クラシックロードで散歩自転車を作る2

2018年09月15日 21:45

冷蔵庫の残り物でチャーハンを作る感覚で街乗りバイクを組もうって企画がスタートしましたが、お手軽仕様なんでもう完成しました。

promiyatabluetires.jpg
前回のまでのイメージ

126mmエンド幅フレームに無理やり130mmのホイールを押し込んだところで第一関門はクリア。あとはガレージに死蔵してある部品を中心に一部フリマサイト、一部新品部品を組み込んで組み立てます。

シングルギア化
IMG_1900

フロントのチェーンリングはインナーギヤをアウター側に固定しました。リアはgrunge(グランジ)の シングルギアアダプターセットを使いました、サーリー にもカッコイイのがあるのですがお値段が倍するのでこちらで。様々な厚みのスペーサーが入っていますが、目見当でチェーンラインが出ていそうな部分にギヤを入れたら一番薄いのでサンドイッチして微調整ができるようにします。スペーサーは1枚余りました。

grunge(グランジ) シングルギアアダプター用ギアセットのみ 18・20T 18・20T
by カエレバ


クイックよりもボルト固定の方が雰囲気が出るのでTRANZ-Xのツールスキュアーキットを使って六角ボルト固定にしました。

TRANZ-X(トランズエックス) 060-3 ツール スキュア3点セット BK ブラック
by カエレバ


ステムは前回書いた通り珍しい規格だったために、そのまま使うのは諦めてアヘッド化するアダプターを使いました。

GRUNGE (グランジ) ステムアダプター シルバー
by カエレバ


ステムは転がってたMERIDAの純正ステムを使う気でしたが、余りにもミスマッチだったので悩んでいたところ、ダメ元で入札したオークションでNITTOの削り出しステムを落札。

NITTO(日東) ステム UI-25EX CNC UI-25EX-100 φ31.8 φ28.6 100 シルバー
by カエレバ


少しサイズが大きいフレームなのですが、フラットバーなのを考慮して長めのステムにしました。ハンドルはとりあえずTIOGAのフラットバーを仮付けしています。

IMG_1921

ロードバイクをシングル化するのにチェーンの長さがうまく合わせられるかが大きなポイントでシングルギアアダプター用テンショナーを使ったり、エキセンBBを組み込んだり、半コマのチェーンを利用したりしますが、できればギヤの大きさを選んでシンプルに決めたいところ。今回は運良くそのままチェーンを張ることができました。

IMG_1934

ペダルはタンデムバイクに取り付けていたMKSのMT-LITEをとりあえず移植しています。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーライト [MT-LITE ] ブラック 左右セット
by カエレバ


ブレーキレバー、キャリパーは何かの純正品を流用。ハンドルバーはタイオガでグリップはメリダの純正品。シルバーパーツを多めに使っているので、できればハンドルとグリップはそのうちなんとかしたいところ。

IMG_1935

ワイヤーも安売りセット品みたいなやつの余りが家にあったのでそれを使いました。チェーンはシマノの6〜8速用を使っています。(チェーンとブレーキシューは新品)

IMG_1942

サドルはそのまま。味が出ているこの感じがベテランっぽくて良いのですが、厚みがある分シートピラーがあまり伸ばせなくてちょっと悲しい見た目に・・・・で、出来上がりです。

IMG_1943

IMG_1945

miyataflatbarroad.jpg

シートピラーがあと1cm出ているだけでも随分と印象違うのにな・・・ってところは気になるのですが基本的には大満足。これ見てたら自分のカーボンロードもクロモリにしたくなってきました。ハンドルを今っぽいちょっと幅が広めのライザーバーに交換すればバッチリですね。水色タイヤもなんだかネオレトロな感じでそこまで悪くないかも。

miyatasport?flatbarcustom

乗ってみたところ乗り味も軽やかでフラフラと散歩するには最適のバイクに仕上がりました。ちょっとギヤ比が軽すぎる気もしますが、チェーンテンションの問題もあるしちょっと様子を見ようと思います。適当な街乗りバイクのカスタムは楽しいなぁ。




ssalebaner.jpg



スポンサーサイト



クラシックロードで散歩自転車を作る1

2018年09月11日 21:00

前回記事「最後のピース」で説明した通り古いロードバイクを気軽に連れ出せる街乗り自転車にしたいと思います。

コンセプトは余り物で作るチャーハン
1985 PRO MIYATA Road Frame

まずは何よりガレージに余っている部品を組み合わせて、乗れる状況にする。だからと言ってマズイのはダメで普通に食べられるレベルにしたい。要は隙のないカッコヨサやコダワリはとりあえず求めずに悪くないレベル、雰囲気重視でOK。そのうち部品交換なんかをして隙を埋めていけばいいかなって思う。気が向いたらね。

