ELITE NOVO FORCE Elastogel 1

2016年05月21日 08:00

自転車ライフをリスタートしてすぐの2007年1月に購入してずっと愛用していた3本ローラーですが、思うところあってコイツは卒業して新たに固定ローラーを導入しました。

rolertrgarage.jpg

改めて3本ローラーの事を総括しておこうかな。個人的見解として参考にしてもらえればと思います。今でも最初の自転車トレーナーはシンプルな3本ローラーがいいと思います。

3本ローラーの利点
1.バランス感覚が身に付く
2.(固定に比べて)緊張感があり飽きない
3.自転車への負担が少ない
4.負荷装置などもいらないので比較的安い

ペダルを左右バランス良く回し、荷重を自転車の真ん中に保っていないと乗れない3本ローラーは基本的な乗車姿勢を身につけるのに最適なんじゃないかと思います。MTBやCXに乗って分かりますが、ロードって何も考えずになんとなくは乗れてしまうもの。でもちゃんと姿勢が身に付いていないと不意のアクシデント(段差があるとか、滑りやすいなど)で対処できないでしょう。白線の上を真っ直ぐ走れるようなスキルが身に付くので集団走行でも安全です。

私は固定ローラーも同じ時期に購入したのですが、飽きてしまい取り組む事ができませんでした。低回転、高トルクみたいな負荷をかけるトレーニングには固定ローラーが必須ですが、それは基本的なバランス感覚が身に付いてからの方がいいと思います。3本ローラーでも重いトレーナータイヤで重いホイールを使い、アウター・トップにすればそれなりに負荷は感じられます。

次のステージへ
しかし、そんな3本ローラーを手放しました。理由は3本ローラーでは対応できない使い方、トレーニングを行うためです。「シクロクロスレース会場で使う最適なローラー台とは?」(過去記事)でも触れましたが、屋外のちょっとした凸凹だったり傾斜のある場所でも使うため、またタバタやZwiftを思いっきりやる為に落車の心配がなく追い込める環境が必要だったのです。

国内でトレーナーを選ぶ場合、MINOURAとELITE、TACXがまず検討対象になると思います。以前はZwift対応のスマートトレーナーを考えていましたが、ココで触れた通り、パワーメーターを併用する事により、固定ローラーはシンプルだけど負荷をちゃんとかけられるものとします。
loler3v.jpg
今回はポイント消化で購入できる楽天で販売していて(2万円前後)、負荷がかけられて、リモコンで操作ができるものからチョイスしました。ミノウラはもうデザインで全く物欲に響かず、タックスはシンプルで一番ルックスは好みでしたが、掛けられる負荷の大きさでエリートのノヴォ・フォース・エラストゲルに決めました。

elite novo force

在庫があったお店にて注文したらすぐに届きました。早速組み立てに入りますが・・・イタリア人説明書作るの下手すぎだろ(苦笑)このローラーは小径車でも使えるようになっているのですが、700Cで使う人は説明書の番号通りに進めるのではなく、フレームのスペーサー交換からやったほうがいいようです。説明書通りに進めるとせっかく取り付けた負荷装置を外して調整するように書いてあります。

IMG_3682.jpg

組み立ては言葉のないイラストだけで説明されますが、一応後ろの方に日本語での解説があります。この日本語解説は日本の代理店が付け加えたもので海外通販の場合はないです。

IMG_3685.jpg

トレーナータイヤを履かせたホイールに付属のクイックシャフトを取り付けます。購入の決め手の一つだった大きなフィキシングレバーを下に下げると自転車が固定されます。

IMG_3687.jpg

もうひとつ興味があったのがこのエラストゲルローラー。アルミよりも音が小さいだけでなく、感触も良いです。大きなフライホイールはペダルを止めた後でも慣性力で回り続けようとするので実際の走行感覚に近くなります。ほんの少し回しましたが、以前持っていたミノウラより全然いいですね。

IMG_3688.jpg

負荷はワイヤードのリモコンで8段階の調整ができます。メーカーのページには5段階と8段階の表記がありましたが8が正解。試しに8の一番負荷を大きくして踏んでみましたがアウター・トップだとかなりキツかったです。

IMG_3684.jpg

ライザーブロックは別売り。用意してなかったので2X4材で代用しています。とりあえずココまで。週末に自転車を預けて歪みゲージ付きクランクに交換してもらってから実際にローラーを使ってみたいと思います。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

シクロクロスレース会場で使う最適なローラー台とは?

