Küat Racks Transfer 3 レビュー

2017年08月06日 16:34

組み立てから紆余曲折あってやっと使用レビューです。

メーカーサイト:Küat Racks Transfer

kuat トランスファー 3

まず取り付けですが、同社のNVに比べて軽量なトランスファーですが、それなりに重いです。メーカー公称で52lbs(23.5868kg)ですからね。この状態から本体を持ち上げて差し込みますが、起こす時に傷をつけてしまう恐れがあるのでダンボールや毛布などを敷いた方がいいです。はい、ガリっとやりました。

IMG_1039

差し込んだら19mmのボルトで固定します。

IMG_1036

折りたたんだ状態。この状態でナンバープレートを隠さない構造なのも気に入ったポイント。知らない人から見たらなんだと思うんだろう。大型ペダルを操作して簡単に折りたたむことができます。使用状態ポジションにして自転車をさっそく載せます。

IMG_1043

IMG_1050IMG_1045

固定方法は簡単。プラスチック製のトレーに前後タイヤを載せて、フロントタイヤをフックで下に押し付けるようにスライドして固定。リアタイヤはベルトで固定です。今回は29erMTBと700cロードバイク、24incのキッズ用CXを載せてみました。

IMG_1042

ホイールーベースの違いを調整する機構がほぼないのであまり小さい自転車は積めません。このキッズ用CXでもタイヤがトレーのセンターに収まってませんが、固定具で押し付ければ落ちることはなさそうです。

またタイヤを押し付けるフックですが、MTBのようにエアーボリュームがあり低圧のタイヤは固定しやすいのですが、反対にロードのように空気圧が高くいタイヤはかなり強く押し付けないと動いてしまいます。この辺はINNO Tireholdのような押し付けた後にホイールのクイックのように更に強く押し付ける機構があると安心なのにな。

IMG_1047

自転車を積んだ状態で大型ペダルを操作し、本体を下へチルトさせるとリアハッチが開くスペースを確保できます。ヒッチメンバーの位置やリアドアの大きさ、構造によっては開かないこともあるのでご注意ください。カングーなどの観音開きの場合は無理ですね。ハイエースなどのバンもドア開口部が大きい=ドアが大きいので難しいようです。その場合はスイング式のラックがいいんでしょうね。

IMG_1056

3台積んだ状態で近所をぐるぐると走ってみました。普通に走っている分には違和感はありません。ガタガタ音なども感じませんでした。今回取り付けた三菱アウトランダーPHEVは車両重量が重いこともその要因の一つだと思います。軽量なクルマの場合はリアオーバーハングにこれだけ重量が増えるのでハンドリングにかなり影響するんじゃないかな。

IMG_1048

一番心配なのは会場駐車場があまり広くない時の取り回しですかね。バックカメラはこのように使い物になりません。

IMG_1054

とにかく、これでCXやMTBなど泥だらけの自転車を車に積む手間から解放されました。遠征で仮眠スペースをクルマの中に確保できるのも大きいですね。また3台積みラックとプラス1台は輪行バッグに入れるなどして車内に積めば4人遠征くらいはできそうです。ソロ遠征が気楽で好きだったりしますが、そんなのもいいじゃないですか。考えるとワクワクしちゃいます。

まだこの状態で遠征もしていませんし、今後レース会場等で他のラックといろいろ比べて見たりと気がつくことがあったら改めて使い心地などをレビューしてみますね。まぁ、日本で普通に売っていないラックですけど・・・。



日本で買うなら正規代理店があるYAKIMAか、自転車屋さんで取り扱いがあるkuat NVシリーズが無難でしょうが、トランスファーシリーズのシンプルな解決方法が気に入ったら海外通販にチャレンジするか、kuat取り扱い店舗に相談してみてはいかがでしょうか?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg


スポンサーサイト

Küat Racks Transfer 3 組み立て編

2017年07月26日 12:30

前回の記事「ヒッチメンバー取り付け自転車ラック選び」でも書いた通り、ヒッチラックを検討していましたが、決断を終え購入し、それが手元に届きました。

Küat Racks Transfer 3
IMG_0884.jpg
箱ボロボロですけど・・・

Küat Racksはいくつかの自転車屋さんで取り扱いがありますが、NV2ばかりでTransferについての記事は見たことがありせんでした。もしかしたら相談すれば購入は可能だったのかもしれません。どちらにせよ在庫を持っているところはないので、自転車部品の海外通販でもお馴染み「Jason USA」で注文しました。本体が389ドルで送料が96.37ドルをPaypalで決済。さらに到着時に消費税を2,000円支払いました。てっきり船便かと思ったらUPSのエアーで4日後には届きましたよ。



