SPECIALIZED HENGE MTBサドル 1

2016年12月15日 08:00

 野田のXCレースで壊したサドルの件。

IMG_7071

レールにベースがはまらないかな?とちょっと試したけどなかなか厳しい。何か治具でレースを曲げてやらないと無理っぽい。まぁ、純正サドルはお尻に合っていなかったので交換したいと思ってたのでこの機会に新調します。

SPECIALIZED HENGE
SPECIALIZED ヘンジ サドル MTB
サイズ143mmの公称重量は236gですが、実測は228gでした

現在SPECIALIZEDで売っているMTBサドルは3種類だけ。フェノムはXCレースやロードでも愛用者がいる万能サドルなイメージ。Söder Saddleはダートジャンプ系なので消去法でヘンジにしました。幅広でフラットな形状でオールマウンテン系だと説明されています。

2016 SPECIALIZED HENGE Expert Sadle

サイドにはローフリクションを謳った材質が採用されているそうです。幅広のノーズなので急坂の前乗りがしやすかったら嬉しいな。

sadle_henge.jpg

SPECIALIZEDのサドルを選んだのはロード、CX共に同社のROMIN EVOを使っているから。BG Fit理論で作られたサドルをまずは使ってみようと思いまして。まずはMTBに取り付けただけ。使ってみてレビューしますね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

MERIDA BIG.SEVENのサドル

2016年05月12日 08:00

先日の山サイで発覚したMTBのポジション問題。今までのライドではあまり気にならなかったのですが、MTB自体そんなに長い時間乗っていないからかな。サドルを上げたり、下げたりする事もあり、あまりポジションに神経質ではなかったのですが、遂にいろは坂で気が付いちゃいました。

IMG_3361

先のCXシーズンでCXとロードのポジションが決まった事もあり、踏むポイントやポジションが自分の中で確立した事も大きな要因かもしれません。そのおかげで自分の中の基準とずれていると気になるようになったんでしょう。これは遅まきながら大きな一歩かな。

zeecagemerida.jpg

シートポストを簡単に上下させる為に工具のいらないクイックで固定するようになり、純正カーボンピラーから家にあったアルミのセットバック付きシートピラーに交換していました。この状態からサドルを目一杯前に出していますが、それでもCXと同じような前乗りのポジションに持って行けないのが原因です。

またパッドなしのパンツで乗れるようにフィジーク・アリアンテに交換したにもいけなかった。もうこのサドルが完全に合わなくなっていました。純正サドルの方がよかった・・・。
シャンリー(CIONLLI)
私のメリダ・ビッグセブンの純正サドルをひっくり返してみるとベースには「CIONLLI」と刻まれていました。検索してみると台湾のサドルメーカーみたいです。メーカーのサイトを確認した所「1210」をベースに表皮を変えた感じかな。OEMサドルというと日本でも小売りしているveroは有名ですが、こんな会社もあったんですね。

まずは純正シートピラーに戻し、アルミ製のゼロオフセットピラーを手に入れてペダルとサドルの関係をCX等と同じようにセッティングしたいと思います。そうすればもう少しヒルクライムがマシになるはず・・・はずです・・・はずだよね?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

Specialized ROMIN EVO PRO (2015 )

2015年07月07日 09:00

アリアンテからROMIN EVOにまさしく鞍替えしてから、もうひとつROMIN EVOを買わないとって思って履いたんですがね・・・

specialpower1.jpg

同じじゃ面白くない、もっといろんなサドルを使ってみたいって感覚もありましてPOWERを試したり、最近もROMINを借りてみたりしました。別にROMIN EVOに不満がある訳ではないのですが、同じ座り心地で前後長が短く(担いだ時にヘルメットが当たらない)、後ろの反り上がりがない(CXではキックアップが飛び乗りや腰を後ろに引く動作に邪魔)が気になっていまして。どちらも重箱の隅を突くような些細な話なんですけどね。

