ハードコンタクトとオークリー・フライトジャケット

2018年12月29日 08:00

購入レポートだけお届けしていたオークリーのフライトジャケット。Festive500サイクリングでやっと試してきました。度入りで作っていないこのアイウェアの使い道ですが、ハードコンタクト装用時の着用です。

フライトジャケット  オークリー

以前にもハードコンタクトで自転車に乗ったことがあります。普通に前を向いて走っているときは良いのですが、振り向いた瞬間にコンタクトを一つ飛ばしました。振り向いた瞬間に目を見開くことになるので剥がれやすいのと、サングラスと顔の間に風が入り徐々に乾いていたのが原因だと思います。しかし、最近のオークリーはゴーグルかと思うくらい大型の一眼レンズアイウェアをリリースしていて、問題点を解消してくれるんじゃないかと思ったわけ。

onface_fligtjacket.jpg
ヘルメットの傾き・・・

フォトロミックレンズなので紫外線を浴びるとレンズの色が濃くなります。現在使用中の度入りカスタムをしたアイウェアは暗い場面でも使えるようにどっちつかずの色にしてありますが、オークリーのフォトロミックだとここまで黒くなります。参考までに普段使っているSplit Jcacket着用時の写真を下に貼りましたがレンズ奥の目が見えるのがわかるでしょ?このおかげで夜間でも使用できるのですが、昼間は眩しさを感じます。

43067806030_a7e8efa604_z.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

しかし、このフォトロミックは夜はクリアレンズに、昼間は紫外線で暗くなるので快適ですね。過去にZERO rh+で使ったことがあるのですが、それよりも性能が良い気がします。

oakley_flightjacket_onsadle.jpg

肝心のハードコンタクトでの使用ですが、これが全く問題なしでした。走行風の影響をほぼ受けない感覚。もちろん曇らない程度に空気は循環しいていると思いますが、顔を覆うようなデザインのために巻き込むような風が入らないのが関係しているのかもしれません。朝の36キロ、仕事を終えて帰りの36キロと一日中ハードコンタクトを入れたまま自転車に乗れました。これは革命的な事件です。

ただ、普段これでサイクリングに行けるか?ってことになると難しいかな。やはり目が痛くなったり、外れてしまった時のために度入りのアイウェアは手放せないし、コンタクトケースも持っていかないと不安。(今回は大きめのサドルバッグにそれらを入れてましたが、普段は身軽が信条なので)そうなると矯正視力が落ちても度入りのサングラスで行くかな。逆にCXレースみたいな環境ならこれでもいいかも。何かあっても車に戻ればいいからね。

フライトジャケットの評価
単純にこのアイウェアの評価ですが、フィッティングがゆるい感じが気になりました。過去のOAKLEY製品のようにもっとツルで締め付けてグリップして欲しい感じ。別にロードサイクリングで不安があったわけではないのですが、オフロードの振動や顔を上下に降った時のズレは気になるかもしれません。ツルの長さ調整やレンズの傾きで排熱するシステムなんかいらないから、なるべく軽量な構成とグリップの良いソックスでしっかり固定して欲しいなと思います。Wind Jacket 2.0的なシンプルさで上部リムレスデザインが採用されたら最高かな。

メーカーサイト:OAKLEY FLIGHT JACKET

買うならWiggleが安いですね



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト





最新記事