TOPEAK ROAD MASTER BLASTER

2019年06月22日 08:00

自転車に出掛けるのに携帯するアイテムは様々ですが、その中でもサイクリストを悩ませるモノと言えば空気入れではないでしょうか?

自転車携帯ツール

私も過去を振り返ると超小型のポンプ、CO2インフレーターの時代が一番長かったかな。現在ロードはパナレーサーのポンプをフレームにマウント、MTBはインフレーターも携帯しつつ、リュックにちょっと大きめのパナレーサーのポンプを入れていきます。サドルバッグに入れようと思うと大きさや性能が制限されて、いざパンクした時に時間がかかったり、空気が入れきれなかったりするのでそれを嫌った形です。

その考えからSURLY PACERにもフレームマウントの空気入れを取り付けることにしました。

TOPEAK ROAD MASTER BLASTER
topeak_longpump.jpeg

選んだのはトピークのロードマスターブラスター。太めのエアーボリュームの大きなタイヤを取り付けることが多いので、できるだけ1ストロークで空気の充填量が大きい方がいいと思いました。そこでボトルケージにマウントする小型のポンピは却下。スチールフレームの自転車らしい雰囲気も良いでしょう。

4種類のサイズからトップチューブの長さに合わせて選びます。スプリング力でガッチリ固定されますが、付属のベルクロを使ってもしもに備えます。フレームの色に合わせてカラーマッチングすると今っぽいんでしゅけど、このシルバー&グレーのいなたい感じも気分かな。

【20%OFF※】TOPEAK(トピーク) 携帯ポンプ ロード マスターブラスター ROAD MASTERBLASTER[PPM071]【160psi】【米式/仏式】【自転車用】【ポータブルポンプ】
by カエレバ

スポンサーサイト



なんとなく工具のこと

2018年12月12日 20:00

プロとアマ
自転車に乗り始めるきっかけは様々だと思いますが、細かいことに拘るクセのある男の場合、自転車に乗っている時間より、いじっている時間が長くなる時もあったりしませんか?

ヘキサゴン 六角 ソケット レンチ
過去記事:工具は可能性を広げる

私の場合、自転車をいじるのが好きっていうよりは、仕方がなく自分でいじるって感じで(できればほとんどを自転車屋さんに任せたいw)、工具だけはたくさん所有しています。これは元々自動車整備を生業としていた過去によるものが大きいんですけどね。

その頃の工具感は・・・
基本:スナップオン
機能が気に入れば:マックツール、ファコム、バーコ、PBなど
最低限(加工しても惜しくない):KTC

事実工具を揃えることで作業の効率が上がる=投資でした。もちろん高級工具を揃えることは自己満足だろうと当時から思っていたんですが・・・。

17-5tools.jpg
たいしてトルクもかからないしこんなもんでも十分(ペダルは別ですが)

今の自分を考えると、当時のこだわりは単純な自己満足って側面は案外小さかったんだと思い知ります。投資によるバックがあまり期待できない趣味の自転車整備のためにあまり高級な工具は買っていません。その工具を使う頻度を考え、どれくらい投資するかシビアに判断している自分がいます。逆に何度も使うことが予想されたり、大きなトルクがかかる工具なんかはケチってはダメ。1度しか使わないけど、大きなトルクや高い精度が要求される作業なんかはそこだけアウトソーシングする(プロショップに助けてもらう)なんてのもありですね。そんな選択までチョイスできるには日頃の付き合いが大事ですね。

自分が購入したもっとも高価な工具は?
hauseinner_garage.jpg

工具で考えたら・・・トルクレンチかなぁ。定期的な公正を考えて、サービスバンが回ってくるスナップオン製のトルクレンチを使っていました。自転車で使うには仕様範囲が大きいので、リアカセット固定の時くらいしか今は使いませんけど。自転車で主に使うトルク範囲だとKTCデジラチェを持っていますが、この辺のトルク管理は勘(いわゆる手ルク)で締めてますね。ステムなんかにトルクの表示がありますが、あれって参考程度でどこまで信用していいのか私にはわかりません。ステムとフォークやハンドルのメーカーが同じで同時期に設計されたものであれば少しは信用できますが、そうじゃなければクリアランスも違えば締め付けられる側の素材、強度も違うわけでしょ?逆にどうやって数値を設定できるのかがわからないからです。緩まずに壊さない程度に締めて、たまに緩んでいないか確認するのがベターでしょう。

