repaint 3

2017年08月13日 17:57

先日アラカラーさんへ自転車の塗装をお願いしに行ったわけですが、工場には仕事待ちの案件がたくさん。こりゃ、忙しそうでシーズン間に合うのかな・・・とちょっと不安な印象。それなら素人でもお手伝いできるところはやってみようってことで夏季休暇の1日目に工場へお邪魔しました。

IMG_1108

持ち込んだフレームとフォークが2本にシートピラー。写真には写っていませんがマッチペイントしてあったステムも持ってきました。こいつらをサフまで入れるのが目標です。

剥離作業
再塗装するのに必ずしも塗装を剥がして下地を出すのがベターってわけではないのですが、できるだけ軽く仕上げたいレースバイクなので業務用の剥離剤を使ってフレームを鉄の素地が見えるまで仕上げます。

IMG_1112
PPGのクリアはかなり硬いからなのか、魚の鱗みたいな面白い剥がれ方するな

昔よくオートバイのフューエルタンクなんかを自家塗装するのにホームセンターで剥離剤を買ってきて作業をしたことがあります。年々溶剤が弱くなってきて作業性が悪くなっていました。でもさすが業務用は威力が違いますね。みるみるうちに塗装が剥がれてきます。

IMG_1118

浮いてきた塗膜はへらやワイヤーブラシなどでこすって落とします。

IMG_1124

水で洗って特殊な溶液で表面を中性に戻し、酸化を抑える処理まで行いました。ここからペーパーを当てて取りきれなかった塗装を落とし、表面を整えます。

IMG_1127
ペーパーで磨いていると、鉄の鈍い輝きにうっとりしちゃいますね

3年前にライジンさんから出荷されて手元にやってきた状態に戻りました。これから新たな姿に生まれ変わります。

IMG_1155

ここからはプロの出番。下地処理剤、サフェーサーをバシッと塗っていただきました。おそらく通常の自転車よりもかなりしっかり塗っているので重くなるとは思います。しかし、今回塗装を剥がしてみて、サビひとつない下地の美しさに納得しました。見えないところで丁寧な仕事をありがとう。

次は本塗装。塗装指示書を作って持っていきましたが、今回自転車を磨いていて感じたことがあり予定を変更。クロモリバイクっぽさを前面にアピールするような雰囲気に仕上がると思いますよ。さぁ、いつになるかなー。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

repaint 2

2017年08月08日 21:00

このシクロクロスフレームはもともと生地のまま納品してもらい、友人のペインター(アラカラー)に最初の塗装をしてもらったのが3年前のこの記事

2014 RAIZIN CX

PPG社製の塗料をこってり乗せたその塗装は耐久性も素晴らしく過酷なCXシーズンを3年過ごしても色褪せてはいない。マット塗装の部分はちょっとくたびれてきたけどね。モチベーションアップを図るためにも良い機会だとリペイントを決意しました。

32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

以前の記事「repaint」で3つの案を挙げましたが、ついでにクルマの方もリペイントする運びとなりこのヒーリー100のカラーにする事に自動的に決まりました。

このヒーリーのカラーはスプルースグリーンと呼ばれる純正カラー。俗にブリティッシュグリーンと呼ばれるグリーンほど濃い色ではありません。ちなみにスプルースは世界最古の樹木(針葉樹)なんですんって。この由緒正しき緑に、アルミ製軽量ボンネットをイメージさせるシルバーを使ってトラディショナルな雰囲気に仕上げたいと思います。でも、あまり懐古主義にはならないように。

stinner-kitwatch-1.jpg

塗り分けのパターンも斬新なことはせず定石通りに。一度これだと思ったのがあったのですが、TEAM TAMAGAWAカラーみたいになってしまったので変更。まぁ、奇をてらわないので似てしまうのは仕方がないんですけどね。

そんなわけで例によってオーダーシートを作成してアラカラーさんに持って行きました。次回は塗装仕上がりか、できれば塗装中の状態でもレポートしようかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

repaint

2017年07月04日 12:05

製作してから3シーズンを戦ったライジンシクロクロス。3ヶ月後に迫った4シーズン目も、もちろんコイツで参戦します。

1516-1.jpg

ライジン シクロクロス

バイクのカラーはガレージのボス「1948 Chevy Fleetline」のグリーンを基調にしたもの。アメリカのショーカーにも使う塗料でバッチリ塗ってもらったのでまだまだ塗り直す必要もないのですが、気分転換も含めてちょっとイメージを変えたいと思っています。

第一案
ganggreen1942.jpg

現在ミントグリーンと黒のツートーンですが、このミントグリーン1色で塗る。更にハンドルやステム、ハブなどマッチペイントをしてみる。このグリーンは1942年にスピードレコードを打ち立てたGANG-GREENのカラーでレースバイクとしてはなかなか良い色だと思うんですよね。当時はポップすぎると黒を多めにしましたが、今なら1色でいいかな。

第二案
26971909301_d811bea796_z.jpg

お馴染みトランポとして使っている「1966 DATSUN BLUEBIRD」のカラーにしようか?これが会場でも一番わかりやすいところ。フレームはこのブルーグリーンのメタリックにしてハブなどをオフホワイトにする感じかな。明るい太陽のもとで見ると良い色なのですが、自転車で映えるかは微妙なところ。

第三案
32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

もう一台古いクルマがガレージにはありまして、それが「1955 Austin Healey 100」です。純正のスプルースグリーンとアルミのボンネットをイメージしたシルバーを差し色に使えたらどうでしょうか。このヒーレーはトランクリッドに取り付けるラックがあるのでそこに無理やり自転車ラックを取り付けることもできそうだったりして。

