機材の予備

2019年11月29日 08:00

シクロクロスに参加するときに何を持っていくか?これからはじめようって方向けに「【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)」って記事も書きましたが、これ以外にできればトラブルを想定したバックアップ体制が必要になる。基本は予備を持っていくこと。RDやディレイラーハンガーとかチェーンなどの部品はもちろん、ジャージやグローブ、シューズなんかも予備があると安心だ。

IMG_1566.jpg
Photo by Uzzy

予備は壊れた時のバックアップだけではない。雨などの悪天候によりレースがマッドコンディションだった場合に試走だけで相当汚れる。予備がなければそのままレースに参加しなければならない。汗で冷え、雨で冷え、泥で冷え・・・見た目の悪さだけではなく、まともなコンディションでレースに臨ことが難しくなるだろう。

今年の野辺山がまさにこれ。野辺山らしい泥々のコンディションで自転車もウェアもすぐに泥だらけになった。それは分かっていたのでウェアもシューズも全て2セット持参して対応。

個人的なこだわりですが、試走の時はビブではなく、タイツが好き。朝試走のために自宅から履いていっても途中のコンビニやSAなどですぐにトイレ(大)に行けるので。

話が少し逸れました。

ウェア関係を2セット準備したおかげで躊躇なく水たまりも泥も気にせずに有効なラインを探すためにトライし続けられた訳。

mud_nw.jpg
参考:Northwave Hammer CX 購入時レビュー

もちろんシューズも2足持参。試走でNorthwave Hammer CXでレース本番ではGIRO EMPIRE VR90に履き替える予定でした。しかし、結局試走もレースもNorthwave Hammer CXで済ませました。やっぱりこのシューズは良いです。最悪のコンディションでもシューズ内を濡らさないネオプレン製のアンクルカバー。試走後靴を脱いだたソックスは全く湿っていませんでした。このネオプレン製アンクルカバーと踵のカップによる最高のフィット感。程よい剛性のナイロンソールによってラン多めのコースに対応しやすい。

シクロクロス シューズ

シンプルな3本ベルクロは壊れる心配はなく、ラチェットやダイヤルタイプに比べて掃除もしやすい。CXと名乗るだけあってまさにシクロクロスに向いたシューズです。これだけ持ち上げていますが、残念ながらすでに廃盤。ネオプレン製アンクルカバーは新型に引き継がれていますが、固定方法がBoaダイヤルになってしまいました。もう1足買っておくべきだったと後悔。

giroiceb.jpeg

レース用に考えていたエンパイアも泥で汚れた際に掃除がしやすい構造で、ビブラムソールのグリップも良いのですが、ランが多めのコースでは踵が浮く感じもあって具合が良くありません。逆に乗車でほぼクリアできるコースであれば高剛性カーボンソールが良い仕事をしてくれると思うのですが。

元々シクロクロスは自転車2台で参加するのが前提の競技。予備が当たり前の機材スポーツ。そんな訳で全部2セット持って行けば安心って話と、キャラクターの違うシューズを使い分けるのも有効でかもよって話でした。

ブラックフライデーで散財しますか?



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト





最新記事