Rapha Peace Race Jersey

2017年03月02日 22:00

Raphaの新製品として発表されてからずっと気になっていたジャージ。サイクリング用としてはフロントのファスナーがなく使いにくいかもしれなけど、それが気にならないくらい魅力的に映りました。それでもサイクリングに使うには十分のジャージを持っていたので静観していた訳ですが、段階的に行われたSALEによるプライスダウン攻勢にハンズアップです。

Peace Race
peacerace1954.jpeg

『美しい春の午後、1000のピカソの鳩に見守られた94名のサイクリストたちは、ワルシャワから走り出しました。東側、西側を問わず、それぞれのライダーが高いレベルでの大陸再生を実現する意思を持っていました』

政治的な意図が渦巻いていたにも関わらず、彼らは本物の平和のメッセンジャーでした。そして、私たちはそんな彼らの輝きと勇気と不屈の精神に敬意を示します。

平和が続くことを祈って…

Rapha「平和のためのレース」より>

このジャージは歴史的で非常に重要なレースイベントをモチーフにデザインされています。詳しくはRaphaのサイトでご覧下さい。顔に似合わずロマンチスト傾向にあると言われる私はこんなバックストーリーに弱いのです。

Peace-Race-Carousel-Collection.jpg
Raphaより

購入したのは深い紫色。普段使い、もしくはシティライドに使えるかなと思いSサイズではなくMサイズで。

16836433_677788089098286_4314122783070352632_o.jpg
Photo by Eigo Shimojo

(まだ肌寒くジレを着てライディングしている写真しかありませんが・・・)袖はボタンで取り外れるようになっています。私の体格では袖が長いのが悲しいところですが、半袖の季節なら気にならなくなるでしょう。その頃にはハイネックが気になりそうですけどね。

東京マラソンもこのジャージで走りましたが、当初の狙い通りサイクリング意外のこんな使い方もいいなと思っています。

世の中にはたくさんのサイクルアパレルメーカーがありますよね。機能性に優れていたり目新しく話題性に溢れた新ブランドもどんどん生まれてきます。しかしRaphaのように真の意味でクラシックであり筋の通った哲学のあるブランドを私は知りません。ライドイベントやシクロクロスへの取り組みも共感できますしね。

うん、良い買い物したな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

チャンピオンシステム シクロクロス・スキンスーツ 2

2017年02月17日 12:00

シクロクロスレースではチャンピオンシステム シクロクロス・スキンスーツを着用しいています。

IMG_6998

スキンスーツの利点としては・・・
・リマウントやディスマウントでウェアがサドルなどに引っかからない
・過酷な状況での落車でジャージがめくり上がることがない
・裏地フリースで保温性がある
・非日常感が気分を盛り上げる

でもスキンスーツの弱点もあって・・・
着たり脱いだりが面倒なんですよね。例えば朝の試走後すぐのレースだと、スキンスーツで試走した場合、ゼッケン付けのために全部脱がないとゼッケンが付けられない。まぁ、誰かに頼めればいいのですが、タイミング的に難しい事も多くひとりでなんとかしたい。

16664929_1633195413643347_8953831349362112472_o
Photo by Takashi Saito

実は宇都宮のレース前にCXスキンスーツのジッパーが壊れてしまってここ2レースは通常のジャージとビブの2ピースで参加しています。タイトなスケジュールでもゼッケン付けたり楽なのですが、気分の盛り上がりはイマイチ。戦闘服に着替える的なスイッチの入れ方は思ったより大事なのかもしれません。

できればチームジャージで参加するのがCXレースの醍醐味。オーダージャージを発注する場合最低オーダー枚数があるのでなかなかハードルが高いのですが、条件が整えばレース用のCXスキンスーツとアップや試走用に通常のジャージセットと最低2セット準備しておきましょう。1枚しかないと雨の試走のあとレースまで凍えますよ。

そんな訳でチャンピオンシステムさん!来シーズンに向けて新しいデザインのウェア作りたいのでCXスキンスーツのブラッシュアップ(ファスナーとか腕のサイジングとか)に期待しています。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]

