repaint

2017年07月04日 12:05

製作してから3シーズンを戦ったライジンシクロクロス。3ヶ月後に迫った4シーズン目も、もちろんコイツで参戦します。

1516-1.jpg

ライジン シクロクロス

バイクのカラーはガレージのボス「1948 Chevy Fleetline」のグリーンを基調にしたもの。アメリカのショーカーにも使う塗料でバッチリ塗ってもらったのでまだまだ塗り直す必要もないのですが、気分転換も含めてちょっとイメージを変えたいと思っています。

第一案
ganggreen1942.jpg

現在ミントグリーンと黒のツートーンですが、このミントグリーン1色で塗る。更にハンドルやステム、ハブなどマッチペイントをしてみる。このグリーンは1942年にスピードレコードを打ち立てたGANG-GREENのカラーでレースバイクとしてはなかなか良い色だと思うんですよね。当時はポップすぎると黒を多めにしましたが、今なら1色でいいかな。

第二案
26971909301_d811bea796_z.jpg

お馴染みトランポとして使っている「1966 DATSUN BLUEBIRD」のカラーにしようか?これが会場でも一番わかりやすいところ。フレームはこのブルーグリーンのメタリックにしてハブなどをオフホワイトにする感じかな。明るい太陽のもとで見ると良い色なのですが、自転車で映えるかは微妙なところ。

第三案
32569129104_21b07ffc2c_z.jpg

もう一台古いクルマがガレージにはありまして、それが「1955 Austin Healey 100」です。純正のスプルースグリーンとアルミのボンネットをイメージしたシルバーを差し色に使えたらどうでしょうか。このヒーレーはトランクリッドに取り付けるラックがあるのでそこに無理やり自転車ラックを取り付けることもできそうだったりして。

別にクルマの色しばりって事もないのですが、自分的に意味がないと決められなくてね。トレンドとかカッコイイとかよりも意味、ストーリーがあるかを重視してます。どうしようかなー。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

フレームオフ

2017年06月27日 22:00

長い沈黙を破ってレストアを開始・・・と言ってもパーツをバラしてフレームとフォークの状態にしただけです。この応対にして部品単体のチェックをしていこうかな。

スギノ75

当初から気になっていたブレーキフードですが、更に劣化が進みゴムが溶けてベトベトになってました。もう潔く全部取っ払います。劣化したコットンバーテープも剥がす。外した部品はメンテルブを吹いて、チャック付きのビニール袋に入れて保管。とりあえずこれ以上錆びたりしないように。

PRO MIYATA Road Frame

BBは若干ゴリゴリしている感じ。ヘッドは洗ってグリスアップすれば大丈夫そう。さて、この宮田くん。何か良い使い道がないかな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

1995 KHS Tandemania Sport

2017年06月13日 08:00

子供の頃、公園などの観光地でおもしろ変わり種自転車に乗るのが好きでした。偏心したホイールが付いていて体を上下に動かす事で推進力を得る自転車や、三輪で股を開いて閉じてを繰り返して進む自転車、すごく小さな自転車などなど。今でも写真のような二人乗り自転車を見つけると嫁さんとよく乗っていました。

レンタサイクル タンデム

前後のペダルは直結されていて一緒にリズムよく漕がないといけません。カーブを曲がるときも声をかけてバランスをとります。運動会のムカデ競争みたいなもんですね。アップダウンがあると大変かもしれませんが、平地では二人分の出力でグングン進んで気持ち良いんですよ。

またパラサイクリング(障害者の自転車競技)としても使われていて、視覚障害の方がサイクリングを楽しむ手段でもあります。残念ながら公道を自由に走る事ができる都道府県は限られているのですが、2020年に向けてこの規制は撤廃さていくのではないかと期待しています。

私の住む埼玉県では自転車専用道路でしか乗る事ができません。実質自転車専用道路が埼玉にはないようですが、道路交通法が適用されない河川敷のサイクリング道路なんかでは楽しむ事ができるそうです。自由に乗れるようになったら手に入れたいと思っていたのですが・・・