エンド金具
KTCのヘックスレンチ

工具からちょっと脱線しますが、最も高額な投資はガレージリフト(二柱リフト)です。ガレージを作るときに中古品を購入しました。ビシャモンか、バンザイか忘れたけど日本製です。主な使用シーンはスタッドレスタイヤへの交換なんですけどね(苦笑)

IMG_0780.jpg
ヒッチラックの取り付けはリフトのおかげで楽でした

総額なんか計算したくもないけど、振り返れば18歳でオートバイの免許を取得してから長い間ガレージ趣味を続けているとそれなりに充実してくるもんです。若者で工具を揃えようって方がいてなんだか他人事ながら嬉しく思うのですが、いきなり高価な高級工具なんか買わなくていいです。あまり安いのもダメなので判断が難しいかもしれませんが、とにかくその目的を果たすために工具を揃えていきましょう。25年経てばこれくらいになりますよ、きっと。

garageparty.jpg

最初にも書きましたが、私も自分でできなかった事は周りの先輩方やお店にお世話になりました。やってもらった分はお返ししなきゃなと思う昨今。仲良くしてくれているサイクリストの皆様で何かあればお声がけください。自転車整備技術は期待できませんが、それなりの設備でお助けはできるかもしれません。

KTC ( 京都機械工具 ) デジラチェ 【9.5sq】 小トルクタイプ GEK030-C3A
by カエレバ






ssalebaner.jpg

ローラートレーニング時の汗対策「スウェットカバー」

2018年10月30日 08:00

ローラー用の周辺グッズとしてポピュラーなのは、扇風機、振動や汗対策のマットとステム周辺のカバー。私の場合ガレージでローラーを漕いでいるのでマットは使わず(以前部屋でやっているときは使っていた)、工業用扇風機やスポットクーラーを使っています。しかし汗が自転車に落ちる対策はハンドタオルで間に合わせていました。

IMG_3012.jpeg

しかし、Amazonでノーネームのカバーが安くなっていると知り購入。使ってみたらこれくらいの値段なんだからもっと早く使っておけば良かったと思っています。

IMG_3014

取り付け方は簡単。ハンドル側はベルクロになっています。

IMG_3013

サドル側はゴムのループが付いているので伸ばしながらシートピラーに引っかければOK。これで一番ダメージを受けるステム周辺を汗から守ってくれます。上から見ると逆三角形のシェイプになっており、ダンシングしても膝が当たって気になるようなことはありません。

スマホホルダーが付いているタイプやフロントタイヤ側にポケットがついていてリモコンなどを収納できるポケットがついているなどアイデア商品もいくつかあるようですが、私の使い方ではこのシンプルなタイプで十分です。スマホでZwiftやる場合はポケットは便利でしょうね。

「こんなのわざわざ買う必要ない」って思っているあなた。その考えは間違い・・・でもないです(笑)でもタオルが途中で落ちてしまうこともないし、小さなストレスが少し解消するかもしれません。ちょっとしたことですけど、そんなのが結構ありがたかったりするんですよね。



私が購入したもの以外でもいろいろなメーカーが販売しています。どれも汎用性があるので適合にはあまり問題がないと思いますが、サイクルコンピューターのマウント位置によっては使いにくい場合があるかもしれません。その辺を考慮に入れて選ばれてはいかがでしょう?














ssalebaner.jpg

BOSCH コードレス洗浄機「Fontus」ファーストインプレ

2018年09月26日 08:00

過去記事「今シーズンこそ導入したいポータブル高圧洗浄機」で書いていた通り高圧洗浄機を導入しました。選んだのは・・・

BOSCH Foutus(ファンタス)
ボッシュ フォンタス 高圧洗浄機

電源は電動工具などで使用するカートリッジ式(18V強力バッテリー)で水はボディー内に15リットル入れることができます。電源も水道も気にせずに、使いたい場所へキャリーバッグのように転がして持っていくき使うことができます。

fontus2.jpg
バッテリーは本体背面下部に差込口があります

fontus3.jpg
本体背面にはホースを収納する場所もあり

fontus4.jpg
全面のフタを開くとノズルと専用ブラシが収納されています

電源と水だけではなく、ホース、噴射ノズル(専用ブラシ)もちゃんと収納できるので持ち運びも便利ですね。キャリーバッグのように引っ張るハンドルは伸縮式ですが、本体を持ち上げる際には上下に手を掛けるしっかりとしたグリップがあるのもデザインとして優秀だと思います。

