TOPEAK ROAD MASTER BLASTER

2019年06月22日 08:00

自転車に出掛けるのに携帯するアイテムは様々ですが、その中でもサイクリストを悩ませるモノと言えば空気入れではないでしょうか?

自転車携帯ツール

私も過去を振り返ると超小型のポンプ、CO2インフレーターの時代が一番長かったかな。現在ロードはパナレーサーのポンプをフレームにマウント、MTBはインフレーターも携帯しつつ、リュックにちょっと大きめのパナレーサーのポンプを入れていきます。サドルバッグに入れようと思うと大きさや性能が制限されて、いざパンクした時に時間がかかったり、空気が入れきれなかったりするのでそれを嫌った形です。

その考えからSURLY PACERにもフレームマウントの空気入れを取り付けることにしました。

TOPEAK ROAD MASTER BLASTER
topeak_longpump.jpeg

選んだのはトピークのロードマスターブラスター。太めのエアーボリュームの大きなタイヤを取り付けることが多いので、できるだけ1ストロークで空気の充填量が大きい方がいいと思いました。そこでボトルケージにマウントする小型のポンピは却下。スチールフレームの自転車らしい雰囲気も良いでしょう。

4種類のサイズからトップチューブの長さに合わせて選びます。スプリング力でガッチリ固定されますが、付属のベルクロを使ってもしもに備えます。フレームの色に合わせてカラーマッチングすると今っぽいんでしゅけど、このシルバー&グレーのいなたい感じも気分かな。

【20%OFF※】TOPEAK(トピーク) 携帯ポンプ ロード マスターブラスター ROAD MASTERBLASTER[PPM071]【160psi】【米式/仏式】【自転車用】【ポータブルポンプ】
by カエレバ

スポンサーサイト



なんとなく工具のこと

2018年12月12日 20:00

プロとアマ
自転車に乗り始めるきっかけは様々だと思いますが、細かいことに拘るクセのある男の場合、自転車に乗っている時間より、いじっている時間が長くなる時もあったりしませんか?

ヘキサゴン 六角 ソケット レンチ
過去記事:工具は可能性を広げる

私の場合、自転車をいじるのが好きっていうよりは、仕方がなく自分でいじるって感じで(できればほとんどを自転車屋さんに任せたいw)、工具だけはたくさん所有しています。これは元々自動車整備を生業としていた過去によるものが大きいんですけどね。

その頃の工具感は・・・
基本:スナップオン
機能が気に入れば:マックツール、ファコム、バーコ、PBなど
最低限(加工しても惜しくない):KTC

事実工具を揃えることで作業の効率が上がる=投資でした。もちろん高級工具を揃えることは自己満足だろうと当時から思っていたんですが・・・。

17-5tools.jpg
たいしてトルクもかからないしこんなもんでも十分(ペダルは別ですが)

今の自分を考えると、当時のこだわりは単純な自己満足って側面は案外小さかったんだと思い知ります。投資によるバックがあまり期待できない趣味の自転車整備のためにあまり高級な工具は買っていません。その工具を使う頻度を考え、どれくらい投資するかシビアに判断している自分がいます。逆に何度も使うことが予想されたり、大きなトルクがかかる工具なんかはケチってはダメ。1度しか使わないけど、大きなトルクや高い精度が要求される作業なんかはそこだけアウトソーシングする(プロショップに助けてもらう)なんてのもありですね。そんな選択までチョイスできるには日頃の付き合いが大事ですね。

自分が購入したもっとも高価な工具は?
hauseinner_garage.jpg

工具で考えたら・・・トルクレンチかなぁ。定期的な公正を考えて、サービスバンが回ってくるスナップオン製のトルクレンチを使っていました。自転車で使うには仕様範囲が大きいので、リアカセット固定の時くらいしか今は使いませんけど。自転車で主に使うトルク範囲だとKTCデジラチェを持っていますが、この辺のトルク管理は勘(いわゆる手ルク)で締めてますね。ステムなんかにトルクの表示がありますが、あれって参考程度でどこまで信用していいのか私にはわかりません。ステムとフォークやハンドルのメーカーが同じで同時期に設計されたものであれば少しは信用できますが、そうじゃなければクリアランスも違えば締め付けられる側の素材、強度も違うわけでしょ?逆にどうやって数値を設定できるのかがわからないからです。緩まずに壊さない程度に締めて、たまに緩んでいないか確認するのがベターでしょう。

エンド金具
KTCのヘックスレンチ

工具からちょっと脱線しますが、最も高額な投資はガレージリフト(二柱リフト)です。ガレージを作るときに中古品を購入しました。ビシャモンか、バンザイか忘れたけど日本製です。主な使用シーンはスタッドレスタイヤへの交換なんですけどね(苦笑)

