【MUSON MC2 Pro1 サンプル動画】セルフ監視社会 2

2018年09月30日 10:35

「人が見ているところではがんばるけど、その分誰もいないバックストレートで休んでしまう・・・」
これってシクロクロスあるあるって言うより、人生あるあると言っていいくらい誰にでも思い当たる節があるでしょう。特にナマケルことには定評のある私はバッチリこれに当てはまります。それなら自分自身を監視するシステムとしてオンボードカメラを運用できないかと考えました。一口にアクションカメラ、ウェアブルカメラといっても製品はたくさんありますが、使い切れるか不明だったのでまずは、Amazonでコメントも多く、タイムセールをやっていた低価格の製品を購入。ココまでは前回の記事で書きました。



マウントを追加で購入、CXで使っていたハンドル形状がアクセサリーを取り付け流のに向いていなかったためにロードで使っていたハンドルに交換。とりあえず準備は整いました。

muson_mount1.jpg
派手な3Tのハンドルは黒いスプレーで塗りシックに

ワイヤーの干渉を避けるのに購入したステーはレイアウト的には狙い通り。ただ付属のネジは品質が悪く、すぐにナメてしまう感触がしたのでガレージにあった適当なSUSネジと交換しました。防水ケースとの固定はかなり強く締め付けても回転方向にズレてしまう恐れあり。自転車の振動が影響しないか心配だ。

muson_maount2.jpg
防水ケースをマウント。かなり前方にオフセットして取り付けることによりワイヤーなどの干渉を回避

テストは冒険ランドでのシクロクロス練習。

42705379_1979579558774385_1946375386367524864_n.jpg
Photo by Keiji Kaneko

4Kでも撮影ができるそうだが、撮影時間は短く、また負荷により本体がかなり熱くなるそうで実用的ではないとのこと。HDで一番高画質の状態にセットして録画して見た。動画の最初しばらくは単独走行で、次から隊列の後方へ加わり撮影した。



防水ケースに入っているので環境音、話し声などはほぼ聞こえない。振動によるノイズのみが記録されている感じ。今までよく見てきたオンボードカメラ映像の音はケースに入っているからだったんですね。映像に関してはマッドコンディションだったこともあり修整舵が影響しているのと、振動によるブレは多め。カメラ設定で手ブレ補正を入れたが効果は感じられない。心配していたステーと防水ケース固定ネジの緩みはなく、角度がずれることはなかった。

本来ならタイヤとハンドルブレーキが画角内に入っている方が臨場感があって良いのだが、それには取り付け位置の細かいセッティングが必要。カメラ自体は使えることがわかったのでマウント方法をもう少し検討したい。音がもう少し入るように防水ケースを使わないマウントも合わせてチェックしようと思う。6000円のカメラだからね。




ssalebaner.jpg



スポンサーサイト



セルフ監視社会

2018年09月29日 08:00

アクションカメラの代名詞GoProの新型が発表されましたね。ニュースなどを見るとジンバル並みの手ぶれ補正機能が搭載されるなど自転車で使うにはかなり魅力的な製品になっている感じ。その他のフォロワーもハードのスペック的には追随しているのかもしれませんが、それを生かす肝心のソフト的には一日の長がGoProにあるようです。そんなニュースもどこ吹く風。Amazonでタイムセールをやっていたよくわからないアクションカメラをポチりました。



私が買った時は¥ 6,270だったみたい。いろいろ同封されていて、一通りステーなどが揃っています。(メモリーカードのみ別で購入する必要あり)前々から興味はあったのですが、面倒くさがりなので使い切るかな?と疑問だったんですよね。でもこの金額なら無駄になっても惜しくないので。

muson1.jpg
同じ名前でも発売時期によってアップデートされているようで、最新のバージョンは手ぶれ補正も搭載されているみたい

電池を充電して、一通り触って見る。iPhoneのアプリ連携も難なくできました。メインの使い道は自転車のオンボードカメラ撮影なのでハンドルに取り付けます。しかし、付属のハンドルバーマウントはとても大きく、シクロクロスバイクには使えません。

muson2.jpg

GoProとマウント企画は同じなので「GoProマウント」で検索すると様々なアクセサリーが出てきます。600円くらいのシンプルなマウントをポチ。ハンドルバー直下に吊り下げて使いたかったのですが、ヘッドチューブが短いわ、ワイヤーが密集しているわで到底カメラのマウントは無理。

DSC_0057

あまり前方にオフセットしたくなかったのですが・・・もう仕方がない。

goprost.jpg

このような形状のステーを新たに購入。これなら取り付けられると思います。あと、現在使っているハンドルバーはステムのクランプ取り付け部分以外はすぐ細くなっているのでアクセサリーつけるのに向いていません。ハンドルバーにあまり不満はないのだけれど、ロードで使っていた3Tのハンドルに交換します。

3tarxprostem.jpg
この特徴的な印刷は黒いスプレーで塗りつぶしました

次回はハンドル交換、カメラステー取り付け、撮影テストの様子なんかをお届けできればと。そして次の茨城CXからオンボードが撮影したい。カメラを取り付ければレースを振り返ることができるし、自らを監視することでレースでもがんばれるかな・・・と思いまして。セルフ監視システムはナマケモノCXerを変えることができるのか!?

