【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)

2019年09月19日 20:00

はじめに・・・2015年の記事「来シーズンこそシクロクロスをはじめたいあなたへ 1」を見返したら、ルールやトレンドが変わって修正が必要って事に気がついたので2014年から2018年までと5シーズン底辺カテゴリーを支えてきた経験を基に2019年版に修正します。

これから書くのは多分に私の個人的な経験とそれに基づくメッセージ。できればAJOCC「シクロクロスについて」を最初に読んでおく事をお勧めします。

remount_cxnobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

ブログではどうやってシクロクロスについて書き出したのか遡るとUNKNOWN CXとして書いている。

観戦した瞬間に「これはっ!」と思ったシクロクロス。近所でやってる運動会みたいなノリがとても楽しそうで。アメリカのダートトラック競技(モーターサイクル)なんかは、観戦も参加も同じ料金で草レースがいろいろな所で開催されているらしく、そんなシーンに憧れを抱いていて現在のシクロクロスがどことなくダブって見えたんだろうな。向いてるとか、競い合いたいとかそんな感覚じゃなく、単純に楽しそうに見えて。それなら見てるだけより踊った方がいいでしょ?


それを存分に楽しむためにはお気に入りの相棒があった方が楽しいに決まっている。競技への興味と同じくらい自転車を準備する事にワクワクしていました。そんな訳で、まずは機材やウェアなどからはじめましょう。

機材編
シクロクロスバイク
canyoncx.jpeg

シクロクロスに挑戦するには必ずしもシクロクロスバイクが必要な訳ではありません。入門カテゴリー(C4、C3)ならMTBでも大丈夫ですし、極端な例ですが小径車、ロードバイクで出た方もいらっしゃいます。MTBを持っていればそれでまず体験して楽しかったらシクロクロスバイクを準備すればいいのです。

トップカテゴリーで上位を目指す選手の多くはシクロクロスバイクを2台用意して戦います。トラブルに備えるのはもちろん、泥が付いて重くなったらピットで素早く自転車を交換して、その間にピットクルーが自転車を洗車して次の交換に備えるのです。しかし今回はそこまで想定はしません。

シクロクロスバイクのフレーム
一見するとロードバイクと変わらないように見えますが、ざっくり違いを挙げると太いブロックタイヤが履け、泥はけが良く、シクロクロス競技に適したジオメトリーで設計されています。素材はカーボン、スチール系(アルミやチタンなど)とありますが、ロードレース程カーボン一辺倒じゃない所が面白い所。問題はブレーキの規格。これからフレームを用意するならディスクブレーキ仕様のフレームを推奨しますが、すでにロードをやっているのであればリムブレーキのフレームからはじめるとホイールの流用ができます。多くのCXerがディスクに乗り換えているので個人売買で一式揃えるのも比較的低コストで可能でしょう。

cx_crforks.jpg
私は今だにリムブレーキのCX。ただしブレーキ本体はカンチからminiVブレーキに変更しました

調べてみるとメーカー完成車20万円以内で結構選べるようですね。完成車以外だと東京サンエスのワンバイエス805zなどはフレーム価格が安いので、コンポなど好きな部品を選んで自分だけの1台を組み上げる楽しみがあります。もちろん私のようにクロモリオーダーからスタートするのもおすすめです。

シクロクロス用のホイールとタイヤ
完成車で購入したなら恐らく付属しているホイールはクリンチャー(WO)用のホイールかもしれません。それを使ってレースに出場する事も十分可能です。下位カテゴリーならレギュレーションは厳しくないので40Cとかの太いタイヤが履ければその辺でトライするのもいいかな。

tnicx22.jpg

しかし、下位カテゴリーであろうとレギュレーションにこだわるのも美しきCXerのスタイルだと思います。シクロクロスは滑りやすい路面を走るためにタイヤの空気圧を下げて接地面積を増やします。ロードだと6〜8気圧とかですがシクロクロスは2気圧以下が当たり前。WOタイヤでそこまで圧を下げると構造上リム打ちによるパンクのリスクが高まります。そこでシクロクロスではチューブラー(TU)かチューブレス(TL)タイヤを使います

