NEW SEASONに向けて助走中

2018年06月13日 21:00

あと3ヶ月
早いもので2018-2019のCXシーズン開幕まであと3ヶ月ちょっとになりました。ちなみに開幕戦は9月23日の茨城CX第1戦 城里町うぐいすの里ステージからとなります。

キャンバー手前
開幕戦の時期は暑さとの戦い

後半戦のレビュー記事でも書きましたが、昨シーズンは勝手も負けても最後のC4参戦と決めていました。もしかしたら直前で気が変わるかもしれないけど(それもアマチュアの自由ですからね)今シーズンはマスタークラスで楽しもうと思っています。

マスタークラスへの参加は特に深い意味もなく、強いて挙げるとすればレーススケジュールがマスタークラスの方が安定していて参加しやすいところ。朝イチの場合もありましたが、基本的には2、3レース目なので。C4は朝イチか一番最後みたいな場合が多く、難しさを感じていました。観戦、応援も楽しみたい私としては朝イチは大歓迎ですが、ラストレースはどうにも不完全燃焼になるんですよね。何もマスターした感じはありませんが、5月に45歳になったし仲間入りさせて下さい。

IMG_4168
Photo by Takashi Saito

特にこれまでしっかりとしたトレーニングらしいことはしていませんが、毎年毎年それなりにテーマを持ってシーズンに入りました。

1シーズン目:素のまま(あまり自転車に乗っていない)
2シーズン目:ショップ主催サイクリングへ積極的に参加して乗る時間を増やす
3シーズン目:ショップ主催サイクリングに加えパワーメーターを導入しローラートレーニングをする
4シーズン目CX仲間とのライドや王滝などのイベント参加を通じて高負荷サイクリングを意識する

ざっくりとこんなイメージです。ローラートレーニングと言ってもそこまで習慣化されている訳ではありませんでした。1〜3シーズン目までは低空飛行ながら右肩上がり。4シーズン目は週末のサイクリングで高負荷を掛けていましたが、平日のローラーが減ったことで効果は上がらなかった印象です。やった気にはなっていて自分に期待はしていたんですけどね。

5シーズン目に向けて
#orz

これまでの経験で毎日の運動習慣化でベースを作っておかないと、いくら週末だけがんばってもダメってことが身をもってわかりました。私にとって"身をもって"ってのが大事なんです。そのような事を経験して理解していくことも楽しみの一つなので。それではベースを作るにはどうしたらいいか?

やる気スイッチはスタートしないと入らない
周りの忙しいおじさんCXerは、早起きしてなんとかトレーニングの時間を捻出しています。そのモチベーションには頭が下がるし、なんでそんなにがんばれるのか不思議でした。

でもちょっとだけわかったんです。モチベーションを上げる秘訣が。
それはとにかくはじめること。


最初は辛くてもしばらくやり続けていくと習慣化されて、何でもいいから実感が生まれるとそれがモチベーションの種になり、続けられるようになるんですよね。今のところは体重が減る事が種になってます。何かのキッカケにより瞬間的に生まれたモチベーションは、逆に瞬間的に落ちていきます。自己啓発本読んでも何も生まれないのはそれ。

これ、気がついたというより思い出した感覚に近いかな。基本的に私は努力が嫌いです。しかし学生時代の部活動では努力を褒められた事が何度もあります。恐らくまだスタートしていない人にはそれが努力に見えたのかもしれません。でも走り出している自分はただ楽しんでいるだけだったんですよね。

今回文字通り走り出したキッカケは残念ながらCXではなく自分の医療保険見直しで改めて健康診断の結果を見たこと。CXシーズン中の実施だったこともあり、血液検査の数値にいくつか異常な部分がありました。そこで再検査をしたところ、問題だった異常値は適正になっていましたが、生活習慣病に起因する数値は正常範囲の上限ギリギリのまま。これはいかんと思い朝のランニングを始めたわけです。加えて妻の協力のもと、玄米食に切り替え食事の面も気を使うようにしました。

はじめて1ヶ月経ちました。目覚ましを使わずに起床し5キロちょっとのランニングと自重トレ。玄米食のおかげでドカ食いもしなくなりました。体重は3kg減で、体脂肪率も少し下がってきました。内臓脂肪もかなり減ったようです。(タニタ体重計調べ)まずは体を絞って健康体になり、朝の有酸素運動と自重トレでベース作り。昨シーズン64kgだった体重が55kgになったら世界が変わるかな。明らかに変わるのは写真写りだけど、それが達成されるだけで超嬉しいです(笑)

