クーラーボックスとドリンク、氷

2016年10月21日 08:00

1シーズン目を終えて自分なりにこれからCXを始めようと考えている方に向けてこんな記事を書いていました。言葉足らずな所もありますが、まぁ大まかに掴むにはこれくらいで、あと気になった所は検索して探してみるといいと思います。

【過去記事】
来シーズンこそシクロクロスをはじめたいあなたへ 1(機材編)
来シーズンこそシクロクロスをはじめたいあなたへ 2(レース当日の流れ)

SportCrafters Omnium Trainer

昨年まで入口のカテゴリーであるC4は朝イチのレーススケジュールである事が多く、あまり必要としていなかったのですが、レースが午後になる場合は、会場で快適に過ごすための準備も必要だと思いました。それはテントや折りたたみテーブルにチェア、コーヒーを淹れる準備等があるといいですね。これらは贅沢品でもありますが、シーズン最初のまだ陽が出ると暑い時期にはクーラーボックスと大量のドリンクは必須です。

私も初戦の茨城シクロクロス七会中ステージで失敗したのですが、気をつけて水分補給を続けていないとレース中簡単に脱水症状、熱中症になってしまいます。パフォーマンスが発揮できない所か、危険な状況に陥ります。

私は大きめのクーラーボックスにスポーツドリンクと水にご褒美コーラ、バナナやパンなどの固形物にゼリー系の補給食を入れていきました。クーラーボックスには保冷剤の他にジップロックに入れた氷を大量に用意して、クーラーボックス内の温度を保つと共に、捻挫など何かあった時に体を冷やす用途に使えるように準備しています。

今回の前橋でその氷が役に立ってしまいました。

様々な自転車競技を体験して来た方もシクロクロスは怪我のリスクが低い競技だと認めていますが、リスクはゼロではありません。私も昨年肩甲骨を骨折していますからね。ただリスクを下げる工夫は色々できるって事です。

シクロクロス ピット

レースで何かあった時の事を考えるとクルマ1台につき複数人数で来る方が帰りの運転の心配をしないで済みます。カテゴリーが違えばピットサポートをお願いする事だってできるでしょう。

なんて言いながら私もひとりで参加が基本。そこでひとり参加に便利なアイテムを作ってみたいと考えています。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1032-9b86d9f8
    この記事へのトラックバック


    最新記事