そして純正で付いて来たWOホイールをスペアとしておきましょう。先ほど書いたようにスペアバイクは用意しないとしてもスペアホイールはあった方が安心です。わざわざ遠征したのに試走でパンクしてレースを走れないとか悲しいでしょ?ピットクルーがいなくても、ピットに交換用タイヤを置いておけばOKです。(リムブレーキ場合はリム幅を揃えておかないとピット交換の際に大変なのでご注意を)

IRC 『SERAC-TL70032』シラク CX チューブレス 700x32C [0288660001]
by カエレバ


私の装備。紆余曲折ありましたが、現在「安価な部品で組んだホイールと高級チューブラータイヤ(オールラウンド)」と「完組WOホイールとWOタイヤ(ドライ高速)」を使っています。最初に書いていた事と矛盾しますが、WOタイヤ(正確にはオープンチューブラー)はチューブにラテックスを使うことで良好なフィーリングを得られることがわかりました。但し構造上不利な事に変わりはないのでTLかTUがいいでしょう。

参考:シクロクロスの予備ホイール&タイヤ
参考:シクロクロス機材において最も効率的な投資先は?


ペダル
spd_pedal_doro.jpg
クランクブラザーズ、TIME(MAVIC)を使いましたが結局はシマノに戻りました

ロードからシクロクロスをはじめようと思うと必要になるのがペダル。シマノで言うSPDペダルとそれに対応するシューズです。自転車を担いで走る事になりますからクリートが小さく泥詰まりに強いペダルシステムが必要。
いろいろなメーカー、グレードがありますけど、TIMEの評判が高いのと写真のエッグビーターも泥詰まりに強くて人気です。
私のお薦めはシマノのSPDペダル。PD-M540 ビンディングペダル。実売価格も安く丈夫。キャッチ&リリースのフィーリングもよく、インフォメーション(入ったよ、外れたよ)が感触と音でしっかり伝わってきます。泥詰まりに比較的弱いと言われていますが有名海外選手に愛用者も多いのは理由があるはずです。

【エントリーでポイント10倍】シマノ PD-M540 ビンディングペダル SPD MTB用【エントリーは注文後でも可能です】
by カエレバ


CXers EQUIPMENT 編
ロードやMTBの経験があればそれらを流用しましょう。特に注意したい、気が付いた事だけ挙げてみます。

シューズ
ハンマー CX NW
Photo by あの高田くん ノースウェーブのインナーブーツ式3本ベルクロはCX用に開発されたシューズ

SPD対応のシューズ・・・いわゆるMTB用のシューズです。レースだし軽量なカーボンソールのXCレーシングモデルを選ぶのもありですが、MTBのXCと違ってランを強いられる事も多いので、フレックスが少し柔らかい樹脂ソールを選ぶのもありです。どちらにせよスタッズ(スパイク)が取付けられるタイプであれば大丈夫。

CX東京

あとはラストとサイズが合うか?ペダリングでは問題なくてもランの時に踵がパカパカ浮くのはダメ。また薄い靴下でジャストサイズだと寒いレースで厚いウールの靴下を履けなくて困る事もあるのでご注意を(経験談)。個人的には繁茂に洗う事や落車で壊れたりしないのを重視して紐履や3本ベルクロが好きです。

ジロ Giro メンズ サイクリング シューズ・靴【Empire VR90 Shoes】Blue Jewel/Black
by カエレバ


アイウェアとキャップ
悪天候でも基本的には中止にならないので雨や泥から保護する為にキャップとアイウェアは重要な装備です。私は目がとても悪いので度入りのアイウェアが欠かせません。キャップは雨や汗対策はもちろん防寒に必要です。