別にクルマの色しばりって事もないのですが、自分的に意味がないと決められなくてね。トレンドとかカッコイイとかよりも意味、ストーリーがあるかを重視してます。どうしようかなー。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

2017/01のRAIZIN CX THE BOMBER

2017年01月31日 08:00

シーズン前に「2016-2017 シーズン仕様 RAIZIN CX」としてまとめてから小変更を行っています。

オーダー シクロクロス クロモリ

1.ステム交換
前乗りにしたポジションに合わせてステムをDIXNA 77STEM 110mmにしていました。直線を低い姿勢で走るにはいいのですが、乗車中のポジション変更を考えるともう少し余裕が欲しいと思い、初年度に使っていたDIXNA CROSSハングステム 80mmに戻しました。

2.クランク及びチェーンリングの交換
AboveでROTOR用の楕円チェーンリングQCX38Tを衝動買いしてシマノFC-CX50からROTORに戻しました。ロー側のギヤが足りなくなる問題は、今後RD-R9100導入してリアをワイドにする計画です。
楕円ギアによるアドバンテージはまだ探っている最中ですが、軽いしカッコイイし目的の半分以上は達成している気がします(笑)

ローター ナローワイド

8.340kg
最軽量の仕様になりました。カセットをDURA-ACEにしている時がちょっとだけ軽くなりますね。特に軽量カーボン部品を使っていないクロモリシクロクロスバイクとしてはまずまずの数値ではないでしょうか。伸び代としてあとはステム、ハンドル、シートピラーの部品交換かな。

詳細仕様
フレーム:RAIZIN WORKS ラグレスフレーム KAISEI 8630-019 ダブルバテッド 0.8~0.5(mm)
フロントフォーク:ENVE CROSS 2.0 FORK
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-9000
カセットスプロケット:SHIMANO CS-6800 11-28
クランク:ROTOR 3D30 CX1 CRANKS NEW!
チェーンリング:ROTOR QCX 38T NEW!
ブレーキ:SHIMANO BR-CX70
カートリッジBB:ROTOR BB NEW!
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:DIXNA J-FIT ARC 420mm
バーテープ:odi 2.5MM PERFORMANCE ROAD BIKE NEW!
ステム:DIXNA CROSSハングステム 80mm NEW!
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:SHIMANO XTR PD-M9000
ホイール:Shimano DURA-ACE WH−7800SL
タイヤ:IRC SERAC CX TUBELESS

2017年の初戦は1月29日茨城シクロクロス城里ふれあいの里ラウンド。シーズン後半戦は城里ふれあいの里が2戦と宇都宮と東京の全4戦となります。今年は東京マラソンが間に入り気持ち的にもコンディション的にも難しい状況ですが笑って最終戦を終えたいですね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]

2016-2017 シーズン仕様 RAIZIN CX

2016年08月13日 00:00

気がつけば2016-2017シクロクロスシーズン開幕まであと一ヶ月とちょっと。8月の栄村イベントを終えたらシクロクロスバイクに乗る時間を増やそうと準備を進めてきました。

ビスポーク シクロクロス

一番のポイントはフロントフォークのカーボン化。これまで使っていたRAIZIN製クロモリフォークからENVEのカンチブレーキ仕様のカーボンフォークに換装しました。フレームとのマッチペイントはアラカラーに依頼。バッチリ仕上げてもらいました。

RAIZIN Cyclocross

細かいところでは、バーテープをODI バーテープ 2.5mm High Performance Bar Tape Blackにしました。昨年使っていたカモフラも評判は良かったのですが、もっとグリップのいいものを使ってみたくて変更です。耐久性も良さそうでいい感じです。

RAIZIN Cyclocross

毎シーズン変更していることになりますがフロントのブレーキ受けも交換。ワイヤーを無理なくルーティングすることによりタッチの向上を狙いました。また昨年はフロントブレーキのワイヤーアジャスターを省いていたのですが取り付けられるようにしました。

RAIZIN Cyclocross

クランクをROTORからシマノ CX50に戻しています。ROTORはフロントチェーンリングを固定するボルト長の問題で純正チェーンリングしかしっかりと取り付けられません。純正チェーンリングの最小歯数が38Tまでしか設定されてなく、コースによっては34Tを使いたい私には問題があります。

SHIMANO9100リアディレイラーの流通が始まってカセットスプロケットのワイドレシオ化が問題なくできるようになればフロント38T固定でいけると考えていますが、現段階(11-28)ではこの状態がベターだとの判断です。ロードで導入したパワーメーターを左クランクアームを入れ替えることにより使えるメリットもあります。

8.585kg
今までで最軽量ですがフォーク換装による軽量化をクランクを戻すことで相殺されちゃった感じ。ティアグラ相当のクランクはちょっと見劣りしますね。

詳細仕様
フロントフォーク:ENVE CROSS 2.0 FORK NEW!
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-9000
カセットスプロケット:SHIMANO CS-6800 11-28
クランク:SHIMANO FC-CX50
チェーンリング:RACE FACE CX-SINGLE RING NARROW/WIDE 38T
ブレーキ:SHIMANO BR-CX70
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:DIXNA J-FIT ARC 420mm
バーテープ:odi 2.5MM PERFORMANCE ROAD BIKE NEW!
ステム:DIXNA 77STEM 110mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:SHIMANO PD-M9000
ホイール:Shimano WH−RS81−C24−TL
タイヤ:IRC SERAC CX TUBELESS

ワイヤーの交換や各部のグリスアップはもちろん細かいチェックを輪工房さんにやってもらい完成です。カーボンフォーク交換によるfフィーリングの違いに慣れるためにも乗り込んでいきたいと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ODI バーテープ 2.5mm High Performance Bar Tape Black
価格:2478円(税込、送料別) (2016/8/12時点)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事