このトランスファーですが、俺の考える「ルーフ取り付けのラックをヒッチで使うためのシステムラック」と構造が酷似。プラットフォーム型として必要最低限の機能をシンプルに表現したデザインが気に入りました。不明な点もありましたが、とりあえず使ってみたいと思わせてくれたのが大きいです。他にもポイントがあるのですが、実際に組み立てながら説明したいと思います。

kuat 自転車ラック

箱を開けるとこのような感じでパーツが入っています。日本人的な感覚だとざっくり放り込んであるって印象。所々に傷防止の弱粘着シートが巻いてありますが意味はよくわかりません。

kuat 自転車ラック

ただ、使用するボルトやスペーサー類はグループごとに袋で小分けにされていて迷うことはありません。説明書もグラフィックだけで十分に伝わるようになっています。それでも組み立てが不安なら組み立て動画を見ておきましょう。使用する工具も同封されていますが、ヘックスレンチについては精度が悪く使いものになりませんでした。

kuat 自転車ラック
自転車整備でよく使う5mmのヘックスレンチでほとんどが組み立てできます。付属の工具ではなく自分の工具で組み立てましょう。

メインフレームへ順番にパーツを挿入して固定していきます。写真のようにどこかに立てかけて作業すると組み立てが楽だと思います。

kuat_kumitate1set.jpg

上の写真で自転車1台分の組み立てが完了。同じようにあと2セットを組み立てます。

kuat 自転車ラック

3台分の自転車固定部品を取り付けたら、ヒッチメンバーに固定する差し込み部品を取り付けます。付属の19mmレンチとサイズは忘れましたが大きめのヘックスレンチで固定します。エンドキャップの取り付けとリアタイヤ固定用のストラップを通して組み立ては完了です。

次回は実際にクルマに取り付けて、様々な自転車をマウントしてみたいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

あと2ヶ月

2017年07月07日 22:00

気がつけばシクロクロスのシーズンインまであと2ヶ月・・・シーズン終わってからMTBで王滝に向けて走ってた頃くらいはモチベーション高めだった気がするけど、最近はタンデムでワクワクしたりするくらいでベースの積み上げって意味では全然ダメ。昨年はZwift活用して結構乗ってた気もするけどね。元々計画的なトレーニングなんて遂行できる人間じゃないのですが(苦笑)DNFしたZwiftによるFTPテストをちゃんとやって適切なSSTからリスタートしたいと思っている次第。

cx_garage_oh.jpg

機材は?
バイクの方も雨の荒川で乗ったまま軽く洗車して放置してたのでオーバーホールをしないとね。いろいろな所で機材更新の噂話が聞こえてきますが、私はとりあえずライジンで4シーズン目を迎えます。コンポなんかは昨年RDをシャドー採用の9100にしたりと完成度は上がっているのでそのまま。ただフレッシュさが欲しい事もあってフレームのリペイントを計画中。それに合わせてコスメ的な意味(性能アップ目的ではない)のパーツ入れ替えはしたいかな。

IMG_0221.jpg

以前の記事「4年目の正直」でも書いたようにファーストシーズンでは使いこなせなかったチューブラータイヤに再挑戦したい。とりあえずで組んであった古いロード用チューブラーリムからブレーキ切削面があるワイドリムに交換してね。TLとTUの合わせて2セットでタイヤの構成は悩み中。

オーダー シクロクロス クロモリ

ちょっと迷っているのがフロントフォークの問題。軽量でクイックなENVEを使いたいけど、扱いやすさはクロモリフォーク。ブレーキの相性問題もあって、ENVEを使うなら適合するブレーキを準備しないとならない。(PAULのカンチなら問題ないのは確認済み。ミニVなんて方法もありそう)どっちも使えるように塗装だけはしておけばいいかな。

カテゴリーは?
思うところあってマスターズクラスに行こうとなんとなく思ってましたが、C4でやり残した事もあるんじゃないかってのもあったり。でも、そのために努力もしてないしなぁ。あ、マスターズクラスを舐めているわけじゃなくて、逆に厳しい戦いが待っていると思いますけどね。シリアスライダーではないので、どっちが楽しめるのか考えて決めたいと思います。

MASTERPIECE SEAT POST ポスト長330mm ポスト径27.2mm シルバー マスターピースシートポスト THOMSON トムソン SP-M105-SL【小型】お取り寄せ★
by カエレバ

ディテールに凝りたい今日この頃

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

1995 KHS Tandemania Sport

2017年06月13日 08:00

子供の頃、公園などの観光地でおもしろ変わり種自転車に乗るのが好きでした。偏心したホイールが付いていて体を上下に動かす事で推進力を得る自転車や、三輪で股を開いて閉じてを繰り返して進む自転車、すごく小さな自転車などなど。今でも写真のような二人乗り自転車を見つけると嫁さんとよく乗っていました。

