持久力アップは諦めてたって、勝負を諦めた訳ではないからな!

2017年10月31日 21:00

Facebookを使っている人ならわかると思いますが、「過去の今日あなたはこんな事をしてましたよ」って昔の投稿をピックアップするサービスがあります。基本誰得なんだよって思うのですが、たまにハッとさせられる時もあるんですよね。

hinokistick.jpg

過去記事:ひのきの棒
言うまでもなく、ひのきの棒とはドラクエで勇者が最初に持っている一番弱い武器。まだまだ弱いシクロクロッサーでも自分の中の強みを探して、あくまでも当社比で構わないので得意な部分を探し磨き、そこで勝負しようって事を書いています。

昔の運動神経良い人、何でもできる人ってセルフイメージとはほど遠く、シクロクロスでは主に持久力の面で苦労しています。自らのトレーニング不足を他者との勝負に徹するだけがCXの楽しみ方じゃないと言い訳しつつ、内面では自分の不足している部分ばかりを見て、半ば勝負を諦めていた気がします。

短所を補うか、長所を伸ばすか?
当たり前に考えればどっちもバランス良くですが、それができたら悩む事なんてないのです。とっとと昇格しているでしょう。現実的に考えて限られた時間、モチベーションの中でどうするか?短所=苦手=トレーニングも辛いって考えたら、単純に長所を伸ばしたり増やす方が楽しいですよね。弱っちいひのきの棒でも二刀流になれば、1本の矢でも3本になれば強くなるじゃないか!(二刀流って強いのかな・・・ってツッコミはしないように)

22426470_1718523218443899_2349553861855730832_o
Photo by Takashi Saito

2本目のひのきの棒
先日の冒険ランド練でもそうですが、幸運な事に一緒に練習をしてくれるCXerはC1やC2ばかり。自分よりずっと強い人たちと走っていますが、一緒に走っていると自分が速く上手くなったような感覚に襲われます。これは上手い人に付いて走る事で適切なライン取りと、コーナーの進入速度、体の動きがシンクロする事で得られる感覚だと思います。自分より脚のある上位カテゴリーの人達は、自分より楽をして走っている事実。2本目のひのきの棒のヒントはココですね。

できない事を自覚して認めて向上させればって考えるのは当然なのですが、そう考えるとできないことばかり目について面白くないでしょ?それだったら"なんとかできてる事"を"得意な事"にレベルアップしてった方が面白いよなって。「褒められて伸びたいです!」って随分とゆとりな発言ですが、幸いな事にシクロクロスの結果で生活が左右される立場にないので、より楽しくって考えで遠回りかもしれないけど昇格を目指すのも悪くないのでは?

持久力アップは諦めてたって、勝負を諦めた訳ではないからな!
コレです。ウッカリ昇格は常に狙っています。弱気なのか強気なのか、前向きなのか後ろ向きなのかはよくわかりませんが、スタートラインに立つからにはただ負ける気はないぞって事。FTP158wが200wに勝つ可能性が十分あるのがシクロクロス。万年C4おじさんの挑戦は続きます。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト





最新記事