Fi'zi:k CYRANO CARBON シートポスト レビュー 2

2016年06月14日 08:00

1年前に最初のレビューをアップしたフィジークのシラノカーボンシートポストの件です。

DSCN1658

前回もお伝えしていたサドル固定部分の緩みについて。前側のアジャスターに細い棒を差してテンションを掛ける対策がある事をお伝えしました。

fzshieapost.jpg

しかし、そこよりも後ろ側のキャップボルトの精度に問題があるような気もします。購入の頃から締めた後に工具が咬んでしまい抜けなくなる事があり、舐めそうで手加減していました。

IMG_4135.jpg

改めて取り外しどの工具がしっかりと適合するのか試したのですが、5mmはまるで入らず、4mmだとスカスカの状態。インチでも試したがダメ。最初は5mmで使って行くうちに入らないくらい舐めて行ったのかもしれません。

ボルトは径が6mmで首下長が27mmくらい。市販されている30mmで大丈夫そうです。とりあえずガレージにあったSUS25mmキャップボルトに交換しておきました。これで舐める不安はなくなりました。オートバイ部品量販店に売った際にでもチタンボルトを買ってこようかな。

これで舐める不安はなくなりましたが、カーボンレールのサドルを使っているので、トルクは程々に。レールを潰すよりも緩んだら増し締めする方が利口ですからね。




MOLYSLIPコパスリップ 100g
価格:2020円(税込、送料別)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト

Fi'zi:k CYRANO CARBON シートポスト レビュー

2015年06月06日 08:00

購入時にFi'zi:k CYRANO CARBONのファーストインプレッションを書きましたが、1年半程使ってレビューを。

DSC_0016

アルミのシラノを購入しようと思ってたのになぜか購入してしまったんだったな。それも長いサイズしかなくてカットしようと思ってたけどそのまま使っています。たいした軽量化になる訳でもないですし。

DSCN1658

元々、後からリリースされたアルミ製と重量はそんなに変わらないのはヤグラの重さのせい。重さとのトレードオフで楕円カーボンレールへのフィッティングだったり、2ボルト固定の前側を大きなダイヤル式(工具を使わずに回せる方式 フロントアジャスターホイール)にしている事で調整を容易にしています。

ダイヤル式の功罪
2ボルトの前側をダイヤル式にした事で調整が容易になったと書きました。確かに後ろ側を緩め、前側を手で回しながら適当な角度に合わせて、後ろを本締めして固定する。少しだけ手間が減っています。しかし、その分緩みやすい気がします。

toukinist_bikes.jpg

よく考えると緩みを感じたのはごくごく最近の事。もしかしたらサドルをシートポストと同メーカーのフィジーク・アリアンテからSpecialized Rominに交換したからかもしれません。繁茂にサドルの着座位置を前後に動かすようになったのも影響しているのか?乗っているとギシギシ音がするようになり、降りてみるとゆるっゆるになっている事が2回ありました。

対策としてはダイヤル(フロントアジャスターホイール)に空いている穴に細い六角レンチなどを差し込んで増し締めするとよいと他の方がレビューしているのを見かけました。そんな話があるって事はやはり緩む方が他にもいるって事です。

全部の製品を、いや少なくともサドルはフィジークを使っているならトータルでデザインが決まってカッコイイので使ってもいいのかもしれませんが、それ以外の方はわざわざこれを選ぶ理由はないかな・・・ってのが正直な感想

このシートポストもその後グラフィックのマイナーチェンジを行い、遂に新型「シラノ 00 シートポスト」がリリースされました。フロントアジャスターホイールはそのままですが、ヘッド部分もカーボン製になり軽量化されているようです。サイドから見たルックスもカッコイイですね。



全体的に作りは良くシックで好みのデザインですが、フロントホイールアジャスターは少しクセがある・・・とまでは行きませんが注意する必要がありそうです。

2014 Raizin CX

付属のシリコンシートポストリングはシクロクロス車の方に使っています。ロードよりも泥や水の進入が予想されるCXには有効な部品ですね。オーバーホールなどでシートポストを抜いた時も目印になるのもいいです。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

