BBB CO2 HOLD

2017年05月10日 22:00

MTB用に大きなサドルバッグを取り付けていますが、段差などで後ろから引っ張られている感覚があります。ロードに比べて嵩張り重いチューブを2本(普段は1本だが王滝には2本)、ガスや工具などを収めるには仕方がないと諦めていました。

IMG_9052.jpg

しかし、ハイドレーションを背負うのにバックパックを使うならそちらにポンプなどを入れてしまえばサドルバッグは軽くできるかな?と考えました。で、バックパックに荷物を沢山入れた結果・・・腰が痛くなるっていうね(苦笑)やはりなるべく自転車に背負わせたほうがいい・・・でも全てをサドルバッグに入れると重心位置が高くなる・・・それなら他の場所に荷物を分散させようと考えました。

BBB C02 HOLD
BBB CO2HOLD

重くはないけど嵩張るCO2ボンベをフレームマウントするブラケットです。ボトルケージトトも締めするだけで簡単確実な取り付け。これでサドルバッグを小さくできますね。

IMG_9368.jpg

こんな感じで取り付けます。振動で緩み脱落するって話もあり、逆さに取り付ける裏技があることもお伝えしておきます。

ロードバイクにフレームマウントって好きじゃないのですが、MTBなら冒険の道具っぽくていいかもしれませんね。クルマでいうとディフェンダーのボンネットにスペアタイヤが載っていてもいいじゃないですか。そんな感じです。王滝だけを考えるならスペアチューブなんかビニールに入れて養生テープでフレームに巻きつけるって感じでもいいのかもしれませんね。

【BBB】ボトルケージ CO2 HOLD CO2ホールド 062150
by カエレバ


PWT CO2 カートリッジ 16g ネジ付 5本セット
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

zefal DEFLECTOR RC50

2017年04月11日 21:00

桜が満開だってのに雨ばかりで嫌になっちゃいますね。ロードの細いタイヤだと雨は気を使いますが、CXやMTBだとスリップの危険は格段に下がります。あとはちゃんとしたレインジャケットなどで準備をしっかりすれば雨のライドも結構楽しいものです。CXは悪天候でも走るし、雨でもオートバイ通勤してるから慣れているのはありますけどね。

17800278_1370414293024251_5628745777317797639_n.jpg
Photo by Keiji Kaneko

この時期のように気温がそれほど低くなければシャワーライドは本当に気持ち良いです。でもそれはさっきも書いたように準備をしっかりすれば。自転車用のレインジャケットも持っていますが、この日はオートバイ通勤でも使ってるモンベルのレインダンサー。モンベル製品で一番安価なゴアテックスレインジャケットです。

偶然ですが、この日一緒に走ったメッセンンジャーを生業とする漢も同じものを着ていました。そう、間違いないってことですね。

◎モンベル 1128340・レインダンサージャケット Men's
by カエレバ


そしてそのメッセンジャーが信頼する雨対策がもうひとつ。このゼファールのフェンダーです。

deflector rd50
zefal DEFLECTOR RC50 なんでこんなに反り上がってしまったのか・・・

いろいろ種類があるようですが、メッセンンジャー的には旧タイプが好みだったようでデッドストックを探してまとめ買いしたくらい気に入っているそうです。

madgurd_zefal.jpg

形状は違いますが、大事なのは共通しいている機能性。工具なしで簡単にどんな自転車にも取り付けられることですね。彼曰く「お尻が濡れるとテンション上がらない」との事でした。

この日、荒川のダートを走りましたが私の背中には泥汚れなし!背中が長めのレインジャケットの効果もありテンションは下がらずにすみました。ASS SAVERSも使っていますが、スタートから雨のライドを覚悟する時はゼファールのマッドガードをお勧めします。晴れているけど降るかも?って時やCXの試走なんかではASS SAVERSですね。

ZEFAL ゼファール DEFLECTOR RC50 リアフェンダー 自転車 泥よけ
by カエレバ


【あす楽】ゼファール スワンロード シートポスト止めフェンダー
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す





APIDURA SADDLE BAG MID-SIZE

2016年06月21日 08:00

海外でのトレンドのひとつ「バイクパッキング」。旅に適したパニア等を装備した自転車じゃなく、普段使っているロードバイクへ汎用性の高いバッグ類を組み合わせて旅に出ましょうって事だと理解している。大きめのサドルバッグは所有していたが、APIDURAやこれに近い製品を見て買い替える事を決心しました。

ortliebsizel.jpg

大きめサドルバッグの定番だったオルトリーブのサドルバッグ。こんな感じで取り付けていました。これだと重みが増すとリアタイヤとサドルバッグが当たってしまうんですね。(取り付け方法が悪くもっと後ろ上がりにアタッチメントを調整する事である程度は解消できるようです)