2016年01月27日 22:00

定められた短時間で競うCXはスタートダッシュが大事。上位カテゴリーならポイントを貯めて最前列スタートを目指し、私たち下位カテゴリーはエントリーをなるべく早く済ませる事で優位に立ちます。そこでスタートダッシュを上手く決めるには適切なギヤ比や確実なクリートキャッチの技術も必要ですが、体を十分戦える状況にしておく事がポイント。

試走でコースを把握しつつ走るとそれなりに心拍を上げられますが、そこからすぐ自分のレースのスタートになるとは限りません。そこでアップが必要になる訳ですね。湘南CXの中井中央公園みたいにコースの周辺で実走可能でちょっとした坂道になっているとありがたいのですが、そんなロケーションに左右されずにアップを確実にするにはローラーが最適。

荻島さんのスクールでもおっしゃってましたが、試走とアップで十分に体を温めて、レース前に着替えてスタートラインに並ぶそうです。そこで寒いと震えているようではアップは十分ではないと。

uploler.jpg

自分を顧みるとアップを十分に行なえたレースは・・・数える程かもしれませんね。今年の茨城CX(小貝川)は河川敷なのでCRを使って一応できましたがそれほど心拍は上げられていません。唯一湘南CXの中井中央公園だけかな。坂道を行ったり来たりしてアップをしつつ、午後の試走からすぐにレースだった事もあってバタバタとしながらスタートラインに並びました。

昨年はCX東京で3本ローラーを回したりしましたが、持っては行くけど使わないみたいな感じ。正直、遅いくせにアップとか恥ずかしいな・・・ってのもありました。でもね、アップしておくと、現在一番の悩みである喘息の症状もレース後に比較的楽だった感じもして真剣に考え直さないといかんと思っています。

ローラーと言ってもいくつか種類がありますがシクロクロスのアップにはどんなローラーが使われているのでしょうか?

DSCN1721

CX東京で来日したケイティ・コンプトン選手は固定ローラーでした。CXレース会場のような平坦ではない土の上で使うには安定感のある固定は安心ですよね。ただ気になるのはタイヤを1本のローラーの押し付ける構造の固定ローラーだとCXの柔らかいブロックタイヤをいたずらに消耗してしまう気がするのですが、彼女はバイクをローラー用に1台用意しているそうです。

DSC_0807

流石にローラー用の自転車を別に用意するのは難しいけれど、後輪だけローラー専用のホイールに交換すればいいのかな。私の場合は、自宅で使っているトレーナータイヤを履かせたホイールに11速スプロケットを取り付ければ出来そうです。

3本ローラーを使っている方ももちろんいらっしゃいます。タイヤはCXのそのままでブンブン回している音が会場に響いています。タイヤにかかる圧力は自重であり、後輪で考えると2本のローラーに分散するので固定よりはタイヤへの負担は少ないんでしょうね。あまり空気圧を低くしているTLでやると空気抜けてしまいそうですけど・・・。

SportCrafters Omnium Trainer

一番話題なのがSPEEDVAGEN TEAMも使っているSport Crafters Omnium Trainerです。現在はFEEDBACK SPORTSから出ているPORTABLE BIKE TRAINERですね。フロントフォーク固定型のローラーで、最近ミノウラがハイブリッドローラーを発売しましたし、グロータックのGTローラーなんかも有名です。

このポータブルバイクトレーナーがCXレース会場のアップに向いている理由はその名の通りコンパクトになって持ち運びが容易な所。重さはクルマで遠征なのでそんなに気にするものでもないのですが、小さく折りたためるのは結構重要。小さなクルマで移動しているので3本ローラーはいつも「いいかな・・・」ってなっちゃうので。

後輪は自重のみであり、ローラー径が約100mmと他社よりも大きくタイヤへの負担も少ないのも大きなポイント。専用タイヤを用意しなくても比較的問題がなさそう。

不安定な所でも使えるし、安定感もあるでしょう。ローラー内に遠心力で作動するマグネット式の負荷装置も入っているそうです。ベルト式で負荷装置が外に付いているタイプより屋外で使うのに向いていますよね。この条件では完璧な製品に思えます。