レンタサイクル タンデム

前後のペダルは直結されていて一緒にリズムよく漕がないといけません。カーブを曲がるときも声をかけてバランスをとります。運動会のムカデ競争みたいなもんですね。アップダウンがあると大変かもしれませんが、平地では二人分の出力でグングン進んで気持ち良いんですよ。

またパラサイクリング(障害者の自転車競技)としても使われていて、視覚障害の方がサイクリングを楽しむ手段でもあります。残念ながら公道を自由に走る事ができる都道府県は限られているのですが、2020年に向けてこの規制は撤廃さていくのではないかと期待しています。

私の住む埼玉県では自転車専用道路でしか乗る事ができません。実質自転車専用道路が埼玉にはないようですが、道路交通法が適用されない河川敷のサイクリング道路なんかでは楽しむ事ができるそうです。自由に乗れるようになったら手に入れたいと思っていたのですが・・・

タンデム自転車楽しいいなぁ」って言ってたら「ウチにあるけど乗る?」と輪工房さんからありがたいご提案。そんな訳で20年以上前に生産された新車を手に入れました。いわゆるデッドストックってやつですね。これが納屋から発見された程度の良いスーパーカーであれば世界的なニュースになるところです。

1995 KHS Tandemania Sport
soloride1.jpg

フレームに「BIKE OF THE YEAR 1994」のステッカーが貼ってあったので94年のレイトモデルか95年モデルなのかな?と思っていたのですが、Bikepediaによると1995年式なのかな

Bicycle Type Tandem (mountain)
MSRP (new) $699.00
Weight 43.0
Sizes Captain 20"/stoker 18"
Colors Blue/purple fade
Item ID 35041

Frame & Fork
Frame Construction TIG-welded steel
Frame Tubing Material Hi-tensile steel, 1 tube chromoly
Fork Brand & Model Spinner
Fork Material Chromoly, forged dropouts, unicrown crown
Rear Shock

Components
Component Group Shimano STX
Brakeset Chang Star 851AG brakes, Dia-Compe PC-7 levers
Shift Levers Grip Shift SRT-400
Front Derailleur Shimano STX, bottom-pull/clamp-on 28.6 mm
Rear Derailleur Shimano STX
Crankset Tracer Tandem TD-200i, 28/38/54 teeth
Pedals Fasten NWL-85P w/ toe clips & straps
Bottom Bracket
BB Shell Width
Rear Cogs 7-speed, 13 - 28 teeth
Chain Shimano CN-HG50, 1/2 x 3/32"
Seatpost Kalloy SP-243, 26.0 mm diameter
Saddle Vetta Comfort Flex
Handlebar Steel
Handlebar Extensions Not included
Handlebar Stem Steel. adjustble stoker
Headset 1 1/8" Tien Hsin TH-800

Wheels
Hubs Kung Ten
Rims Alloy, 40-hole
Tires 26 x 1.50" Cheng Shin
Spoke Brand Stainless steel, straight gauge
Spoke Nipples Brass nipples


だいたいこの仕様通りなのですが、RDはシマノではなくサンツアーだったり、シマノ製でもグレードが違うなどの差異は見受けられます。タイヤの太さも全然違うな。北米向けと日本向けの仕様が違うのかもしれませんし、そもそも海外の自転車の完成車スペックが届いてみたら違うなんてのは当たり前のことだったので気にすることはないでしょう。

IMG_9667

惜しまれながら自転車用チューブの生産を停止することを発表した「True Temper」のロゴがカッコイイです。「TRUE TEMPER AVR CHROMOLY Made in USA」とステッカーが貼ってありますが、スペック表には1本だけクロモリであとはハイテンスチールとなっています。日本で販売されるフレームでここまで詳細に書いてある事はありませんが、よくある話みたいですね。これは現在のカーボンフレームだってそうです。
KHSはアメリカのブランドなのでカリフォルニアでデザイン(設計)してアメリカ製のチューブを一部だけ使い台湾で製造したって事でしょうか。

参考リンク:KHS Bicycles 功學社單車

IMG_9672

一時期はショップ内で展示をされていたようですが、ほとんどん時間を倉庫で過ごしたバイク。いくつかの部品は部品取りとして取られ欠品していたりしますが、基本的にはペダルさえもつけた事がない実走行距離0kmの新車です。埃を拭えばブルーとパープルのグラデーションは美しく、一目で気に入ってしまいました。CXもこのカラーリングをオマージュしたいくらいにね。

IMG_0235

最初はトラックなどを手配して自宅のガレージに連れてくる予定でしたが、タンデムバイクでもソロで乗る分にはタンデムバイクの二人乗り規制には当たらない事に気がつき、自宅まで乗ってきました。古いタイヤが破裂しない事を祈って。