fontus5.jpg
本体には15リットルの水が入ります

電源をONにするとモータが周り噴射ノズルへ水圧がかかるのがわかります。モーター出力は3段階から選ぶことができます。(3つの水圧モード)とりあえず出力をMAXにして15リットルの水でどれくらい使えるのか試してみました。泥だらけ自転車、トレッドの隙間に泥のつまったタイヤをブラシで擦らずに水圧だけで洗車してみます。4種の噴射モード(ワンポイント・縦拡散・横拡散・シャワー)がありますが、タイヤは1点に水圧を集中させるワンポイントで車体は縦拡散を使いました。結果は電池残量は3段階の表示で減らず、水は目見当ですが10リットルくらい使ったかな。シクロクロスでの使い方を考えると、試走で泥だらけになった自分の自転車1台を洗うには十分ですね。レース後の洗車も考えると予備の水タンクを持っていけば試走の後、レースの後と2回洗えます。チームで使うとなると更に水の補充を考える必要がありますが、個人で使うには強力なTOOLになります。

会場や練習コースで仲間のCXerにも使ってもらいました。

IMG_2053

IMG_2054

最初に濡らして軽くスポンジやブラシなどで擦ってから最後に水で洗い流すような使い方をすれば水はかなり節約できるとの感想。洗車が楽になるので、その分観戦、応援する時間を増やせると好評でした。

あとバイクだけではなく、泥だらけになった自分のシャワーにもなりそうなんですよね。あまり温度が高くなければお湯もいけそうなので野辺山の後なんかは良いかもな。まだまだ使い始めて少しなのでファーストインプレッションとしてこれくらいで。実際にどれくらい使えるか動画なんかも撮影してみようと思います。

メーカーサイト

ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレス洗浄機 Fontus(フォンタス)
by カエレバ





ssalebaner.jpg

今シーズンこそ導入したいポータブル高圧洗浄機

2018年07月30日 20:00

週末は台風の影響で落ち着かない天気でしたね。私は元々長い時間のライドをする予定ではなかったので影響は受けませんでした。土曜日は台風が通過する中フットサル。日曜日は朝ラン、夕方のバイクで30分ほど流す感じで。

買い物の付き合いで近所にできたディスカウントストアへ。そこで見かけたポータブル高圧洗浄機を見てシーズンにフラッシュバック(笑)レース後、まだ咳も収まらず、心拍が高いままバイクを洗う列に並んだ野辺山高原滝沢牧場のことを思い出します。

野辺山洗車場

このように高圧洗浄機が置いてある会場は稀で、基本的にはバケツとブラシ、農薬散布用の道具やDC12V電源で使えるシャワーなどを使って自分のバイクを洗います。目的はレース中のスペアバイクの洗浄はもちろん、試走で汚れたバイクをレース前までに洗う事だったり、帰りに車載するためにきれいにする事だったり様々。

irisoyama

私はバケツとブラシ派。試走で汚れた場合にレース前まで最低限の洗車をします。レース後は汚れたままキャリアに載せて自宅ガレージで洗車するのがルーティン。

IMG_1859

でも自分用の洗車機があれば会場で洗ってしまい返ってから楽ができるのはあきらか。せっかくAC100Vが使えるクルマなんだし、タンク一体式のポータブル高圧洗浄機は気になる存在でした。ただ、ガレージにあったケルヒャーの高圧洗浄機は恐らく5回使ったくらいで壊れた経験があり。同じように壊れたらと思うと手が出ません。せめて1シーズン使えるかな。それならネタとして納得はいくんだけど。

水圧のスペックとタンク容量で2種類あるみたい。自転車洗うならあまり強いと逆に使いにくいので412の方で良さそう。

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 温水対応 タンク式 SBT-412N
by カエレバ

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 温水対応 タンク式 SBT-512N
by カエレバ

どなたか使っている人いますか?

KARCHER(ケルヒャー) マルチクリーナー OC 3 1.680-009.0
by カエレバ

電源も不要な充電式で話題になったケルヒャーOC3も今シーズンはどこかで使っている人に出会えるか?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg






最新記事