TNI CX22リムで手組み

2017年08月17日 08:00

「4年目の正直」で予告した通り手組みのホイールが完成しました。

tnicx22.jpg

手持ちのSHIMANO 105(5800)前後ハブに組み合わせたのはTNI CX22リム。TU手組み用アルミリムってどれほど選べるのかわかりませんが、入手しやすく(価格、流通)ワイドリムであることが気に入りました。ブレーキ当たり面が切削されているのもポイント。ハブのグレードに適当なリムであると思います。

IMG_1250.jpg

重量
フロント:811g(-19g)
リア:1024g (-21g)

計測後ステッカーを剥がしたので数グラム軽くなっているかもしれません。最初に組んだMAVIC GP-4の組み合わせでフロントが830gでリアが1045gだったのでちょっと軽量化もできました。スポークが少し短くなっているのが効いてるのかな。まぁ、重量についてはサブにする予定のWH-RS81-C24-TL(F:661g)に比べたら重いのですが。

でもTU再挑戦には良いホイールになったんじゃないかな。ベッドを作りながらタイヤ選びをしたいと思います。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト


最新記事