ポッドキャストの自転車チャンネル「サイド・バイ・サイド レディオ」

2018年10月26日 08:00

通勤、遠征やローラーのお供になっているのがSide by Side Radio By Ryota Nishizonoポッドキャストで聴ける番組です。自転車ロードレースに興味があれば知っているであろう元ブリジストンアンカーでTT全日本チャンピオンの西薗良太さんの番組です。それよりも東大卒の自転車選手って方がわかりやすいのかな?

私が西薗選手をはじめて見たのは第4回神宮外苑クリテリウム

西園 シクロクロス

それ以外ロードレース会場はもちろん、野辺山でも走りを見たことがあります。

ryouta_n.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

サイクリングもご一緒しました。その後ランチをしたお店でヨーロッパのロードレース映像が流れていました。偶然そのレースに出場したことがあるって事で、その時の話をいろいろ聞かせてもらったのを覚えています。まさか、その時はポッドキャストでこうやって番組を始めるとは思っていませんでしたが。

ポッドキャスト「Side by Side Radio By Ryota Nishizono」

これを書いている段階で16話までアップされています。良い意味で緩く、出てくる人も知っている人がいたりしてリラックスして聴ける感じ。気を抜いていると、とんでもない裏話も飛び出したりします。会話と会話の無音時間があったりしてドキドキしたりもするのですが(笑)
他にも老舗のサイクリングポッドキャスト番組があったり、YouTubeなんかにも自転車関連のチャンネルはありますが、それとは全く違った色があっていいですね。私はガチロードレーサーではありませんが、かなり楽しんでいます。Twitterで質問を募集していたりして双方向型サイクリングチャンネルとして盛り上がっていく事を期待しています。

DSC_0064

ここまで書いておいてアレですが、まだエピソード9(佐野淳哉選手との対談)と14、15(関東アベレージレーサー)、16(Rapha Japanの矢野さん)しか聴いてません(苦笑)いや、結構ボリュームがあるのでなかなか追いつかない。嬉しい悲鳴です。昨日矢野さんのエピソードを聴いたのですが、自転車との出会いからRaphaに至るまでの歩みと、Raphaの今後の取り組みやロードレースの未来など聴き応え抜群。NBA例えが何度も出てくるのですが、Twitter上でジョージアテック大卒業のNBA選手の話とかした事を思い出しました。

那須ブラーゼン

エピソード9(佐野淳哉選手との対談)も同じ時代、特にTTのタイトルをかけて戦った2人の話。そして海外挑戦の挫折や今後の展望などまだまだ聴いていたい感じ。

14、15(関東アベレージレーサー)は、まぁ・・・うん、楽しかったよ(笑)参加して喋りたくなったわ。

8はまだ途中まで。ひとりでCX参戦した年にはじめて話しかけたのが小山さん。自分にはないアプローチや感性がとても興味深い。

ポッドキャストってながら聴きするには最適なメディアだし、それでいてながらで聴き流すにはもったいないくらい濃い話も聴けちゃいます。そこのローラーのオカズに飽きていたあなた!ぜひ一度チェックしてみましょう。

ポッドキャスト「Side by Side Radio By Ryota Nishizono」




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

【電子書籍】デジモノステーションに6ホイールライフで登場!

2018年08月28日 12:10

8月25日(土)発売の電子雑誌「デジモノステーション」10月号の特集「頑張らないキャンプ」の中で6ホイールライフで取材協力をさせていただきました。

degistaition10.jpg
d.365 あそぶ>特集「頑張らないキャンプ」インドア派だけどラクしてキャンプを楽しみたい人必見! より

アウトドアライフの王様キャンプ。そのキャンプもハードコアな山岳キャンプからオートキャンプまでいろいろありますが、デジモノステーションが「頑張らない」をテーマに様々な切り口からキャンプに迫っています。その中の企画「6ホイールキャンプ」で撮影の協力をさせてもらいました。

_DSC1207.jpg

掲載ページは企画のトップページ見開きとそれ以外にカラー4ページと合計6ページ!美しい写真と共にクルマと自転車とキャンプを楽しむシーンを紹介しています。撮影協力と言っても自転車仲間の夏休みって感じで終始リラックスして楽しみました。

blueminis.jpg

雑誌掲載以外にもたくさんのカットを撮影してもらったので頃合いを見計らって紹介したいと思いますが、まずはこの電子書籍をぜひともよろしくお願いします!



Amazonキンドルのリンクを貼りましたが、それ以外の電子書籍サービス、読み放題サービスなどもで読めるようです。詳しくは、コチラのページでご確認ください。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

【お知らせ】電子雑誌「デジモノステーション 2018年5月号」

2018年03月27日 21:00

CX最終戦前日。

雨上がりの河川敷に我々は召集された。都内某サイクリングロードは縄張り争いが勃発しているようだが、道を踏み外した我々にとってはどこ吹く風。ただただマディーでスリッピーなルートを貪るように走るのだ。

29063855_881898015353958_9001000619360201252_o

29063805_881898488687244_5848144856730921539_o

29663113_881901292020297_4209528418074916932_o

miniair_mtb.jpg

29061010_881891518687941_2267545685102187505_o

29060408_881900525353707_135508378620811962_o

おおいに笑い、おおいにはしゃぎ。ずぶ濡れになったし泥だらけになった。そんなシーンを電子書籍「デジモノステーション」2018年5月号に掲載してもらいました。コチラからご購入頂けます。もしよろしければチェックして下さい。よろしくどうぞ。

