【観戦編】2015-16茨城シクロクロス 土浦大会

2016年02月29日 22:00

昨シーズンから茨城シクロクロスに追加された土浦大会。シーズンを締めくくる大会として私も参加していました。前日に降った雨による泥がアクセントになり、攻略しがいのある楽しいコースだったと記憶しています。しかし、今年は快晴に恵まれ、高低差が少なく、長い直線を配したコースは予想通りのハイスピードな展開が繰り広げられました。

6wheellifekasenjiki.jpg

平坦なハイスピードコースと言っても・・・

yamanoboriibaraki.jpg

もはや土浦名物となった「山登り」セクションはもちろん・・・

DSC_0344

下りながらのリマウントから泥のヘアピンに・・・

DSC_0044

ハードパックに砂利なクネクネからシケイン、キャンバーを使ったスラローム等・・・シクロクロスの細かいテクニックを披露するには十分なテクニカルセクションが気持よく配置されていた印象。

DSC_0152

コンクリートブロックキャンバーは、リム打ちパンクのリスクが高まるポイントでしたね。

DSC_0216

スーローで撮ってみましたよ。 #crossishere #cxjp

カルさんさん(@h_cal)が投稿した動画 -



OyamaさんがDNSだったので変わりにスロー撮影してみました。クセがわからなくてあまり上手くいっていませんが・・・

blockmizo.jpg

ブロックの溝が微妙な幅で、まっすぐここに入るとタイヤがはまります。嫌な音をさせているライダーが結構いました。砂利セクションとココでパンクになった人が多かったかな。

DSC_0250

このセクションから土手上の直線コースへ。2回の直角カーブがありますがラインは1本ではないので油断するとバンバン抜かれるポイントに。上がってすぐは向かい風でしたが、曲がると横風、追い風なので抜け出してガンガン行っても大丈夫な感じだったかな。

DSC_0069

平坦基調と山登り・・・これだけで考えると土浦のコースは単調に思えるかもしれませんが、それ以外の所が本当によくできたコースだなぁと感じるんです。昨年の泥がなくても十分。よくある河川敷運動公園なのにこれだけのコースを作ってしまう茨城シクロクロスは本当に素晴らしいです。エクストリームなアトラクションがなくてもこれだけ楽しませる・・・マイルドシクロクロスの完成を僕らは見たのかもしれません?

DSC_0415

コースを無理にエクストリームにすればいいって訳ではなく(その環境があるコースならそれも大好きですよ)競い合う選手がいて完成するような・・・上手く言えませんがそんな気持です。上位を争うパックが出来て小競り合いを至る所で繰り替えされるようなコースって感じですかね。

DSC_0192

今回、輪工房で参戦したなかし氏が3位で見事に昇格を決めた事も個人的にはトピックスでした。今シーズン4戦目でいつもあと一人抜けば・・・って所で昇格を逃していた彼。ファーストラップは一緒に昇格の夢を見たらしいですが、期待に応える事はできませんでした・・・。

レース後は出店されていた「じん整骨院」に1,000円/15分のマッサージを施術してもらいました。骨折してから疲労が貯まるようになった肩甲骨周りを重点的に全身をマッサージ。終わったら見事に張りが治って帰りのドライブも楽々でした。CXレースにはおいしい珈琲やクラフトビールが付き物。でもこれからは気軽にお願いできるマッサージも付け加えたい。

開会式では市長や県議会議員さんの挨拶もあって地域からのバックアップも嬉しいですね。僕らはただ楽しむ事に一生懸命ですが、それが何かのお役に立てるのなら喜んで。開会式や記念写真にはできるだけ参加しましょうね。

事情があってC1レースは観戦できませんでしたが、そこまでは撮影と応援を楽しみました。Flickr!アルバムにアップしてありますので良かったらご覧下さい。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



スポンサーサイト



筑波山へ

2015年08月09日 10:00

4時に目覚ましをかけたつもりだったんだけど止めたのか?それともセットできてなかったのか?起きたら6時過ぎでショップライドにも間に合わないし・・・それなら予定したいた通り自転車を車に積んで筑波山に。先週のふるさとライドの山登りの感触を忘れないように。

Mt.Tsukuba

筑波山に車で来たの久し振りかも。今日は風もあるしそれほど気温も比較的高くなく快適。それに不動峠に入れば日陰なのでより涼しい。タイムアタックじゃないけど、普通に登れば今までの記録なんか更新できてしまうんじゃないか?と淡い期待を持ちつつスタート。計測ポイントでLAPのスイッチを押しました。

IMG_8454

ケイデンスを70〜80くらいにしてシッティングでゆっくり上がっていきます。いつもは最初に上げすぎて途中でバテるのでイーブンで最後まで行けるように。結果的にはそっちの方が速いんじゃないかと・・・って思ったらGARMINが途中で止まっている・・・(涙)一気にモチベーションダウン。まぁ、そんな現代っ子ライダー多いでしょ?

IMG_8458

まぁ、できれば記録に残して比較材料を得たいところだけどそれが最終目的じゃないしね。気を取り直してペダルを踏みます。不動峠って標識で最後に10パーセントと出てくるけどGARMIN的には10〜14%が出てくるんですね。最後はもちろん10%以上ありましたよ。いつも通り死にそうになりながら登頂。今までの最高記録が18:16.8と走ったことがある人は遅いことはお分かりでしょう。今回は逆算して計算してみると18分〜17分くらいかな。タイムはそれほどですが、少しはヒルクライムのポジションとかわかってきた気がします。遅いですけど。

それでも5分くらい休憩した後、スカイラインに上がり風返しへ・・・と思ったら間違えて逆の土浦の方に走ってました。かなり走った後に気がついておかげさまで余計にヒルクライムできましたよ。

gamatsukuba.jpg

アイスクリームを食べて下山。アウター・ローに入れちゃうとチェーンが短くジャムるので気をつけてたんですけど、鳥居のところで一回やっちゃました。落ち着いて止まって入れ直す。

IMG_8459

平地を流して心拍を整えて帰路に。

IMG_8469

途中で不思議な竹で出来た何かを発見。作業している方に尋ねると「芸術作品です」とのこと。一人で6月からはじめて10月には完成するそうですよ。その頃忘れないように見に行かないと。

IMG_8472

アートと言えばこんなミュージアムも見つけました。まだ反対側に降りて走ったことがないのでいろいろ散策してみたいな。近所に山がないなら山に行けばいい。この時期片道50kmの自走するとヒルクライムどころじゃなくなるので車でトレーニングに来たいと思います。

輪工房で聞いてみると、皆さんはあっちに降りたりこっちに降りたりで60kmくらいの山岳TTトレーニングをしているそうで・・・流石にすぐには無理ですがそれを目指して走ってみます。

明日はMTBだ!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事