機材の準備はOK

2019年10月30日 08:00

新しいカテゴリーとして生まれたBikejoringバイクジョアリング)。しばらく更新をしていませんでしたが、準備は進めています。何のこと?って人は過去記事をご覧ください。

【過去記事】
・新しく奇妙な自転車(ドッグ)スポーツ
・Bikejoringはどこでやる?


Bike Antenna
bikejoring_antena.jpeg

スレッギーなんて呼ばれている部品。リードが前輪に絡まないように制御します。またバネがついているので犬の進行方向を補正する役割もありそう。樹脂製のモノなどいろいろありましたが、一番シンプルで信頼性が高そうな、コラムスペーサー取り付けの金属バネタイプを購入しました。

Harness
nonstopdogwear_flat.jpeg

バイクアンテナと同じブランド(Non-stop Dogwear)のフリーモーションハーネスを準備。犬の動きを妨げることがないこだわりのレイアウトのようです。リードとの接続がかなり後方になるので、リードがたるんで犬の脚に絡まることもないでしょう。

衝撃吸収リード
IMG_8922.jpeg

長めの専用品があるようなのですが、上記2点を購入したUS Amazonで取り扱っていなかったので、とりあえずランニングで使っているバンジーリードを延長して使おうと思います。


その他
IMG_0728.jpeg

SPDペダルは必要がなさそうなので、スタンディングで安定感が出そうな大きめのフラットペダルを準備。

とりあえずこんな感じ。フィールドとして予定していた河川敷が台風の影響で使えないのですが、機会を伺っています。肝心の引き手である犬の月齢がやっと10ヶ月を過ぎたところ。骨格が完全に形成されたとは言えず、無理はできませんが、早いうちに自転車に慣らしておくのも大事だとのことで、負荷を与えないように一緒に走るのをメインで考えます。

しかし、犬と自転車が入れる広場(芝生、土)ってなかなかないもんですね。

crankbrothers(クランクブラザーズ) STAMP1 (スタンプ1)マウンテンバイク(MTB)用ペダル [フラットペダル][パーツ・アクセサリ]
by カエレバ





ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



【2019】シクロクロスをはじめたいあなたへ(機材編)

2019年09月19日 20:00

はじめに・・・2015年の記事「来シーズンこそシクロクロスをはじめたいあなたへ 1」を見返したら、ルールやトレンドが変わって修正が必要って事に気がついたので2014年から2018年までと5シーズン底辺カテゴリーを支えてきた経験を基に2019年版に修正します。

これから書くのは多分に私の個人的な経験とそれに基づくメッセージ。できればAJOCC「シクロクロスについて」を最初に読んでおく事をお勧めします。

remount_cxnobeyama.jpg
Photo by Toshiki Sato

ブログではどうやってシクロクロスについて書き出したのか遡るとUNKNOWN CXとして書いている。

観戦した瞬間に「これはっ!」と思ったシクロクロス。近所でやってる運動会みたいなノリがとても楽しそうで。アメリカのダートトラック競技(モーターサイクル)なんかは、観戦も参加も同じ料金で草レースがいろいろな所で開催されているらしく、そんなシーンに憧れを抱いていて現在のシクロクロスがどことなくダブって見えたんだろうな。向いてるとか、競い合いたいとかそんな感覚じゃなく、単純に楽しそうに見えて。それなら見てるだけより踊った方がいいでしょ?


それを存分に楽しむためにはお気に入りの相棒があった方が楽しいに決まっている。競技への興味と同じくらい自転車を準備する事にワクワクしていました。そんな訳で、まずは機材やウェアなどからはじめましょう。

機材編
シクロクロスバイク
canyoncx.jpeg

シクロクロスに挑戦するには必ずしもシクロクロスバイクが必要な訳ではありません。入門カテゴリー(C4、C3)ならMTBでも大丈夫ですし、極端な例ですが小径車、ロードバイクで出た方もいらっしゃいます。MTBを持っていればそれでまず体験して楽しかったらシクロクロスバイクを準備すればいいのです。

