ディスク化はどこから

2019年02月06日 08:00

どうやらプロツアーチームもディスクブレーキの自転車を積極的に使っていくみたいですね。ダウンアンダーのレポートなどを眺めているとそんな感じがします。もう語り尽くされている部分もありますが、ロードにディスクブレーキが必要なのか?って問題。いろいろなケースがあるのでひとつの正解はありませんが、個人的には必要性を感じていません。

system6disc.jpeg

A, ロードバイクはキャリパーブレーキでOK
関東平野に住んでいて自転車のブレーキ性能に不満を感じることがありません。たまの山岳サイクリングでめちゃくちゃ長く荒れた路面の下りや雨の日なんかはディスクブレーキだったら楽であろうと想像しますが、そんなのは年に片手で余るほど。そのメリットよりもディスクブレーキ化によるデメリット(あえてココでは書きませんが)を感じる事の方が多いだろうと思います。ディスクブレーキ用の設計がもっともっと進んで、価格も小慣れてくれば買い替え時に検討することはあると思いますけどね。

でも、シクロクロスバイクはディスクブレーキが欲しい

190127dh.jpg
Photo by Takashi Saito

しかしディスクブレーキ単体の素晴らしさはクルマ、オートバイはもちろんMTBでも体感はしています。単純に制動力の差だけであれば、タイヤと路面の摩擦力以上には過剰でありもしかしたら必要のないものかもしれません。ただ本質はそこではないんですよね。1番のメリットは過酷な状況でも繊細なタッチでブレーキングをコントロールできることにあります。

現在シクロクロスではminiVブレーキを使っていて、制動力自体は足りていますが、コントロール性においては不満があります。簡単に言えば握り代が大きく一気にガツンと効く感じ。荒れた路面でレース中に制動力の立ち上がりを繊細にコントロールするのは難しい。多少のデメリットを加味してもディスク化する恩恵は明らかに大きいはず。

hijirioda_cx.jpeg

当初シクロクロスでさえも、ディスクブレーキ化には慎重な動きがあったのですが、今ではカンチブレーキを探すのが困難な状況。ロードバイクはサイクリングでシクロクロスは底辺ながらもレースイベントを楽しんでいる身としてはシクロクロスバイクのディスク化の方がはるかに優先順位が高いってことですね。

raizin190125.jpeg

5シーズン目を迎えているライジン・シクロクロス。ロードのお古パーツで組んで手軽にシクロクロスを楽しむってコンセプトで始めたはずが、いつのまにかこちらがメインになっていました。更新するなら・・・っていろいろ妄想しています。高価なトップレンジのカーボンフレームやこだわりを詰め込んだビスポークフレーム。それもあるけど、もっと自分らしく腑に落ちるものがないかなって。そんな意味でスクイッドのCXバイク、もっと言えばこの成り立ちはとても良いヒントになりました。

squidbikes_cx.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

そうそう、こんなノリって感じ。パンク由来のDIY精神が少し疼いてきました。まぁ、これも一過性の妄想なのかもしれませんけどね。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト

NEXT

2018年04月06日 22:00

カーボンバイクの寿命とは?
自動車にしたってオートバイにしたってニューモデルにはあまり興味がありません。「いいなぁ」と稀に思う場合もありますが、現実的に購入するまでには至りません。今まで新車を買ったのって通勤で使っているスーパーカブ110だけ。どうしてもあまのじゃくな性格が邪魔してしまうんですよね。

TARMAC PRO 2006

そういった意味ではかなり枯れた存在となった2006年SPECIALIZED TARMAC PROは誰かと被ることもなく都合も良いのですが、さすがに12年が経過したカーボンフレーム・・・アスファルトの上で命を乗せて走るには不安を感じるようになってきました。カーボンフレームの寿命には諸説ありますが、蓄積したストレスが一気に破断することも否定できず次を意識せざるを得ない状況です。MTBのこともありますしね