この腹!
5I7A3391
Photo by Takashi Saito

助走はOK
このまま継続して、どこかのタイミングで高負荷のトレーニングに取り組んでシーズンを迎えたいと思います・・・いや、そこは約束しないでおきます(苦笑)

r299rb.jpg

基本的には変わらずに、楽しみながらサイクリングをしていたら結果的に向上しているのが目標。その一環で真夏のライドイベントに参加してきます。楽しみながら挑戦をして日々成長。コレでどこまで行けるかな?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

回復

2018年02月16日 08:00

CX東京でのダメージもまだ引きずっていますが、最近体の回復が追いつかないと感じることが増えてきました。食やサプリメントにもあまり興味・関心がなく、コンディショニングを整えるような運動にも全く無関心でいました。そこまで定期的かつ高負荷トレーニングをしていないし、まだ若さでなんとななっていたのかもしれません。風呂入って寝ればOKって感じでした。でも、筋肉痛の範疇を超えて怪我に近いダメージが蓄積して、それを癒している間に次のレースが来るサイクルになっています。

ザムスト(ZAMST) 着圧ストッキング ふくらはぎタイプ LC-1
by カエレバ


回復のためにやっている事と言ったら着圧ストッキングを履くくらい。これはかなり効果を実感できるので欠かせないものになっています。でもこのままじゃダメだと思いプロテインを摂取するようにしました。普段の食事を調べてみたらタンパク質って摂取するのが大変だと気がついたので。

ザバス(SAVAS) プロテインウエイトダウン ビッグ(1.05kg) CZ7047(ザバス ウェイトダウン 1050g savas ウエイトダウン プロティン ヨーグルト プロテイン ヨーグルト風味 粉末 トレーニング フィットネス 日本製 たんぱく質 タンパク質 大豆プロテイン ビタミンb群)
by カエレバ

ザバス プロテインシェイカー 500ml (CZ8957) SAVAS
by カエレバ

何を選んでいいのかわからなかったのですが、筋肉肥大を目指しているのではないのでこれを。水か牛乳と氷を入れてシェイクして飲んでます。普通に美味しい。

【メーカー公式】LPN ストレッチポールEX(ネイビー) スタートBOOK、エクササイズDVD付き 1年保証
by カエレバ

あとはストレッチポールや・・・

オムロン 低周波治療器3Dエレパルスプロ HV-F1200【沖縄・離島は送料無料対象外】 (6010429)
by カエレバ

低周波治療器みたいなものも持っているのですが活用しているとは言いがたいな・・・。効果がないって訳ではなく使いこなせていないだけなんですけどね。結局実感が伴わないと面倒になってきて続かない・・・そう考えると気軽に通える整体、整骨院、マッサージなどを見つけておくのが一番効果を実感できますね。歩いても、立っても、座っても寝返りを打っても痛い。靴下を履くのは困難だった痛みも適切に施術してもらったら嘘みたいによくなった。

これ簡単でいいよってのがあったら教えてください。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

はじめてのSDA王滝練習まとめ

2017年05月26日 08:00

全体的なレポートはコチラ「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km」まで。今回は練習編です。あくまでも9時間21分でやっとこさ完走したエンデュランス系苦手おじさんの備忘録ですからね。

IMG_8272.jpg
Photo by Keiji Kaneko

ことの始まりはなんだったのかな。CX仲間の中でMTBに興味を持つ人がぼちぼち出てきて、いつのまにか王滝への機運が高まりました。MTBを手に入れてから密かにクリアしたいと思っていた王滝の100km。東京マラソン参加の抽選に当たりフルマラソンをクリアしたこともあって、その勢いでMTBのマラソンイベントも一緒にクリアしようと思いました。その心境は過去記事「トロフィーケース」に書いています。

MTBで100km走る
ノボリクダリはともかく、MTBで100kmの距離を走ることさえ未知の体験。山遊びに特化したポジションでは全く歯が立たない事を荒川のフラットダートが教えてくれました。フラットで100km走るだけでもこんなに辛いのか・・・絶望しながらも5〜6時間台ペースのメンバーと一緒だったからだろうと納得させます。逆を言えばココに引っ張られるように追い込んでいけば良いトレーニングになるってことです。

IMG_8459.jpg
Photo by Eiji Ooki

本当は山に行きたいけど、そのためには片道2時間のクルマ移動が必要な土地柄。山に行かなくてもできることを積み上げないといけません。トレーニングで強くなるってイメージではなく、MTBのポジションを探って慣れることを重視していました。早起きして40分くらい近所を走るとか細かい積み上げです。それでもロードバイクはローラーでしか乗らず、ずっとMTBに乗っていました。

山で王滝対策
実際に山で王滝対策らしい練習ができたのは2回だけでした。ガレた斜面に対応するための練習ですね。この時ははじめての29インチバイクに慣れる意味もありました。大きかったのが優勝経験のある國井さんとご一緒した練習会です。王滝を想定した周回コースがあるのですが、そこで1周目はサドルトークをしながら様々なアドバイスを頂きました。それはコース攻略から機材の準備まで多岐にわたります。