トップカテゴリーで上位を目指す選手の多くはシクロクロスバイクを2台用意して戦います。トラブルに備えるのはもちろん、泥が付いて重くなったらピットで素早く自転車を交換して、その間にピットクルーが自転車を洗車して次の交換に備えるのです。しかし今回はそこまで想定はしません。

シクロクロスバイクのフレーム
一見するとロードバイクと変わらないように見えますが、ざっくり違いを挙げると太いブロックタイヤが履け、泥はけが良く、シクロクロス競技に適したジオメトリーで設計されています。素材はカーボン、スチール系(アルミやチタンなど)とありますが、ロードレース程カーボン一辺倒じゃない所が面白い所。問題はブレーキの規格。これからフレームを用意するならディスクブレーキ仕様のフレームを推奨しますが、すでにロードをやっているのであればリムブレーキのフレームからはじめるとホイールの流用ができます。多くのCXerがディスクに乗り換えているので個人売買で一式揃えるのも比較的低コストで可能でしょう。

cx_crforks.jpg
私は今だにリムブレーキのCX。ただしブレーキ本体はカンチからminiVブレーキに変更しました

調べてみるとメーカー完成車20万円以内で結構選べるようですね。完成車以外だと東京サンエスのワンバイエス805zなどはフレーム価格が安いので、コンポなど好きな部品を選んで自分だけの1台を組み上げる楽しみがあります。もちろん私のようにクロモリオーダーからスタートするのもおすすめです。

シクロクロス用のホイールとタイヤ
完成車で購入したなら恐らく付属しているホイールはクリンチャー(WO)用のホイールかもしれません。それを使ってレースに出場する事も十分可能です。下位カテゴリーならレギュレーションは厳しくないので40Cとかの太いタイヤが履ければその辺でトライするのもいいかな。

tnicx22.jpg

しかし、下位カテゴリーであろうとレギュレーションにこだわるのも美しきCXerのスタイルだと思います。シクロクロスは滑りやすい路面を走るためにタイヤの空気圧を下げて接地面積を増やします。ロードだと6〜8気圧とかですがシクロクロスは2気圧以下が当たり前。WOタイヤでそこまで圧を下げると構造上リム打ちによるパンクのリスクが高まります。そこでシクロクロスではチューブラー(TU)かチューブレス(TL)タイヤを使います

そして純正で付いて来たWOホイールをスペアとしておきましょう。先ほど書いたようにスペアバイクは用意しないとしてもスペアホイールはあった方が安心です。わざわざ遠征したのに試走でパンクしてレースを走れないとか悲しいでしょ?ピットクルーがいなくても、ピットに交換用タイヤを置いておけばOKです。(リムブレーキ場合はリム幅を揃えておかないとピット交換の際に大変なのでご注意を)

IRC 『SERAC-TL70032』シラク CX チューブレス 700x32C [0288660001]
by カエレバ


私の装備。紆余曲折ありましたが、現在「安価な部品で組んだホイールと高級チューブラータイヤ(オールラウンド)」と「完組WOホイールとWOタイヤ(ドライ高速)」を使っています。最初に書いていた事と矛盾しますが、WOタイヤ(正確にはオープンチューブラー)はチューブにラテックスを使うことで良好なフィーリングを得られることがわかりました。但し構造上不利な事に変わりはないのでTLかTUがいいでしょう。

参考:シクロクロスの予備ホイール&タイヤ
参考:シクロクロス機材において最も効率的な投資先は?


