Continental Grand Prix 4000S

2012年04月29日 08:00

前回の予告通りタイヤ買いました。

DSC_0065

ContinentalのGrand Prix 4000Sです。チューブは使った事のないラテックス チューブ にしました。

DSC_0066

んー、なんかこのチェレステカラーがいいですねー。見えないおしゃれですよ。うん。避妊具とは違うぜ!って感じを主張しています。

DSC_0062
外したチューブレスタイヤ。まだ使えそうなのでストックしておきます

チューブレスを使わなくなる理由は、扱いにクセがある事だと話しましたね。クリンチャーは何度も付け外ししてるし、オートバイでも慣れてるからね。もう自転車のクリンチャーなんか鼻歌まじりでほいほいって交換できる・・・はずでした。

DSC_0080
キャップの色で控えめにラテックスである事を主張(笑)

噂には聞いていましたが、硬いですねぇー。手では入れられませんでした。レバー使えばタイヤをはめるのは問題ないのですが、作業中にラテックスチューブがはみ出してきてしまい、それを抑えながら施行するのが大変でした。ラテックスは伸縮性が高いので小さめにできているせいだからかな。

最後はタイヤレバーではめて完成。タイヤレバーを使うとチューブを噛み込みそうで怖がる人が多いみたいですが、チューブにあらかじめ空気を少し入れておいて、タイヤレバーは起こす時にリムに対して85度くらいしか上げなければ大丈夫ですよ。90度以上返してしまうとレバーでチューブを噛み込んでしまう可能性が高いんですけどね。これは、オートバイで覚えました。

コンチネンタルのタイヤはトレーナー用で使っていますが、あれもはめるの堅かった。その時はトレーナータイヤの製品特性上のものだと思っていましたが、そうじゃなかったんですね。なんでもMAVICホイール用に設計されているとか?MAVICなら苦労しないのかな?

少しでも整備性を優先するならミシュランPRO4 SCのほうが断然楽ですよ。

IMG_2117
利根川TTの会場でもあるカスリーン公園駐車場

とりあえず100キロ程走ってきましたよ。違いのわからない男がそれでも感じた事をそのうちレポートします。






人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト


最新記事