ペットトレーラー

2019年05月09日 20:00

GW中の話。モールのハンバーガーショップで食事をしたついでにペット及び関連グッズを販売するエリアに立ち寄る。そこでふと気になったのが犬用のカート。

【正規保証つき】 AirBuggy ドーム2 ブレーキ フラワーカモ M[エアバギー 犬 移動 避難 防災 ケージ キャンプ 旅行 ペットカート ドッグカート 多頭飼い] 【公式直営店】
by カエレバ


私の認識では、小型犬などあまり散歩で歩かない犬用にカートがあるってイメージ。あとは老犬のため。(秋田犬の介護の時に散歩で歩けなくなって、30キロ弱ある愛犬を抱えて帰ってきたときは腕ちぎれるかと思ったもんな)近くにいた販売員さんに話を聞くと、もちろんそれも間違いではないそう。また人混みで連れまわす際にもリード引くより安心だし、カフェでちょっとお茶するにもペットが安心して待っていられるメリットも。

小型犬ならそうね・・・って感じで納得。でも大型犬用ってそんなに必要かな?って思ったが大型犬なりに必要な事情があると。それが災害時の話。現在大型犬は体育館などの避難所に入れてもらうことができずに、別の場所で過ごすことになるとか。その際に安心できるシェルターとして普段からカートを使っておくといいと。

これは素晴らしいセールストークだと納得。確かに老犬介護でいつか必要になるなら、もしもの災害時に安心なら予め購入してそれ以外のご利益を享受した方がお得な感じがする。例えば・・・



自転車トレーラーを兼ねるタイプなら歩いていくには距離のある公園へ遊びに行くのも楽々だ。今は2階のリビングからクレートを駐車場まで持っていき、クルマに載せて移動している。それよりもずっと素敵じゃないか。自転車運動と犬との触れ合い・・・このテーマを完全に両立できる。

【即納】テイルワゴン<Burley Tailwagon>ドッグトレーラー 室内:長さ82.5x幅48x高さ58cm積載34kgまで 低床設計で老犬に優しい・最高峰のドッグトレーラー 色・イエローブラック
by カエレバ


前から気にはなっていたけど、購入するハードルがグンっと下がった気がするよ(笑)

【正規保証つき】[エアバギーフォードッグ]AirBuggy for Dog ネストバイク[NEST BIKE] ロイヤルミルク カート 中型犬 多頭飼い 大型犬 [耐荷重45kg] 4580445409980 #w-153024-00-01
by カエレバ

AirBuggy for Dog ネストバイク牽引時用接続具 トゥーバー[NEST BIKE TOW BAR] 自転車牽引専用接続パーツ(バー)【送料無料】(エアバギー 犬 ペット用カート 犬用カート ペットキャリー)
by カエレバ


アメリカ生まれのBurley(バーレー)と日本生まれのAIRBUGGY(エアバギー)。荷物運び用自転車トレーラーからスタートしたバーレーとベビーカーからスタートしたエアバギー。その出自から似たような製品でも特色がある。わかりやすいのは・・・

【バーレー テイルワゴン】
自転車牽引装置が標準でカートとして使うには前輪を追加購入する必要がある。

【エアバギー ネストバイク】
バイクって名前が付いているが、基本はペット用手押しカートとして前輪が標準装備。自転車牽引装置は別売り。

サイドから見たルーフのスラント形状や大きさからもどっちを優先してデザインされているかは一目瞭然。バーレーは自転車で牽引した際にトレーラー側が左にオフセットする設計になっているところなど、自転車で引くことの根本的な理解、安全への思想がある感じがします。

IMG_5251.jpg

ただ犬の居住性はエアバギーのネストバイクの方が優れている感じがします。ウチのフラットコーテッドレトリーバーが大人になった時にテイルワゴンに乗れるのか・・・説明文にはゴールデンレトリーバーにピッタリと書いてあるけど小さそうに見えるんだよな。バリケンで言うとMLサイズに近いかな

バリケンML:W57×D81×H61
テイルワゴン:W48×D82.5×H58
ネストバイク:W55×D81×H61

数字にするとそれほど変わらない気がするけど、トップがスラント形状のテイルワゴンは不利。大型犬を載せるにはガバっと前方を開いて顔を出して載せる方法がデフォ。よって避難所としての機能は厳しい。そもそもフラットコーテッドレトリーバーの成犬はバリケンで言うとXL推奨なのでそもそもどれでも無理っぽいけど。

