ミヤタ復活

2011年11月27日 23:28

サイクルモードでは思いっきりスルーしていたが「miyata」の高級クロモリスポーツバイシクルが復活するそうだ。

miyata.jpg

1981年にラルプデュエズを制した由緒あるブランド。日本にも数年前まではレースチームがありジャパンカップでも走っていた。最近の自転車ファンには(私も偉そうな事語れる程古くないが・・・)「KOGA MIYATA」の方がに馴染み深いだろう。オランダのKOGA車にクロモリのレーサーを納めたのが始まり。3年くらい前までミヤタレーシングも日本で活動していました。

個人的な想い出としては、弟が高校の入学祝いで自転車を買ってもらうことになり「パナレーサー」のオーダーフレームを購入したのだが、その時に「宮田は昔ライフル作っていたからパイプの内側がスパイラルになってるんだよ」って聞いた事があった。それが、だからどうしたの?って意味までは分からなかったが、なんか凄そうだと思った記憶がある。

今回は、その頃の伝説にあやかった復活のようだ。SSTB(スパイラル・スプライン・トリプル・バテッド)チューブを復活。それを茅ヶ崎の工場でアセンブリーして完成車として販売するようです。

ラインアップは2モデルで色違いやメッキ処理の有無で4種類になるのかな。(メーカーページ)細いクロモリチューブでホリゾンタルですからすっきりしててカッコイイですね。ブランなんか白ベースでカラフルにペイントされたラグが結構かわいいです。ヘッドバッジもちゃんと作ってあるし、フォークのクラウンに刻印されたギヤの中にmが入ってるマークもいい!

残念ながらフレーム売りはなし。自転車のバランス性能を高めるため・・・と言っていますが、初心者用じゃないんだろうからね・・・。

予約受付は来年の1月20日からで納期は4ヶ月程かかるとの事。しかし、この自転車はどこで製作するんでしょうか?茅ヶ崎でミヤタチームの専属メカニックだった方が組み上げると書いてありますがその手前は?フレームのSSTBチューブの製作から加工は機械があればいいのでしょうけど、ロウ付け(溶接?)できる職人さんって残ってるんですか?

ちょっと気になったのが、宮田工業ってモリタホールディングス傘下になってるんですね。モリタって消防車とか作ってるあのモリタです。そっか、宮田は消化器が有名でしたよね。デザインはそのモリタさんとこの人なんだ。そんでもってメリダが30%の株式取得・・・メリダと言えばSpecializedを始め多くのメーカーのOEM先。

・・・うーん・・・メリダ製なのかな?いや、全く根拠ない私の推測なんですけどね・・・。

フレーム売りはしないし、オーダーもないんでしょ?ちなみにレジェンド・ブルーのプレミアムメッキで¥459,000-ですよ。コンポはカンパのアテネでホイールは手組でレコードハブにオープンプロ(MAVIC)です。

例えばデローザのネオプリマートの場合。これもクラシックなクロモリバイクですけど、約50万円です。コンポはアテネですがホイールはカンパのZONDA(完組)!ホイールの差を考えると同じくらいかな。
コルナゴのマスターXライトにアテネコンポキットを組むんでも大体50万円くらい。こっちはホイールがCampagnolo Ventoなのでどっこいか。

neopri.jpg

そう考えると結構強気の値段ですよね。デ・ローザやコルナゴと真っ向勝負です。

ちなみにブリジストンのクロモリフレームと比較してみましょうか。コンセプトが違うバイクですがアンカーのRNC7だったらフレームで買って同じコンポで揃えても10万円は安くできるかな。(フレーム16でコンポに20使っても36ですよ)完成車なら24万ですよ。コンポが違うので単純な比較はできませんがアテネと105ですからいい勝負でしょ。

rnc7.jpg

なぜ、このRNC7を比較に出したか?
こちらは日本メーカーならではの細やかな配慮があるんですね。フルオーダーではありませんが、10mm刻みでフレームサイズがチョイスできてジオメトリーもサイズによって調整してある。ステムやハンドルのサイズも選べ、ギヤやホイールも変更可能。フロントフォークもカーボンとクロモリがチョイスできる。オーダーに近いセミオーダーが可能なんです。

どこで勝負する?
デ・ローザやコルナゴはブランドネームバリューだけで勝負できる。(それしかないと言っている訳ではないですよ)ブリジストンはネオコットフレームってずっと継続してきた技術と日本メーカーらしい細かい配慮で、完成車でもフルオーダーに近い満足度が得られる。

ミヤタの勝算は?
ここまではネットで確認したスペック情報だけで素人が言いたい放題書いた訳です。どんな価値を感じるかは人それぞれですからね。
1つ気になるのは、新プロジェクトにあるようにミヤタでオーバーホールも受け付けてくれるようです。まだ詳細はあきらかではありませんが、レーシングサービスをしていたメカニックによる1流のサービスを受けられるってのは選ぶ上で大きな魅力になるかもしれませんね。

cher.jpg

え?オレなら?ビルダーさんにフルオーダーで作ってもらうかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト


最新記事