DAHON Metroの整備 つづき

2018年08月11日 08:00

2016年にメンテしないとなとはじめた整備作業もついにファイナル。タイヤ、チューブ、リムテープ、ブレーキシュー交換で止まっていましたが、やっと重い腰を上げて終わらせました。この間、ダホンのルートや国産メーカーの折りたたみ自転車などと乗り比べたりしたのですが、走った感じこのメトロは悪くなかったんですよね。ジオメトリーの問題なのかわかりませんが。

dahonmetro1808.jpg

各ワイヤー、チェーン、チェーンガード破損により交換、サイドスタンド不良により交換、グリップ交換、後ろ変速レバーASSY交換とガッチリやりました。

tioga_grips.jpg

変速に関してはダウンシフト操作をすると一気にローになってしまう意味不明な多段変速化されていて、内部破損していることが判明。どうグレードへの変更でも良かったけど、ロードの部品価格に見慣れているとちょっとグレードアップしても安いのでちょっといいやつに。

タイオガ Eグリップ ロング/ロング グリップ カラー:ブラック(HBG15700)
by カエレバ

グリップは乗り比べしていた時に、妻がエルゴノミックなパームグリップを気に入ったのでそれっぽいやつに。

wlegstand.jpg

ダホン純正のサイドスタンドが付いていましたが、グニャグニャになりすぐに倒れてしまうのでダブルレッグのスタンドを取り付けました。取り付くか未知数でしたがなんとか。最低地上高はかなり低く、コーナーリング攻めるとペダルより先に当たります。チェーンリングやチェーンともクリアランス極少です。

GP CD-125A アジャスタブル Wレッグ センタースタンド SIL
by カエレバ

ライダーに試乗してもらったところ問題ないとのこと。駐輪した時に安定感あって嬉しいみたい。

もちろん各部給油などもして気持ちよく走るようになりました。まだまだ現役でがんばってよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

DAHON Metroの整備

2016年11月17日 08:00

自分の自転車はしょっちゅうチェーン洗ったり給油したりしてるのにね。ガレージにはほったらかしで乗られている自転車があります。

metro001.jpg

それは妻が通勤で使っているダホンのメトロ。ジャパンカップ観戦などでも活躍する自転車です。ジャパンカップ前に一応自転車をチェックしてみたらタイヤはカチカチだし、エアーバルブは明後日の方向にねじれているし、ブレーキシューはすり減っているわ硬いはで非常にコンディションが悪い。これで山道を下るのはさすがに危険だと整備をすることに。

タイヤ:パナレーサー パセラコンパクト アメクロ


チューブ:パナレーサー 英式 チューブ 20x1.5-1.75


リムテープ:パナレーサー ポリライトリムテープ


ブレーキシュー:シマノVブレーキシュー M70T4


ワイヤー:シマノスタンダードワイヤーセット


準備した部品はこんな感じ。ポイントもあったのでネットで買ったり輪工房さんで買ったり。とりあえずこれが終わったらチェーンも交換したいと思っていますが、ジャパンカップに行かなくなったのでゆっくり時間を見つけてやってます。現在前後タイヤとリアのブレーキケーブル及びシューの交換まで終了。写真さえ撮っていないので次の作業の時にでも改めてアップしましょうかね。

ダホンのメトロってもうなくなってしまったのか。現在はこいつがメトロの代わりかな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

バイオメガのスローパンク

2016年04月14日 22:00

何故かフロントが超スローパンク気味のバイオメガ・コペンハーゲン。

IMG_3045.jpg

バルブ付近に石鹸水かけたりしたけどココではないみたい。うーむ、とりあえずタイヤ外してみますか。

IMG_3041.jpg

リムバンドが若干ずれていてスポーク用の穴が見えている・・・これくらいしか見当たらない・・・。その付近のチューブを確認しても問題は特に見つけられない。

IMG_3042.jpg

とりあえずリムバンドを交換。近所のお店でテープのタイプしか売ってなかったので試してみる。低圧なら大丈夫なのかな?とりあえずチューブもなかったのでそのまま組み付け。どっちみちチューブは交換しないとダメだろうけど。どれぐらいで空気抜けちゃうか確認してみます。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

晴れて新オーナーになりました

2015年12月29日 18:13

ひょんな事から我が家にやってきたバイオメガのコペンハーゲン。とりあえずタイヤもチューブもダメなのでそれを交換して乗れる状態にしてみました。

IMG_1496

フロントはイジリ慣れたクイックリリース式なので問題はないのですが、リヤはドライブシャフトとママチャリで使われるローラーブレーキ仕様って事でまるで触った事がありません。マニュアルなどもありませんが、なんとかなるでしょう。

IMG_1498

バイクラックに掛けて格闘する事15分くらい?とりあえずローラーブレーキのワイヤーはついたままこの状態までできました。目的がチューブとタイヤ交換なのでこれで作業をしました。