冬のインナーウェア事情

2017年01月26日 21:00

寒い日が続いていますね。風が強いとどうしても室内ローラーに逃げてしまいがちですが、やっぱりそれでは飽きてします。ひとりだとついつい逃げてしまうのでショップライドなどに積極的に参加して走る距離をなんとか保っています。

nobeyamacxboukan.jpg
本当に寒い時はジャージの上に薄手のウンドブレーカーじゃなくてソフトシェルジャケットを。途中で脱げないのでファスナーを開けて体温調整します。

ポイントは体温の調整

野辺山高原滝沢牧場で開催されたシクロクロスはもちろん一番の寒さだったけど、関東の朝の冷え込みもなかなかのもの。逆に厄介なのは太陽が昇ってくると気温も上がり、ライドのペースによっては発汗もあるって事。いかに体温調整がうまくできるかがポイントになります。

hamabe

確かRaphaのサイトで読んだのですが家を出るときに多少肌寒くても7キロ(数字は定かではりません)走ったときにちょうどよくなるようなウェアを選ぶみたいな事が書いてありました。体が温まった時に快適であるのが大事って事ですよね。家を出た瞬間に合わせると必要以上に発汗して、それによって体温を奪われる事になるからです。

と言っても最初は寒くて辛いので薄手のウインドブレーカーを着て出掛け、体が温まったらそれを脱いでポケットに仕舞うようにします。ウインドブレーカー、ジレ、ジャージとレイヤードするのが一番調整がしやすいと感じています。

敵は汗冷え

それでもアップテンポなライドで汗をかくことは避けられません。そこで汗冷えしにくいインナーウェアが大事だって事になるんですね。Raphaによってメリノウール素材の優位性が広くサイクリストに浸透したのではないかと思います。Raphaのメリノ素材インナーは評判がすごくいいです。メリノ素材のインナーは他のメーカーでもありますが、サイクリスト向けのカッティングを考慮するとRaphaを選べば間違いなさそうです。

なさそうです・・・とどこか他人事なのは私が持ってないから。どうしてるかと言いますと・・・モンベル ジオラインLWで済ませています。これでもなんとかなるんですよね。



さらに冷え込みが予想され、あまりテンポアップしたライドにならなそうな時はアンダーアーマーのコールドギア、その下にドライインナー(過去記事「夏の高機能インナー対決」参照)を着ます。コールドギアはゴルフ用に買ったものであまり動かないシーンでは最適なのですが自転車には基本的に向きません。暖かすぎて汗だくになるんです。ただその下にドライ系インナーを着てしまえば冷たさを感じないので大丈夫。登りのないトレイルライドやポタリングには向いていると思います。





ネットで話題に低価格メリノインナーの実力は?
この値段でメリノ入りで売れているBe BikeのPBインナーがあります。この値段ならパジャマにしてもいいかな?と思い購入しました。



なぜパジャマでも・・・と思ったかと言うとサイズの展開が少ないんです。Mサイズより下がなく丈もかなり長い。ちなみに身長180cmの某サイクリスがMサイズを着ているそうです。せっかくなので自転車でも着てみました。さすがにCXワンピなどのウェアの下には着れません。比較的ゆとりのあるジャージの下に着ました。ビブに押し込んでも丈が余っている感じは少し気になりますね。

cxboukenland.jpg

BE. メリノウール アウトラスト ベースレイヤーの上に長袖のジャージを着てCXコースを自分なりに追い込んで走りました。これがね、汗冷えを感じなくてすごく良かったんですよ。この値段でこのパフォーマンスは凄いぞ。フィット感は甘いけど、これがピッタリの体格の方ならおすすめですね。私の場合はウェアがルーズなMTBとか普段着用に使っています。

メリノ系インナーにも種類があって、100%メリノ製品とこのBE. メリノウール アウトラスト ベースレイヤーのように化学繊維と混合のものがあります。またメリノの品質もメーカーによって違うでしょうからいろいろ試してみるのも面白そうですね。