ジャージとサイクルパンツ
普段使っているもので構いません。いつかオリジナルのチームワンピースがビシッと決まったシクロクロッサーになる事を夢見てね。飛び降りたり、担いだりと普通に自転車に乗っているよりもいろいろなアクションを要求されるので体にフィットしたウェアが良いですね。若干フィットが良くないビブショーツで参加した時にサドル先端にウェアが引っかかるなどの不具合を感じました。
試走とレースの時間が空くスケジュールの場合があります。試走で汗をかき、泥だらけになって、そのまま待っているのは辛いので、できれば2セット持っていきましょう。

私はCX用のワンピースをメインで使い、試走ではセパレートタイプを着用。寒いと体調を崩すのでどちらもサーマルタイプ(内側にフリースなど起毛素材が付いているもの)を使っています。試走ではタイツを履きますが、レースではなるべく脚を出して乗ります。

その他
トランポ
gotonobeyanacx.jpg
クルマ好きならレース会場のトランポを見るのも楽しいと思います

会場が近所であれば自走、駅から近ければ輪行で参戦する方もいますが、基本的にはクルマでの移動になると思います。レンタカーを借りている方も見かけます。自転車が1台であればタイヤを前後外して室内に積めると思いますが、自転車が泥だらけになるので車外に積む方が楽です。これについては外に積む事のリスクもあるのでお好みで。

バイク以外の持ち物
【できれば持って行こう】
・工具(ケミカルや空気入れも忘れずに)
・洗車道具(バケツ、ブラシ、水)
・スペアタイヤ&ホイール
・安全ピン(ゼッケンを付けるのに必要)

【あったらいいね】
・ローラー(アップ用に)
・メンテナンススタンド
・長靴、雨具
・カメラ(レース後に応援しながら撮影してみよう)
・イスやテーブル

フック式メンテナンススタンド 
FUKAYA フカヤ MINOURA ミノウラ メンテナンススタンド 自転車 ロードバイク HMS-10 サドルを引っ掛けるだけ 超簡単整備スタンド

こんな所かな。持ち物に関しては個人差が結構あると思うので増やそうと思えばどんどん増えて行きます。テントやテーブルなどを持って行く人もいますしね。

エントリーやレースデイの過ごし方などにつづきます。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



ヒートガン

2017年04月14日 12:15

若い頃、とりあえずクルマが欲しくて解体寸前のクルマを乗り継いでいました。その時からまず行っていたのがエンブレムやステッカーを剥がすこと。時は90年代、カスタムの手法でハイテックカスタムが流行っていた頃でしたね。まぁ、クルマのステッカーなんかノリがしっかりしていることや、長い期間紫外線に晒されていたので剥がすのは大変でした。スクレイパーみたいなもの使いたいけどボディ塗装面に傷が付くのも困りますし。

ステッカーを剥がすなら温めろ
冬より夏の方が剥がしやすい事に気がつき、そこで覚えたテクニックが熱湯をステッカーにかけること。ステッカーも切れにくくなるし、ノリの粘着性も落ちるのです。熱湯かけて、「あつっ」とか言いながら爪で剥がしてました。

このテクニックで格段にステッカーを剥がす作業は効率化されましたが、更にヒートガンを入手した事によりスピードアップします。私が買ったのはアストロプロダクツの製品。パワフルなヘアードライヤだと考えれば安いので十分でしょう。

【照明・電工関連】 AP ヒートガン [アストロプロダクツ・ASTROPRODUCTS] 【DIY 工具 除雪機 耕うん機 発電機 薪割機 芝刈機】
by カエレバ


元々は配線作業で使う収縮チューブ用で購入しましたが、ステッカー剥がしにも効果抜群。

IMG_8623.jpg

これを使ってホイールのステッカーを剥がします。最初温めないでやったらエライ苦労しました。爪でキッカケ作って剥がし始めてもステッカーが切れてしまったり、表面の透明保護シールだけ剥がれるなど散々な事態に。しかし、適度に温めてやれば一気に剥がせます。

この時もヒートガンについては紹介してましたね。そんなに高いものでもないのでガレージに1台いかがでしょ?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