Fi'zi:k CYRANO CARBON

2013年08月23日 17:53

はい。衝動買いです。いや、ずっと狙っていたものだし、完全にそうとは言えないけどね。

DSC_0016

純正シートポストをそろそろ・・・と2011年の時点で考え出し、本格的にシートポスト選びに入りました。結局、お試しって事でディズナの1ボルトタイプに交換しました。結局は調整方法のクセと見た目のポップな感じが気に入らずに妻のGIANT OCR3の軽量化に一役買ってもらう事になりました。

DSC_0014

改めて純正のシートポストを見てみましょう。2006年SPECIALIZED TARMAC PRO純正シートポストです。抑揚のあるフレームデザインに合わせたエモーショナルなカタチをしています。目玉は振動吸収を司るゼルツがインサートされている事。まぁ、個人的にはずっと気に入らない部品だった訳ですが・・・。

DSC_0022

今回選んだフィジークのシラノ・カーボンはいたってシンプル。シンプルでありながらサドルメーカーとしてのコダワリが盛り込まれています。「サドルに一番身近な製品」と満を持して発表されました。確かにステムとハンドルは同じメーカーがよい理論を考えれば理にかなっています。もちろん同社のカーボンレール(楕円)もしっかりと優しく固定します。ヤグラの部分もロープロファイルで工夫された2ボルト式は調整もしやすそう。グラフィックも抑えめな所が好感が持てます。品質の良さが高級感を演出していると思います。

DSC_0017

アルミが発売され、カーボンがその後にリリースされたのですが重さはたいして変わりません。私もシートポストマウントのキャリアを取付ける事もありアルミ製を購入予定でしたが、そんな事すっかり忘れてカーボンをポチってました・・・(汗)まぁ、かっこいいからいいか。

DSC_0019

購入したのはφ27.2mmx330mm。長さは270mmで十分でしたが、安い所で在庫がなく、どうせ後でカットしてもいいかな?と330mmを購入。重さは205gでした。TARMAC純正は239gでしたからちょっと軽量化されましたね。このシートポストは品質もよく調整もしやすく人気なのですが、それと引き換えにヤグラ(サドル取付け部分)が重たいので軽量化が目的ならお勧めできません。薄くて形状はいいんですけどね。

ターマックのシートポスト固定部分は上部が平面ではないのでダストカバーは取付けません。でも、:kの部分だけ色を微妙に変えるとか渋いセンスで好きです。

DSCN1653

取付けた状態はこんな感じ。「Fi'zi:k」ロゴがなんとか隠れずに済んだ事に一安心。控えめなロゴデザインだから隠れても気にならないと思いますけどね。ただ、このロゴの下辺りからポスト高さの目安となる目盛りが始まります。よってフレームからサドルのレールまで150mmくらい出るような人じゃない目盛りが有効に使えません。私は目盛りの一番上ギリギリでした(苦笑)

DSCN1658

日を改めてサドル位置を乗って合わせるのですが、ヤグラ前側ボルトは手で回せるようにダイヤル状になっているので、これからのポジション出しも楽そうです。明日は晴れるかな?試走が楽しみです。

1年半ほど使ってみてのレビューはコチラ





DSCN1650

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

DIXNA 1-Bolt シートピラー購入と取り付け

2012年03月18日 00:53

シートポスト買いました!3つの候補を挙げましたが結局はディズナのワンボルトです。

ショップを数件見て回りましたが実物を見ることができませんでした。まぁ、質感が納得いかなかったらGTやGIANTの方に使えばいいかな?と思い通販で購入です。ノーマルカラーはメーカー在庫なしとの事で塗装がキレイらしいちょっと高めのクリアカラーバージョンになってしまいましたが・・・。

