【Festive500】Day7 チャレンジ成功

2017年12月31日 08:00

日付が変わる前に帰宅して早々に就寝したのですが、時計のアラームを無意識に切っていたようで予定より40分程寝坊。前日準備をしない代わりに1時間前起床する私にとってはこの寝坊はかなり痛い。それでもバタバタと準備をして10分遅れで待ち合わせの場所へ。

今日のパートナーは地元の友人。数年前に自転車購入相談から購入、納車まで楽しんで関わりましたが、一緒に走るのは2回目かな。今年からトライスロンを始めた彼と葛西臨海公園までの江戸川CR往復の100kmを走ります。

kasaipark_glasshouse.jpg
この自転車サイズの違い!

この季節典型的な「行きは良い良い、帰りは怖い」で猛烈な向かい風と戦うことに。パートナーは初めての100kmサイクリングで相当な洗礼となったことでしょう。次は山の洗礼を浴びに行きましょう。

カルさんさん(@h_cal)がシェアした投稿 -


別れたあと、Festive500に数キロ足りなかったので一人で仕上げのライドを。本当は大掃除している嫁さんとタンデム自転車でも乗りたかったんだけどね。そんな身勝手なロマンチシズムは年末、大掃除って現実の前に無力であります。

f500_tr.png

そんな訳で1日を残してFestive500チャンレンジ達成しました。

#festive500 501/500

毎年毎年、このイベントを達成するためにまだ暗い早朝に距離を積み重ねるサイクリストを横目に見ながら自分は無理だと思っていました。
2017distance.png
2017年の走行距離を見ればその理由は明らかで単純に年間走行距離が少ないのです。CXシーズンは仕方がないにしてもハイシーズンでさえ、今回の12月より少ない・・・恐らく100kmを超えるライドは片手で十分足りるくらい。STRAVAの集計だと距離にして4,156.8 kmです。

認識が少し変わったのは8月に開催されたサトウトシキ氏のトークショーに行ってから。見事にベストフィルムを受賞した巨匠も普段からそんなに距離を乗っている訳ではないと聞いて。お話の限りあまり私と状況は変わらなかったんですよね、自転車に関しては。やるか、やらないかは自分の意識の問題だけだと思いました。

喘息が酷くて自転車に乗っていないタイミングで、ゆっくり距離を走りながら2018年のCXシーズンを迎えたい思いもあって、1日目に100km乗った時点で達成を狙おうかな?と思いました。今年は東京マラソンで初フルマラソン挑戦、完走し、王滝でMTBのマラソンレースに初挑戦、完走。そんな事もあったのでロードのマラソンイベントとFestive500を勝手に位置付けしてクリアしたかった。それでも達成するためにチャレンジすることを口に出さなかったのはいつでも逃げられるようにってところが情けないのですが(苦笑)
Raphaをはじめ、周りの皆さんのSNSを通じたサポートや一緒に走ってくれたmatudo、染ちゃんのお陰でなんとかチャレンジを成功することができました。たかが500km走っただけで毎年クリアしている先輩たちには「大袈裟な・・・」って話ですが、自分にとっては大きな成果になりました。

最後にこの忙しい時期に快く送り出してくれた妻に感謝します。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



スポンサーサイト





最新記事