しくなる事も頭に入れる。

レースの戦略など
せっかく自転車持ってきているので基本的には砂浜区間の乗車にチャレンジしますが、無理だと判断したらランに切り替える事。ランで確実に前に進む事も有効な戦略なのは理解していますが、乗れたら速いのも事実。普通にやって上位に入るのは難しいので乗車に賭けます!(その分、林間区間は休む場所と割り切って流します。)

C4-C
スタートは2列目。ホイッスルが鳴ってスタート!1列目にタイヤをねじ込む隙間もなく様子を見ながら8番目くらいで右1コーナーへ入る。

IMG_7934.jpg
Photo by 写真館(仮)

プラン通りにディスマウントしてダッシュで前方を伺う。ここで乗車にこだわると落車に巻き込まれるのは1年目に学習済み。

32723597151_a4eb103be9_o.jpg
Photo by Zero

弱虫ペダルショートサンドエリアを抜ける頃には4番手くらいの位置に。ここまでプラン通り。城里ではスタートで沈んで脚を使ってしまったネコ先生も良い位置につけていてワクワクする。バリアを超えて林間区間で落車発生。うまく避けられて2位に。ネコ先生は影響を受けてタイムロスしたけどすぐに追いつかれるだろう。

16681532_1310614802365624_1438345705355743460_n
Photo by 輪工房

問題のロングサンドエリアへ。モーグルエリアのせいでスピードに乗せて砂浜に入る事はできなかったが、落ち着いてコーステープ際のラインをトレースするように乗車にトライ。離れていた1位にも迫る事ができた。これが継続できたら勝てるんだろな。

16684092_1310614852365619_1981897284726401831_n
Photo by 輪工房

ロングサンドエリアの間に今年から組み込まれたヘアピンカーブにより乗車で走り続ける事が困難になっていて、そこでやはりディスマウントを余儀なくされる。その後コースの北側の折り返し手前でまた乗れるラインがあるが、上りの折り返しラインで深い砂に脚を取られて体力が削られる。地力のあるネコ先生にパスされる。

16665791_1208190162632717_7629113781710938713_o
Photo by 文ちゃん

最初トップを走っていた選手には追いついてちょこっとバトル的な事を楽しめたが最終的には30秒差くらいで負けてるのですが。

16602885_1903695296516024_522340820168597231_n
Photo by どんまい

プラン通り林間区間は流し・・・って言うか速く走るスキルもないのが困ったもの。体力も回復しきれず・・・

IMG_7927
Photo by 吉原夫人

ラインも見極めるのが困難になんてきて乗車率も下がり、更に削られる・・・

32723595611_dfe28526e0_o
Photo by Zero

それでも諦めずに乗れそうなところはなんとかチャレンジはし続けました。「水際乗れてたよ!」と聞こえればそっちを試したり。大きなタイムロスになったのが一度あった気がしますが、それ以外はうまくマネージメントできた気がします。

また最後のフライオーバーは気持ちだけジャンプしてゴールへ。体感的に12位とかその辺かな?なんて感じ。

リザルト:15位/55人出走 27%
Lap1 7:39 4位 
Lap2 16:03 9位(8:23 18位)
Lap3 24:54 13位(8:51 29位)
Lap4 33:23 15位 (8:28 22位)
合計タイム 33:23.39

CX東京のリザルトがよくできていて、そのラップの順位が出てます。見事に1周目の貯金を食いつぶしているのがわかりますね。Lap3なんて全体で29番目のタイムですからね・・・わかったけど数字で見せられると凹むわ。

Good!
・1周目のマネージメント
・声援をたくさん頂けて砂浜区間はキツかったけど楽しめた

Bad
・・・こんなもんかな。

いつも言ってるけど、急にはどうにもならないベースアップが必要。ただ自分の現在の力は出せたんじゃないかな。乗車にこだわりつつ、昨年よりも良い成績。更に3週間のレースウィークで一番良い順位パーセントだったしね。

16602253_1080424122069976_1284834612791884098_o.jpg
Photo by Zero

それよりもネコ先生がついに2位で昇格を讃えたい。歯車が噛み合えばいつでも昇格できる状況でしたが、東京で決めるなんて最高だよな。個人的に野辺山で決める次にカッコイイやつ。C4がまた寂しくなるけど番人としてがんばります(笑)

そう言えば受付のお姉さんにも「あ、いつも参加されてましよね」
俺「いつもC4で」
お姉さん「今日上がっちゃってください(笑)」

なんて会話もしつつ。まぁ、こんな成績ですが、最高に楽しみました。ありがとう、シクロクロス東京。そして声援を送ってくれて写真まで撮ってくれた皆さん、ツーリング企画でお台場まで駆けつけてくれた輪工房の皆さんもありがとう。あなたのおかげでがんばれてます。

16707428_686763558171031_1334238960813931546_o
Photo by 岡元 恒治

さて、次は最終戦の城里町で再度約100段の階段と向き合います。その前に軽く東京マラソンやっつけてくるから、待ってろよ!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



観戦動画にスタートから1コーナー、ショートサンドエリア出口、ロングサンドエリア入口、ピット付近、フライオーバーとファーストラップが記録されています。その後はゴール映像も。撮影と編集ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1103-96c9d9c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事