CX参戦スケジュール変更

2019年11月13日 21:00

シーズン前の参戦予定では幕張クロスの次は野辺山までしばしの休息のはずでした。昨シーズンまでの振り返り、2日連続はもちろん。2週連続レースに関しても体調を崩すキッカケになると結果が出ているからです。

IMG_1088.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

そもそも1レース走るだけで体へのダメージは相当なものになります。筋肉疲労だけならいいのですが、喘息発作を引き金にした喉の痛みや酸欠による頭痛。横隔膜?(咳をするときに動く筋肉)が攣ります。疲れと寒さで抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなることも。これに加えて落車があれば打ち身や擦過傷なんかもね。シクロクロスは本当に体に悪いし、向いてない(苦笑)

しかし・・・幕張クロスは天候に恵まれたことなどもあり、それほど疲労を感じていませんでした。喘息発作が出なかったのが大きいですね。そこで調子に乗って気になっていた茨城CX #3の涸沼ラウンド2日目にエントリーしてしまいました。

IMG_1077.jpeg

気を抜いていたらエントリー後に風邪をひき、腰痛などが出てしまい全く自転車に乗っていません。もう週末レースなのか・・・。それでもボチボチ軽いランニングはしてたりはするんですけど。まぁ、CXレースに出ないと自転車にも乗らないので、レースがハードなトレーニングも兼ねていると思って楽しんでこようと思います。

いきなり自分に課したルールを破ったわけですが、予定は予定。いきなり初戦が台風で流れる想定外のことが起きたわけで変更は今後もあるでしょう。ちょっと迷っているのが宇都宮。レーススケジュールを確認すると、CMは1と2+3の混走となりレース時間が違うクラスの混走をどのように管理するのか?そして試走時間は30分しかない。好きなコース、イベントだけに参加したいが、これをやまて初の東北遠征もありかな?と考えています・・・と、思ったら12/22が郡山から福島空港に変更されている・・・うーむ。



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



シーズンイン前日

2019年11月01日 08:00

私のCXシーズンがいよいよスタートです。幕張クロス(旧スターライトクロス幕張)は6年目で6回目の参加になる予定です。

IMG_3392.jpg

幕張のコースは右回り、左回りがあって、それぞれ面白いエリアがありますが、共通して言えるのは縦移動のスキルが求められるところ。急加速してトラクションを確保しながら一気に駆け上がったり、難しいラインを通るキャンバーが連続するなどのテクニックが求められます。

それをクリアできるテクニックはもちろんですが、混戦時にどのラインを選ぶか、乗車のまま行くのか?それとも降りて担ぐのか?そんなマネージメントでも差が出るのも面白い。

38170200822_281d505914_c.jpg
Photo by Takashi Saito

今年は千葉を中心に大きな被害をもたらした台風と大雨の影響もあって、コースの土壌はかなり水を含んでいる様子。レースまでの天気予報では晴天が続きそうですが、それまでに泥区間が完全に乾くのか?長い直線などがある芝生エリアの転がりを重視するのか?それと泥区間のトラクションを優先するのか?タイヤ選択なども含めてCXerの個性が出る部分でしょう。

幕張のコースは、普段練習でお世話になっている野田の森で培ったスキルが生きる部分も多く好きだし、ロードしか乗ってないCXerよりもアドバンテージはあると思っています。過去にもファーストラップをほぼトップで走るなんてこともあったのですが・・・骨折もひどい擦過傷も幕張で経験してたりしてね(苦笑)

Twitterなどの情報を見る限り、大きな水たまりは排水ポンプで抜いたようですが、水が染み出し水たまりが復活している模様。きっと2017年のようなレースになるんじゃないかな。ドライの高速エリアとマッドなテクニカルエリアが同居するような最高のコースになる予感。

鈍りきった体で数値的な目標を掲げるなんておこがましい。とにかく怪我のないように楽しみたいと思います。



ssalebaner.jpg

冒険ランドで見つけたこと

2019年10月07日 12:00

今期の初戦を来週に控え、冒険ランドへCX練へ。チームメイトが6時から走ると聞いて、4時起きで走ってきましたよ。

mitsubishioutlander_cx.jpeg

20分走を4本走って、帰ろうかと思ったけど、ひろさとさんが来たので一緒にまた走る。自分のペースより速いパックに付いて走っている時に「あぁ、シクロクロス楽しい・・・」と思い出した。ダート用としては細く頼りないタイヤのグリップを最大限得るために前後左右に体重を移動し、ギャップを抜重で往なし、時に荷重をして加速をする。問題はこのペースが続かないこと。まぁ、それはわかっていたことで仕方がない。それよりも楽しさを思い出せたことが何よりの収穫だ。