タンデム自転車楽しいいなぁ」って言ってたら「ウチにあるけど乗る?」と輪工房さんからありがたいご提案。そんな訳で20年以上前に生産された新車を手に入れました。いわゆるデッドストックってやつですね。これが納屋から発見された程度の良いスーパーカーであれば世界的なニュースになるところです。

1995 KHS Tandemania Sport
soloride1.jpg

フレームに「BIKE OF THE YEAR 1994」のステッカーが貼ってあったので94年のレイトモデルか95年モデルなのかな?と思っていたのですが、Bikepediaによると1995年式なのかな

Bicycle Type Tandem (mountain)
MSRP (new) $699.00
Weight 43.0
Sizes Captain 20"/stoker 18"
Colors Blue/purple fade
Item ID 35041

Frame & Fork
Frame Construction TIG-welded steel
Frame Tubing Material Hi-tensile steel, 1 tube chromoly
Fork Brand & Model Spinner
Fork Material Chromoly, forged dropouts, unicrown crown
Rear Shock

Components
Component Group Shimano STX
Brakeset Chang Star 851AG brakes, Dia-Compe PC-7 levers
Shift Levers Grip Shift SRT-400
Front Derailleur Shimano STX, bottom-pull/clamp-on 28.6 mm
Rear Derailleur Shimano STX
Crankset Tracer Tandem TD-200i, 28/38/54 teeth
Pedals Fasten NWL-85P w/ toe clips & straps
Bottom Bracket
BB Shell Width
Rear Cogs 7-speed, 13 - 28 teeth
Chain Shimano CN-HG50, 1/2 x 3/32"
Seatpost Kalloy SP-243, 26.0 mm diameter
Saddle Vetta Comfort Flex
Handlebar Steel
Handlebar Extensions Not included
Handlebar Stem Steel. adjustble stoker
Headset 1 1/8" Tien Hsin TH-800

Wheels
Hubs Kung Ten
Rims Alloy, 40-hole
Tires 26 x 1.50" Cheng Shin
Spoke Brand Stainless steel, straight gauge
Spoke Nipples Brass nipples


だいたいこの仕様通りなのですが、RDはシマノではなくサンツアーだったり、シマノ製でもグレードが違うなどの差異は見受けられます。タイヤの太さも全然違うな。北米向けと日本向けの仕様が違うのかもしれませんし、そもそも海外の自転車の完成車スペックが届いてみたら違うなんてのは当たり前のことだったので気にすることはないでしょう。

IMG_9667

惜しまれながら自転車用チューブの生産を停止することを発表した「True Temper」のロゴがカッコイイです。「TRUE TEMPER AVR CHROMOLY Made in USA」とステッカーが貼ってありますが、スペック表には1本だけクロモリであとはハイテンスチールとなっています。日本で販売されるフレームでここまで詳細に書いてある事はありませんが、よくある話みたいですね。これは現在のカーボンフレームだってそうです。
KHSはアメリカのブランドなのでカリフォルニアでデザイン(設計)してアメリカ製のチューブを一部だけ使い台湾で製造したって事でしょうか。

参考リンク:KHS Bicycles 功學社單車

IMG_9672

一時期はショップ内で展示をされていたようですが、ほとんどん時間を倉庫で過ごしたバイク。いくつかの部品は部品取りとして取られ欠品していたりしますが、基本的にはペダルさえもつけた事がない実走行距離0kmの新車です。埃を拭えばブルーとパープルのグラデーションは美しく、一目で気に入ってしまいました。CXもこのカラーリングをオマージュしたいくらいにね。

IMG_0235

最初はトラックなどを手配して自宅のガレージに連れてくる予定でしたが、タンデムバイクでもソロで乗る分にはタンデムバイクの二人乗り規制には当たらない事に気がつき、自宅まで乗ってきました。古いタイヤが破裂しない事を祈って。