IMG_0780.jpg
ヒッチラックの取り付けはリフトのおかげで楽でした

総額なんか計算したくもないけど、振り返れば18歳でオートバイの免許を取得してから長い間ガレージ趣味を続けているとそれなりに充実してくるもんです。若者で工具を揃えようって方がいてなんだか他人事ながら嬉しく思うのですが、いきなり高価な高級工具なんか買わなくていいです。あまり安いのもダメなので判断が難しいかもしれませんが、とにかくその目的を果たすために工具を揃えていきましょう。25年経てばこれくらいになりますよ、きっと。

garageparty.jpg

最初にも書きましたが、私も自分でできなかった事は周りの先輩方やお店にお世話になりました。やってもらった分はお返ししなきゃなと思う昨今。仲良くしてくれているサイクリストの皆様で何かあればお声がけください。自転車整備技術は期待できませんが、それなりの設備でお助けはできるかもしれません。

KTC ( 京都機械工具 ) デジラチェ 【9.5sq】 小トルクタイプ GEK030-C3A
by カエレバ






ssalebaner.jpg

BOSCH コードレス洗浄機「Fontus」ファーストインプレ

2018年09月26日 08:00

過去記事「今シーズンこそ導入したいポータブル高圧洗浄機」で書いていた通り高圧洗浄機を導入しました。選んだのは・・・

BOSCH Foutus(ファンタス)
ボッシュ フォンタス 高圧洗浄機

電源は電動工具などで使用するカートリッジ式(18V強力バッテリー)で水はボディー内に15リットル入れることができます。電源も水道も気にせずに、使いたい場所へキャリーバッグのように転がして持っていくき使うことができます。

fontus2.jpg
バッテリーは本体背面下部に差込口があります

fontus3.jpg
本体背面にはホースを収納する場所もあり

fontus4.jpg
全面のフタを開くとノズルと専用ブラシが収納されています

電源と水だけではなく、ホース、噴射ノズル(専用ブラシ)もちゃんと収納できるので持ち運びも便利ですね。キャリーバッグのように引っ張るハンドルは伸縮式ですが、本体を持ち上げる際には上下に手を掛けるしっかりとしたグリップがあるのもデザインとして優秀だと思います。

fontus5.jpg
本体には15リットルの水が入ります

電源をONにするとモータが周り噴射ノズルへ水圧がかかるのがわかります。モーター出力は3段階から選ぶことができます。(3つの水圧モード)とりあえず出力をMAXにして15リットルの水でどれくらい使えるのか試してみました。泥だらけ自転車、トレッドの隙間に泥のつまったタイヤをブラシで擦らずに水圧だけで洗車してみます。4種の噴射モード(ワンポイント・縦拡散・横拡散・シャワー)がありますが、タイヤは1点に水圧を集中させるワンポイントで車体は縦拡散を使いました。結果は電池残量は3段階の表示で減らず、水は目見当ですが10リットルくらい使ったかな。シクロクロスでの使い方を考えると、試走で泥だらけになった自分の自転車1台を洗うには十分ですね。レース後の洗車も考えると予備の水タンクを持っていけば試走の後、レースの後と2回洗えます。チームで使うとなると更に水の補充を考える必要がありますが、個人で使うには強力なTOOLになります。

会場や練習コースで仲間のCXerにも使ってもらいました。

IMG_2053

IMG_2054

最初に濡らして軽くスポンジやブラシなどで擦ってから最後に水で洗い流すような使い方をすれば水はかなり節約できるとの感想。洗車が楽になるので、その分観戦、応援する時間を増やせると好評でした。

あとバイクだけではなく、泥だらけになった自分のシャワーにもなりそうなんですよね。あまり温度が高くなければお湯もいけそうなので野辺山の後なんかは良いかもな。まだまだ使い始めて少しなのでファーストインプレッションとしてこれくらいで。実際にどれくらい使えるか動画なんかも撮影してみようと思います。

メーカーサイト

ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレス洗浄機 Fontus(フォンタス)
by カエレバ





ssalebaner.jpg

KUWAHARA HIRAME ポンプアダプターヘッド 横型

2018年06月29日 12:14

フロアポンプを2本体制にしてからずっと不満だったのがポンプヘッド。

ジョーブロースプリント トピーク

トピーク ジョ−ブロー スプリント標準のスマートポンプヘッドだって悪くないし仕事はしてくれる。ヘッド上部のカムレバーを解放してバルブに差し込みカムレバーを押し下げればロック完了。問題なく空気は入る。

空気を入れた後にレバーを解除する際に、ポンプヘッドの剛性が足りずにぐにゃぐにゃする感じ。ヘッド本体をしっかり持ってレバーを解放すればよいのだが、解放される瞬間に反動で手をぶつけるなんて事も。

