Specialized ZEE CAGE II ALLOY

2015年07月25日 14:23

BIG.SEVEN用のボトルケージを購入しました。

メリダ ビッグセブン XT 38
サイズ:38

ご覧の通りフレームが小さいので斜め出し入れ可能なボトルケージの方が便利そう。OCR3に取り付けたZefal(ゼファール) Wiizみたいなやつです。MTBの場合はサイズが大きくなったとしてもフルサスの場合は結構制限が多く斜め取り出しはポピュラーになって来ました。それによく考えたら人間がサイドから斜め上に引き上げてボトルを取る訳ですからこの方が人間工学的にも理にかなっていますよね。

スペシャライズド ボトルケージ



ショップで見つけたSpecialized Zee Cage II ALLOYに決定。プラスチックタイプで良かったのですが、黒がなかったのと、このグレートのコンビカラーはバイクとピッタリだしね。少しの重量増加と引き替えに強力なホールド感が手に入ります。

zeecagemerida.jpg

さっそく使ってみましたが、ALLOY製だからかホールド感が強いからMTBでも安心・・・それと引き換えに抜き差しが結構キツく感じました。ボトルとの相性もあるでしょうけどね。上抜きタイプだと抜いた勢いでフレームを叩いてしまう事もありますが、これなら大丈夫です。

rightbotole.jpg

上から見るとわかるのですが、ボトルが斜めに納まっているのがわかります。サイドから取り出しやすいのはケージの形状だけではなく、納まり方もそれに合わせてデザインされているんですね。これは知らなかった。最初ちゃんとハマってないのかと思ってグイグイ押しちゃいましたよ(苦笑)TOPEAKのX15アダプターを使わなくて済みます。

まだまだラインナップが寂しいのですが、Specializedが提唱するSWAT TECHNOLOGY対応なのでボトルケージ底部分にマルチツールを取り付けたりする事も可能です。メリダのバイクにSpecializedのアクセサリー・・・若干抵抗はありますが、このアメリカンブランドを支えているのはメリダですからね。だからいいんですよ、これで。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
[ 続きを読む ]

スポンサーサイト

得たモノ

2015年02月14日 08:00

失ったモノもあれば手に入れたモノもある。それがシクロクロスのお祭りシクロクロス東京。



近寄らないと思っていたRaphaブースでしたが、ついうっかり帰り際に吸い込まれてしまいました。Facebookで靴下がSALEで1000円って書いてあったな・・・と、思い出しまして。そこで見つけたステキな色のソックスを手に取り、勢いで気になっていたボトルまで。Specializedのが調子良さげで気になっていたんですけど・・・いやそっちもきっと買いますよ。蛍光黄色もダーククリアカラーも黒もよかっし、やっぱりピンクと悩んだけどキャップまで白でシルバー文字がクールなコレにしました。

Rapha 靴下

Sサイズ(〜24.5mm)は結構在庫があって足が小さい事に感謝しました。この靴下は自転車のフレームと同じ色。何足買おうか悩みましたがグッと堪えて1足だけ。この特徴的なジグザグ模様は靴を履くと見えなくなってしまうのが惜しいなぁ。しかしDeFeetを筆頭にサイクルアパレルの靴下はステキなのが多過ぎて困ります。


Raphaのボトルはキャメルバックがベースなので使いやすい

AP ツールケース カーボン調 塗装編

2015年02月01日 09:00

大きなロゴが気になるAP ツールケース カーボン調。とりあえず機能は満たしてくれたようなのでロゴを消す作業に進みます。



まぁ、適当にマスキングをして家にあった染めQで黒にスプレーするだけなんですけどね。やや光沢のあるカーボン網目にマットなブラックのラインが入るイメージです。

ast_paint2.jpg

一度塗りでこんな風になりました。よく見るとロゴが透けて見えるので乾いてもう一度スプレーしても良かったのですが、そこまで気にしないのでこれでOK。染めQも結構いい値段しますからね(笑)







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

AP ツールケース カーボン調

2015年01月31日 10:00

ダブルボトルが入らない時期の携帯工具やタイヤチューブ入れといえばAvedio Tool Box(ボトルケージに入るボトル型バッグ)を使っています。

Avedio Tool Box

重心が低くなるしサドル周りもスッキリしてお気に入りなのですが、ひとつ欠点があります。それはボトルケージを選ぶこと・・・。

Sakura Cycling 2014

それでもクラシックなミノウラ デュラケージタイプなら入るので、シートチューブ側だけそれに交換して運用していました。黒いボトルケージだとAvedio Tool Boxに溶け込んじゃうから前後が違うボトルケージでも気にはならないと思います。(ボトルを外した状態だとこんな感じでかっこ悪いんですけどね