IMG_0232

基本ルートはクルマ通りのない河川敷のサイクリングロード。ギヤチェンジはできないので重いギヤをダンシングで踏んでスピードに乗せます。コーナーでの内輪差には気をつける必要がありますね。せっかくのブロックタイヤなので河川敷の砂利道も走ったのですが、直線は安定感もあって問題ありません。堤防に上がる坂道はリアにトラクションを掛ける事ができずにかなり慎重に踏まないとスリップします。ロングテールバイクもこんな感じなんだろうな。いつもの退屈なサイクリングロードのはずなのに、ずっとニヤニヤしながら自転車漕いでたと思います。

フリーをはじめグリスは固くなって様々な部分の動きが悪くなっています。タイヤなどゴム部品の交換も必要でしょう。サドル、グリップ、ペダルのコンタクト部品は馴染んだ製品に交換したいし、ボトルケージやキャリアなどアメリカンネオクラシックバイクに似合うアクセサリーもコーディネイトしたい。

乗って弄って楽しいバイクになりそうです。今後の展開にご期待ください。

【P最大8倍&クーポン(6/13 0時まで)】PDW(ポートランドデザインワークス)The Owl Cage(オウルケージ)ボトルケージ
by カエレバ


【パナレーサー Panaracer】ROAD RUNNER ロードランナー クリンチャータイヤ 26×1.50 黒 8H265-RR-B
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

はじめてのSDA王滝バイクまとめ

2017年05月25日 08:00

全体的なレポートはコチラ「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km」まで。今回は自転車編です。

2014 MERIDA BIG.NINE TEAM ISSUE
merida big.nine sda王滝仕様

29incタイヤを装備したアルミハードテイルMTBです。予定では27.5incタイヤを装備したカーボンハードテイルMTBで参戦の予定でしたがシートステーの傷が発覚し急遽代車を用意しました。その後最適化1最適化2などのカスタムを行いこの日を迎えました。

完成車からカスタムしたポイント
チューブレス化とタイヤ交換
パンクリスクの高い王滝では定番のカスタム。クリンチャーと違ってリム打ちパンクをあまり心配する必要がないので、空気圧セッティングの幅が広がります。一般的に低圧にする事でタイヤの変形を使ったグリップの向上や振動吸収性を高める事ができます。私はロード、CXもチューブレスを使っていてその転がりの良さ、IRCタイヤの精度の高さも信頼をしてます。
タイヤ空気圧はF:1.65でR:1.7にしました。前日の夜に入れたので気温が上がったり標高が上がったりするので実際は空気圧は上昇していたと思います。

(IRC/アイアールシー)(自転車用MTBタイヤ)ミブロ for マラソン チューブレス READY(700x50C(29x2.00))
by カエレバ

・ブレーキ交換
完成車にはマグラのブレーキが付いていましたが、使い慣れているシマノに交換しました。BIG.SEVEN XTに付いていたブレーキセットです。またパッドについては雨だった事を想定してメタルパッドに交換しました。結果的に晴れでしたがカッチリとしたタッチはとても好みで自信をもってブレーキングができました。

・ステム、サドル、シートピラー、ペダル交換
ステム交換で上半身のポジション合わせ。シートピラーは振動吸収を狙ってBIG.SEVEN XTに付いていたメリダ純正カーボンへ交換。サドルもBIG.SEVEN XTからSPECIALIZED HENGEに交換しています。ペダルはCXで使っているシマノXTRにしました。この辺は王滝向けて事でもなく好みの問題です。

・サドルバッグ
IMG_9624.jpg

29incチューブ2本、タイヤレバー(2本)CO2ボンベアダプターヘッドタイヤブートイージーパッチ、コネクトピンを入れるためにサドルバッグを新調。選んだポイントは入れたいモノに対してちょうど良い大きさと、ベルトでしっかりと取り付けられる事。今までEVOCのツアラーを使っていましたが、べルクロの固定方法に難があってしっかりと固定する事ができませんでした。

(20%OFF※) トピーク サドルバッグ ウェッジ ドライバッグ (ストラップ マウント) Mサイズ WEDGE DRYBAG (STRAP MOUNT) SIZE M [BAG27101]【容量:1L】【防水ナイロン】【TOPEAK】(※メーカー希望小売価格参照)【パーツ】
by カエレバ