もう一度言いますがそれでも問題なく空気は入ります。ただ、毎日乗る前に行う作業を、もっと快適に気持ちよく行いたい。そんな自転車乗りはヒラメを使いましょう。

ポンプヘッド ヒラメ

圧倒的な剛性と精密さで使い心地抜群。大型のレバーは触った感じも良い。リムからバルブがあまり出ていなくても、(他のポンプヘッドと比べて)ちゃんと空気を入れることができます。開放時はバッシュっと空気が抜ける音がしますが、勢いよく反動でレバーが動く事もありません。誤って手をぶつけたり、スポークを傷つけるなんてことは避けたいですからね。

ポンプヘッドの性能が悪くて、使っているうちにバルブの根元を痛めてしまいクリンチャータイヤをパンクした経験とかありませんか?そんなリスクもおさらばです。

pump_head.jpg

ヒラメを導入する結果となったシルカのヘッドは引き抜く際にホイールのバルブ用穴のエッジにバルブ(チューブ)根元を押し付けるようになってしまいパンクさせてしまいました。

このHIRAMEのポンプヘッドですが縦型と横型があります。縦型を使ったことはありませんが、スポークが多いホイールなんかは縦型の方がいいのかな?でも横型の方が人気あるみたいですよ。

topeakvshirame1.jpg

交換は簡単。純正のポンプヘッドを引き抜いて(ホースを切ってもOK)、HIRAMEに差し替えます。固定にはHIRAMEの販売元からステンレスホースバンドが売られていますが、ちょっと高いのでホームセンターで調達。油圧部品売り場にて購入できます。タイラップなどで固定している人もいるようですね。

topeakvshirame2.jpg

はい、出来上がり。フロアポンプよりも効果なヘッドになりました(笑)こんなこだわりで自転車LIFEのクオリティって上がるんですよね。交換しても全く速くはなりませんが(苦笑)

クワハラ(KUWAHARA) HIRAMEポンプヘッド゛横型+ホースバンド HP-20Y シルバ-
by カエレバ


HIRAME(ヒラメ) ポンプアダプター縦型 (ポンプヘッド)[ポンプ・空気入れ]
by カエレバ


問題は価格。ポンプと同じくらいの値段です。でも一度使えばこの値段にも納得できるんじゃないかな。それよりも問題は生産量が少なく在庫がなくなる場合がある事かもしれません。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

パナレーサー 低圧用 エアーゲージ BTG-F-LP

2017年11月20日 21:00

CXerの間では発売してすぐに大きな反響と共に迎えられたパナレーサーの低圧用エアーゲージを購入しました。

エアゲージ 低圧用
背景w あとで気が向いたら挿し替えよう

ロードに比べて低圧で細やかなエアー圧管理をしているCXerやMTBer向けの商品なのですが、その売り文句を聞いてもピンとはきていなかった。それは同社のデジタルのエアゲージを使っていたから。低圧用のスケールにした今回のアナログゲージのセールスポイントはデジタル派にはそれほど響きません。

アナログゲージ
【特急】パナレーサー 低圧用 エアーゲージ 仏式専用
by カエレバ

しかし、幕張CXでこのアナログエアーゲージを使ってみて一発で気に入ってしまいました。使い心地がとても良いのです。手のひらでメーターを押し込んで人差し指でエアーを抜いて調整、針が一旦0に触れてから現在の圧力を示す一連の流れがとても自然で良いのです。金属製の精密計測器を触っている感覚ってわかりますかね?(実際はどこまで精密なのかはわかりませんが)

デジタルゲージ
【あす楽】パナレーサー デュアルヘッドデジタルエアーゲージ
by カエレバ

デジタルだと、ボタン長押しで電源ON。バルブに差し込んでエアーを調整するのですが、ボタンの押し込む方向も不自然だし排出口とボタンを間違えるし、節度感もすこぶる悪い。ゴムとプラスチックのグニュっとした感触が残ります。

起動を待つことなくスッとスマートに使えるアナログゲージは最高
ロードと兼用できる高圧用アナログゲージはTOPEAKの商品を自転車再開初期に購入したことがあるのですが、全く使えなくて避けていました。しかし、このパナレーサーのアナログゲージは評判通り良いです。

まだフロアポンプなどのエアゲージを目安にしているよって方はロードと兼用できるこのアナログメーターを試しに使ってみることをお勧めします。

【あす楽】パナレーサー 高圧用 エアーゲージ 仏式専用
by カエレバ

いつもパンパン高圧に入れているロード乗りに方は特に。空気圧下げてみると乗り心地もよくなるし、疲れなくなります。そんな体験してみませんか?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



最新記事