2016rominevo.jpg
SBC 新製品&入荷情報より

そんな矢先、ROMIN EVOが2016年でモデルチェンジしているじゃないですか!販売店にはボチボチ入荷していまして実物を見ましたが・・・これは間違いなくカッコイイ。POWERなどと似た新しいデザイン言語で作られた、世代が変わった感じのデザインになりました。これからのSpecializedデザインは洗練された好みの感じになりそうです。子供っぽい所があったフラフィックが一気にシックになり大人っぽくなったと思います。
更にベース後部にナットが埋め込まれていて(SWAT対応マウント)専用のアクセサリーが固定できるようになっています。

サドルってモデルチェンジすればもちろん、製造年度によっても合う、合わないと神経質に選ぶ選手もいるくらい繊細なもの。いくら新しいデザインのROMIN EVOのスタイルが気に入っても、2015年までのROMIN EVOと感触が同じとは限りません。それならば在庫のあるうちに現行モデルを購入しておくのは悪くない案だと思いました。まぁ、性格的には新型のROMIN EVO PROの在庫があったらそっちを選んでいたかと思いますが・・・

はい、そんな訳で2015年 Specialized ROMIN EVO PROです。はじめてのカーボンレールモデルです。CXには鉄レール、ロードはカーボンレールを使いたいと思います。

romin evo pro 2015
フィジークのシラノ(シートピラー)はカーボンレールに優しそうな感じ

繊細なサドル選びを語りあえて旧モデルを買うのであればレールの材質も同じ方がいいに決まっていますけど、COMP GELはもうすでに完売だった事もあったりサービスもしてくれたりで憧れのカーボンレールとなったのです。ベース(シシェル)もカーボン製のS-WORKSが設定されていないのでEVOではこれがトップレンジです。

IMG_8001.jpg

ベース(シェル)の一部をカーボンで補強してあるとサイトには書いてありますね。

romin evo pro

恒例の重量測定・・・174gでした。COMP GELが267gですから93gのダイエットになりました。一番高い部分がこれだけ軽くなるのは走りに良い効果があると思います。サドルバッグを外した時の軽快感まではいかないにしてもね。
※どちらもサイズ143mm

Specialized ROMIN EVO PRO

生憎の空模様で実走はまだですが、ひとつ懸案事項が減って良かったな。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

SPECIALIZED ROMIN EVO COMP GEL

2015年04月21日 08:00

Retul 3Dモーションキャプチャーシステムを使用したフィッティングをした時に購入したROMIN EVO
COMP GEL
について記事を書いませんでした。まとめておきます。

購入の経緯は・・・
今までフィジークのアリアンてでサドル探しの旅は終焉を迎えたと思っていました。2013年のBIKE FITを受けた時も「サドルのせいで前傾姿勢ができなくなっているんじないか?」と言われていたのですが、あまり気にしていませんでした。しかし、シクロクロスレースに出場し、自分なりに本気で走るようになって見えてくるものがあります。あの時言われた言葉が頭をよぎり、Retul 3Dモーションキャプチャーシステムを使用したフィッティングの時にテストサドルにて試した後に即購入したわけです。

前傾にするだけに十分な柔軟性や体幹の筋肉があるのにそのフォームが作れなかったのは何故なのか?
自転車に乗り始めた頃によく雑誌などで目にした「骨盤を立てて猫背で乗るフォーム」に囚われていたことと、それに適したサドルのせいだったのかもしれない。

ROMIN EVO COMP GEL

アリアンテと似たラウンド形状
SPECIALIZED ROMIN EVO COMP GELはびっくりするくらいすぐにフィットしました。どこにも違和感がありません。前回パワーサドルのところで比較しましたがアリアンテと座面の横側ラウンド形状が似ているんだと思います。