MTBのTL化顛末

2017年03月27日 08:00

未遂に終わったTL化作業の続きを行いました。今一度条件をまとめておきます。

ホイール:メリダ純正ホイール27.5 WO (否チューブレスレディ
タイヤ:MAXXIS CROSSMARK 2015年モデルの純正採用タイヤ(チューブレスレディ

IMG_8294.jpg

バルブ:スタンズ ノーチューブ
リムテープ:スタンズ ノーチューブ 27mm
シーラント:スタンズ ノーチューブ


クリンチャー用のリムでもチューブレス化できるらしい・・・そんな噂を聞いて試してみることにしました。1日目は時間もなく未遂に終わりましたが、休日にもう一度チャレンジした際の記録です。

Day2 作業
前回の未遂時にチューブを入れてWOとして一度タイヤを膨らませて走れる状態にしてありました。今回チューブを抜く際に片側のビードのみを落としてチューブを抜き、そのまま専用のバルブを装着。タイヤに直接シーラントを適当に入れます。落としたリムに石鹸水を塗ってエアーコンプレッサーで空気を入れると・・・

あっさりとビードが上がってしまましたよ。

しかしどこからかエアー漏れしている。1箇所は以前釘を踏んで貫通パンクしたところ、もう1箇所はバルブの根元付近でした。



プライヤーでバルブを固定するロックリングを増し締めしましたが状況は変わらず。一度、タイヤを取り外して確認するとリムテープのバルブ用の穴付近に亀裂があってここからエアー漏れをしているような雰囲気。

IMG_8390.jpg
バルブのシールを担うゴム部分が円錐状になっているのですが、その形状とリムの相性もあまり良くなさそう。シマノみたいにかまぼこ状になっている方がいいんじゃないかな。このバルブの穴あけってチューブレス化作業でかなり大事なポイントだったことがわかりました。

私は千枚通しで適当な位置に開けましたがちょっと穴が大きすぎたのかもしれません。また穴の縁がギザギザになるとそこから亀裂が入りやすいので先の尖った半田ゴテで処理するなんてのも有効じゃないでしょうか。

一通り作業して見てTL化はだいたい見えました。このままバルブホールの処理をやり直せば成功するとは思いましたが、やはりリムの形状などから、このリムでTL化するのはリスクが大きいと思いクリンチャーとして使おうと思います。
理由は狭いリム幅に頼りないビードフックは低圧時に一気にビードが落ちてしまう恐れがること。更にリム幅に対して幅の広いリムテープで作業していたので、余計にそのリスクを増大させていることです。

ポイント
せっかくなのでポイントをまとめておきます。まずお断りしておきたいのが、未対応のリムで掴んだポイントなのでTLレディ対応リムでなら何の問題もないことばかりかもしれません。また、色々な人の体験談を聞きましたが一つの正解はありません。それぞれの状況で適切な対処方法を探りましょう。

1.リムテープの選定
リム幅に対して適切な幅を選びましょう。リムテープはスポークの穴を埋めることと、リムの底上げをしてビードが落ちにくくする事です。

notube_img3.jpg

このイラストの右に近ずけることをイメージしましょう。私は幅の広いテープを誤って買ってしまったので、内側壁面にもテープが回ってしまい、結果的にビードフックの爪高さを低くするように施工してしまいました。

2.リムテープの貼り方
バルブホールなどのバリがあればリーマーなどで滑らかにしておくことをお勧めします。テープは薄く硬いセロテープみたいなものなので凹凸を隠蔽する効果はありません。まず二重くらいで巻いて様子を見ましょう。

テープは硬く粘着力もそれほどないので、貼った後にチューブを入れてタイヤを嵌めて一晩置いておくことも有効なようです。チューブの圧力でリムテープがしっかりと圧着されます。

3.バルブホール
バルブの直径よりやや小さく開けましょう。特にスタンズのバルブのゴムはテーパーのかかった丸型で大きな穴を埋めるほど大きくありません。開けた穴の縁に亀裂が入らないように熱した千枚通しや半田ごてなどを使うのも有効だと思います。