問題はエンド幅
古い規格のロードフレームなのでエンドの幅が現在主流の規格より狭い126mmしかない。エンドを広げる作業を工房にお願いしたりもできるようだけど、クロモリだしグイッとやっちゃえば入るって話もある。無理なら他の手を考えようと思いTRY。130mm幅のハブが入りました。これが入ればあとは適当に組み合わせようと安堵したのでした。

promiyatabluetires.jpg

クランクはSUGINO75の雰囲気も良くこのままでインナーチェーンリングを使うことにする。チェーンリングボルトはスギノのシングル用でCXで何種類か購入したのが役にたった。

謎の規格
barhandle2.jpg

ライザーバーやシートピラーなどの在庫を適当に組み合わせようと思いましたが、ことごとくサイズが合わない。この黒染めのステムとかカッコイイので使いたかったのだが、当時チネリが採用していた26.4mmとかの謎規格でダメ。これに合うライザーバーなんか存在しないだろうからステムから考えないとダメになる。シートピラーも数値忘れたけどやっぱりダメだった。

それでもシングルスピードのお気軽仕様なので適当な部品で抵当に組めそうです。10速のRDとカセットあるんだからフロントシングルで多段化もできちゃいそうですがそれはとりあえず置いといて。部品をいくつか発注したので次はその辺の模様をお届けします。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

最後のピース

2018年09月08日 08:00

前回の投稿で「何か使い道がないかな」と書いて〆たMIYATAロード。普通に復元しても三連勝と同じで乗らない自転車が増えるだけ。それならお金と時間をかけるのも意味がないかな・・・と放置していました。

1985 PRO MIYATA Road Frame

欠けているピース
ロード、MTB、シクロクロス、タンデムバイクと稼働している自転車は4台。それぞれ用途が被らないので共存する理由があるので邪魔だとも無駄だとも思わない。逆に言えば同じ用途のものは基本的にはいらないってこと。それ以外の用途と考えると・・・気軽に乗れる街乗りバイクかな。

IMG_3045.jpg

今の所、駅までとかの足にはバイオメガを使っていますが、片道1.5kmほどでもあまり乗りたいと思えないんですよね。デザインとしては素晴らしく、デザイナーの思想を感じ取ることができて自転車自体は気に入っているのですが、乗ってみると机上の空論感がもの凄い。とにかく警戒感が皆無でシャフトドライブ構造からか、バネ感を全く感じられず漕いでいても爽快感がないんですよ。

そう、欠けているピースとは気軽に乗れる街乗り自転車です。

以前所有していたGTのシングルスピードバイクなんかそれにあたると思うのですが、もう手元にありません。そこでミヤタのフレームを使ってシングルスピードのお気軽バイクを組みたいなと。ガレージには電動アシスト自転車があるんだけど、まぁ、それは置いといて。寝る前にボッーっと観ているグランピーのYouTubeの影響もあるのかもね。

あんまりカッコイイ部品でバッチリ決めても盗難とか怖いから、とにかくガレージにある部品をあれこれ使って組み上げるのが目標。問題はエンドの幅が126mmってところですが、クロモリだしぐいっとやっちゃえばいいのかな。

余っている部品リスト
フリマサイトやネットオークションで処分してるのでそれほど残ってないけど・・・

・ホイール:SHIMANO WH-R550(ミシュランPRO2タイヤ付き)
・ハンドル:ケストレル・カーボンフラットバー(odiVANSグリップ付き)
・ブレーキレバー:GTに付いていたのがあったような
・サドル:チネリ(三連勝から外し)

MIYATA PRO
このエンド形状なら多少チェーン引ける

その他、クランクやシートピラー、ブレーキキャリパーなどフレームに付いていた部品を流用します。

購入リスト
・ブレーキワイヤー
・シングルギヤスペーサーキット
・チェーンリング
・チェーン
・ペダル

こんなもんかな。ペダルなんかプラスチックの安いのでいいしね。盗人に目をつけられないステルス機能を有した街乗りバイクに仕上げたいと思います。
04052136_4f7d91bb436fe.jpg
あぁ、なんかとてもワクワクしてきた。果たして街乗りする機会はどれくらいあるのか?って話もありますが、自由に妄想して乗り物にするのが好きなのかもしれませんね。

MKS(三ヶ島) ペダル エムティーエフティー [MT-FT] ブラック 左右セット
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

フレームオフ

2017年06月27日 22:00

長い沈黙を破ってレストアを開始・・・と言ってもパーツをバラしてフレームとフォークの状態にしただけです。この応対にして部品単体のチェックをしていこうかな。

スギノ75

当初から気になっていたブレーキフードですが、更に劣化が進みゴムが溶けてベトベトになってました。もう潔く全部取っ払います。劣化したコットンバーテープも剥がす。外した部品はメンテルブを吹いて、チャック付きのビニール袋に入れて保管。とりあえずこれ以上錆びたりしないように。