次のロードバイクはどうするか?
そんなことを常に考えています。自分の好みからすると最新型最新鋭のレーシングプロダクツよりも自分専用のロードバイクの方が満足度が高いのであろうと思います。ヒルクライムで苦労しているときは軽量カーボンフレームを恨めしく感じるのは織り込み済みです。それでもやっぱりね。

カーボンの新型フレームは、現時点での誰でもわかりやすいモノサシ(軽い、高剛性、エアロ)で評価され、その価値は時が経つと共に陳腐化していきます。レースで勝つこと(ライバルを出し抜くこと)を目標としているのでその競争に終わりはありません。もちろんそこに個人の思い入れが乗っかることにより私的な評価は変わりますが、あくまでも誰でもわかりやすいモノサシに支配されると考えます。レースの機材と割り切るならこれなんだろうけど、あいにくロードレースには出場しないし、研ぎ澄まされたカーボンバイクは今の気分じゃない。

ライジン シクロクロス
一応レースに参加しているCXこそカーボンにすべきだったりしてね

それなら今乗っているシクロクロスバイクのように俺だけの相棒、俺スペシャルのバイクを選んだ方が性に合っているのでしょう。つくづく面倒な性格だと思います(苦笑)こんな話はこのブログでも何回かしたことあるよね。だから頭の中では常にどんなバイクをオーダーするかって妄想しています。

まずは・・・

「どんな風に使うか?」=サイクリング、CXのトレーニング(CXとMTB以外の全部)
「スタイル的趣味嗜好」=シンプルだが古典的な記号の中に少々の遊びが欲しい

この辺から妄想はスタート。これを満足させるには・・・

「どんな素材か?」=スチール系
「どんなコンポを使うか?」=現在使用中の機械式変速機とリムブレーキ移植

それらをお任せできるのは・・・

「ビルダーは?」=たくさんいる

って感じかな。膨らませた妄想と現実(予算や納期、コミュニケーションの問題など)の辻褄を合わせてそれが納得のレベルに達したら実行となるのでしょう。

R0016132

どうせ新しく組むなら油圧ディスクブレーキって考えももちろんありますが、あまりメリットを見出せる使い方ではありません。それならDI2の方がメリットは大きいでしょう。でもシンプル(ダイレクト感があって直感的)なワイヤー操作の現コンポーネントは悪くない。親指シフトで多段変則するコーラスの感触は最高。フルカンパへの誘惑は否定できないけどパイオニアパワーセンサーが付いているアルテから今のとところ逃れられないしな。

superseven_nikko.jpg
スーパーセブンのような古典的スポーツカーに重なるロードバイク

そなるとロードは古典的なスポーツバイクでいい。そうは言っても1インチのスレッドステムにラグドスチールが全てではなく、現代的解釈の古典的ってイメージね。カーボンの最新バイクじゃなくていいけど、ちゃんと現在のスポーツバイクの基準は満たして欲しいから。その意味では前に乗っていたスーパーセブンはイメージに近いのかもしれません。

言い尽くされた言葉ですが、考えているときが一番楽しいのかもしれません。でも自転車の場合は手に入れた後も確実に楽しいのはご存知の通り。準備は続けます。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg






殺し合いの螺旋

2017年12月09日 08:00

殺し合いの螺旋から俺は降りる
漫画「バガボンド」で印象に残っているこのフレーズ。最新自転車事情に関心がありながらも、実際に自分のバイクを更新するかどうか考えたときに「どうせ、来年にはこれをちょっとだけ進化させたのが出るんでしょ?」とどこか冷めてしまった部分があったりする。マーケットやレースシーンの都合に合わせて毎年更新されるニューモデルにいちいち付き合ってられないよってね。もう気になりだしたらキリがないわけですよ。

IMG_9648

何パーセント軽くなったとか、剛性が高まったとか、空力が良くなったとか・・・コンマ何秒を競い合う人には意味があっても自分にはあまり意味がないしね。ロードフレームを更新したいと考えながら、いつのまにか11年落ちのフレームになってしまった。

