クリートキャッチ

2016年11月09日 08:00

シクロクロスレースにおいてスタートの重要性は今更言うまでもない。スタート直後の混乱、ボトルネックでの渋滞を尻目に楽に貯金ができるからね。その貯金を保てば優勝はすぐ目の前に・・・まぁ、それができないから万年C4なんだけどさ(苦笑)

シクロクロススタート
Photo by Haruo Kotera

個人的スタート心得
シクロクロスのスタートについては以前も考察しましたが、個人的にポイントとしては・・・

1.スタートの姿勢(サドル前方に腰をかける)
2.心の中でカウントダウン(ただし15秒前のコールの後にすぐホイッスルの場合もある)
3.適切なギヤ比を決める
4.後方スタートなら渋滞時の担ぎラインを考えておく

こんな感じです。前橋CXで得た教訓としてはBGMは必ずしもスタート前にミュートされない事や15秒前のコールがない場合もあるって事。1分前になったら、集中力を上げて臨戦態勢に。こんな感じでC4のレベルにおいては割とスタートは得意な方。

クリートキャッチ問題
皆さんのレースレポートを見ていると「この日はクリートキャッチをミスし・・・」とか「クリートが一発ではまり・・・」なんて話が出て来るのですが、自分ではスタート時にクリートキャッチの成功か否かを意識した事ないのに気が付きました。

SHIMANO PD-M9000
SHIMANO XTR PD-M9000 SPDペダル

もしかすると、左足のクリートがはまったか?そんな事よりもそのままペダルを踏み込む事に意識がいっているからなのかもしれません。もしはまってなくても踏んでいればそのうちはまるって事ですね。スタート時ならまだクリートに土もついていないでしょうし。

CRANK BROTHERS  EGG BEATER 1
Crank Brothers eggbeater 1

確かに踏み面の少ないクランクブラザーズのエッグビーターを使っていた頃はクリートキャッチの正否を気にしていましたが、比較的踏み面の面積があるシマノにしたら最悪はまってなくても踏み外す事はないので意識から消えてしまったのかもしれません。

14589650_1214856845239907_367355575198213580_o
Photo by Ken Kuroda

後はクリート位置も関係するのかな?それぞれ力をかけやすい位置を探してクリート位置を決めていると思いますが、私はなるべく後方(踵寄り)にセットしています。もしかしたら前方(つま先寄り)の人よりも踏み外しにくいのかも?

どんなペダルを使うかはそれぞれ好みがありますが、CBならエッグビーターではなくキャンディにするだけで安心感は格段に上がるのかもしれません。定評のあるTIME ATACKシリーズも気になるところ。私の場合は泥詰まりに弱いと言われるシマノSPDで今のところ満足しています。自分の感覚にあったペダルとクリートのセッティングであなたもホールショット職人になれるかも?

こんな事を考えるとクリートキャッチの正否を気にするようになっちゃったりして(笑)スタートについてはやまぞうさんや文ちゃんがホールショットを勝ち取っている事が多く、それぞれ何かコツがあるのかもしれません。体力アップは日々の地道な積み上げが必要ですが、この辺のテクニックやコツはちょっとしたことで成績に繋げられるのがシクロクロスの面白い所。日々研究を続けたいと思います。

追伸
やまぞうさんのコツについては最近のつぶやきで把握しました(笑)










人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1040-aa3fc308
    この記事へのトラックバック


    最新記事