こっそりナショナリズム

2010年05月29日 19:10

エリートELITE Custom Race White ボトルケージカスタムレース ナショナルフラッグシリーズ」ちゃんとJAPAN MODELもありますよ。

EliteJapan.jpg

スポンサードされているプロもカーボン製ではなく、このナイロン樹脂製を使用しているとの事。

現在はフレームを始めあらゆる部品ん軽量化が進み、UCIの規定で6.8kg以下は余裕で下回ってしまいます。そこで、軽くする所、重くする所を適材適所選んでアッセンブリーしていきます。

そこで、ボトルケージ等の小さな部品はカーボンにしてもそんなに軽くならないので弾力性があり、割れないナイロン製を使うのではないでしょうか。


【ポイント2倍】■送料無料■ELITE(エリート) PATAO 74 パタオ74 ボトルケージ カーボン 【自...

まぁ、ホビーで乗る場合は最低重量も関係ないし、カーボンの方がカッコイイ!と思えばそれもありですけどね。でも、無理にボトルを引き抜いたりすると割れる事もあるようですからご注意ください。


ELITE/パタオ 74アルミ

ちなみにMY BIKEにはコダワリのエリート・パタオのアルミ製を装着。理由?カッコイイからです。(笑)


エリートELITE Custom Race White ボトルケージカスタムレース ナショナルフラッグシリーズ

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す




最新記事