それ喘息ではありませんか? 2

2016年12月02日 12:25

小児喘息の経験もなく、今まで自分とは関係のない病気だった喘息。それがシクロクロスをはじめて発症しました。それは運動誘発性の気管支喘息との診断です。この件については過去記事「それ喘息ではありませんか?」で書きました。

dooping.jpg

レルベアという吸入薬を処方され段階的に効き目の強いタイプも試しましたがあまり効果はなく、今はメプチンエアーを処方してもらっています。これを運動前に2回プッシュして吸引します。この気管支拡張の効果がある薬はドーピングの対象になりますが、申請をすれば使える薬です。(申請を必要としない薬もあるようです)ドーピングコントロールのあるカテゴリーに上がったらご注意ください。

これを使わないと本当に咳が止まらなくなり、嘔吐し酸欠状態に陥ります。パフォーマンス向上ではなく生命維持に近い感じです。100を120にする力なんてのは到底なくて、100が20にならないように70くらいでなんとか留めてくれるイメージ。

クロス咳なんて言葉があるくらいで、レース後の咳き込みは当たり前なのですが、嘔吐を伴い1週間も続くとそれは医者に診てもらう必要があります。もしかしたら喘息かもしれません。

nobeyamafinish.jpg

CXシーズンになると週末はレースで距離乗れず、その間のウィークデーも体調不良でローラーに乗れず・・・コンディションはどんどん低下していきます。出られるレースは全部出るって考えから、体調が維持できるスケジュールを組むことがおっさんCXerには必要なスキルなのかもしれませんね。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1053-28992ff8
    この記事へのトラックバック


    最新記事