APIDURA SADDLE BAG MID-SIZE
IMG_4205
自転車:2006 Specialized Tarmac Pro Size-49

3種類あるサイズの真ん中。Mサイズになります。店員さんに伺った所、ロードの用途ではコンパクトが人気だとの事でした。(コンパクトはRaphaでも買えます!)自転車のバッグに大は小を兼ねるは当てはまらなくて、用途を考えてなるべく小さいサイズを選ぶのが吉。私が注目したのはシーチピラー固定用のベルクロ。コンパクトは1本ですがミッドサイズ以上は2本になります。比べてみてもそれほど大きさの差はなかった事もあり、より安定しそうな2本タイプのミッドにしました。一番大きいレギュラーは後輪接触問題がクリアできるか不安なので対象外に。できれば購入する際に自転車で行った方がいいかもしれません。(小さいサイズのフレーム仲間は注意!)

シートポストのベルクロですが、ベルクロのくっつく部分がストラップだけでなく、バッグ本体まで縫い付けてあるのでしっかりと引っ張って固定できます。よく引っ張るとベルクロの固定部分がなくて締められない事ってありますよね?

apidura3size.png

apidurashiyou.png

ベルクロ2本でシートポストに固定。更にシートレールにストラップで固定。ロールクロージャー用のストラップとシートレール用のストラップをぎゅっと締める事でバッグがサドルにフィットして固定されます。一切工具は必要ありません。

IMG_4210

後部にはテールランプを差し込む所が2ヵ所用意されています。

DSCN2582

バッグ上部にはドローコードが装備されているのでそこにサイクルキャップを挟んでおきました。輪行だったら帰り用のサンダルとかもココでいいかな。

ヒルクライムでのダンシングの時は流石に後ろから引っ張られている違和感を覚えますが、なるべくバイクを振らない乗り方等工夫すればいいでしょう。バイクが振りにくいからバックパックを背負う派の人もいますが、体の動きを制限される、背中から熱を放出するのを妨げるデメリットがあります。バックパックならハイドレーション使えるし、身につけているので貴重品を持ち歩くのにも有効なんですけどね。どちらもメリット・デメリットがあるのでお好みで。

メーカーの方針によりECサイトで扱えなくなったそうなので購入希望の方は取り扱いのあるお店へ。めちゃくちゃ売れているらしいですよ。

通販で買うならこの辺でしょうか?



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

クイック式シートクランプ選び 2

2015年08月30日 09:00

クイック式シートクランプ選びのつづき。dkg FLIP-LOCK CLAMPにしました。ヘアラインの美しさにうっとり。本当はシルバーの方が質感があっていいのですが自転車が黒ベースなのでトータルを考えてこれで。

クイックシートポストクランプ 

このまま交換して取り付ければ・・・と思っていたのですが、私のMTBはシートピラーまでカーボンらしく(気がついていませんでした・・・)このblogをチェックしてくれているTくんに「トルク管理をしないと破損するカーボンシートピラーにはクイックはあまり使わない方がいいかも・・・」とのことでトムソンなんか欲しいなぁと思いつつ、家にあるアルミのシートポストに差し替えます。

DSC_0010
最初はTARMACに使おうと買ったディズナのシートピラー

アルミの27.2mmシートポストはCXで使っているEASTONを使おうかと思いましたが、思いっきり短く切っていたのでダメ。次にGIANT純正シートポストがありますがシートクランプ部分がシルバーなのでちょっと気に入らない。そこでGIANT OCRに使っているDIXNA 1ボルトシートピラーにしようかと。シートクランプ部分があまり衝撃に向いていない構造なのですが、CXで使っている事例もみつけたのでとりあえずこれにしてみます。

seatpostmeridaweigt.jpg
左:メリダ純正カーボンシートポスト 右:DIXNAアルミシートポスト

せっかくだから一応重量測定。長さ的にディズナの方が50mm短いのですが、それにしてもこの軽さは優秀ですね。購入時の記事で考察しましたがよくできています。横から1本のボルトで固定するシンプルな構造も軽さに貢献していると思いますが、上からの衝撃には2本留めのオーソドックスなタイプと比べて弱いはず。そこは今後注意して見守っていく必要がありそうです。

dkg Flip-Lock Clamp

ちょっと色が入ってしまったのでココはステッカー貼るなり塗るなりして黒くしようと思います。ポストの350mmから300mmに大丈夫かな?と思いましたが問題ありませんでした・・・(苦笑)dkgのフリップロッククランプは軽い力でしっかりと固定できますね。節度感も最高。カムの摩擦が起きる部分にはデュラグリスを塗っておきました。