【国内正規品】GoPro(ゴープロ) HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】
by カエレバ


【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Session CHDHS-502-AP
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

アランデル UNO サドルバッグ脱落

2018年07月24日 08:00

先日の筑波山系縦走ライド最後の不動峠ダウンヒル中にサドルバッグを脱落させて失くしました。下っている最中に後ろから音がしたので止まり、登り返したのですが道路上では発見できず。脱落して後輪で弾かれガードレールの隙間から崖や草むらに投げ出されたのでしょう。どなただ、見つけたら是非有効活用してください。

unobag2.jpg

ではなぜ落ちたのか?実は前から気になっている事があったんです。このアランデルはベルクロ1本でサドル下のレールに固定する方式。このベルトのデザイン、設計があまり良くなくて、ぎゅっと締め付けようとするとベルクロのオスとメスの位置がズレてしっかりと固定できないんですよね。ちょっと緩めにしておかないとダメ。その内ストラップにベルクロを追加で縫い付け対策をしようかと考えていたのですが・・・

unobag.jpg

その状態だとサドルが揺れるので、振動で徐々にベルクロが剥がされて脱落に至ったんだと思います。特に不動峠は道が悪いので細かい振動がとても多いからな。シートピラーにも固定する2本締めだったらまだ良かったのかもしれません。今回サドルバッグを落としてタイヤで巻き込まなかったから良かったけど、ダウンヒル中に後輪ロックしてたら・・・それに中身を買い直すのもコスト的にマイナスなのは言わずもがなですが、ツーリングの序盤でもし落としてしまったらそのツーリングを中止しなくてはならない状況になるかもしれません。

IMG_9626.jpg

とりあえずTOPEAKのWEDGE DRYBAG (M)があるのでそれを使います。王滝の激しい振動でも脱落する事がなかった実績あり。ワンタッチカプラーでストラップを固定後に、ギュッとさらに絞れるのがポイントです。中身は全部買わないとな・・・携帯工具にタイヤチューブ、タイヤブート、ワンタッチパッチなど。良い授業料となりました。

アランデル Uno サドルバッグ
by カエレバ


TOPEAK (トピーク) BAG27001 Wedge Dry Bag Quick Click (ウェッジドライバッグ クイッククリック) M[ミディアムサイズ][サドルバッグ]
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

グラナイトデザイン ロックバンド

2018年06月02日 21:06

ちょっと気になっていたグラナイトデザインのロックバンド買いました。

granaite.jpg

ベルクロとゴムのループを組み合わせたシンプルな商品でフレームなどに荷物を巻きつけるのに使用します。この商品が一番活躍するのは王滝みたいなMTBでロングに出かける場面。

IMG_9626.jpg

フルサスでコマンドポストなんかだとフレームにバッグを取り付けるのも条件が厳しい。しかしタイヤチューブは多めに持って行きたい。私も写真のようにバッグを取りつけましたが、他の方を見るとガムテープでグルグル巻きにしている人もみました。確かに軽量で確実です。そんな感覚もある意味カッコイイのですが、それをスマートに解決するのがこの商品。


サドルバッグを小さくしたので予備チューブは1本しか入りません。ロングライドでは追加でバックポケットに1本持って行こうと思いましたが、これを使えば貴重なポケットを潰さずに済みます。シンプルな製品なので他にも使い道ありそうです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GRANITEDESIGN グラナイトデザイン ストラップ 自転車 バイク
価格:851円(税込、送料別) (2018/6/2時点)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

アランデル UNO サドルバッグ

2018年05月25日 12:00

基本的に携行しなくてはいけない工具や予備チューブなどはボトルケージに入るボトル型ツールケースを使っています。ポピュラーなサドルバッグはどうしても重心が上がってしまい、ダンシングの際などに気になるので。しかし、もうWボトルシーズンになるとそうも言っていられずサドルバッグのお世話になります。

これまでEVOC サドルバッグ ツアラーなどちょっと大きめのサドルバッグを使っていました。ボトル型ツールケースと同容量で考えるとどうしてもこのサイズになってしまうから。

evoc sadle bag black

でもやっぱりこれは大きすぎる・・・。もうちょっと工夫してサドルバッグを小さくしようと思いました。まずサドルバッグに入れる工具やパーツを厳選します。

set1baguin.png

【変更点】
予備タイヤチューブ:2本から1本へ
タイヤレバー:2本から1本へ(ちょっと短く加工)
エアーポンプ:フレームマウントへ
CO2ボンベセット:使用しない

しばらく前にCO2ボンベを使わない代わりにもうちょっと使いやすいポンプ(パナレーサー 携帯ワンタッチミニポンプ)を購入していました。それをジャージのバックポケットに入れていましたが、忘れてしまう事もありそうなのでフレームマウントにします。見た目が嫌なので避けてきましたが、諸々考えるとこれがベターかな。減らしたと言ってもこれまでの経験上、これで足りなくて問題になることはありませんでした。ロングを一人で行く際には念のためにチューブ1本バックポケットに入れていけばいいかな。

そこまで厳選するとアランデル Uno サドルバッグを使うことができます。

unobag.jpg
メーカーサイト

これを使いたくてどこまで持ち物を削減できるか、ポンプのフレームマウントを許せるか?と悩んできました。マルチツールがちょっと大きめなのでちょっと厳しい感じですが、何とか入りました。(タイヤチューブは箱から出してジップロックに入れてあります。)

unobag2.jpg

かなりコンパクトにまとまりました。シートポストにテールランプを取り付けられるスペースができたのも嬉しい。備えあれば憂いなしで大き目のサドルバッグも悪くない選択ではありますが、ロードバイクの研ぎ澄まされたシリアスさに浸るには最小限且つ何があってもほぼ困らないセットを見つけるのもありではないでしょうか。

今までロード、MTB、CXとその日乗るバイクに合わせてバッグの中身を変更、携帯していましたが、今後は車種専用バッグと装備を揃えていこうと思います。

つづき:サドルバッグが脱落した話

パナレーサー 携帯ワンタッチミニポンプ(ブラック) BMP-22AEZ-B
by カエレバ


アランデル Uno サドルバッグ
by カエレバ


Tacx タックス Mini tyre levers ミニタイヤレバー 2本入 ツール
by カエレバ



最新記事