映画「疾風スプリンター」

2017年01月16日 20:00

特に観に行く予定ではなかったのですが、いつも聴いているTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の人気コーナー「ムービーウォッチメン」で選ばれた事、そこでエキップ浅田の山崎さんのメールが読まれた事を知ります。確か試写会の評判もそれほど悪くなかったし、自転車好きとして自転車題材の映画にお金を落とすのも悪い事ではないと映画館へ。

tothefore.png
公式サイトより

自転車レースが題材となると、自転車好きはアラ捜しに走ってしまい、どうしても乗れなくなるってのがあると思います。その点ではやはり弱虫ペダルスタイルのチーム対抗ロードレース大会は残念だったし他にも突っ込みどころは多数あります。不思議な戦術が何度も繰り返されて応援上映であればきっとヤジが飛ぶ事でしょう。ただし、ロケーションは良いし、シーン毎の迫力はあるし、役者さんもがんばって演じていました。韓国競輪のシーンなんか初めて見たので驚きもあったしね。この部分はもう文句なんてありません。

ただ、人間ドラマの描写がものすごーく長くて退屈なんですよ。80年代のラブコメ的でそれが繰り返されるので退屈極まりない。展開は現代の映画らしく早いんだけどね。「え、まだこのシークエンスでその緊張感のないラブコメ演出やるの?」って。頭がクラクラして近年稀に見るダメ映画でしたね。

コメディ要素は夢を追いかける若者たちが壁にぶつかり挫折を味わう手前までで終わらせて、そのあとは「もうあの頃の無邪気さには戻れない・・・」みたいな展開が定石だと思うのですが、最後の方でも「えっ!?」って演出があるもんだから乗れないったらありゃしない。あの「心から叫びたい」ってシーンですよ。見た人はわかりますよね?
そして、とにかく気持ちが悪かったのが終盤の展開で訪れる自己犠牲となんの葛藤もなく受け入れるその感じ。安易な決断にしか見えないんだよな。描き方によっては美談になるとは思いますが、そうだとしても生理的に受け付けないかな。

ストーリー最後の着地は「そんな壁を乗り越えた彼らもここに並んでいる全ての競技者にそれぞれのドラマがあり、その中のひとりにすぎない・・・」みたいな客観的な描写とかは大好きだし、あれだけの自転車競技シーンを並べられるのに、このドラマシーンの呑気さで全てが台無しになっているんじゃないかと。

スポンサーが突然打ち切りをしてチームが存続できなくなるとか、きっとEQAの方なら他人事じゃない感覚になる展開も、御曹司の主人公の1人の背景を生かして伏線回収していくのかと思ったら全く違う出資者を工面したり、ラストの勝負も伏線的には韓国でマディソンやった展開が生かされるのかと思いきやそうでもない・・・自転車ロードレースの展開としてはそれはないけど、この作品のリアリティラインだったらマディソン展開入れたほうがわかりやすかったんじゃないかな・・・とか。弱虫ペダルだったら異様に肩組んだり腰を押したりするじゃないですか。あそこまでやってくれれば「この漫画の中の現実」として楽しめるもの。
要はリアリティのラインやシリアスでどこまでがコメディでってのも含めてすごく曖昧な感じなんですよ。もうそうなるとこいつらの悩みなや事件なんてどうでもよくなっちゃう。どうでなんとかなるんでしょ?って。

IMG_4013
スポンサーはメリダなのでランプレ・メリダチーム(特にルイ・コスタ)もフィーチャーされます

まぁ、少ない観客の中でも「結構良かったね!」って声も聞こえてきましたし、宇多丸さんの批評も良いところをちゃんと紹介していたし、その他割と高評価もあったので私の方が少数派なのかもしれませんけど。それらを読み聞きしても個人的には全くダメな映画って評価は変わりません。ただ自分が自転車ロードレースの事を全く知らなければあの迫力のあるロードレースシーンだけで大切な一本になる可能性もあったかも。そういった意味では大画面で見る価値はありますよ。公開規模はあまり大きくないのですが機会があったら是非映画館へ!

Jr







これらの名作も見ていなければ是非!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg




関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1085-1c462e5c
    この記事へのトラックバック


    最新記事