タイヤ交換は問題なく終わりましたが、問題はシャフトドライブのギヤの当たり調整。スイングア−ム側に目盛りがあるわけでもないし、そもそも当たり調整ができるほどの自由度もない・・・締めながらどちらかに押し込んで本締めするくらいです。乗ってみて音がしなければいいのかな。

IMG_1500

フロントはクイックレバーのシャフトが錆びていて全く解放できず・・・ハンマーの柄の部分をフロントフォークを使ってテコの原理でなんとか回せました。ラスペネを吹き付け浸透させながら何度か動かして錆びを落とします。

IMG_1502

交換したタイヤはミシュラン・カントリーロックにしました。タイヤ選びはちょっと悩んだのですが、なるべくタイヤのサイドに印刷のないシンプルなのが欲しかったんですよ。でもある程度の軽さやパターンなどを選ぶとどうしてもサイドで主張したがるのばかり。そこで一番シンプルなホワイトレターでリムのMAVICに合わせフランスメーカーにしましょうとミシュランにしました。純正は1.95だったのですが、パターンが気に入ったカントリーロックにそのサイズがなかったので1.75で。イメージが貧弱にならないか危惧しましたが大丈夫でひと安心。

biomic.png

出来上がりはこんな感じ。この状態で元オーナーに乗ってもらいましたが、やっぱりサイズ的に厳しい事が再確認できたのでありがたくこのバイクを引き受ける事になりました。ありがとう、大事にします。



この自転車で15kmほど街乗りをしたのですが、シャフトドライブ機構の重さがかなりネガティブに作用して、特に長距離、坂道がある移動手段としては優れているとは言えませんね。メーカー曰く「走る家具」と言っているのはそのデザイン性、佇まいの事を指しポジティブな意見として主張しているのでしょうが、まさにその裏返しの部分が残念な感じではあります。

でも、それがダメなのか?と問われれば答えは「NO」。そのデザイナーのエゴが色濃く反映された初期のプロダクトとして意味があるし価値があると思えればネガでさえ愛おしく思えます。コンセプトに酔えるか否かって事ですね。

今後の使い方
使い方を自宅から駅までをメインにそれ以外でも近所のお使い用が第一候補。会社に置いて会社で日常的に使うにもいいかなと思っています。ショールームに置いても絵になりますからね。

マストはサドルとペダルを交換しましょう。更に純正の泥除けを取り付けて、ハンドルをバスケット付きのタイプなんかに交換してもいいかな?とかいろいろカスタム計画も考えています。あくまでも日常に溶け込むシンプルなバイクとしての範疇の中でね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

Biomega Copenhagen

2015年12月24日 00:13

コンセプトは「furniture for locomotion(移動手段としての家具)」。デンマークの高級自転車メーカーバイオメガ社のアイコン的プロダクト”コペンハーゲン”が私の手元にやってきました。小、中学校時代の同級生が所有していたモノなのですが、乗りにくいので手放したいとのこと。知らない人に乗られるよりも、自転車好きな私に譲りたいなんて光栄なお申し出を頂きました。

バイオメガ コペンハーゲン

シャフトドライブが目を引くこのクロスバイク的自転車。

Biomega copenhagen

取り付けられている部品も面白い。まずはマーク・ニューソンが手がけたステム。めっちゃ重そうですがカッコイイ。

Biomega copenhagen

Biomega copenhagen

ストロングライトのクランクに三ヶ島の折りたたみペダル・・・

Biomega copenhagen

機械式のフロントディスクブレーキ、後ろはローラーブレーキですが・・・

Biomega copenhagen

シマノ内装3段ギヤを備え・・・

Biomega copenhagen

リムはMAVICでタイヤはなんとNOKIA製。残念ながらタイヤとチューブはひび割れ、パンク状態で交換決定です。かなり凝った作りで早く乗ってみたいですね。特にシャフトドライブの感触を楽しみたい。まぁ、これだけこだわっているので重量はカタログ値で14kg。確かに車に積むとき苦労しましたよ。

現在はラインナップから外れたようですが、つい最近までワイヤーのフレーム内装やリヤ変速の多段化などのマイナーチェンジを行い長く売られていました。このバイクはフレームの色などから初期型だと思います。

気になっているのが譲ってくれた本人が次の自転車を探していること。TOKYO BIKEにしようかと言っていましたがこのコペンハーゲンよりも彼女に似合う自転車を思いつきません。同じデンマークの実用自転車なんかはいいかもしれませんが。写真を見ての通りシートを思いっきり下げていますね。体の小さい彼女でも乗れるようしてこれを乗ってもらう方がいいかな・・・そんなことも考えつつちょっと手を入れたいと思います。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す




最新記事