PRO MIYATA Road Frame

BBは若干ゴリゴリしている感じ。ヘッドは洗ってグリスアップすれば大丈夫そう。さて、この宮田くん。何か良い使い道がないかな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

PRO MIYATAをチェック

2013年08月09日 08:00

とりあえず各部の写真を撮影したので紹介します。手に入れた顛末はプロローグで触れましたが、クルマ遊びの仲間から譲っていただきました。同じくらいの身長なのに、フレームは少々大きめ。何故かと思ったら、このバイクを購入したのが中学生の頃で、その時は身長が伸びると疑わなかったからだそうです、その気持ち・・・痛い程わかりますよ(笑)

MIYATA PRO

宮田工業のPRO MIYATA。ブルーにゴールドの文字はコーポレートカラーなんでしょうか。現在のシリーズもブルーがメインカラーですね。ポジションが合ってない感じがサドルの位置でわかりますね。かなり前乗りの感じ。細いパイプのホリゾンタルは美しいですね。カーボンバイクですと大口径化しているので、小さいサイズを選ぶとそのカッコ悪さが際立つんですよね。

MIYATA PRO

シートチューブには、このバイクのメインコンポーネントであるSUNTOURのステッカーとトリプルバテッドのクロモリチューブを使って組んであるRaceフレームだという事を主張しています。ウチにある同年代のパナソニックも三連勝もSHIMANOなのでこれは嬉しい。しかし、MIYATAは現在のラインナップを見てもSRAM使っていたりしてSHIMANOと何かあったのか?と心配になります(笑)メリダの販売をしている関係でSRAMを安く仕入れられるのかな?
宮田といえば銃身作っていたルーツを感じさせるSSTB(スパイラル・スプライン・トリプル・バテット)が有名ですが、それとは違うのかな?

MIYATA PRO

ワイヤーマネージメントが面白い。凝った作りですね。

MIYATA PRO

まずはフロントから見て行きましょうか。黒染めのスレッドステムは珍しいですね。ハンドルバーは日東のMod.55で日東創業55周年を記念して作られたモノのようです。ちなみに復刻されているそうですよ。

MIYATA PRO

ブレーキレバーはSUGINO 75 CARBON !!!。これ、かっこいいでしょ?この時代にカーボンなんてね。フードラバーは残念ながら劣化してペトペとしちゃっているのですが、なんとか合うフードを探して使いたいな。キャンバスのバーテープがクラシカル。

MIYATA PRO

ブレーキはSUNTOURのSUPERBE PRO。ヘッドパーツはTANGE LEVINが付いています。

MIYATA PRO

変速レバーはもちろんWレバー。これもSUNTOURのSUPERBE PROです。インデックスシフト以前のコンポなのでレバーはカチカチと動きません。チェーンの位置を感じながら自分で調節するんですよ。中学生の頃に乗っていたレイダックは既にインデックスだったのかな・・・もしかしたら始めての体験になるかも。

MIYATA PRO

クランクはSIGINO 75です。コンパクトクランクを見慣れているのでスパルタンでカッコイイですね。アウター52でリアのカセットだって小さいんだから絶対に踏めないよ(苦笑)

MIYATA PRO

ペダルは三ヶ島製作所製のようですがモデル名はわかりません。

MIYATA PRO

リアディレイラーももちろんSUNTOURのSUPERBE PROです。カセットスプロケットの数からして6段変速って事ですかね。インデックスじゃないから増やしても調整で行けるのかしら?

MIYATA PRO

ホイールはハブがSUNTOURのCYCLONE。SHIMANOで言うとアルテグラになるのでしょうか?

MIYATA PRO

リムはMAVICのチューブラー。MONTHLERY PROと書いてあります。アルマイトがかかっていないので磨けば光る!・・・磨けばね(苦手)

MIYATA PRO

実はもう1セットホイールを頂きまして、それがDURA-ACEのハブとARAYAのAERO1って組み合わせ。ワールドチャンピオンなんてステッカーが貼ってあったりしてタダモノじゃない感じが出ています。SUPER HARD ANORIZEDリムの色もカッコイイ。オーナーが自ら組んだそうです。しかし、スポーク多いな。

MIYATA PRO

とりあえずこんなところですね。まだシートポスト抜いたりもしていないので状態は確認できてませんが、ずっと実家で室内保管だったそうで心配はあまりないかな。まぁ、中学から高校時代にたくさんのツーリングに出掛けたそうなので、その時に雨が降ったりいろいろあったとは思いますけどね。

MIYATA PRO

部品を見ていると、今取りかかっている三連勝よりも魅力的な部品が付いていて、そっちに移植しようかな?なんて事も考えてたりしますが、こっちはこっちで再生したいのでどうしようか検討中です。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事