何かを得れば、何かを失う。人生なんてそんなものだろう。CXの楽しさを再発見した代償は、新品のグローブを置いてきたことだ。




ssalebaner.jpg

2019-2020 CXシーズンスケジュール予定

2019年10月03日 20:00

昨年まで日帰りで行ける範囲のレースは何も考えずにエントリーしていたシクロクロス。しかし、連戦で体調を崩し、後半は怪我などによりDNSになるのがパターンになっていました。特に昨年の椎間板ヘルニアと腰椎すべり症による坐骨神経痛は、日常生活に影響が出るほど。持病リストには「アトピー性皮膚炎」、「アレルギー性喘息」、「円錐角膜」とありますが、そのリストが更新されてしまいました。

参考:2018-2019 シクロクロスシーズン総括
なんと12レースエントリーしていました。(DNSが3)振り返ってみると後半戦はペットロスもあって気持ちも入らなかったんだな・・・



44419434645_08b17a930c_z.jpg
Photo by Tomoaki Hori

シーズンオフの間も腰痛との戦いがあり、Attack!299もDNF。昨年までのスケジュールでは到底楽しめないと悟り、エントリーレースを吟味することにします。

2019-2020 シーズン予定
10月14日 茨城シクロクロス #2 取手ステージ(エントリー済み) 台風により中止
11月2日 幕張クロス(エントリー済み)
11月23日 スーパークロス野辺山(エントリー済み)
12月14日 宇都宮シクロクロス ろまんちっく村
1月26日 茨城シクロクロス #3 城里ふれあいの里
(2月16日 千葉シクロクロス #2 会場未定だが新会場なら検討)
2月23日 茨城シクロクロス #4 土浦

2レース/月を条件としてAJOCCのカレンダーで検討。ピックアップしたら7レースとなりました。茨城の新会場涸沼はかなり気になるけど幕張と野辺山の間なのでパスかな。(来シーズンのために観戦は行きたいけど)千葉は新会場であれば検討するけど、前と同じ場所であればパスする感じ。湘南も中井は好きだし、野辺山以外の遠征も入れたいけど今年は無理かな。

facedown.jpg
Photo by Takashi Saito

こんな風に書いていてもシクロクロスレースに参加する実感がいまいち湧いてこないのですが、昨年の記事でも書いている通り "本当のモチベーションは走り出さないと生まれないのを知っています。まずはとにかく走り出すこと。走りながら考えたいと思います。"

FlatCoatedRetriever_rinda.png
俺の自転車タイムイーター "リンダ"

最初に書いた通り、昨シーズン後半はペットロスで走れませんでした。しかし、その後のシーズンオフも(良い意味で)ペットのせいで走れていません。昨年はなんだかんだ言って密かに結果を求めたシーズンだったけど、今年は違ったペースでシクロクロスを楽しみたいと思います。



ssalebaner.jpg

シーズン最初の練習

2019年09月30日 13:02

CXシーズンもスタートして各地で熱戦が繰り広げられていますね。昨年までなら、私もすでに何レースか消化していたことだと思いますが、今年はかなりスロースタート。日本の9月は流石にまだまだ暑くてシクロクロスには辛いのです。シーズンインは茨城CX(取手)から。その開催場所で今シーズン最初のCX練習をしてきました。

IMG_0270.jpeg
飼主が自転車で走って留守にしている間、ずっと吠えていたリンダ。レースに連れていくの厳しいかな。

20分を3本。1本目はゆっくり4周。2本目も4周だが、最後だけ上げ気味で。3本目は5周で最後だけ上げ気味。各インターバル中に連れて行った愛犬リンダとジョギングもしていたので久しぶりにフィジカル的に追い込んだ感じ。相当弱っていることを実感。

IMG_0267.jpeg
CXレースではコースになるポニー広場奥側は倒木も多数ありコース設営が大変そう

冒険ランドではチャンピオンシステムの二人と家族他数名の勇者がいました。他の場所で合同練習会があったり、翌日の稲城クロスの影響もあってかかなり少なめ。なまった体にCXのコーナーリングを思い出させるには都合が良かったな。なんとなく曲がり方を思い出して終了。

来週も土曜日に来れるかな。




ssalebaner.jpg



最新記事