2019年最初のライド

2019年01月06日 08:00

お正月休みも残すところ後二日。やり残していることといえば自転車乗り初めか。そんな訳で輪工房の年明けライド企画に参加してきました。リハビリ中でも大丈夫な優しいサイクリング。

kihachi1.jpg

目的地は喜八堂さん。(ウェブサイト)東京駅なんかにもお土産が置いてあるので知ってる人も多い老舗のおせんべい屋さんです。クルマでお店の前をなんども通過していましたが、まさかこんなにサイクリストフレンドリーな休憩どころだとは知りませんでした。

kihachi3.jpg

常設のサイクルラックに自転車を停め、趣のあるお店ののれんを潜れば土間の大空間が広がっています。ストーブで温められ、日差しが入る暖かい空間はこの季節には何よりも嬉しい。

kihachi2.jpg

椅子や座敷に腰を下ろすとウエルカムドリンクとウエルカム団子が!(一人1本ですよw)オーダーした焼き団子やお汁粉も美味しかったです。試食のせんべいを食べつつお土産を選べるのもよい。お店で熱々の出来立て手焼きせんべいを買うこともできます。

あ、サイクリングの方は、久しぶりに冬の夜明け前を体感して薄着を後悔しましたが、日が昇るにつれて気温が上昇。珍しく風も穏やかで最高のサイクリング日和でしたよ。50キロちょっとですがリフレッシュできました。まだ負荷をかけるのは怖いけど平地を淡々と走るのは大丈夫。それだけでも楽しいしありがたい。そんな状態ですが、よかったら今年も一緒に走りましょう。2019年もよろしくお願いします。



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



ホームコース

2017年04月30日 22:21

今日は久し振りの輪工房MTBミニツーへ。やっとショートのビブで気持ちよく走れる季節来ました。カラッと乾いた晴天で行きも帰りも追い風。こんな素晴らしい日はなかなかないね。40名ほどでいつもの森を走る。野田に残された雑木林や管理された森を繋ぐ。こんな身近な場所でシングルトラックを楽しめるなんて驚きますよ。輪工房でMTBレンタル(有料)をすれば気軽に体験できます。気になる方はお問い合わせを。輪工房 Web Site

MTBライド
Photo by 輪工房

29erではじめてのミニツーでしたが、心配していたテクニカルなシングルトラックも問題なし。投入したタイヤは転がり重視でノブは低く細いタイヤでしたのでコンディションが悪くなると難しくなるかもしれんませんね。その分、自宅から舗装路を走るアプローチはかなり楽になりました。

IMG_8937.jpg

このように機材をいろいろ吟味している時に、近所に色々試せるホームコースがあることを幸せに感じます。比較するにはなるべく同じ条件じゃないとね。身に染み付いている感覚がニュートラルとなってこそ違いがわかるみたいな。

遊んでくれた皆さんありがとうございました。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

クリートとサドルの位置出しサイクリング

2016年05月04日 21:22

GW最終日の山ツーに向けて変更したサドル位置調整と新調したシューズのクリート位置を調整しながら近所を散策。

IMG_3349.jpg

江戸川河川敷は堤防の下に管理用砂利道が走っていて延々と砂利道ライドはできるのですが、さすがに飽きる。そこで更に川に向かって広がる広大な敷地にタイヤを進めます。グライダーやラジコンの滑走路や野球場、サッカーグラウンドなど多目的に使われている場所の他にも無数に走る獣道があるんですね。

IMG_3345.jpg

整備用の重機が置いてあったりもします。

IMG_3350.jpg

川岸までこの道が続いています。どうやら釣り人が日常的に使っているみたいです。残念ながら行き止まりばかりでサイクリングに使えそうな所はありませんでした。

IMG_3355.jpg

江戸川河川敷を後にしていつもの森へ。この時間だと散歩の方や野鳥を撮影している方が多いので邪魔をしないでゆっくりと癒しライドで。

なんだかんだで2時間くらい走り回ってサドル位置とクリート位置はバッチリ。これで山へ行けそうです。しかし、ロードしか持ってないと、こんな楽しいフイールドを遊び尽くせないんですよね。ロードがちょっとマンネリしている方はぜひCXかMTBを検討されてはいかがでしょうか?その時に大事なのはそんなフィールドを知っているお店で購入する事。私は輪工房さんで購入した事で世界が広がりました。通販で買うんじゃ広がらない世界がね。

MTB日和 vol.26 [ 辰巳出版編集部 ]
価格:1188円(税込、送料無料)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

20th MTB XC Race in NODA

2015年12月14日 08:00

昨年はじめて参加させてもらったこのレース。いつもお世話になっている輪工房さんが運営に携わるXCレース。コースはMTBショップライドでも使っている千葉野田市の森。これは出ないわけにはいかないでしょう。もちろんエントリーの予定で悩みはCXで出るかMTBで出るかってところでしたが・・・まさかの骨折でエントリーは見送りました。