Photo by Eigo Shimojo

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

映画「疾風スプリンター」

2017年01月16日 20:00

特に観に行く予定ではなかったのですが、いつも聴いているTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」の人気コーナー「ムービーウォッチメン」で選ばれた事、そこでエキップ浅田の山崎さんのメールが読まれた事を知ります。確か試写会の評判もそれほど悪くなかったし、自転車好きとして自転車題材の映画にお金を落とすのも悪い事ではないと映画館へ。

tothefore.png
公式サイトより

自転車レースが題材となると、自転車好きはアラ捜しに走ってしまい、どうしても乗れなくなるってのがあると思います。その点ではやはり弱虫ペダルスタイルのチーム対抗ロードレース大会は残念だったし他にも突っ込みどころは多数あります。不思議な戦術が何度も繰り返されて応援上映であればきっとヤジが飛ぶ事でしょう。ただし、ロケーションは良いし、シーン毎の迫力はあるし、役者さんもがんばって演じていました。韓国競輪のシーンなんか初めて見たので驚きもあったしね。この部分はもう文句なんてありません。

ただ、人間ドラマの描写がものすごーく長くて退屈なんですよ。80年代のラブコメ的でそれが繰り返されるので退屈極まりない。展開は現代の映画らしく早いんだけどね。「え、まだこのシークエンスでその緊張感のないラブコメ演出やるの?」って。頭がクラクラして近年稀に見るダメ映画でしたね。

コメディ要素は夢を追いかける若者たちが壁にぶつかり挫折を味わう手前までで終わらせて、そのあとは「もうあの頃の無邪気さには戻れない・・・」みたいな展開が定石だと思うのですが、最後の方でも「えっ!?」って演出があるもんだから乗れないったらありゃしない。あの「心から叫びたい」ってシーンですよ。見た人はわかりますよね?
そして、とにかく気持ちが悪かったのが終盤の展開で訪れる自己犠牲となんの葛藤もなく受け入れるその感じ。安易な決断にしか見えないんだよな。描き方によっては美談になるとは思いますが、そうだとしても生理的に受け付けないかな。

ストーリー最後の着地は「そんな壁を乗り越えた彼らもここに並んでいる全ての競技者にそれぞれのドラマがあり、その中のひとりにすぎない・・・」みたいな客観的な描写とかは大好きだし、あれだけの自転車競技シーンを並べられるのに、このドラマシーンの呑気さで全てが台無しになっているんじゃないかと。

スポンサーが突然打ち切りをしてチームが存続できなくなるとか、きっとEQAの方なら他人事じゃない感覚になる展開も、御曹司の主人公の1人の背景を生かして伏線回収していくのかと思ったら全く違う出資者を工面したり、ラストの勝負も伏線的には韓国でマディソンやった展開が生かされるのかと思いきやそうでもない・・・自転車ロードレースの展開としてはそれはないけど、この作品のリアリティラインだったらマディソン展開入れたほうがわかりやすかったんじゃないかな・・・とか。弱虫ペダルだったら異様に肩組んだり腰を押したりするじゃないですか。あそこまでやってくれれば「この漫画の中の現実」として楽しめるもの。
要はリアリティのラインやシリアスでどこまでがコメディでってのも含めてすごく曖昧な感じなんですよ。もうそうなるとこいつらの悩みなや事件なんてどうでもよくなっちゃう。どうでなんとかなるんでしょ?って。

IMG_4013
スポンサーはメリダなのでランプレ・メリダチーム(特にルイ・コスタ)もフィーチャーされます

まぁ、少ない観客の中でも「結構良かったね!」って声も聞こえてきましたし、宇多丸さんの批評も良いところをちゃんと紹介していたし、その他割と高評価もあったので私の方が少数派なのかもしれませんけど。それらを読み聞きしても個人的には全くダメな映画って評価は変わりません。ただ自分が自転車ロードレースの事を全く知らなければあの迫力のあるロードレースシーンだけで大切な一本になる可能性もあったかも。そういった意味では大画面で見る価値はありますよ。公開規模はあまり大きくないのですが機会があったら是非映画館へ!

Jr







これらの名作も見ていなければ是非!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg




PELOTON MAGAZINE

2016年10月31日 12:25

我がダッツンが表紙を飾ったPELOTON MAGAZINEを受け取りにAbove Bike Storeへ。

Hi @bokanev . #pelotonmagazine #datsun #datsunbluebird #cx #cyclocross #garage

カルさんさん(@h_cal)が投稿した写真 -



グランデューロに参戦するためにポートランドを訪れていた須崎さんが取引先でもあるThe ATHELETICで見つけてくれました。日本からネットで注文できるのかもしれませんが、こんなステキな入手までのストーリーを体験できて幸せです。須崎さんありがとう。

kaimono.jpg

The ATHELETICが発見の場だったんだし、やっぱりソックスは買っておかないとね。足が小さいのでソックスのサイズ感にはうるさいのですが、このソックスはSMサイズはピッタリでした。(私の足は大きい方で実測244mm)

theathleticsonhiviz.jpg
翌朝さっそく履いてランニング。シューズと驚く程のマッチングを魅せていますw

お店で話し込んでいるうちにいろいろ欲しかったもの見つけて財布の紐が緩んでしまい・・・このお店危険過ぎます(笑)

PELOTPN MAGAZINE 59 「Preview Issue 59 of Peloton: ‘Cross」

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事