Northwave Hammer CX レビュー

2016年10月14日 21:00

日本で買えるシクロクロス用シューズ「ノースウェーブ・ハンマーCX」を履いてCXレースに参加したで最初のレビューを。これまでにもトレーニングライド、茨城シクロクロス#1の試走でも使っていました。その時はクリートのセッティングが煮詰まっていなかったので実践デューはお預け。その後雨の日のトレーニングを経て今回の実践投入に至ったわけ。

導入編はコチラ

IBARAKICXSTART.jpg
Photo by Haruo Kotera

ネオプレーンアンクルカバーの実力
このシューズの特徴はウェットスーツ等でも使われるネオプレーン素材のアンクルカバーです。シュータンも兼ねるこの構造はNIKEのハラチを想像してもらえるといいかな。簡単に言うとネオプレーン素材の靴下がシューズにくっついているみたいな感じ。

シクロクロス シューズ

このおかげでシューズとの一体感が素晴らしい!シューズのヒールカップも自分の脚と合っているからかもしれませんが、履いた瞬間シンデレラになった気分を味わえました。

ハンマー CX NW
Photo by offcourseyass

しかしアンクルカバー一番の効果は水や泥の侵入を防ぎ足を保温してくれる事にあるでしょう。雨の日にフィッティングを兼ねて乗りましたが、足を濡らす事はありませんでした。他のシューズでは翌日までシューズが乾かない事体になるのですが、HAMMER CXはシューズ内はドライで表皮泥と水を拭き取ればOK。

ネオプレーンは厳密に言うと水がしみ込む素材ではありますが、少々の雨では問題はありませんし、染み込んでもその保温性は冬場のレースに効果的でしょう。

DSC_0049

シューズを締め付けるのはBOAダイヤルでもなくラチェットシステムでもなく、トラディショナルな3本ベルクロ。ベルクロも長い事使うと固定力が失われていきますが、破損の心配はありません。

IMG_5915

単純な構造なので泥レースのあとに洗うのも楽ですね。シューレース版ががあればそちらを選びたい所ですが、個人的にはその次にCX向きな構造だと思います。ただ草ムラを走った時なんかにベルクロ部分にいろいろくっついてきてしまう事があるのでそれは注意したいですね。

11221811_968804589898597_4131823322105294260_o.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

カーボンソールを採用したGIRO CODEからの履き替えですが、自転車を漕いでいる感じではナイロンソールの剛性不足を感じる事はありませんでした。(FTP149WでC4ライダーの感想です)逆に振動吸収をしてくれるとか、自転車を担いで走りやすいなどのポジティブな部分があればいいですね。まだここまでは感じ取れていません。

DSC_0046

現在、デフォルトで付属していたナイロン製のスタッズを取り付けていますが、金属製のスタッズも付いて来るのはありがたい。アスファルトの階段があると金属製は走りにくいのでナイロンをとりあえず使っています。

泥だらけで雨でも走るCXにおいて試走とレースを考えるとシューズは2足あったほうが安心です。追加の1足として検討に値する1足だと思いますよ!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/1026-c5a511e2
    この記事へのトラックバック


    最新記事