ペダル
spd_pedal_doro.jpg
クランクブラザーズ、TIME(MAVIC)を使いましたが結局はシマノに戻りました

ロードからシクロクロスをはじめようと思うと必要になるのがペダル。シマノで言うSPDペダルとそれに対応するシューズです。自転車を担いで走る事になりますからクリートが小さく泥詰まりに強いペダルシステムが必要。
いろいろなメーカー、グレードがありますけど、TIMEの評判が高いのと写真のエッグビーターも泥詰まりに強くて人気です。
私のお薦めはシマノのSPDペダル。PD-M540 ビンディングペダル。実売価格も安く丈夫。キャッチ&リリースのフィーリングもよく、インフォメーション(入ったよ、外れたよ)が感触と音でしっかり伝わってきます。泥詰まりに比較的弱いと言われていますが有名海外選手に愛用者も多いのは理由があるはずです。

【エントリーでポイント10倍】シマノ PD-M540 ビンディングペダル SPD MTB用【エントリーは注文後でも可能です】
by カエレバ


CXers EQUIPMENT 編
ロードやMTBの経験があればそれらを流用しましょう。特に注意したい、気が付いた事だけ挙げてみます。

シューズ
ハンマー CX NW
Photo by あの高田くん ノースウェーブのインナーブーツ式3本ベルクロはCX用に開発されたシューズ

SPD対応のシューズ・・・いわゆるMTB用のシューズです。レースだし軽量なカーボンソールのXCレーシングモデルを選ぶのもありですが、MTBのXCと違ってランを強いられる事も多いので、フレックスが少し柔らかい樹脂ソールを選ぶのもありです。どちらにせよスタッズ(スパイク)が取付けられるタイプであれば大丈夫。

CX東京

あとはラストとサイズが合うか?ペダリングでは問題なくてもランの時に踵がパカパカ浮くのはダメ。また薄い靴下でジャストサイズだと寒いレースで厚いウールの靴下を履けなくて困る事もあるのでご注意を(経験談)。個人的には繁茂に洗う事や落車で壊れたりしないのを重視して紐履や3本ベルクロが好きです。

ジロ Giro メンズ サイクリング シューズ・靴【Empire VR90 Shoes】Blue Jewel/Black
by カエレバ


アイウェアとキャップ
悪天候でも基本的には中止にならないので雨や泥から保護する為にキャップとアイウェアは重要な装備です。私は目がとても悪いので度入りのアイウェアが欠かせません。キャップは雨や汗対策はもちろん防寒に必要です。

ジャージとサイクルパンツ
普段使っているもので構いません。いつかオリジナルのチームワンピースがビシッと決まったシクロクロッサーになる事を夢見てね。飛び降りたり、担いだりと普通に自転車に乗っているよりもいろいろなアクションを要求されるので体にフィットしたウェアが良いですね。若干フィットが良くないビブショーツで参加した時にサドル先端にウェアが引っかかるなどの不具合を感じました。
試走とレースの時間が空くスケジュールの場合があります。試走で汗をかき、泥だらけになって、そのまま待っているのは辛いので、できれば2セット持っていきましょう。

私はCX用のワンピースをメインで使い、試走ではセパレートタイプを着用。寒いと体調を崩すのでどちらもサーマルタイプ(内側にフリースなど起毛素材が付いているもの)を使っています。試走ではタイツを履きますが、レースではなるべく脚を出して乗ります。

その他
トランポ
gotonobeyanacx.jpg
クルマ好きならレース会場のトランポを見るのも楽しいと思います

会場が近所であれば自走、駅から近ければ輪行で参戦する方もいますが、基本的にはクルマでの移動になると思います。レンタカーを借りている方も見かけます。自転車が1台であればタイヤを前後外して室内に積めると思いますが、自転車が泥だらけになるので車外に積む方が楽です。これについては外に積む事のリスクもあるのでお好みで。

バイク以外の持ち物
【できれば持って行こう】
・工具(ケミカルや空気入れも忘れずに)
・洗車道具(バケツ、ブラシ、水)
・スペアタイヤ&ホイール
・安全ピン(ゼッケンを付けるのに必要)

【あったらいいね】
・ローラー(アップ用に)
・メンテナンススタンド
・長靴、雨具
・カメラ(レース後に応援しながら撮影してみよう)
・イスやテーブル

フック式メンテナンススタンド 
FUKAYA フカヤ MINOURA ミノウラ メンテナンススタンド 自転車 ロードバイク HMS-10 サドルを引っ掛けるだけ 超簡単整備スタンド

