GARMIN ForeAthlete 35J レビュー

2017年03月07日 21:00

購入記に続きまして、2ヶ月半ほど使用したレビューを。

IMG_7565.jpg

GARMIN ForeAthlete 35Jを1日も欠かさず毎日装着しています。第一の目的だった東京マラソンのログも、シクロクロスレースでの心拍計測、睡眠状況のデータ収集、安静時心拍数の把握など。うっかりサイクルコンピューターを忘れてしまったシクロクロス練習でもGARMIN ForeAthlete 35Jのおかげで記録を残す事ができました。そこで各機能で気になったところなどを挙げてみます。

ランニング
前々からランニング時のリアルタイムペースが知りたかったのでその点では満足。表示については、走行距離、走行時間、ペース、心拍、時間などを画面自動切り替えで表示させています。1画面で表示できるのが3つまでなので仕方がないのですが、見たいデータが表示されていないタイミングだとしばらく時計を見続けなければならず、その点では少し不便です。

GPSの衛星キャッチは、なかなか見つけられない時もありますが、これは時間帯や空の状況もあるんでしょう。基本的には1分もかからずにキャッチします。

心拍を計測するので直接腕に巻かなければならず、冬のランニングでは長袖に隠れてしまい時計を見にくい問題もありました。本気で取り組むのであれば胸のバンドを使う方が、心拍にとらわれず時計を衣服の上から巻いたりもできるので便利なのかもしれません。

電池については東京マラソンの5時間弱使ってみて電池容量が1/4残っていた感じで十分だと感じました。

夜間液晶が見えずらく、オートに設定したがいまいち機能していません。これについては追っかけて調べないとな。

IMG_7557.jpg

自転車
基本的には35Jをサイコンとして使うのではなく、心拍計の代わりとして運用しています。「心拍ターゲットモード」にて私の使用しているGARMIN 810Jに情報を飛ばしています。シクロクロスレース(宇都宮、東京)でも使いましたがデータをロストすることはありませんでした。vivosmart HR発売当時のレビューではドロップハンドルを握ると手首の動きでロストするみたいなレビューを読んだ気がするのですが、説明書に従い時計を装着すれば手首の動きに干渉しない位置となり問題がないようです。

先日、サイコンを忘れてしまい急遽35Jでデータを収集しました。ケイデンスセンサーとのペアリングは時間がなかったので行いませんでしたが、心拍とGPSにより速度や距離はロギングすることができました。

ライフログ
睡眠のデータをほぼ毎日これでロギングしています。ノンレム睡眠に入る比率がかなり少ないように感じていますが、良いサイクルで3回ノンレム睡眠に入れた翌朝は目覚めが良かったり、いろいろ考える材料にはなりそうです。

また安静時心拍数ですが、長い間54bpmとしていましたが、50bpmくらいな日も多く睡眠と疲労感などと関連してどうなるか研究してみるのも面白そうですね。

万歩計の機能もありますがあまり自分にとっては意味がありません。あと運動状況から感知して自転車モードなどに振り分けてくれるMove IQってのもあるのですが、オートバイ通勤を「自転車」に割り振ったりと精度も意味もわからないのでOFFにしています。あ、オートバイって結構心拍上がるってのも発見でした。

アレルギー
私は365日アレルギーの薬を服用しているくらいのアトピー持ちなのですが、このシリコンバンドについて特に悪い症状は出ていません。当たりも柔らかく、そんなにキツく締めなくても心拍は取れているので問題はないです。夏場にどうなるかはわかりませんけどね。

電池容量と充電
基本的には入浴時に外して充電するサイクルで電池のゲージは1つ減るかどうかって感じです。特にランやバイクのログを取ってなければ2日に1度でOK。3日に1度でも十分なのかもしれません。

同期
iPhoneのGARMIN Connect アプリを立ち上げると勝手に同期してくれるので意識する事なく最新の状況が確認できます。またSTRAVAとNike+ とも連携しているのでそちらへもデータが同期できます。

総評
自分の使い方的には必要十分の機能を有しています。ひとつ気になるのはランで使う場面。ココを重視するならランを重視したスマートウォッチを検討した方が良いと思います。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

GARMIN ForeAthlete 35J

2017年01月18日 12:15

自転車と並行して細々と続けているランニング用の時計を買いました。元々はリアルタイムのランニングペースを知りたくGPS搭載の時計を物色していましたが、どうせなら自転車でも有効に使うことを前提にして選んだのがGARMIN ForeAthlete 35Jです。

