ROTOR 3D30 CX1 CRANKS 5

2017年01月05日 21:00

前回インストールの記事の続きです。ROTOR 3D30 CX1クランクには実質純正チェーンリングしか使えません。その理由は、チェーンリングを固定するフィキシングボルトが、世の中にあまり流通していないサイズのために厚みのあるウルフトゥースなどの部品を使えないためです。代理店のサイトにも「ROTOR Q-CX1チェーンリングとの組み合わせを前提に設計されています。」としっかり記されています。何故かは書いてないんですけどね。

ネジ山があまりかからなくて不安に感じつつ、レースフェイスとウルフトゥースのチェーンリングを使っていましたが、サックシーズン後半にネジを舐めてしまいました。その後、紆余曲折あって純正楕円チェーンリング(QCX1 38T)を購入して取り付けました。

ローター ナローワイド

楕円チェーンリング(Q-RINGS)にはお使いのバイクのポジションに合わせて仮想ギヤが最大歯数になる位置を可変させることができるOPTIMUM CHAINRING POSITION(OCP)が搭載されています。1〜5段階で調整が可能ですが、まずはミドルの3でスタートしてロードの場合500キロほど走ってからセッティングを考えるように指示されています。この500キロは、最初は違和感を覚えるだろうけど、それは使う筋肉が変わるから。そこを一度乗り越えてから判断してねってことです。メーカーの指示に従いミドル「3」にセットしました。

15235414_1013246868787702_7664203382263920368_o.jpg
Photo by Zero

スターライト幕張CX、野辺山CX、湘南中井CXと3レースで使用。その後、年末のロードワークで乗った際、決定的に何か歯車が合っていない(比喩的な意味でね)感じがありました。それは太ももの後ろではなく、前ばかり疲労する感じ。サドルの位置をちょっと調整しようかと思っていたのですが、もしかしたらROTOR Q-RINGSのOCP設定の問題かな?

6.jpg
ダイアテックWEB SITE ROTOR WHY Q-RINGSより

ミドルではクランク位置が4時のあたりで最大歯数になるように設定されています。標準的なロードポジションならここからスタートなのですが、TT(タイムトライアルバイク)のポジションであれば「4」か「5」でスタートすると説明書に書いてありました。より前乗りで前傾が深いTTでは最適な最大歯数位置が4時から5時方向に移動するそうです。



私のCXバイクはTTほどではありませんが、ロードよりも前乗りのポジションです。それなら「4」くらいではじめてもいいんじゃないかと思ったんですよね。500キロも走っていませんが、そもそもデフォルトが間違っていたんじゃないかと思いました。

「4」の状態で2017走り初めの記事で書きましたが違和感がない。真円のリングに比べてどうかはわかりませんが、少なくともQ-RINGSを「3」で使っていたときに比べたら自然に体重をペダルに載せられるように戻りました。

いきなりCXレースで使っちゃダメ
とりあえずここで得た知見はこれ。新しい機材の中でも自転車運動において最も重要なクランク回転運動の根本を変えてしまう部品をいきなり実戦投入はダメですよね・・・当たり前ですけど。CXレースではコース状況によってポジションをどんどん変更するし、短時間高強度の運動になるので客観的視点での判断が難しくなります。楕円のせいで疲労しているのか、それともレースの状況がそうしているのかがわからない。今回、じっくりとロードワークをしたことにより気がつくことができました。

最終判断はまだ出せませんが、やっと楕円(Q-RINGS)と向き合えるような気がします。位置が合わない場合にあれだけネガがあるなら逆にポジティブ方向に振れたときは効果を出してくれたらいいな・・・と。これってパイオニアのペダリングモニターがあればちゃんと数値で確認できるんでしょうね。

Q-RINGSは、ビンディングペダルやサスペンションフォークなどと同様の自転車の革命と呼んでも過言ではない製品なのです。とWeb Siteには書いてあります。その恩恵に与れるのか?シーズン後半戦を楽しみたいと思います。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1076-d52202f6
    この記事へのトラックバック


    最新記事