4,空気を入れる
タイヤのビード付近に石鹸水を塗りましょう。私はガレージにコンプレッサーがあるのでバルブに米式アダプターを付けてエアーを入れています。フロアポンプで入れる際はバルブコアを外した方がエアーを入れやすいので有効だとも聞きました。

IMG_8393.jpg

また最初からシーラントをタイヤに入れておくことも有効です。

まぁ、こんなところかな。とりあえず未対応純正リムでのTL化は諦めましたがTL化はかなりメリットが大きいのでリム交換やホイール交換の目処がたったらチャレンジしたいと思っています。












冬のインナーウェア事情

2017年01月26日 21:00

寒い日が続いていますね。風が強いとどうしても室内ローラーに逃げてしまいがちですが、やっぱりそれでは飽きてします。ひとりだとついつい逃げてしまうのでショップライドなどに積極的に参加して走る距離をなんとか保っています。

nobeyamacxboukan.jpg
本当に寒い時はジャージの上に薄手のウンドブレーカーじゃなくてソフトシェルジャケットを。途中で脱げないのでファスナーを開けて体温調整します。

ポイントは体温の調整

野辺山高原滝沢牧場で開催されたシクロクロスはもちろん一番の寒さだったけど、関東の朝の冷え込みもなかなかのもの。逆に厄介なのは太陽が昇ってくると気温も上がり、ライドのペースによっては発汗もあるって事。いかに体温調整がうまくできるかがポイントになります。

hamabe

確かRaphaのサイトで読んだのですが家を出るときに多少肌寒くても7キロ(数字は定かではりません)走ったときにちょうどよくなるようなウェアを選ぶみたいな事が書いてありました。体が温まった時に快適であるのが大事って事ですよね。家を出た瞬間に合わせると必要以上に発汗して、それによって体温を奪われる事になるからです。

と言っても最初は寒くて辛いので薄手のウインドブレーカーを着て出掛け、体が温まったらそれを脱いでポケットに仕舞うようにします。ウインドブレーカー、ジレ、ジャージとレイヤードするのが一番調整がしやすいと感じています。

敵は汗冷え

それでもアップテンポなライドで汗をかくことは避けられません。そこで汗冷えしにくいインナーウェアが大事だって事になるんですね。Raphaによってメリノウール素材の優位性が広くサイクリストに浸透したのではないかと思います。Raphaのメリノ素材インナーは評判がすごくいいです。メリノ素材のインナーは他のメーカーでもありますが、サイクリスト向けのカッティングを考慮するとRaphaを選べば間違いなさそうです。

なさそうです・・・とどこか他人事なのは私が持ってないから。どうしてるかと言いますと・・・モンベル ジオラインLWで済ませています。これでもなんとかなるんですよね。



さらに冷え込みが予想され、あまりテンポアップしたライドにならなそうな時はアンダーアーマーのコールドギア、その下にドライインナー(過去記事「夏の高機能インナー対決」参照)を着ます。コールドギアはゴルフ用に買ったものであまり動かないシーンでは最適なのですが自転車には基本的に向きません。暖かすぎて汗だくになるんです。ただその下にドライ系インナーを着てしまえば冷たさを感じないので大丈夫。登りのないトレイルライドやポタリングには向いていると思います。





ネットで話題に低価格メリノインナーの実力は?
この値段でメリノ入りで売れているBe BikeのPBインナーがあります。この値段ならパジャマにしてもいいかな?と思い購入しました。



なぜパジャマでも・・・と思ったかと言うとサイズの展開が少ないんです。Mサイズより下がなく丈もかなり長い。ちなみに身長180cmの某サイクリスがMサイズを着ているそうです。せっかくなので自転車でも着てみました。さすがにCXワンピなどのウェアの下には着れません。比較的ゆとりのあるジャージの下に着ました。ビブに押し込んでも丈が余っている感じは少し気になりますね。

cxboukenland.jpg

BE. メリノウール アウトラスト ベースレイヤーの上に長袖のジャージを着てCXコースを自分なりに追い込んで走りました。これがね、汗冷えを感じなくてすごく良かったんですよ。この値段でこのパフォーマンスは凄いぞ。フィット感は甘いけど、これがピッタリの体格の方ならおすすめですね。私の場合はウェアがルーズなMTBとか普段着用に使っています。