こんな所かな。持ち物に関しては個人差が結構あると思うので増やそうと思えばどんどん増えて行きます。テントやテーブルなどを持って行く人もいますしね。

エントリーやレースデイの過ごし方などにつづきます。




ssalebaner.jpg

いざ幕張決戦へ

2018年11月09日 12:00

いよいよスターライトクロス!幕張決戦が開催されます。前回の前橋CXから1ヶ月近く開いてしまい、その間もCXにはまるで跨っていません・・・不安要素はありますが、それも些細なことでダイナミックな幕張のコースを楽しみたいと思います。

2017 弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE C4-B

昨年のレポートにもあるようにスタート直後に激しい落車をして大きな擦過傷を負ってしまいました。人生初めての骨折をしたのもこのコースでそれだけ取り上げると苦手意識も生まれそうですが、実際は縦の動きが大きくて好きなコースです。

38101987236_f2d3748a2c_z.jpg

今年は2Days参加で右回り、左回りとコース進行方向が反転するとのこと。どちらが得意なんて事もないのですが、UCI化に伴って採用された右回りは上記写真の部分が結構難しく苦労しましたね。手前の水路の窪みでどうしてもスピードが落ちでタイヤが濡れて泥を引っ張るので乗車でいくのがかなり難しい。頂上で片足付くくらいならOKって感じ。

22859776531_c183733171_z.jpg

クリア直前の最後の時ひと漕ぎで上手く路面を捉えるにはノブのあるタイヤが望ましいのですが、それ以外の長い芝生の直線を考えるとダイヤ目の軽いタイヤが欲しいしね。

14991294_1107768212674913_5775815354381919595_o.jpg

2015〜2017のリザルト、レポートを見ると最高成績は2016年の9位(C4)。日曜日の左回りの方を狙った方がいいのかな。

今年はC4ではなくCM3での出走。CM2と混走で表彰も一緒なので昇格の望みは限りなく0に近い。そもそも昇格のプレッシャーなんてないのですが、今回はさらにリラックスして楽しめそうです。

過去記事:#シクロクロスは楽しい
23275294_1538282752921272_3774972922417331579_o.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

この幕張後に書いたひとつのブログ記事は大きな反響をいただきました。多くの人にとっては見過ごされてしまう小さなストーリーだけれど、関わる人には掛け替えのないドラマがそこにはある。

最初は自分の興味で始めたシクロクロス。いつのまにか自分のストーリーにたくさんの仲間のストーリーが絡み合って味わい深いものになってきた。一緒に走ってくれるCXerやそれを応援してくれるチーム関係者、その一瞬を撮影してくれるフォトグラファーにレース運営をしてくれているスタッフの方々。それぞれがそれぞれの想いで紡ぐストーリーに私も何か良い影響を及ぼしているのであれば、それはとても幸せな事だと改めて思う。

「あ、カルさん、また良い話にして勝負から逃げてる」って思った?まぁ、勝敗だけが楽しみじゃないって持論は変わらないけど、もうちょっと努力してみるよ。もっとドラマチックなストーリーにするためにね。


サイクルモード関連の仕事でフル観戦とはいきませんが、今年もドラマの主人公であり目撃者としても楽しみたいと思います。たまにはわかりやすいハッピーエンドの主人公になりたいな(笑)




ssalebaner.jpg

NEW SEASON

2018年09月20日 20:00

なんだかあっという間にシクロクロスシーズンが開幕します。純粋に新しいシーズンへの期待を高めたいところですが、それ以外の部分で界隈がざわついておりますね・・・まぁその辺はとりあえず置いといて。