私なりにまとめると・・・

固定ローラー
・安定感があり使う場所を選ばない
・導入コストが安い
・タイヤへの負担が大きい



3本ローラー
・導入コストが安い
・タイヤへの負担が小さい
・あまり小さくならない
・設置場所を選ぶ



フロンとフォーク固定型ローラー
・安定感がある
・タイヤへの負担が小さい
・携帯性優れている
・導入コストが高い







固定ローラーでそのままのタイヤで使っている方も居ますしその辺は考え方だと思います。また自宅で使う事を考慮して1台だけ選ぶとなると選択の条件は変わってくると思います。私の場合は三本ローラーはもっているので、次を買うならって観点で調べました。調べているうちにZwift対応の固定だったら家でも楽しく使えそうだなぁ・・・などと余計な事まで考えてしまいましたが(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

三本ローラー用ウレタンベルトの限界

2015年11月04日 08:00

過去記事「ベルトの寿命は?」でも書いた三本ローラーのスリップ音問題。

rolertrgarage.jpg

最近、顕著になってきてちょっとケイデンスを上げるだけで「ギュー、ギュー」と音がするようになりました。タイヤかな?と空気を多めに入れたのですが変わらず。そう言えば三本ローラーで手放しでバランスを崩す事があるな・・・と思ったらフロントタイヤがあきらかに回ってない・・・。音の正体はベルトのスリップ音でした。ベルトを見ていても張っていなくてたるんでいるのがわかるんだから。



重いギヤを筋トレ感覚でゆっくり回している時は気にならないのですがケイデンスを80rpmくらいにするとフロントホイールの回転が追いついていません。動画の途中から少しスピードアップしているのですがその様子が分かると思います。

80rpm言えば常用回転なのでここでバランスがとれないのは致命的。三本ローラー慣れしていますし、ハンドルを握っていれば使う事はできますが、もがけばもがく程バランスも取りにくくなるので神経を使います。そう、タバタがやりにくい。



同じような事を感じた事があれば早めに交換した方が快適なトレーニングができますよ使わない時はベルトのテンション下げておく事も考えられますが、そんなに高価なものでもないので早期の交換がいいでしょうね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ナローな3本ローラー

2015年09月26日 08:00

輪工房で借りた幅の狭い三本ローラーを試します。もう三本自体は乗り慣れているので苦労はありませでしたが、要求される集中力は通常幅タイプの比ではありません。

三本ローラー ナロータイプ

何年か前にサイクルモードにてミノウラさんのブースの片隅に置いてあるのを見つけてスタッフに聞いたときに三本ローラ=版「平均台」みたいなものだとお伺いしました。そのときにもお伝えしたのですが、ガイドローラーを前後のローラーに取り付けるか、エリートみたいにローラー左右端部に傾斜をつける(ボビン形状にする)などしてタイヤが落ちないような構造にしてくれたら遠征用のコンパクト三本になると思うんですよね。せっかくこんなニッチなローラー作ったんだから売れるようにすればいいのに。

少しでも実走感が欲しいなら三本ローラー




三本と固定のイイトコドリのハイブリッドタイプ


高負荷をかけたトレーンングには固定ローラー


日々の心拍トレーニングにCXレースアップ用にと、ただ漠然と汗をかくために使っていたローラーに明確な目的ができました。するとどんなローラーが向いているかはっきりしてきますね。まだ壊れたりしているわけでもなく買い替えには至りませんが・・・違うの欲しいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ベルトの寿命は?

2015年09月17日 08:00

以前記事にした通り週に1〜2はローラーを使ったトレーニングを継続中です。本当はもっとやれって話なんですけど。メディオの150bpmをメインにやってますが、時間が遅くて60分できない時は160bpmに上げて30分とかやったり。最後はタバタをやってみたりと短い時間は負荷を高めにする作戦。

rolertrgarage.jpg

ギアかけて回転上げていくとベルトが伸びているのかスリップするような音が聞こえるんだよな。一度切れて交換をしていますがそれも5年以上前の話。また伸びてしまっていてもおかしくはない・・・のかな?どれくらいの頻度で交換するものなのかわかりません。

メーカーの取扱説明書にも「簡単に切れないように作ってありますが、万一切れてしまった場合は、近くのショップにて「ウレタンローラーベルト」としてご注文下さい」と書いてありますが、伸びる事には言及されていません。切れるまで使えるって見解なのかな?サイクルモードの時にでも忘れてなければ聞いてみようと思います。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事