MTBフラペ用シューズ選び

2018年03月29日 21:00

思うところあってMTBをフラペにしたのは以前の記事「CHROMAG CONTACT PEDAL」でお伝えしました。

29662727_881892882021138_6262484510995968190_o
Photo by Eigo Shimojo

フラペにしたからはクリートを取り付けてある自転車用シューズではなく、ラバーソールのシューズが必要になります。例えばスペシャライズドであれば自社のフラペを使う事を想定したシューズまでラインナップにあったりします。

2foflat.png
「進化した新作2FOフラットペダル用シューズ、使い方に合わせ2タイプに増殖!ってマジ?」

それを買ってしまえば万事解決って気もしますが、デザインが好みでもないし結構お高い。それならとりあえず手持ちのシューズをいろいろ試してみます。

1.Nike ACG Mobb Ultra Mid
何年か前にワゴンセールだかで買ったナイキACG復刻シューズ。びっくりするくらいペダルのピンが食い込む感じで全く不安はない。ただフラットソールではないので足の置き場所によっては不安定に感じる事があった。それにソールのフレックスが柔らかすぎて長時間は疲れそうな感じもする。
acgsoles.jpg

2.Nike Oze Mid GTX
トレッキング用に買ったゴアテックスのシューズ。ソールのフレックスは硬めでペダルに力が入れられる感覚はある。ただピンとの相性はあまりよくない。このシューズでパンプチャレンジしたりトレール走ったり河川敷走ったりと一通り試したのですが、自分のペダリングスキル不足もあるが足がペダルからずれてしまう事があった。特にトレールでの登り返しでシフトチェンジしながらだったり、不意に木の根っこを超えたときなど。
ozesoles.jpg

真打登場
試しながらも「あれなら大丈夫でしょ」って予測みたいなものはあってね。恐らく多くの方がお気付きのようにVANSのワッフルソールですよ。フラットソールでピンがどこにでもハマりそうなソールデザイン。もちろんVANSのアーカイブの中に1980年代にマウンテンバイクやBMX用として開発されたMt.Edition(マウンテンエディション)がある事だってわかっています。

健全な男子なら箱にVANSの1足や2足はあると思われますが、私の箱にもご多分に漏れずございます。その中からERAを取り出して履いてみたらこれがやっぱりバッチリ。ただソールのフレックスやアッパーのサポートはもう少し欲しい気がしてね・・・昔履いたNIKEのDUNK SBみたいにアッパーデザインはクラシックで機能的にはプロスケーターが満足するようなモデルないかな?って検索して見つけたのが(昔だったら渋谷や原宿の街を歩いて探したんだろうな)・・・

3.VANS ENGRAVER
DSC_0017

耐久性を考慮したアッパーデザインはBMXライダーScotty Cranmer(スコッティ・クランマー)シグネチャーモデルである「DESURGENT」がベース。EVA&RUBBERのアウトソールを搭載し、高いパフォーマンス性を兼ね備えたアクションスポーツモデル。ぽってりとしたシルエットは90年代に流行したNortwaveのシューズみたい。

DSC_0020

オリジナルワッフルソールの方がVANSロゴや横のラインなどもなくペダルピンとの相性は良さそう・・・無駄なデザインが残念。でもフレックスは硬くて良い。

IMG_5036
オールドスクールなソックスとの相性もなかなか

とりあえずまだ本格的なMTBライドはしてなくて、履き慣らすために普段履きをしてます。お花見ライドで使ったときはアッパーの素材的に夏は暑いな・・・と思ったけどね(苦笑)早くトレールで試したいな。

【VANS】 ENGRAVER ヴァンズ エングレイヴァ V370 17FA NAVY/WHITE
by カエレバ


VANS HALF CAB【バンズ ハーフキャブ】(14OZ CANVAS) BLACK
by カエレバ


VANS OLD SKOOL【バンズ オールドスクール】BLACK / WHITE
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



冬の装備 2018

2018年01月17日 08:00

週末の朝ライドの際、道路に設置された温度計は氷点下6度を記録していました。夜明け前の一番冷え込む時間帯ですが、風はそれほど吹いていません。こんな時の服装の話です。

yoake.jpg

肝はレイヤリングと・・・
冬のサイクリングに必要な服装は、汗をかき過ぎない防寒術でしょう。要は運動強度と防寒のバランスが大事です。朝、玄関を出て感じる寒さに対して完璧な防寒をすればそれはやりすぎ。結局は汗をかき、汗冷えすることになります。Raphaは確か6kmほど自転車を漕いだ時にちょうど良いと感じる服装を心がけようって言ってた気がします。しかし、それでは体が温まるまで寒いし、何かトラブルがあって止まってしまった時に不安・・・そう考えると重ね着(レイヤリング)で必要な防寒を得るのが正しいと言えます。脱いだり着たりすることで体温を調整できるのが大事ですね。それと末端を冷やさないことも重要。