2ad4148a.jpg

ガーミンのランナー向けシリーズでGPSと心拍計測ができるモデルの最廉価版。スマと連動してミュージックコントロールやメール受信などの通知も設定できるスマートウォッチ機能も有します。ガーミン以外にも同じような製品はありますが、自転車のデータ管理で使っているガーミンコネクトをそのまま使えるのもメリットでした。
ガーミンにデータをアップデートすれば STRAVAはもちろん、ラン仲間とコミュニケーションに使っているNIKE+にもデータ共有できるのも決め手に。今まではiPhoneで複数のアプリを立ち上げて同時にトラッキングしていましたが、その手間が省けます。

ガーミン製品での比較もしましたが、その他の多機能製品(上位機種)を使いこなす必要もなく、ライフロガーとして軽量で小さい事を重視した結果GARMIN ForeAthlete 35Jが最適だろうと結論に至りました。

IMG_7553.jpg

充電はクリップ式。GARMIN EDGE 810Jはゴムの蓋を開けて端子にミニUSBを差し込むのですが、劣化により防水性が損なわれる恐れがありますが、これはその心配がなくていいですね。

IMG_7557.jpg

アトピー性皮膚炎持ちで様々な物質にアレルギー反応が出てしまうのですが今の所問題は起きていません。シリコン性のバンドは肌の当たりもソフトで装着感は悪くないです。コシがないので取り付けに若干手間取るくらい?気になることはありませんが。

IMG_7565.jpg

ライフログ機能があるので入浴時に外す以外はずっと装着しています。その間に充電する感じですね。睡眠のログが結構楽しみだったのですが、レム、ノンレム睡眠の間隔ってこんな感じなのかな?

rewm1.jpg

ほぼ浅い眠りで大丈夫?って感じなのですが・・・

IMG_7577.jpg

表示を「レベル」から「移動」にするとレム、ノンレムにもグラデーションがあるって事なのかな?「移動」とした翻訳のニュアンスがよくわかってませんけど。ちなみに起床となっているピンクの部分はトイレに起きた時ですね。寝る前に1杯水を飲むからなのかほぼ毎日1回トイレに起きます。トイレに起きなかった時は得した気分になる感じ。

心拍転送モード
まぁ、睡眠のログはオマケみたいなもんで一番重要なのは胸バンドを付けずにこれで心拍を計測すること。GARMIN ForeAthlete 35J自体をサイクルコンピューターの代わりとして使う事もできます。シクロクロスのように複数台の自転車を使う場合には時計型のサイコンは有効ですよね。竹之内選手もメーカーは違いますがリストバンド型のサイクルコンピューターを使用しています。もちろんトライアスロンにも有効です。

私はGARMIN EDGE 810JをサイコンにしてGARMIN ForeAthlete 35Jは今までの胸バンド心拍計の代わりにデータを送る「心拍転送モード」にして使用します。

室内ローラーで使用しましたが問題なく心拍を計測できました。最近は胸バンドを毎回付けるのが煩わしくCXレースの時しか使っていませんでしたが、パワーメーターを用い出力をベースにしたトレーニングでも心拍のデータを一緒に計測した方が客観性が増して分析しやすくなりますよね。カジュアルに心拍を計測できる製品として導入して良かったと思います。

ただ、自転車乗車時に時計をつける習慣があまりないのでちょっと気になるかな。慣れの問題もあると思いますが、やはりCXレースの時は胸バンドの方が良い気もします。ただ計測方法を変えてしまう事でデータの整合性が取れなくなる不安もあるので、どれくらい誤差があるのか確認する必要はあるかもしれません。

まだ実走で試していないので追ってレビューをしたいと思います。


楽天ポイントで購入しましたが、このショップは最安値、ポイント3倍、在庫があってすぐに届きました。(私が購入した時は)オススメです。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

ガーミン・ケイデンスセンサーの取り付けゴム

2016年08月18日 20:21

ガーミンのケイデンスセンサーのゴムが切れてます。シクロクロスで使用していることもあり、リマウントじにシューズと接触するんですかね。

GARMIN センサー ケイデンス

キットにサイズ違いのゴムが入っていたと思うのでそれと交換しようと思いますが、繁茂に他のバイクと入れ替えて使わないのであれば両面テープとかタイラップの方がいい気もします。

garminsensorcrank.jpg

最初に取り付けた時はもっとBB側クランクの根元側に取り付けていました。最初に取り付ける時はその辺をちゃんと気にしてたんだな・・・




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

パイオニア ペダリングモニターセンサー SGY-PM910HL

2016年05月22日 19:51

自分には最も関係ない部品だとつい最近まで思っていたパワーメーターを導入しました。しかし来るシクロクロス3年目へ向けて何かを変えてみる必要があると、よりレースを楽しむために決断をしました。