今回購入したTOPEAKのウェッジバッグも特別なアタッチメントを仕様しないベルトストラップでの固定には変わりませんが、クイックカプラーで固定後にベルトを引っ張って絞る事ができるのがポイント。CO2ボンベと携帯マルチ工具、ミニフロアポンプは入らないので、それは他の場所に入れました。

・トップチューブバッグ
補給食を入れるために準備したトップチューブバッグですが、そのままでは予定していたステム後ろに取り付ける事ができず。ストラップのカスタムをしている時間もなかったのでシートチューブ前のこの位置に。ダブルファスナーとマグネットによる蓋の構造は秀逸です。

grunge B-Wever(グランジビーウェバー) トップチューブポーチ[トップチューブバッグ][自転車に取り付ける]
by カエレバ


IMG_9626.jpg

今回王滝向けに工夫したのが取り付け方法。揺らさない、ずらさないをモットーにノンスリップマットを駆使して取り付けました。ダンシングでトップチューブバッグが揺れて脚に当たるのは避けたいし、サドルの下でサドルバッグが揺れるとリズムが狂うでしょ?また、その揺れが衝撃となってカーボンシートポストにクラックが入るなんて事もあるようです。予備の予備タイヤチューブを巻いておくのもいいみたいですね。盛大にサドルバッグを振りながら走っている方も見かけましたが100km走っている間には相当なロスとなって蓄積されているはずです。

バックパックに入れるって作戦もあるんだと思いますが、ハイドレーションのみにしてなるべく自転車に背負わせた方がが疲れないと思います。

・ボンベホルダーとボトルケージ
サドルバッグから追い出されたボンベをボトルケージと共締めできるホルダーBBB CO2 HOLDを導入。ボトルケージはBIG.SEVEN XTから流用でサイドから取り出しがしやすいSPECIALIZED Zee Cage II - Right。固定力もかなりあるので振動でボトルが落ちる事はありません。道中、結構ボトルが落ちていたので注意した方がいいと思います。

・コースプロファイル、マップ
IMG_9574

はじめての参加なのでコースが全くわかりません。迷子になる事はありませんが、チェックポイントまでの距離と、大まかにどれくらいの上り下りが残っているのか把握しておきたいところ。トップチューブに貼ったデータは走行中全く見えませんでした(苦笑)わかりにくいのですが、ゼッケンの上隅(向かって左上)に標高がわかる図をステッカーにして貼ってあります。公式WEBから拝借した標高マップは適当で標高はともかくCPの距離も合ってないのには参りましたけどね(苦笑)走っている人に「あとどれくらいですかねぇ?」なんて声を掛けながら走ってました。

・サイクルコンピューター
いつも使っているGARMIN820Jは電池容量的に8時間ちょいで切れてしまうのでそれまでに完走したいと考えていました。もちろん電池切れも想定してモバイルブースターとケーブルも準備しましたが、なんとか残り6パーセントくらいで帰ってこれました。ちなみにGARMINに過去に走った人のログデータを入れておくなんてテクニックを使うとコースプロファイルの把握にも役立つようです。

・その他
チェーンの給油は前日にしっかりと。小分けにして持っていく事はしませんでした。シーラントにしてもちょっと多めに入れて別に持参はなし。パンクしたらあれこれしないでチューブを入れる覚悟ですね。これについてはパンクしなかったからよかったけど、実際走ってみるとチューブ交換をしないで済むに越した事はないので考えておいた方がいいかもね。もしパンク修理(チューブ交換)2回していたら第3CP間に合わなかった恐れがあるので。

