Bikejoringはどこでやる?

2019年08月30日 20:00

前の記事で犬と楽しめるサイクルスポーツ「Bikejoring(バイクジョーリング)」を紹介しました。なんだか興味が湧いてきた人もいるはず(いて欲しい)。でもこれってどこでやれるんだろう?そんな疑問が湧きますよね。

23869805365_4cd7dc37ce_z.jpg
Photo by Harold Meerveld

競技としては、犬の肉球を保護するために土、芝生などのフィールドが望ましいとされて、コース設定の指針を出しています。(ただしコース設定上アスファルトや大粒の砂利道を使うのは問題がない)国内の公園で自転車と犬が一緒に入っても良いって条件はなかなか難しいかもしれませんね。ただ、私もシクロクロス遊びをしている関係で近所の未舗装路をハンティングしていますが、首都圏にも少ないものの、探せばそれなりにあるものです。

ただ、せっかく見つけたBikejoringエリアまでどうやって移動するか?そこが問題です。

9d8f30fa.jpg

6ホイール&ドッグ
クルマにバイクと犬を積んで行けば解決。駐車場の問題などもありますが、ロケハンエリアも広がりますし、やっぱり6ホイールスタイル&ドッグが手っ取り早い。

自走
私の場合、自宅から交通量の少ない裏道を通って1キロ弱で江戸川河川敷へ行けます。このブログでは度々出てくる河川敷の管理道路や広場はBikejoringをするにはまずまずの環境。それくらいの距離なら6ホイール&ドッグで行くよりも自走で行きたい。

「でも犬の散歩を自転車でしたら違法では?」こんな疑問にぶつかりました。

「自転車の運転者はハンドルやブレーキなどを確実に操作し、かつ道路状況に応じ他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなくてはならない」


傘差し運転やスマートフォンを見ながらの運転、イヤホンをして周囲の音が聞こえないようにするのがダメなのもこの部分に該当します。何をしていたわけではありませんが、片手運転で走っていたところ警察の方に声をかけられたことも実際にあります。よって、片手でリードを持ち犬の散歩をさせるのが違法ですね。

しかし、Bikejoringは写真を見てもわかる通りハンドルやブレーキを確実に操作できる体制ではあります。(「路状況に応じ他人に危害を及ぼさないような速度と方法で」については運用、スキル、状況次第なのでとりあえず置いときます。)

Bikejoringは軽車両?

「自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう」
道路交通法2条1項11号


動物種に限定はないので水牛、ロバ、犬などによる牽引もここに含まれる。よって犬で牽引するBikejoringも軽車両に該当するのではないか?と思います。

7431619946_eca330e20f_z.jpg
人力で引くリアカーも軽車両

法律の隙間で恐らく問題がないであろうと個人的には思いますが、Bikejoringの牽引システムはかなり左右自由に動けるので犬の服従度合いや交通量と相談して、押して歩くなどの対応が必要だとは思います。机上の権利を声高に叫んでも事故にあったら不幸でしかありません。その辺は大人の見識と対応で乗り切りましょう。

16424617410_68d46e08cb_z.jpg
Photo by Harold Meerveld

ここで言いたいのは法律的に問題ないから公道で大手を振ってBikejoringやろうぜってことではなく、自転車で犬の散歩は絶対に違法って決めつけに関して、「それは違うよ」ってちゃんと答えられるようにしておこうって感じです。馬車や人力車など過去に生活を支えたシステムで現在も観光で使われている事もあり揺るぎない地位がありますが、犬の自転車牽引なんて何か問題が起きたら、すぐに名指しで違法になることが予想されますからね。

例えば、遠く見渡せる広い田園の中の道路で、交通量がほとんどなく、もしあったとしても余裕を持って対応できるところであれば、軽車両の恩恵に預かって一般公道でBikejoringありだと思います。それ以外は、さっきも書きましたが大人の判断で。

基本的にはBikejoringは軽車両に該当し違法性はないと考えます。時間を作って資料を持って警察に確認してもいいかな。



ssalebaner.jpg

[ 続きを読む ]

スポンサーサイト





最新記事