さいたまクリテリウム

2013年10月28日 22:00

さいたまクリテリウムはテレビ観戦をしました。
最初は観戦しに行く予定でしたが日曜日だと勘違いしておりまして、当日はBIKE FITを予約していました。台風が来ていて開催が危ぶまれた事もありますが、正直それをキャンセルする程、このイベントに対してモチベーションも上がらなかったりして。

勝つのはサガンかな?キッテルかな?なんてスプリントが強い選手の勝利を予想していたのですが、蓋を開けてみたら完璧なプロレスモード。

saikuri01.jpg

最後はサガン(ツール・ド・フランスのスプリント賞)とルイコスタ(2013世界選手権王者)とフルーム(ツール・ド・フランス総合優勝)の3人が抜け出して、ちょっと早いタイミングで逃げで独走勝利でステージレーサーのフルームがクリテリウムで勝つなんて筋書きがあるからこそなんですが、自転車レースを知らない観客にとっては総合優勝者の証マイヨジョーヌを纏うフルームが勝って満足だったのかもしれません。

saikuri02.jpg

イベント的にはどうだったんでしょうか?普段自転車レースに触れた事がない一般の方々が理解を深めるキッカケになってくれたら、とりあえず成功なのかな。さいたま市としては1億5千万を投入(全予算は3億円)して、どんな効果を狙ったのか気になる所です。

ソース
【報道発表資料】世界初「ツールドフランス」の名を冠したクリテリウム・レース さいたま市がA.S.O.と正式調印
沢田力のブログ(埼玉県議会議員・大宮区選出)


自転車イベントと言うと競輪事業のお金で成立っている事が多く、それによる制約でいろいろ難しい部分もあると思うので、そこから離れた大きなイベントってだけでも価値がある気がします。

日本人有力レーサーのブログなんかを見ると、いろいろあると思うけど、プロとしてこんなこと書いている場合じゃないだろ・・・と残念でなりませんけどね。言いたい事あるならちゃんと書けばいいし、書けないなら職務を遂行するしかないんじゃないの。選手としてはガッツ溢れる走りで大好きなんですけど。まぁ、でもそんなボヤキを入れたくなるくらいアレなのかなぁー。仕方がなく走らされている感じなんだろーか。

そう考えると引退を迎える福島選手や別府選手の凄さみたいなのを感じるのだが、いろいろこぼれ話を聞きたいな。全く動かなかった新城選手とかね。

なんだかなーって所もたくさんあって、それは最初だから仕方がないし、それを責める気は毛頭ないのですが、まずはどんなカタチであれ自転車のイベントを継続して、この経験を生かして欲しいところです。ツール・ド・フランスイベントが絶対にいいとは思えませんが、一般にアピールするって部分ではこのような打ち上げ花火は必要ですからね。継続は力なり。早くも関係者からは「来年も!」なんて声も聞こえてきましたが、このままで成功だと思っていない事を祈ります。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト


最新記事