ついでにメットインナーも買ってみたのですがこれもなかなかいいですよ。インナー以外でもメットインナー、ソックス、ネックウォーマー、シューズカバー、グローブなどのアクセサリーを上手に選んで冬のライドを楽しんで下さい。冬の朝って空気が澄んでいて、その張り詰めた感じが心地良かったりするんですよね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

ENDURA Full Zip Leg Warmer

2017年01月07日 08:00

シクロクロスレースに関するウェアでずっと欲しいアイテムがあります。きっとレースに参加している方なら誰もが一度は検討したことがあるんじゃないでしょうか。それがフルジップオープンできるウォームアップパンツ。レースのスタート直前まで体を冷やさないように履いておくには脱ぎやすさが重要。そうなるとフルジップオープンはかなり魅力的なんですよね。バスケットボールをやっていた時もサイドオープンのジャージに憧れたっけな。

DSC_0153

與那嶺選手が履いているのはWAVE ONEのものだと思います。與那嶺選手をサポートするFORZAのジャージと同じデザインのものですね。WAVE ONEのブランド「カペルミュール」でも無地のタイプを販売しています。それがウォームアップパンツ オーロラジップ。チャンピオンシステムでも取り扱いがありますが、かなりニッチな商品のようであまりお目にかかることがありません。同じような製品ないかな?と彷徨っていた時に見つけたのがこれでした。

ENDURA フルジップ レッグウォーマー
サイドオープン
メーカーサイト

これはレッグウォーマー形状でサイドがジッパーでフルオープンするタイプ。ちょうど10年モノのレッグウォーマーがずり下がって仕方がなかった事もあり一石二鳥だと購入に至ったわけです。年末のセールで安かったし。

ENDURA Full Zip Legwarmers

こんな感じで開くことができるのでシューズを履いたまま履いたり脱いだりできます。

ENDURA Full Zip Legwarmers

ファスナーの位置関係とかちょっと悩んだのですがこんな感じかな。road.cc見るとジッパーが後ろに来てこれだと足の動きを妨げそうな。

ゆっくりと20キロほど走ってきましたが、地味に太もものサイズが小さくてそこで違和感ありまして・・・それとサイクルショーツをレッグウォーマーに被せるように履いたのですが、実際の用途としてはショーツの上にこのレッグウォーマーを履く感じの方が良さそうですね。その方がジッパーの肌への当たりが気にならなそうだし。

今の所一石二鳥というよりは二兎を追うものは一兎も得ずになりそうな状況です。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg


サイクルウェアの洗濯

2016年09月06日 08:00

今まで体臭で悩んだ事はなかったのですが、ここ最近サイクルジャージの匂いが気になっていました。どうやらサイクルジャージ等に使われる素材は綿などの自然素材に比べて匂いの原因となる菌が増殖しやすいとか・・・

2016 Team LAMPRE-MERIDA Jersy

除菌効果の優れた専用の洗剤なんかも出ているようですが、手元にありませんし、すぐにできる方法を試してみました。

自転車用インナー

まずお湯で洗う
単純な方法ですが熱めのお湯をはったタライの中にジャージを浸ける。これだけ。お湯は風呂給湯器で50度に設定してやりました。この後、普通に選択したら匂いはなくなりましたよ。ライド後、シャワーを浴びる際に一緒にこれだけはやっておけばいいって事ですね。今まで匂いで迷惑をかけた方、いらしたらごめんなさい。

その後の洗濯は?
その後、ネットに入れて洗濯機で洗えばOK。パールイズミのサイトにはアイテムごと具体的な選択方法が説明してあります。その中に漂白剤、柔軟剤、およびそれらの入った洗剤、また、蛍光増白剤の入った洗剤は使用しないでください。って文言がありました。固形石鹸由来アルカリ性のものは色落ちの可能性があるのでダメと。ジーンズ用に購入した洗剤がウチにあるのでそれがピッタリかな。

専用洗剤などなくてもこれで大丈夫だと思います。ポイントは脱いだらすぐに洗う事ですね、洗濯カゴの中に入れられて翌朝の洗濯までそのままってのが一番ヤバイってこと。まぁ、今までの自分なんですけどね(苦笑)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事