マスターズへの挑戦
5I7A4631
冒険ランド2018シーズン前 Photo by Takashi Saito

今年から挑戦の舞台をマスターズに変更します。茨城CXシリーズに続いて湘南CXシリーズもCM2/CM3でレースが開催されることが発表されてより楽しめる環境が整いました。今年は茨城CX取手(小貝川)からの参戦にしようと思いましたが、なかなかモチベーションが上がらず。そこでショック療法的に茨城CX開幕戦に出てコテンパンに打ちのめされようと思っています。エントリー開始からだいぶ遅れたので手続きをしたのでスタートリストは最後の53番目。でも肩の力が抜けてちょうどいいかな。それよりもこれだけ人数がいることにも驚きだし楽しみです。

偉大なる草レース
(まだ限定的ではありますが)選手登録を強制されると、いわゆるガチレースイベントみたいな感じになっちゃいますが、私が参加してみたいと思ったのはミストラルで繰り広げられていた素晴らしき草レースとしてのシクロクロス。参加するからには勝利を目指すし、勝者をリスペクトするけども、それと同じくらい心底シクロクロスを楽しんでいる仲間をリスペクトしたい。その精神だけは絶対に忘れずに今年もシクロクロスレースに参加します。

IMG_6888
ファーストシーズン #2 Photo by Hisanori Ueda

初心を忘れてはいけないよね。過去記事「CX キッカケとイマ」にはCXをはじめた頃のことが書いてあります。

1人ではじめたシクロクロスですが、今ではたくさんの会場で顔見知りができて、名前付きでたくさんの応援(野次含む)をしてもらえるようになりました。CX会場じゃないところでも「もしかしてカルさんですか?」ともしカル現象まで起こる始末。結婚式の時に「人生でこんなに写真を撮ってもらうこともないだろうな」と思ったのですが、CX会場では結婚式以上に写真まで撮ってもらえます。これがね、イケメントップカテゴリーレーサーなら話は別ですが、アラフォーで入門カテゴリーのおじさんですよ。何なんですか、シクロクロスって!?逆に怖くなってきた。



heartbreake_sand.jpg
2017-2018千葉CX Photo by Yasuhiro Nakashima

強くなるようなトレーニングは不足していますが、朝ランと食生活改善をメインに前年比で体重は約4kg減らしました。勝つ準備はできていませんが、写真を撮られる準備はできています(笑)

このブログタイトルは「自転車はじめまして」。これは永遠のビギナーである自分用の覚書としてはじめました。それでも偶然目にした誰かが「こんなおっさんでもシクロクロスレースって出てもいいんだ・・・俺でもできるかな」とひとつのキッカケになれたら幸せなことですね。そんな心持ちで今シーズンもシクロクロスを楽しみ、情報を発信したいと思います。

それでは、はじめましょう。




ssalebaner.jpg

灼熱の冒険ランドでCX練はじめ

2018年08月25日 13:30

さぁ、シーズンインまであと1ヶ月。まだ暑くてそんな気になれないけど、シクロクロスバイクの挙動を思い出そうと灼熱の冒険ランドへ。

IMG_1607.jpg

道中、クルマのメーターパネルに外気温32度の表示。そんなコンディションでしたが今年一番準備のできている漢が黙々と周回を重ねていました。準備をしてすぐにコースイン。轍をトレースしようにもオーバーランすることも。しかし、周回を重ねるうちに前後荷重だったり、リーンイン・アウトの感覚が蘇ってきました。

IMG_1609.jpg

それでもやはり暑さが厳しく20分3本(そのうち2本は20分まで走れず)をやって終了。駆けつけてくれた今年同じレースで走るCM3の先輩と練習に来ていたOTRのL2ライダーと談笑。

IMG_1620.jpg

今日の目的は新規導入するオープンチューブラーの感覚を探ること。1本目TUで2本目はOPEN TUで。想像していた転がりの良さは狙い通りで完組ホイールの縦剛性もあって進む感じが心地よい。反面高めの空気圧とトレッドパターンへの信頼が確立していないこともあり、コーナーはちょっとビビってます。徐々に感覚は掴めてきました。

Eiji Ohkiさん(@ag_ohki)がシェアした投稿 -



やっぱり走ってみないとわからんね。暑さで敬遠していた茨城#1エントリーするぞ!




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg



最新記事