タンデム自転車 khs
これで引っ張りたいのだよ。埼玉県はまだタンデム解禁されてないけど。

バーレーはバイクロアとかにもブース出している。今度機会があれば犬を連れて試乗させてもらいたいな。タンデムバイクでテイルワゴンを引っ張ってサイクリングなんて出来過ぎでしょ。

inutokuruma.jpeg
海へはクルマで行ったよ

参考:PRODUCT REVIEW: BURLEY TAIL WAGON




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



PEARL IZUMI USAのシューズ

2015年09月30日 08:00

blogを読んで頂いている方ならご存知の通り以前からランニングできるSPDシューズをずっと探しています。要はソールにある程度柔軟性がある事。それがペダリングにどれくらい影響するのか試さないと分かりませんが、まずは極端に柔らかめを試したい。シマノのシューズなんかはソールの硬さを数字で表してくれたりしていて参考になるのですが、他のメーカーはなかなかそのような表記はしていません。

日本ではとりあえず最初の一枚に間違いないウェアとして定評のあるパールイズミ。日本のメーカーらしくサイジングも着やすいのですが、デザインについては評価の別れるところで敬遠する人も多いイメージ。しかしモノ好きの間では"パールイズミUSAはヤバイらしい"って話があるとかないとか。シューズに付いてもランニングシューズまでラインナップしているらしく面白い製品がたくさん。日本でも販売しているモデルがあるのですがかなり限られていてもったいないなぁ。

X-Alp Enduro IV - 2015
X-ALPエンデューロ

RKB THE LONGEST RIDEジャージとピッタリ相性の良さそうな美色でソールは屈曲性も良さそう。ぬたぬたの泥ではグリップしないかもしれないけど砂浜ランはいいかもな。ロードの輪行でも使いやすそうなデザインですぐにでも欲しい!

X-PROJECT 1.0 - 2014
pizumiusa2.jpg

このX-PROJECTシリーズはMTBの短いハイキングやシクロクロスレースを考慮して作られているそうです。樹脂製のソールを前後の分割されたカーボンで補強して屈曲とねじれを積極的にコントロールするのか?X(エックス)型の補強がありますね。スパイクを取り付けられるのがポイントで泥の急坂担ぎでは役立ちますよ。昨年実感しているのでこれはマストです。
写真は2014年モデルでこれもジャージに似合いそう。2015モデルはアッパーのデザインが大幅に変わりBOAダイアル式になっています。フィット感はこちらのほうが良さそうですね。




並行で入れている所はそれなりにあるんですね。かなり高くなっちゃうけど。それなら少しのリスクをとって自分で直接海外にオーダーするのもあり。直販は日本へ送ってくれるのかわかりませんが、アメリカの大手海外通販Jenson USACompetitive Cyclistでも買えそうです。スポーツシューズを通販で購入するのはひとつの賭けになりますけど、日本でもパールイズミのシューズの他モデルはあるのでそれでサイズジングを確認しておくのが吉かな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

最初の1台(MTB編)

2015年04月18日 08:00

いやぁ、困った。冬のCXシーズンに向けてロードにしっかり乗る予定なのに気持はすっかりMTBである。先週のレンタルMTBで参加したスクールがまずかった。まだ初心者スクールまでは平気だったが、最後にいつもの森に入った所でリミッターが外れた感じ。もし手に入れるならどんなMTBを手に入れるか・・・いつのまにかそんな事を考えている。

XC用とかオールマウンテンとかエンデューロとかダウンヒルとかいろいろカテゴリーに細分化されていてどれを選んでいいのか悩んでしまうが、大きく分けるとダウンヒルはかなり特殊なので置いといて、フルサスとハードテールといったサスペンションの違いと、馴染みある26インチと650B、29erといったホイールサイズがポイントか。感覚的に1台で全てをカバーするのは難しく最低でも2台はいる気がするが最初の1台ならどれって観点で考えた。

条件
1.近所のフィールドを楽しめる
近くに走る所がなければ欲しいと思わなかっただろう。川を渡って千葉県野田市に行くとこんなに楽しいフィールドがあるなんて夢にも思わなかった。まずはそこを存分に楽しめるバイクがいい。輪工房さんのおかげ。