氷点下6度の服装
IMG_3853.jpg
写真は別の日なので以下の記述と多少構成が異なります Photo by Yasuhiro Nakashima

この日、それなりのテンポで漕ぎ続けることを意識して着ていたのは・・・

インナー
インナーを2枚重ねて着ました。体に触れる方は汗冷え対策。その上に保温性を狙ってメリノウール混インナーを。

(アウトウェット)OUTWET LP1 08O021LP1W WH WH FREE
by カエレバ

【送料無料】BE. メリノウール アウトラスト ベースレイヤー ロングクルーネック 無地 長袖 【09】 メリノウール
by カエレバ


ジャージ
ジャージは裏地にフリース素材が使われているのもありますが、この日はメリノウールのジャージで。薄手のしかなければ2枚重ねてもいいんじゃないですかね。

・Rapha メリノウールジャージ

ジャケット
関東地方だと氷点下6度はこの一番の冷え込みと言われるほどの寒さですが、世界的に見ればもっと寒い所はあります。この一番って言葉に惑わされて各メーカーが出しているもっとも暖かい用ジャケットを着ると失敗する可能性もあるのでご注意を。心配で厚手のソフトシェルジャケットを着て行きたくなるのですが、透湿性が悪く、温度調整がしにくい(フロントのファスナーを開けるしかない)脱ぐと荷物になるので脱げない・・・汗をかき過ぎてストレスになることが多いのです。
このくらいの寒さならジレと薄いウインドジャケットだけでも十分です。太陽が昇り気温が高くなり、運動強度が上がってきたらジャケットはすぐに脱いでバックポケットにしまいます。コースにヒルクライムがある場合は特にこのようなレイヤリングがいいですね。

・Rapha CLASSIC GILET

PEARL IZUMI パールイズミ 2386 ウィンドブレーカー
by カエレバ


ビブ
裏起毛のロングタイツ1枚で済ませるよりも裏起毛のショーツや3/4丈のビブにレッグウォーマーの方が暖かいです。

・Rapha CLASSIC THERMAL BIB SHORTS

パールイズミ 『418-2-M』418 レッグウォーマ(2.ブラック)M [0302000002]
by カエレバ

ソックス
靴下は厚みの前に素材。ウール素材であれば薄手でもまだ大丈夫。アクリル系は汗冷えを感じるので厚くでもダメ。ウールで厚手が最高なのですが、私の場合シューズがピッタリなのであまり厚手のソックスが履けないシューズがあります。用シューズとしてちょっと大き目を用意するのもありでしょうね。カイロを入れることもできますし。

(DeFeet/ディフィート)(サイクルソックス/自転車用靴下)CY 5 Wool Charcoal
by カエレバ


シューズカバー
ウインター用シューズでなければシューズカバーは必需品。

fizik フィジーク SHOES COVER シューズカバー Winter WaterProof shoescover for road ウィンターウォータープルーフロード用シューズカバー
by カエレバ


グローブ
操作性を気にしてあまりゴツいのをしたがらない人もいるようですね。安全に操作できる範囲でしっかりと保温してくれるのを探しましょう。

・SPECIALIZED 2017 用グローブ(上から2番目の防寒性能でした)

その他のアクセサリー
末端を冷やさないための工夫が必要です。ヘルメットインナー、ネックウォーマー、マスクなどなど。

Rapha DEEP WINTER HAT

オリジナルバフ(BUFF) アダルト 【PICUS】 首元/ファッション/ オフィスカジュアル/ ネックウォーマー/頭周り53〜62cm
by カエレバ

NAROO MASK F5s(ナルーマスク) 花粉対応スポーツ用フェイスマスク スポーツマスク
by カエレバ

【あす楽】スポーツバルム レッド2a MEDIUM MUSCLE BALM 150ml
by カエレバ


個人差と対策強化
他のサイクリストの話を聞いていると脚をいかに冷やさないかでいろいろ個人差があるような気がします。私は普通のシューズ、シューズカバー、ウールソックスで足首からつま先にスポーツバルムを塗り込むことでこの気温でもそれなりの運動強度があれば大丈夫です。ただ運動強度が下がるとつま先の冷えが気になるので、次の機会にはカイロを入れることができるくらいのシューズサイズのするか、なおかつ防風対策がしてあるウインターシューズを物色したいと思っています。そろそろ冬用アパレルのセールも始まっているので来季に向けて足りないアイテムを保管しておくのも賢い選択でしょう。

シマノ RW5(SH-RW500) ブラック ノーマルタイプ SPD-SL/SPD シューズ
by カエレバ


自転車もオートバイもオープンカーもそうですが、しっかりと準備をすれば冬も楽しいものです。空気は澄んでいて張り詰めた冷たい空気に清々しさを感じられますからね。他者からの冷たい視線も心地よかったりね(笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ






最新記事