IMG_3230

それだったらMTBやCX、タンデムバイクなどを増やした方が幸せになれるだろうと考えた。ロードが変わったところでそれはすぐに慣れる。行動範囲が広がるわけでもない。

TOYO FRAME DISC

そんなドラスティックな変化を求めたバイク選びだが、そろそろ更新みたいな事も視野に入れている。細かい進化を追いかけるような螺旋に組み込まれる気はないけど、ディスクブレーキやスルーアクスルなんかの規格も方向性が見えてきて選びやすくはなってきた。

2018 MERIDA REACTO TEAM DISC

ロードバイクにディスクブレーキは必要か?って問いに未だ懐疑的ではあるけれど、新しいモノへの好奇心もあるし、確実にメリットのあるシクロクロスのディスク化を念頭に入れれば、統一していくメリットも見えてくる。

何か結論を出している話ではないが、そんな気持ちで様々な新製品情報を眺めています。メーカーや代理店の言う「前年比で良くなった部分」は自分のモノサシで測ったら価値のあることなのか?もっと自分の中だけでも普遍的な価値観で選べたらいいよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】【本】最新ロードバイク購入完全ガイド 2017−18
価格:1080円(税込、送料別) (2017/12/8時点)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

本当に選んでいる時が一番楽しいのか?

2015年07月17日 08:00

私のロードバイクは2006年式のSpecialized Tarmac Pro。ご存知スペシャライズド社のロードレース向けフレームです。グレード的にはトップがS-WORKSでその下、セカンドグレードなります。今ではS-WORKS以外はなかなかレースで観る機会はありませんが、当時はセカンドグレードのPROも結構走っていました。
06TarmacPro_Blu_l_20150708161456573.jpg
ターマックでありながら、今では同社のルーベに採用されているゼルツがフォーク、シートステー、シートピラーに付いていたり、エアロっぽいシートチューブはVengeの用であります。最近ロードバイクに乗るようになった方からは結構不思議な目で見られる事も多いんですよね。TREKのマドンが2016モデルでエアロとドマーネの振動吸収性のイイトコドリをしていますが、それの走り・・・ってのは言い過ぎですね。

購入前に、あるショップで店長の高級バイクに試乗させてもらいました。LOOKのモデル名はわかりませんが恐らくグレードの高いバイクだったと思います。ロードバイクには中学生の頃に乗った事もあったので自然に乗ることができました(Wレバーしかしらなかったので変速は出来ませんでしたが)。驚いたのが、その乾いた薄いパイプで構築されていると伝えるフレーム内の反響音。あぁ、カーボンってこんな感じなんだと感激しました。それまではキャノンデールのCAADやコルナゴ、ピナレロの入門用アルミカーボンバックで予算的に納得しようと思っていたのに、まずはフルカーボンに乗ってみたいと思うようになったのです。

Sakura Cycling 2014

最初の頃のエントリーで購入については書いていますが、乗ってみるとあの店長のLOOKで感じたカーボンフレームのような感触は残念ながら感じられませんでした。それは特別なカーボンフレームであった事を知ります。自分のターマックがただカーボンなだけのバイクだと残念に思っていました

でもここ最近、購入してからずいぶんと経ちましたが「俺のターマック、悪くないじゃん」って思えるようになりました。もちろんこれだけ歳月が経過してカーボンの技術も上がり世の中を見渡せば素晴らしいフレームはたくさんあるのはわかりますが、自分の用途の中で買い替えようと決断するには今のバイクが十分すぎるのです。それだったらトップグレードのコンポやホイールを、それだったらCXやMTBバイクを購入してフィールドの幅、楽しみの幅を広げた方がいいじゃんかってね。