2.タフである
CXもそうだがまだ技術が伴わないので壊れにくいバイクがいいかな。軽量なフレームにはいつだって憧れはあるけどね。

3.上手くなりたい
ロードしか乗ってなかった時には気が付かなかった事がCXに乗ってたくさん感じられた。きっとMTBでもそうだろう。上手いライダーになりたい。イメージが少し自分の中にあって、昔はまっていたスノーボードのようにバイクを完全なコントロール下に置いてみたい。MTBが上手くなりたいのではなく、どれに乗っても上手いライダーが目標ですね。

4.予算
まずはそこそこで。

ハードテールMTB
canhardtail.jpg
タフである事、いやそれよりも予算を考えるとカーボンフレームはなかなか難しいのかな。フロントショックが必要なMTBはロードバイクに比べるとお高いからね。リアショックがない分予算もそうだし自転車自体も軽く取り回しがしやすいハードテールが第一候補か。ホイールは29erの方が走破性は高いようだが162cmの私にはフレームを選ぶ可能性もあるし、近所のフィールドで乗るには小回りの利く650Bの方がいいのかもしれない。レフティーのコイツなんかカッコイイんだけどな。リアのトラクションの関係性はCXを乗る時にも活かせる気もする。

フルサスMTB
meridafullsusmtb.jpg

レンタルで貸して頂いたアルミ製26インチホイールのフルサスMTB。ホント、オートマチックに走破してしまう感じ。CXでだったらいけるか?ってクリアする事だけを考えるセクションを、いかに速くを考えて走ることができるイメージ。バイクに助けてもらうと上手くならないのでは?って意見もありますが、恐怖心をなくし上達の近道になるそうです。

近所の里山を走ったり、ツーリングに行く時の事しか考えてませんが、欲張って楽しそうなエンデューロを視野に入れると無理してでもこっちになるのかな。そこまで求めると下りの要素を加味したセッティングを考慮するので2台目になるのかもしれないけど。

フルリジッドMTB
ARAYA MUDDYFOX

ないですね(笑)自宅ガレージにあるファーストウェーブなMTB。ATB(オールテレーンバイク)なんて言われていました。弟のバイクで駅までの足として稼働していますがタイヤを交換してとりあえず走るようには出来ます。まぁ、1日しか使わないのであればこれもありでしょうけどね。でもこの里山で行なわれるMTBクロスカントリーレースではリジッドで凄く速い人もいました。CXの上達を目指すのであればまんざらない話でもないのでしょう。リジッドバイクでもCXと違い体を前後左右に動かしやすい、タイヤのエアーボリュームもあるのでCXよりも十分楽しめるでしょう。

26インチMTB
シクロクロスフレームをビスポークした私にとってはMTBもフレームオーダーまで行かなくても何かコダワリのある感じで組みたい=所有感も満たしたいと思ったり。どうもメーカーの最新MTBに愛着というか所有感を満たせないような気がして。
輪工房にはアンカライトがありますしね。アンカライトは私のCXと同じライジン製で、正にいつも走っているフィールドで乗りやすいセッティングを煮詰めてあります。一から組むと予算が簡単にオーバーしちゃいますが・・・それなら・・・

・吊るしのクロモリフレーム(26インチ用)
・みんな使わなくなった26インチのショックやホイール
・ちょっとくたびれた10速コンポでフロントはシングル

こんな部品をお値打ちで調達して自分好みの1台って作れないかなぁなんて思ってます。使い古しのパーツで組んだCXとある意味同じ作戦ですね。

結論
MTBのエンデューロなんて楽しそうだな・・・と思いつつ、現実的にはMTBの楽しみ方は近所の里山とお店の主催するツーリングになると予想されます。いろいろな場面で自転車を安全に速く走らせるスキルをCXレースに繋げるのが今考えられる目標かな。そうするとアルミフレームの29erは現実的な選択な気がします。
MERIDA BIG NINE TEAM

UCIが2015年シーズンの指定レースでロードレースにおけるディスクブレーキのテストをする事を発表した。上手くいけば2017シーズンには解禁されるかもしれないとの事。CXでは一足先にディスクブレーキが解禁されています。私のCXはカンチブレーキを使っていますが、今後ディスク化も考えていてホイールが兼用できる可能性のある29erは面白い選択かな。

まだ妄想だけですよ!(言い聞かせるように)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事