dixna01.jpg
ロゴの上にしっかりと分厚いクリアーが吹いてあってキレイですよ

さぁ、取り付ける前に重量測定です。カタログ公称値は204g。

dixna03.jpg
ディスナ・1ボルトシートポスト 207g

207gですから、公称値から+3g。許容範囲でしょう。ついでにターマック純正のエアロなカーボンシートピラーは239g。

tarmac_genu.jpg
スペシャライズド純正ゼルツ入りカーボンシートポスト 239g

結構軽いんだな。軽量化が主な目的ではありませんがこのままではあんまり変わらない・・・。そんな訳で使ってみて使い心地に問題がなければ余分な長さをカットして200gアンダーに持っていきたい所。

dixna04.jpg

取り付ける前に細部を確認してみましょう。パイプの内側はこんな感じになっています。THOMSON(トムソン)シートポストのように楕円状になっていますね。力が加わるの方向には厚く。力があまりかからない方向は軽量化のために薄くしてあります。この値段でよく作り込んでいますよね。

dixna05.jpg

心配だったのは1ボルトのシステム。左右に貫くこの一本のボルトでシートの前後と傾きを調整しながら固定もします。サドルを仮固定している段階で、その不安がだんだんと大きくなっていきました・・・(汗)

dixna06.jpg

サドルを取り付けるとこんな感じです。確かに1本のボルトで全てのアジャストが可能です。ただし、前後だけ調整しようと1本のボルトを緩めるとピンクの方向にヤグラがスライドしてしまい角度も変わってしまうんですね・・・やっぱりそうか・・・。

要は調整は簡単だけど、例えば角度はこのままでサドルを3mm前に出そうと思っても、一緒に角度も変わってしまう可能性が高いってことなんですよ。うーん、そんなに神経質な方じゃないので実用上問題ないと言えばそうなんですけど、mm単位で微調整を繰り返す感性のある人は避けた方がいいかもしれません。

dixna07.jpg

ヤグラ部分の微調整については、メジャーを使ったり水平器を使えばできるけど、出先で走りながら違和感を感じたら調整・・・ってのがちょっと厳しいかな。今よりちょっと前に・・・ってやろうと思っても"その今"がずれてわからなくなってしまいいそうだから。

あと、やっぱりブランドロゴマークは不要だな。これは趣味の問題だし、わかってて購入したからので我慢できるがシートピラーに目盛りがないのは不便じゃないのかな?ブランドロゴもいいけどクールな目盛りがあまり主張せずに付いてたら嬉しいのに。

自転車って微調整をしながら体に合わせていく事ができるのに、目盛りが印刷されてなかったり、基準マークがなかったり、あまりにも不親切な気がしてなりません。それをいかにもじゃなく、実現するのもデザインの力なのに。

文句ばっかりになっちゃったけど、とりあえず使ってみます。問題なければさっきも書いたように余分な長さをカットしてみようと思います。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

シートポスト選び

2012年02月29日 23:02

随分と前にシートポスト交換したい!ってな記事を書いていました。一向に進んでいないのはイマイチ欲しいシートポストが見当たらないから。サイクルモードで確認した3Tのシートポストでハンドル、ステムとの統一感を狙う方向かな?とも思ったのですがヤグラの部分とか安っぽくてこう、物欲を掻き立てないんですよね。別に交換しなくても走る訳ですから、限りある資金使い道の優先順位はどんどん下げられていた訳です。でも、これからのシーズンインに向けてやっぱり何か交換したくてね。それで「あ、シートポスト」って思い出しました。

求めるシートポストの条件
1.強度
パイプ部分はキャリアをクランプしても大丈夫な強度が必要です。

2.形状
セットバックできる事。意匠に関してはエアロ形状とかいりません。フレームがマッシブなので(今のトレンドからすればおとなしいけどね)シートポストはシンプルに。色は黒。

3.汎用性
ヤグラはカーボンレールのサドルにしても問題ない汎用性の高いもの。

4.価格
1万円前後で。あんなパイプそんなもんでしょ?

5.軽量
軽かったら嬉しいな。

こんな所かな。無数にシートポストがランナップされる中でなかなかお眼鏡にかなうものがなかなかありません。カーボンで付加価値を付けて儲けようって感じのする製品ばっかり。あ、個人的見解ですよ。

で、候補はこれだ・・・
[ 続きを読む ]



最新記事