2006 SPECIALIZED TARMAC PRO

しかしミノウラ デュラケージが値段の割に軽くて気に入り、ダウンチューブ側もミノウラのデュラケージにしたんですよ。そしたらね・・・ボトルを刺しにくいんですね。2度ほど入れたつもりが入っていなくてボトルを落としました。

Avedio Tool Boxに合わせてボトルケージを選ぶんもなんだなぁと思っていたんですよ。苦情も多かったのかマイナーチェンジ後は小型になり様々なボトルケージに対応したと聞いたことがありますが、その代わりいらぬロゴの刺繍などが入ってコレジャナイ感が満載に。前にも紹介したビットリアのPremium Zip Tool Caseなんてのもありますが、これも派手なんだよな。プラスチックのツール缶でも入ればいいかな・・・と諦めていたところ不意にこんなの見つけました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

使い捨て安売り工具で有名なアストロプロダクツに別件で行った際に見つけた逸品?カーボン柄のボトル型小物入れです。ちなみにカモフラも売ってました。カーボン柄は許したとしても大きなロゴも邪魔なんですが、これは後でなんとか消してしまうとして。試しに買ってきました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

AVEDIOと比べるとサイズの違いがわかります。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

AVEDIOの方は大きいだけあってさすがの収納力。今まで携帯していた物プラスまだ入りそうです。緊急用の小銭とか入れといてもいいかな?と思っていました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

内容物はこちら。特に変わったことはないみなさんが携帯しているものだと思います。早速亜アストロで買ったボトル型小物入れに詰め込みます。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

はい、大丈夫でした。余裕はありませんが振動で中のものが動かないくらいぎゅっと入っていた方がいいですからね。Avedioが入らなかったエリート ボトルケージ パタオで試そうと思ったのですが手元になかったのでzefal ウィーズボトルケージに入るか確認します。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

はい、これも大丈夫でした。耐久力は未知数ですが表面触った感じとかはちょっと心もとない感じも受けました。ただファスナーが思ったよりスムーズだったのは驚きです。晴れた日にでもロゴを消す作業をして使ってみます。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

DEBOYOの使い心地

2014年08月14日 17:21

なんとなくポチってしまったエリートの保冷ボトルDEBOYO。ドリンクが生温くてもそんなに気にならないのですが、冷たい方がそりゃ美味しいしね。使いモノにならなかったら普段使いにすればいいやと購入した訳です。



使ってみる前から薄々気が付いていたのですが、使っている金属製のボトルケージとの相性はあまり良くない。



ちょっとした走行振動でカタカタ鳴るのは気になりましよね。滑りも良いから振動で飛び出しそうな気配もあるし。そこでプラスチック製のボトルケージを夏季限定で導入しようと思ったのです。

deboyo_giant.jpg

その前に使い勝手を試してみようと思い妻のGIANT OCR3に取付けてサイクリングに行ってきました。Zefal(ゼファール) Wiiz・ボトルケージとDEBOYOの相性は悪くはないのですが、すべって飛んでいきそうな気配があります。プラスチック製で更にシリコン系の滑り止めがあるボトルケージの方が好ましいですね。

保冷の能力は抜群で気温30度以上の夏日でしたが、1/3くらい入れてあった氷は4時間のライドでもしっかり残っていました。最後まで美味しくスポーツドリンクを飲めたそう。スポーツドリンクは暖まると甘さが際立って飲みにくい場合がありますからね。その点では優秀。

しかし、やっぱり走りながら飲む事はできるけど、ふたを開けるアクションが邪魔臭くて場面を選ばないと飲めないのが気になるとの事でした。走行中、受け取って使ってみましたが、やはりそこは気になりますね。蓋を外して運用した方がいいかな。

飲み方はバルブを引っぱり傾けるだけ。柔らかい素材のボトルならボトルを潰してドリンクを押し出しますが、これはバルブに空気穴があって傾ける事で出てくるようになっています。チョロチョロと流量が少ないのがもどかしく感じるかも。

使い方としては、あまり強度が高くないサイクリングで止まって飲む用途でしょうかね。普通の保冷ボトルよりはもちろんサイクリング向きで、走りながら飲む事も問題ありませんけどね。ルックスはいいし、匂いが残らないステンレス製であること等利点は他にもあるので検討中の方は参考にして下さい。

camel_spe.jpg

そんな訳でDEBOYO用夏季限定ボトルケージは購入せずに普段使いとして活躍してもらい、SPECIALIZED TARMAC PROには三連勝に付けていたミノウラのデュラケージ4.5(シルバー)にしました。オールドスクールなコダワリあるっぽくいだけではなく、機能としても斜めに引き抜きやすくて気に入っています。ジュラルミン製でボルトも付いてくるしコストパフォーマンス高いんですよね。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事