Specialized Romin Evo

やや硬質なクッションはお尻が沈み込むことなく、それでいて十分なパッド量(スペシャライズド的にレベル2のパッド量)で骨が当たるような痛みはりません。沈み込むことがないこと、センターの溝"Body Geometryチャネル"によって大事な部分の血流も確保されるので前乗り、前傾姿勢に骨盤を前に倒しやすいのです。

ROMIN EVO COMP GEL

シクロクロスは短い時間に一気に出力を出すのでロードよりもかなりサドルを前に出しています。上半身にゆとりが生まれて無駄な力が抜け、その分ペダルに足の重さを乗せていけるような感触が得られました。そこまでわかっていてもロードは他のサドルを使いたいなぁと思いPOWERを試しましたが改めてROMIN EVO COMP GELの良さを知りました。ロードに取り付けて60kmほど走ってきましたがやっぱりいいです。

rominevo3.jpg

ROMIN EVO COMP GELは間口の広いサドル
サドルについては本当個人的なもので誰かの意見が参考にならない分野でありますが、BG FITでサドルを試す場合、まずROMIN EVOを勧めるそうです。そういった意味でも間口の広いサドルなのかもしれません。幅は3種類から選べるのもポイント。それと大事なのが値段が1万ちょっと。最近いろいろなものの値段がどんどん上がっていますがこの値段は良心的じゃないですかね。

サドルに迷った。スペシャライズドのバイクじゃないと使いにくいとは思いますが、こだわらずに使っている人も実はいるんですよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

POWERサドル(テストサドル)ファーストインプレッションのオマケ

2015年04月17日 08:00

先日、テストサドルを借りて来たのでPOWERサドル(テストサドル)ファーストインプレッションをお届けましました。距離にして20kmちょっと。返却しなければならず、とりあえず高負荷も試そうと3本ローラーで乗ってみました。この日も仕事で帰宅が遅くたった30分くらいのローラーでしたが、20分のアップと10分のタバタでしっかりと負荷はかけました。



やはり前傾姿勢を維持するのは楽。通常の着座位置からやや前乗り前傾に移行するのがスムーズに行なえます。これはCXに取り付けているROMIN EVOもそう。アリアンテに比べて硬めのパッドがそうさせるのでしょう。残念ながらROMIN EVOに対するアドバンテージは感じられませんでした。

それよりも着座位置の形状からかお尻の痛みを感じました。恐らく横方向のラウンド形状が合わないのだと思います。POWERもサイドが落ち込む形状ですがフラット部分がアリアンテやROMIN EVOに比べて広い(丸みが緩やか)。それが尻当たりに影響しているんだと思われます。

Specialized Romin Evo Comp Gel
Specialized Romin Evo

fi'zi:k ALIANTE
アリアンテ フィジーク 形状

肝心のパワーサドルの写真は撮り忘れてますが・・・(汗)ローミンはアリアンテとそのラウンド形状が似ているんだよね。だからいきなりフィットしたんだな。パッドの厚みとかやわらかさとかだったらショーツのパッドでも何とかなるかもしれないけど、きっとベースのカタチが合わないのだと思います。

パワーサドルを使い続けられないくらい痛い訳ではないのですが、長時間乗るともっと効いてくると予想されます。逆を言えば短時間であれば大丈夫。そのネガを覆す程のメリットがあればね。そのひとつがヘルメット選びの所で触れたシクロクロスの自転車担ぎのシーン。



私のように自転車のフレームが小さいとトップチューブに肩を入れて担いだ時にヘルメットとサドルの先端が干渉しやすくなります。これを防ぐのにヘルメットをコンパクトにしようと考えていましたが、パワーサドルなら先端が短いのでスペース確保に効果抜群ですね。

specialpower2.jpg

シクロクロスレースならちょっとの尻の痛みなんか気にならないだろうし。ロードにはROMIN EVOでいいと改めて思いましたが、シクロクロス用でならまだPOWERサドルをチョイスする可能性ありますね。シーズン前にまたお借りして試したいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事