IMG_9059.jpg

いかに下りで得たスピードを殺さずに次の上りに繋げるか?
この意識は後半の辛いところで相当な助けになったと思います。王滝だと山から下ってきて、橋がちょうどヘアピンカーブの頂点になっていて、そこから上り返していく場面ですね。下りで必要なだけスピードを落としたら、あとはブレーキから手を離してペダリングしながらコーナーを曲がり上ります。決まるとアウターのままぐんぐんと上っていけるんですよね。成功した時はたくさん抜くことができました。そのあとすぐに抜き返されますけど(苦笑)他にもたくさんありますが、一番印象に残り、役にたったのがこれです。XCシングルトラックのようなテクニックは必要ありませんが、王滝には王滝なりのテクニックがあるんですね。

2回と山に行った回数は少ないのですが、ひとつは王滝よりも条件の悪いガレ場であり、もうひとつは王滝スペシャリストが王滝対策として周回しているコースを走ることができたのはとても大きかったです。

まとめ
苦手な私が完走できたことだけを考えればとりあえず最低限の成果はあったんでしょうね。普段のサイクリングによる積み上げがあればもっと楽勝だったのかもしれませんが、私には欠落しているロングライド成分・・・特にCXシーズン直後は一番ダメな感じなんですよね。

参考になることなんてあったかな・・・走る練習もそうですが、パンク練習もしておいたほうがいいかもしれませんね。

<関連リンク>
セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km レポート
はじめてのSDA王滝補給まとめ
はじめてのSDA王滝装備まとめ
はじめてのSDA王滝バイクまとめ
はじめてのSDA王滝練習まとめ

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

2016年上半期

2016年07月02日 08:00

2016年も半分が過ぎて、いつのまにかCXシーズンの足音が微かに・・・まだ聞こえないかな(笑)ツール・ド・フランスが閉幕するとロードも来年の体勢についていろいろ噂が流れ始め、2017年モデルの情報も出尽くしてくる感じになるでしょう。オリンピックや世界選手権も気になりつつ来るべきシーズンに向けて準備を進めている事でしょう。

今まで過ごして来たCXシーズン前を振り返ると・・・

1年目:とりあえず機材の準備はできた
2年目:自転車に乗る事を習慣にしてサイクリングを楽しみながらベースアップを測ろう


そして2年目を終えました。振り返ると、レースの雰囲気が掴めました。自分に足りない部分が理解できました。どうしたいか明確に目標ができました。その為にはどうすればいいのかを考えました。

3年目:サイクリングだけではなくトレーニングをやってみよう

パワーメーターを導入して3本ローラーから固定ローラーを購入し、Zwiftのワークアウトメニューをこなしています。またCXで知り合いになった方のグループライドにも参加しています(これからもしたいと思います)。

roadkmodd.png
countodd.png

乗っている方々から見るととてもとても自慢できる統計ではありませんが、距離は右肩上がりに増えています。通勤で使わなくなりその時間をZwiftに充てているので距離、回数的には不利なのですが、それでも増えているのは良い部分。

record.png

個人記録も40kmタイム以外はこの6月に更新。まぁ、数字は置いといて下さい(苦笑)俺なりにがんばってるぞって事だけ伝わればいいんです。

IMG_3724.jpg

新しいDURA-ACEが発売されてパワーメーター導入を真剣に検討しようと考えている方がいるかもしれませんが、今の段階で言える事は「発売を待っている時間があったらすぐそこにあるパワーメーターを手に入れろ」って事です。その時間でアドバンテージを得られるはずです。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

思い出すCXの辛さ

2015年12月17日 12:30

平日の夜11時からの練習。ロードで3本ローラーが定番だけど乗れてないCXに乗っておきたくて公園でグルグル。

夜の公園

道路側を照らす街灯の明かりがうっすらと差し込む真っ暗な公園CATEYE VOLT 300を付ければ大丈夫。あまり複雑な動きが考えずに公園の外側の走っています。時々シケインがあると想定してディスマウント・リマウントを繰り返したり、担いでランなんかも取り入れて30分追い込む作戦。

久し振りなのでなかなか高い心拍を維持するのは難しく、それでも走った後は酸欠気味で吐き気がする感じ。CXのレースってこんな風にキツかったなぁーと思い出しました。本当は限られた時間で心肺を鍛えるにはローラーでメーターと睨めっこしながら高い心拍に堪えるトレーニングの方が効率はいいのかもしれませんね。でも心配に頼らずに重いギヤを体全体で漕いで行けるようになる感覚が掴めないかな・・・と思っています。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事