メリノ系インナーにも種類があって、100%メリノ製品とこのBE. メリノウール アウトラスト ベースレイヤーのように化学繊維と混合のものがあります。またメリノの品質もメーカーによって違うでしょうからいろいろ試してみるのも面白そうですね。



ついでにメットインナーも買ってみたのですがこれもなかなかいいですよ。インナー以外でもメットインナー、ソックス、ネックウォーマー、シューズカバー、グローブなどのアクセサリーを上手に選んで冬のライドを楽しんで下さい。冬の朝って空気が澄んでいて、その張り詰めた感じが心地良かったりするんですよね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

シクロクロスのスタート

2016年03月02日 10:15

シクロクロスで大事なのはスタートで前方に位置する事。最初に渋滞にはまっている間に前方はどんどん遠のいて行き追いかけるのに無駄な脚を使います。私の参加するカテゴリーでは詳しい事は分かりませんが、エントリーが早ければゼッケンが若い番号になって良い位置でスタートラインに並ぶ事ができる気がします。(※1) 

※1 実際グループ分けとかゼッケンの振り分けとかどうやってるんですかね。今度こっそり教えて下さい。

c4startlinechiba.jpg
Photo by Takashi Saito

最後尾だったらスタートして50人が前にいるとか悪夢でしょ?CX東京ではフロントスタートだったのに招集場所を間違えて最後尾付近からのスタートとなりましたが・・・それでも混乱を上手く抜けて一気にジャンプアップできました。でもあれは運が良かっただけ。宇都宮の第1戦も招集遅れて最後尾スタート(動画)でしたがこの時は最後までこれが尾を引いた感じでした。

まずはエントリーがはじまったらすぐに申し込んで、運良く前方でスタートが出来るように祈るばかり。今までフロントでスタートが出来ればホールショットは無理でも後方から追い上げられて飲み込まれるような事はなく3番手くらいで1コーナーに行ける感じでした。

cxchibastart2.jpg

でもなんでホールショットは取れないのだろう・・・上の写真は千葉CXですが、この時は3番目でした。

tsuchiurac4a2.jpg
Photo by Zero

茨城CX土浦大会では、いつもは適当に軽めでいいやって決めていたリアのギヤを召集前に体重を乗せたらグンと進む中で一番重いギヤに合わせてみたりとはじめて工夫はしてみたんですけどね。それでもやっぱり3番手。それも1番手は結構前にいる。

土浦大会後の浅香さんのブログを読んでたらスタートスタイルに他のバリエーションがある事を知ります。なんとサドルに股がったまま号砲(ホイッスル)を待つスタイルもあると。

C3-1 スタート
2014-2015 茨城シクロクロス 土浦大会 C3A

私はトップチューブに股がった姿勢で体を前方に倒し右足で踏み込むスタイル。誰に教わったとかではなく、何となくこの方法でした。



それを聞いて改めて土浦のスタートを見返してみると私のスタイルだと右足を踏み下ろした後に左足を踏み下ろすまでに若干のタイムラグがある事に気が付きます。これサドルに座る動作ですよね。このタイムラグがなくなればスタートスピードの向上になるかも。

cxstarttips1.jpg

Lars van der Haar Cyclocross Tips: Starts, How to Get the Holeshot(動画)でもサドルにお尻を乗せ、号砲と共に高さは維持で上半身でハンドルを引く感じのようですね。

これは実践してみる価値ありそうですね。恐らくCXに参加している多くの人は知っているTipsなんでしょうけど、C4のスタート見るとそうでもない?知らないのならわざわざ書かない方が良かったか・・・(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
[ 続きを読む ]



最新記事