パワーメーターにもいろいろな製品がありますが、最も導入しやすいパイオニアのペダリングモニター(以下PM)左のみに。一度左右差を確認してみたい気はありましたが、安くなったと言ってもコスト的なハードルが高く諦めました。

余談ですがアメリカでは日本では未対応の105グレードもラインナップしており、左右センサーセットを購入するとパイオニアのペダリングモニターがオマケで付いてくるキャンペーンをやっています。

パイオニア 左クランク用
赤いラベルが付いているのは片側だけバラで買った証みたいですね・・・黒でいいのに

今回のPM導入にあたりクランクをSHIMANO FC-6800(以前はFC-6650 アルテグラSL)にアップグレードしました。クランク長は170mmにした事により MTB、CXとロードの全てが170mmクランクになりました。

パイオニア 左クランク用

今回左のみにしたのは先ほど挙げたコスト的な問題もありますが、CXに同じシマノ製クランクを使っておけば、左のクランクだけ入れ替えパワー計測ができると考えたからです。現在はROTORにしていますが、以前使っていたCX50に戻せばクランクの形状は違いますが流用は可能でしょう。シクロクロスレースでもパワーのログが取れるって事です。

IMG_3724.jpg
センサーに内蔵の電池はユーザーは自分で簡単に交換できる方式

さらに購入する際にショップにあったDURA-ACE FC-9000クランクと初期型PM左右のセットが特価で売っており、それも候補に考えていました。ネジ切りBBで、尚且つあまりマッシブなデザインじゃない私のフレームであれば初期型のネガは感じないだろうと考えました。ただ、あの悪夢とも言えるタイラップ固定である事が許せない部分もありパス。それ以外にも初期型は温度変化による公正をユーザーがマメに0点調整してデータを蓄積する方式でしたが、現行型は工場でPMセンサーをクランク取り付け後にある程度のパターンを入力済みだったりと地味な点でブラッシュアップがなされているようです。

てっきりケイデンスセンサーは必要なくなるのかと思ったら、パイオニアのメーターを使わないとケイデンスは出ないらしいです。残念。

ホイールも含めて、後から購入した部品で最も高価な部品となったPM。しかし、これを取り付けただけでは全く速くなりません。厳密に言うと重みと空気抵抗の増大で遅くなるくらい。これを生かすも殺すも自分次第。もう後には引けませんね。今の自分の冷酷に数値にしてもらおうじゃなりませんか。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

CXレースにおけるサイコンのマウント位置

2015年10月30日 08:00

最初はシクロクロスバイクにサイクルコンピューターを取り付けないで参戦していたのですが、何かの参考になればと昨年途中から取り付けるようになりました。

ガーミンマウント

しかし、シクロクロス東京ではスタート後に落車でマウントが破損&脱落。マウントを買い替え今シーズンのさいたま秩父シクロクロスでも落車の衝撃で脱落はしなかったもののブランブランに。スタートボタンやラップタイムを押す為にハンドル周りにあった方が便利だし、レース中にラップタイムなどを確認できます・・・余裕があれば。

しかし、スタートしてからメーターなんて見る余裕なんてないし、上がり過ぎた心拍を見ても余計に辛くなるだけですしね。ロギングが目的なので自転車に付いていればどこでもいい。

ガーミンマウント

茨城シクロクロスの写真を見ていると與那嶺選手はトップチューブの前側に付けてますね。ここならスタートボタン操作はできるし(Lapはオートになっているんでしょうね)自転車を担ぐ等のアクションでも邪魔にならないでしょう。落車でも影響は少なそうでナイスアイデア。

2014 RAIZIN CYCLOCROSS

でもこれはワイヤーがフレーム通しのバイクじゃないと真似できません。私のRAIZINはトップチューブ上はこの通りワイヤーが通っていますからね。他に最適な場所内かな?と思っていたらレックマウントさんがTTバイク用にこんなソリューションを提案していました。

サポートしている方からのリクエストでサドルにサイクルコンピューターを固定TTでメーターを付けれない時に記録用に使うとか!?(トラック競技・ウェアにポケットが無い方など)ベースがカメラを固定するサドルレールマウント...

Posted by Rec-Mounts on 2015年10月22日


流石にCXでは泥跳ねの影響もありそうだし厳しいとは思いますが他の競技でも理由は違えど(TTは脱落防止ではなくスペースの取り合い問題)同じような事で悩んでいる人がいるんですね。

garminmountdowntube.jpg

そうなるとダウンチューブのヘッドチューブ寄りが最適解かな
そこのあなた!ポケットに入れとけよってツッコミしましいたね?シクロスキンスーツにはポケットないのと、落としても気が付かない気がする、忘れそうなどの理由でバイクマウントしたいんです。試行錯誤は続きます。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
[ 続きを読む ]



最新記事