ブルホーンバーにエアロブレーキ取り付け

2012年04月21日 23:31

前フリした通りブルホーンバーのブレーキレバーを交換しました。

Bullhorn Bar

ハンドル交換をした時にとりあえずフラットバーに付いてたブレーキレバーをそのまま流用していました。ブルホーンの先端を握って走るのが一番安定するので、そこでブレーキを操作できないとやっぱりストレス。それにワイヤーの取り回しも窮屈で不細工なのも気になっていました。

DSC_0006

そんな訳でブルホーン先端に取り付けられるプロマックス (159Aエアロブレーキレバー)とブレーキワイヤーやアウターなど必要な部品を買い込んできました。このタイプのブレーキレバーってまじまじと見た事がなかったので店員さんに教えてもらいながら部品をチョイス。

DSC_0021

写真のようにブレーキワイヤーを通します。使用したブレーキワイヤーはシマノロードレーサー用ブレーキワイヤーです。

DSC_0014

ハンドルを仮組みしてどこからワイヤーを出すか検討します。まぁ、初めてだし、取り付けてある自転車も観察したことがなかったので、皆さんがどうやってるのか?セオリーがあるのか?よくわかりませんが勢いで適当にやっちゃいましたよ。マスキングテープを巻いて「ここかな?」って所にマーキングします。簡単に言うとステムの近くで下側ですね。左右でワイヤーの取り回しを想像してオフセットしています。

DSC_0025

バイスにハンドルを固定しました。傷がつかないようにゴムの板を挟んでるのがポイントかな?すでに左側は穴開けが済んでいます。マーキングした所に・・・「センターポンチ」→「2.5mmドリル」→「6.5mmドリル」で穴開け。アルミハンドルなので割と簡単にいけますよ。穴を開けた所はバリをちゃんと取っておきましょうね。

後は、開けた穴からアウターを通して先端から出し、そっこにワイヤーをセットしたブレーキレバーを通して・・・って作業に必死で写真がありません・・・

DSC_0032

で、ずいぶん飛ばしますが完成です。ワイヤーの取り回しと穴の位置が直感的にやったにも関わらず、ちゃんと整理できて結果オーライでした。

DSC_0034

当たり前ですけど、ハンドルをきっても突っ張らないようにたるみを持たせ、それでいてだらしない感じにならないように考えるのがキモですね。個人的には。

DSC_0049

ヘッドチューブをまたいで後ろブレーキのワイヤーを通したけど、こっちじゃない方が良かったかな?でもこっちの方がワイヤーの曲げに余裕があって良好だったんですよね。

DSC_0055

バーテープを買っておいたけどシンプルに決まったからこのままでいいや。冬になったら付けるかもね。ブレーキのフィーリングも問題無し。いやぁー、かっこよくなっちゃったなぁー。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スポンサーサイト



都内遊撃機

2012年04月12日 08:00

そもそも購入動機は311後、電力不足から電車が動かなかった為(今思えばなんだったんだろう?)、通勤の為に購入しました。その時の言い訳様子はこんな感じ

gt3.jpg

しかし、あっさりと電車は動き出しいつものダイヤに戻ったのでした。おかげで活躍の場がなくなったガーターボール。近所の買い物なんかに引っ張り出すくらいで、ほとんどは部屋の片隅で壁に立てかけてありました。

しかし、生きる道がありました。都内お買い物用です。埼玉都民の私は東京都中央区のオフィスまで毎日電車で通っています。オフィスは銀座まで歩いて10分くらい。自転車ならすぐです。オフィスにもママチャリが1台ありますが、そこに専用マシンを常駐させるって魂胆です。

吊るしで乗っていましたが、ちょっとだけアップデイトもしたので今後、紹介したいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

牛のツノ

2012年02月19日 19:00

ゆったりサイクリングにガーターボールで出かけた夜の事。親指がしびれてしまいました。グリップの内側にツバが立っている形状では親指を内側に入れなければならずに無理がかかるようです。ですから、ロードレーサーでトップを握っているような状態では親指に自由度があるので問題ないのです。

小学校の時を思い出して下さい。「前へ習え!」ってやった時にてを前方に出しますがどうやって出してます?手のひらは内側に向いていますよね?握手もそうですが、横よりも縦を握る方が人間に乗っては自然なんだと聞いた事があります。

MTBのように自転車の荷重・抜重を積極的に行うシーンでは幅のあるフラットバーは有効なんだと思いますが、今の自分の使い方には向いていない気がします。

そんな訳で縦に握れるハンドルへ交換することにします。

1. ドロップハンドル
肩の丸いピスト用のドロップハンドルも雰囲気ですよね。ロードでも慣れていますし、いろいろな所が握れるので疲れを感じにくいハンドルだと思います。スピードを出して乗るのに向いてますね。



2. スワローハンドル
街乗りでタラタラ乗るならこれカッコイイです。ママチャリ代わりって雰囲気で。レザーのサドルにアルミの泥よけなんかも似合いますよね。



3. ブルホーン
これもドロップハンドル程じゃないにしてもいくつかポジションが選択できてスピードを出しても乗りやすい。



4. アタッチメント
バーエンドに取り付けるアタッチメント。一番簡単です。



悩んだあげくにブルホーンハンドルにしました。ブレーキはTT用のレバーを取り付けようと思いましたが、純正のレバーをワイヤー調整して取り付けます。

bullhorn.jpg

とりあえずこんな感じに。バーテープとかどうしようかな?このまま走ってみて判断します。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

運命

2011年03月19日 21:45

突然ですが、買ってしまいました・・・。

gt2.jpg


[ 続きを読む ]



最新記事