IMG_7812

購入してから随分と経つって言いますが、こんなに定期的に自転車に乗るようになったのはここ1年くらい。フィッティングをしてもらってようやくポジションが決まったら「ターマックはこうやって答えてくれるんだ!」ってのがわかったんですよね。それがわかるまでは闇雲に他のフレームへ憧れがありましたけど、おいしい所を知ると買い替えて乗り味が合わなかったら困るなぁ・・・って不安も抱くようになりました。
six13team1srm.jpg
今でもTIMEへの憧れは強いし、サイクルモードでちょい乗りしたDE ROSA KING3PENNAROLA ACRUXの気持ち良さは印象に残っています。観戦していたレースで印象に残るCOLNAGO Extreme-CCannondale SIX13なんてのは乗っていた選手へのリスペクトと鮮烈な記憶から忘れられない自転車となり程度の良い中古があったら欲しいって思っていますが、優先順位は今の所随分と下がっていますね。独自規格を開発してどんどん進化して行く最新ロードバイクに興味はありますし、供給してくれるなら喜んで乗りますし、人が乗ってるのを見ると「いいなぁ」と素直に思いますけど、身銭を切って購入するのなるとまた別の話。

枯れてきた2006年式のターマックにムチを入れる。それは自動車やオートバイ趣味で憧れた新車からずっと乗り続けているオーナーさんへの憧れを体現している感じで酔っているところもあるんだろうな。あの人にはあの自転車。それがただの自転車ではなく相棒のようになるみたいなね。オーダーで作ったCXのようにはじまる自分の愛機的思い入れもありますが、このように時を経て切っても切れない存在になってくれる、そんな自転車との関係性もあるんですね。

2014 RAIZIN CX
思い入れをたっぷり注ぎ込んでビスポークしたライジン製シクロクロス

ショップに繁茂に出入りするようになり、最初の1台を探しに来たお客さんと話す事も増えました。輪工房さんがその時におっしゃっていましたが「よく選んでいる時が一番楽しいって聞きますけど、乗りはじめたらもっと楽しいんですよ!」って。そうなんですよね、最初に選ぶバイクはどんなのが適当かって話がいろいろありますが、まずは予算内で購入できる自転車を買って走り出せばいい。走り出さないとはじまりません。サイクリングで得られる感動は自転車のグレードにはあまり関係ありませんから。その感動を重ねて行く事でその最初の1台は自分だけの大事な自転車になるはずです。そう、プライスレスってやつですね。

まぁ、これだけいろいろな部品のインプレっぽい記事をアップしているブログ主だと説得力はありませんかね(苦笑)モノへのコダワリも楽しいし否定はしません。トップグレードパーツの剛性感や節度感などは単純に操作していて気持がいいですからね。それはまた別の話。どっちも楽しめるのが自転車の魅力って事で。

さぁ、走り出しましょう



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

続・身長165cm以下の自転車選び

2015年03月04日 08:00

今までも「スモールサイズのジオメトリ」や「日本人の体型を考えた自転車フレーム」で私のように体格に劣るサイクリストがどのように自転車を選んだらいいのかを考えて来ました。

身長が低いなら650c(小さなタイヤ)の自転車にすればいいって意見もあります。700cに無理矢理小さいフレームを設計するとジオメトリー的に無理が出て来るのは仕方がないと言われますが、だからと言って650cタイヤやホイールだとパーツ選択の可能性がグンと小さくなる。機材スポーツとしてその楽しみを奪われるのは辛い人も多いでしょ。やっぱりできるなら700cのホイールを前提としたフレームにしたいところ。それってそんなに無理な事なのか?とりあえず私のバイクを見て下さい。

162cm()
私の身長は161.5cm(公称162cm・・・w)。股下は厚めの本を股にはさんで計測した所74cmくらい。リーチとかはよくわかっていませんが手はそんなに長くないと思います。体は柔らかいと思った事はありませんが、自転車に乗る上での前屈はそれなりに出来ていて、体幹も立ってエクササイズローラーを出来るくらいにあります。ですから低いポジションも大丈夫。