IMG_0232

基本ルートはクルマ通りのない河川敷のサイクリングロード。ギヤチェンジはできないので重いギヤをダンシングで踏んでスピードに乗せます。コーナーでの内輪差には気をつける必要がありますね。せっかくのブロックタイヤなので河川敷の砂利道も走ったのですが、直線は安定感もあって問題ありません。堤防に上がる坂道はリアにトラクションを掛ける事ができずにかなり慎重に踏まないとスリップします。ロングテールバイクもこんな感じなんだろうな。いつもの退屈なサイクリングロードのはずなのに、ずっとニヤニヤしながら自転車漕いでたと思います。

フリーをはじめグリスは固くなって様々な部分の動きが悪くなっています。タイヤなどゴム部品の交換も必要でしょう。サドル、グリップ、ペダルのコンタクト部品は馴染んだ製品に交換したいし、ボトルケージやキャリアなどアメリカンネオクラシックバイクに似合うアクセサリーもコーディネイトしたい。

乗って弄って楽しいバイクになりそうです。今後の展開にご期待ください。

【P最大8倍&クーポン(6/13 0時まで)】PDW(ポートランドデザインワークス)The Owl Cage(オウルケージ)ボトルケージ
by カエレバ


【パナレーサー Panaracer】ROAD RUNNER ロードランナー クリンチャータイヤ 26×1.50 黒 8H265-RR-B
by カエレバ


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

IRC MIBRO for MARATHON TUBELESS READY レビュー

2017年06月02日 08:00

はじめての王滝参戦を支えてくれたタイヤ IRC MIBRO for MARATHON TUBELESS READY(以下ミブロマラソン)について書いておこうと思います。過去記事「MTBのTL化 第2章」でお伝えした通り取り付けにあたりチューブレス化して使用しています。

ミブロ マラソン

タイヤについて書く前に大前提として、これ以外のMTB用タイヤは純正で採用されていたMXXISのMAXXIS Crossmark IIしか知りません。またシングルトラックではなく舗装路や王滝を走った印象となります。

コロガリ番長
ミブロマラソン

MTBマラソンに特化した専用モデル。長距離走行を想定し、タイヤ剛性をパワーアップ。疲労困憊した状態でもMTBを正確に操れるよう、トレッドパターンやサイプ、タイヤの太さなどに改良を加え「コントロール性を犠牲にしない低転がり、軽量化」を実現。

IRC Web Siteより


あまり繊細に感じ取れる感性は持ち合わせていませんが、とにかく転がりが良い事は実感できました。ホント、これにはかなり助けられました。純正採用のCrossmarkIIもセンターのブロックが詰まって配置されていて転がりの良さを狙ったデザインになっていますが、ミブロマラソンはそれ以上です。直進時の転がりを決定付けるセンターブロックをCrossmarkIIが1列にしているのに対してミブロマラソンは低めの2列にしているのが効いているのかな?

IMG_9588

空気圧を1.5~17barくらいで運用していましたが、空気圧を下げても転がり抵抗の増加は感じられず、TL化もあって不安なく下げていく事ができました。空気圧を下げられたのでトラクション不足を感じることもなく王滝の下りも自信を持って攻める事ができました。ガレたハイスピード(当社比)の下りでパンクしないようにラインをとっさに選択しながら走りましたがヨレみたいなものも感じませんでしたよ。

IMG_9598

まだ空気圧を高めにしている状態でホームコース(土のシングルトラック)を走った時に急坂のアプローチで後輪がスリップする場面があったのですが、それは仕方がないでしょうね。コーナーでは空気圧を下げてタイヤのサイドノブを使う事を意識するとなんとかなるのかな。

rainmtbride.jpg

転がりがとにかく良いのでトレールまで自走のアプローチがあっても苦になりません。かなりクセのあるタイヤだと思いますが、用途がぴったりと合えば心強いタイヤとなる事でしょうね。

気がつけばCX、ロード、MTBとIRCのチューブレスタイヤを使っています。それなりに他のメーカーのタイヤを使ってきましたが、ビードの精度においてIRCほど信頼できるタイヤには出会えてません。チューブレス(レディ含む)にとってココの精度は一番大事なところ。最初はいいけど、次に外す時はゆるゆるになっていたドイツのメーカーや、すぐに空気漏れしちゃったフランスのTLタイヤとかありましたが、IRCは常に安定していると思います。個人的にはTLはIRC一択な気分です。

(IRC/アイアールシー)(自転車用MTBタイヤ)ミブロ for マラソン チューブレス READY(700x50C(29x2.00))
by カエレバ

王滝が終わって普通に山遊びで使う事になるのでタイヤ交換したい気もするけどどうしようかな。とりあえずフロントだけでももう少しグリップの良いタイヤにしてみようかと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg



最新記事