【あす楽】IRC FAST RESPAWN (ファストリスポーン)ロードチューブレスタイヤ専用瞬間パンク修理剤 50ml 仏式バルブ専用
by カエレバ

IRC(井上ゴム) IRCチューブレスレディタイヤ用シーラント(60mL) 991101[パンク修理キット][メンテナンス][工具]
by カエレバ

まとめ
何もトラブルなく帰ってこれたのは運もありますが、それなりに準備をしたおかげだと思います。先人の知恵を拝借、参考にして自分なりの対策を考えるのは楽しい時間でした。王滝の醍醐味って雄大な景色の中を自分と対話して走るだけではなく、ここにもあるんだと思います。それが面倒な人はMTBが得意な自転車屋さんにメンテを頼みましょう。途中でトラブルが起きても回収車が迎えに来てくれる訳でもなく、ただひたすら自転車を押して歩くしかありませんからね。もちろん今回うまくいったからといってこれがベストではありません。あなたのベストを探ってみてください。

IMG_9613
Photo by Keiji Kaneko

これで王滝対策の話は最後にしようと思ったけど、練習編も書こうかな。

<関連リンク>
セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100km レポート
はじめてのSDA王滝補給まとめ
はじめてのSDA王滝装備まとめ
はじめてのSDA王滝バイクまとめ
はじめてのSDA王滝練習まとめ

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

BIG.NINEの最適化 2

2017年04月26日 08:00

前回「BIG.NINEの最適化 1」では今まで乗っていたBIG.SEVEN XTから使い慣れた部品を移植しました。その後乗りながら王滝に向けてモデファイを続けています。

IMG_8828

ステム交換
前回とりあえずgurunge 66ステム(80mm)を取り付けたのですが、まだ上半身が詰まる感じがしてCX用に使っていたOnebyESU 77ステム (110mm) に交換しています。

77stem110cx.jpg
過去記事「66ステムと77ステム」

平地と登りだけを考えるともっと下げたい感じもするのですが、シングルトラックを考慮するとこれくらいかな。贅沢を言えば66ステムの100くらいを試したい感じもしますけどね。

タイヤ交換
完成車装着のMAXXIS CrossMark。走行距離も少なくほぼ減っていないのですが、2014年式の完成車ですからね・・・劣化はしています。触った感じも「こんなにブロックのゴム硬いのかな?」って不安も。完成車用に供給されるタイヤは銘柄が同じでも市販品と違うなんてのは常識かはたまた都市伝説か?

タイヤ交換はただでさえコストパフォーマンスの高いカスタムと言われていますが、更にクリンチャーからチューブレスにするだけで約200gのタイヤチューブを減らす事ができます。リムテープとシーラント充填を加味しても、タイヤ外周部の重量が減る事はまちがいありません。もちろんリム打ちのリスクを減らしつつ、タイヤの空気圧を下げる事ができるのでセッティングの幅が広がり、結果的に速く安全に走ることにつなが・・・るはず、頼む!

ミブロ マラソン
過去記事「MTBのTL化 第2章」

IRC 『MIBRO-MTLR2920』MIBRO(ミブロ) for マラソンチューブレス READY 700x50C(29x2.00) [0306820002]
by カエレバ

どの銘柄にするか迷いましたが王滝向けの定番タイヤIRC ミブロ for マラソン チューブレス READYをチョイス。CX、ロードとIRCのチューブレスタイヤを使っていて、TLタイヤにとって大切なビードの精度を信頼しています。グラフィックはあまりにも好みと違うのですが(苦笑)

その他
気になっていたシフター問題。SRAMの押し込みしか対応していないトリガーシフトに対応できるか心配でした。(シマノは2WAY)フロントがトリプルからダブルになったので急坂への対応も心配でしたが、筑波山でギリギリどうにかなったのでこのままでチャレンジしてみようかな。

ちょっと気になっているのがグリップ。純正のフォームタイプも悪くないのだけれどエルゴンのエルゴノミックなタイプも気になる。王滝の下りで疲労軽減してくれそうじゃない。

【グリップ GP ジーピー】「VLG-1189 Ergo Grip VLG-1189 エルゴ グリップ」[HBG173] [ma] 自転車 MTB クロスバイク ハンドル GIZA PRODUCTS ギザプロダクツ【R】
by カエレバ

この辺はマストじゃないけどね。それよりもフロントフェンダーとかガード類があったほうがいいのかな。

そんな感じで最適化はほぼ終わって、やっと自分のバイクっぽくなってきました。あとは色を塗り替えれば完璧だな(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事