これで工具を使わずにシートの高さを調整できるようになりました。舗装道路の自走区間では高めに。トレールでは一気に下げて自転車の上でスムーズに体重移動ができるようにします。こんな小さな部品でもちょっとこだわってみるとまた楽しいですね。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

モンベル フロントバッグ

2015年08月26日 08:00

なるべくならバックパックを背負いたくない・・・やっぱりいろいろなストラップで窮屈だし発汗して熱を逃がす背中を覆うのはパフォーマンス的にも良くない訳で。

東京サンエス ドイター 別注 レース

通勤で使っているのはドイター・レース。10リットルの容量がパンパンになるくらい荷物を入れています。具体的にはお弁当、コーヒーを入れたボトルに着替え(下着、靴下、Tシャツ)、ポーチ(薬やクリーム)、財布、モバイルブースター、名刺や手帳など。これをサドルバッグとフロントバッグなどに手分けして入れたらいいんじゃないの?ってことです。

toukinist_bikes.jpg

普段はボトル型ケースに入れた携帯工具類もサドルバッグに移動しているのでそれもサドルバッグかフロントバッグに入れる必要があるんだな。

そんな事をなんとなく考えてたら輪工房にモンベル フロントバッグの在庫があったので即購入。

モンベル フロントバッグ

付属のストラップでハンドルとトップチューブに括り付ける構造。特に防水だとかではないようです。メインとサイドの3部屋に別れた構成でそれぞれファスナーでアクセスできます。わざわざこんな小さなバッグを分けないで、メインファスナーでガバッと明けられて中はメッシュのポケットくらいでいいと思うんだけど・・・使ってみるとこれがいいのかもしれませんね。

montbellfrontbag2.jpg

自転車通勤前にさくっと取り付けて出掛けようと思ったのですが・・・あれ?取り付けるとフロントタイヤと干渉するぞ(汗)ハンドルに括り付ける構造なのでハンドルに取り付けているメーターやライトとの位置の取り合いがあるだろうとは想像していましたが、タイヤと干渉するとは・・・

この日の通勤では諦めて改めてフィッティングをしてみます。まずメーターやライトを外してフロントバッグだけを最適な位置に取り付けてみましょう・・・なんとか大丈夫・・・かな?私のように自転車のサイズが小さい=ヘッドチューブが短いレーシングジオメトリーの自転車でコラムをカットしてハンドル位置を下げていると当然のようにバッグの高さがあればフロントタイヤと干渉します。バッグのサイズがφ15×25cmなのでハンドルとタイヤの高さを計測してそれ以上あるか確認してみた方がいいですよ。

montbellfrontbag3.jpg

ちょっと寸法的に怪しい場合はリクセンカウルのフロントバッグのようにステーを取り付けてからの方が高さの調整など融通が利くかもしれません。

montbellfrontbag4.jpg

ここに入れるのはサドルバッグよりも繁茂にアクセスする荷物になりますね。いわゆる貴重品です。財布やケータイ、カメラ、モバイルブースターなど。補給食なんかもありかな。部屋が別れているのでひとつに携帯工具や予備チューブ、ボンベなどを入れてもいいかもしれません。でも私の場合はバッグに物を入れるとフロントタイヤにバッグが緩衝します・・・。

私の自転車は2006 Specialized Tarmac Proでサイズは49。ヘッドチューブレングスは100mmでステムは一番下まで下げています。かなり条件が厳しいんですねぇ。手持ちの自転車で考えるとMTBや小径車には使えそうですが使うシチュエーションは思い付かないって言うね(苦笑)バッグの手提げで使えそうなループをなにかで上に引っ張って固定しておくとクリアランスは確保できそうなので、その辺の工夫をして使うかもしれませんが、とりあえずこのバッグを検討中のレージングジオメトリー(ヘッドチューブが短い)スモールサイズの自転車に乗っている方はご注意下さい。ステムの下にカラーが入っていたりステム角度がかなり上向きであればその限りではありません。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事