2014 RAIZIN CX


昨年オーダーで作ったライジン製シクロクロスバイク。ホリゾンタルにコダワリがなかったので弱スローピングとしてあります。現在はサドルは前乗りになりちょっと上がっています。ステムは現在は80mm。20mmは最低でも伸ばして下げ気味にセッティングをしたいところ。クランク長さは160mmです。

三連勝 SR-LITAGE


ホリゾンタルだって望めば無理ではありません。スタンドで後ろ上がりになっていますがコイツはホリゾンタルです。トップチューブ長は515mmくらいかな。普段乗りなのでポジションを詰めていませんが、本気で乗るならステムだってもっと下げて伸ばすだろうし、ビンディングペダルにすればシートポストも伸ばすでしょう。

見た目はやはりもう少し大きなサイズのバイクに比べるとカッコ悪いのは否定しません。カタログを見て選んで自分のサイズを見るとガッカリ・・・って事は当たり前。ホリゾンタルがカッコイイカーボンフレームはそれが顕著でBMCなんか特に。小さいフレームに大口径パイプはやっぱり窮屈に見えますしね。

2006 Specialized Tarmac PRO
sptmprodeeps.jpg

メインバイクであるターマックはXSサイズ。身長169cmのベッティーニもこのサイズに乗っていたと思います。日本人は手足が短いけど胴は長いのでトップチューブの長さは吸収できる事もあるようですね。クランク長は165mmで調整しています。クランクを短くすればサドルは上がるのでシートポストは伸ばせます。もちろんシートポストの為に短くしている訳ではありませんが。ステムは100mmですが110mmに交換しようと思っています。

カーボンフレームならだいたいメーカーの最小サイズを見て検討をはじめます。ジオメトリーによる操作性の違いだとか数字を見ればそれなりに想像できて、メーカーによっては本気で小さいサイズを作っていないのではないか?なんて言われるブランドもあるようです。私にはそこまでわからないのですがヘッドチューブの長さは気になるかな。

それなりに身長があると、例えばMとSで迷ったらSにしてステムなどで調整する方法があります。僕らは有無を言わさずにワンサイズしか選べない事が多いので最低でも調整ができないヘッドチューブ長、スタンドオーバーハイトは確認しておいた方がいいのかな。最近のヘッドが長いフレームだとハンドルが下げられなくて困る事が出て来るそうです。

そんな訳でフレーム選びに苦労しているかと言われると、それは確かにそうなんですが選べない訳ではありません。もちろんどのフレームでも乗れる訳ではありませんけど。性能が同じならなるべく薄いサドルにしてシートポストを伸ばして見た目を向上させるとか、ルックス向上にはテクニックが必要ですけどね。

最初の自転車選びではやっぱりプロの意見を聞いた方が良いですね。それも自分の身長などの体格だけではなく柔軟性などを加味してもらい、将来的にどれくらいのポジションで走れるようになるかを考えて選ぶ・・・BG-Fit Retul 3Dモーションキャプチャーシステムでちょっとライトな自転車選びのアドバイスをするメニューもあるようですからそれを利用するのも手ですよ。

159cm
サミュエル・ドゥムラン
Samuel Dumoulin Team Oldenhornより

今年もさい先よくレースで勝利を勝ち取ったサミュエル・ドゥムランは身長159cmです。その他にもプロツアー選手には身長が低い選手はたくさんいます。

meridareacto47.jpg
墨田区の自転車屋さん「マティーノ」より

これはメリダの登れるエアロロードバイク「リアクト」。小さいサイズのそれもほぼホリゾンタルに近いカーボンフレームだってこんなカッコイイのも出て来ています。これじゃない感を払拭していると言っていいでしょう。このようにフレームや新しい自転車の写真を載せるときはサイズがわかると助かります。カタログにはもっと大きなサイズしか出ていませんからね。店長の身長が低い所は私達にとって非常に参考になります。ブログ主もかな?(笑)

そんな訳で・・・俺たちにも700cを選ぶ権利がある!と宣言します。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事