IMG_1302

今年はレースのお手伝いをと思っていたのですがなかなか週末も仕事でコース整備にも行けませんでしたが、レース前日の日だけちょっとお手伝いをさせえてもらえました。落ち葉を掃いてコーステープを張り巡らせるだけでいつもの森がぐっとレースコースの雰囲気になるのが新鮮です。ちょっとだけCXで走ってみましたがこの路面状況ならかなり楽しめるはず!と思いましたが・・・無情にも午後から結構な雨・・・

muddayz.jpg

ちょっと走れば自転車はこの通り。野田のコースはMだ!と言われておりますがこのMはMUD(泥)のMって事でもあるんでしょう。

DSC_0400

自分はエントリーを見送りましたが甥っ子が自転車レースデビュー。自分とは何も関係ない子供のレースでも泣きそうになるのに血を分けた子供が走るの見たらどうなっちゃうんだろと一抹の不安を抱きながらスタートラインへ。蓋を開けてみれば泣いている暇もなくカメラ片手にコースサイドを走り回っていました。

キッズの後は2時間ソロと4時間チーム戦がはじまります。同時スタートなのでスタート位置をちょっと調整したり、ランニングスタートにしたりとローカルルールを採用。この辺もシリアスな競技会とは違った大人の運動会的楽しさに溢れています。

DSC_0555

千葉野田市は江戸川、利根川、利根運河に囲まれた関東平野にあります。もちろん長い登りはありませんが、一癖も二癖もあるコースレイアウトでパワーがあってもそれを生かすテクニックがないと全く速く走れません。長さはありませんが急なアップはちゃんとあってココを乗車で行くのはなかなか難しい。もちろんウェットだと特にね。

DSC_0582

こんなドロップオフもありますよ。DH系のライダーは「ヒャッハー!」とココを駆け抜けます。

DSC_0578

泥だけでなく、木の根っこも顔を出し、降りてすぐに狭い左カーブになっているから厄介なんですよね・・・

DSC_0587

ちゃんと迂回コースも設定されていてCXはこっちをランで行く方が賢明でしょう。畑中選手(TEAM UKYO)も迷わずこっちで。

DSC_0600

2014年MTB XC全日本チャンプの武井さんは終始余裕の走り。このコースは昔の遊び場みたいなもんなんですよね。

DSC_0764

いくつかの森を抜けて・・・

DSC_0641

ベニアの橋を渡りゴール地点へ。橋はアプローチが掘れてきて後半はかなり神経を使うセクションになりました。毎年水にドボンする人が何人かいます。

DSC_0899

「FAT(バイク)日和ですね!」と声をかけるとこの笑顔が返ってきました。最高です。

DSC_0836

しかし、あのタイヤに泥がたくさんへばりつくんだから重たいだろうなぁ。滑らないから最強っぽく思うけど脚がないと踏めないよね。

DSC_0820

竹林もあったりして景色に変化があって楽しい。

DSC_0921

與那嶺選手もプレッシャーのないイベントを心底楽しんでいるようでこっちも嬉しくなります。

DSC_0941

ピットスペースではライダーの交代が行われますが・・・「止まらないでもう1周行って来い」の誘導がされていました。

DSC_0926

そうそう、ピットエリアに入るスロープも普段なら何て事はないのですがこの日は乗車率かなり下がりましたね。降りたところでシューズもグリップしないのです・・・いつかのスターライト幕張で開催された風雲たけし城クロスを連想させます。

DSC_1012

観客も乗車でトライするように煽り、見事成功すれば拍手と歓声で応えます。

そんなこんなであっという間4時間レースが終了に近づく中、ピットエリアに飛び込んできた畑中選手と武井選手。ともに降車してピットエリアのスロープを駆け上がり最後のスプリント勝負に!総合順位的には必ずしも競っているわけではないのですが、隣にライダーが入れば先にゴールラインにフロントタイヤをブチ込むのが流儀。

DSC_0989

DSC_0994

最後は豪華景品が当たる抽選会やジャンケン大会が行われ無事に閉会しました。今回は多彩なゲストが顔を揃え、試乗車はスコット、スペシャライズド、メリダの3社が登場するなどバラエティーに富んだ大会となったんじゃないでしょうか。

1966 DATSUN BLUEBIRD SS

そんなこんなで写真をFlickr!にアップしました。ヘタクソな写真ですがよかったらご自由にお使いください。blogなんかに使う場合はリンクとクレジットを入れていただけると私が喜びます。掲載に不都合があればコメント欄に未公開でその旨を書いていただければ対処します。

flickrアルバム「20th MTB XC Race in NODA」

泥んこまみれな1日。楽しい時間をありがとうございました!またココで会いましょう。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す


雨だろうが

2015年08月31日 08:00

今週末は残念ながらあいにくの天気でしたが、MTBのショップライドは少々の雨では中止になりません。

mtbrain.jpg

この時期なら雨も体をクールダウンしてくれるし悪くない。ただでさえテクニカルなシングルトラックは容赦なく初心者に牙を剥きますが・・・ベテランのMTBerの後ろについて走るといかに自分が無駄なラインで走っている事に気がつきます。必死に踏んで追いつく事はできますが、あれは何時間も何周も続くもんじゃないしなぁ。コースもなんとなく覚えてきたのでライン取りなど考えられるように少しはなってきました。いやぁ、ホントMTBは楽しい。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事