度入りサングラス愛用者には気になるアイテム登場

2019年08月21日 20:00

先日のMTBふじてんライドでもっとも私を悩ませたのは、自転車乗り込み不足でもなく、XC用MTBの機材でもなく、プロテクター類の不安でもなく・・・視界の問題。スピードや木陰のコントラストなどもあって、目が追いつかずに対応が遅れることを実感しました。

sunglas_pakley.jpg
矯正レンズを入れてから5年経過したスプリットジャケットですが、フレームだけ考えると使用開始してから7年経ちます

2017年の記事「視界は良好か?自転車とアイウェアの話」のところでも書きましたが、円錐角膜による強烈な乱視でちゃんと矯正するにはオーダーで製作するハードコンタクトレンズを使うしかありません。ただハードコンタクトレンズの特性上、自転車遊びに使うにはいろいろ不便な事が多く、弱矯正にはなりますが、度入りサングラスを使っています。

46456132_1905760506386835_3075930181530025984_o.jpg

購入時のレビューが2011年1月ですからね・・・長く使ってるなぁ。円錐角膜発症前はサングラスを取っ替え引っ替え使っていましたが、今はそうはいきません。矯正レンズを組み込んだスプリットジャケット(マットブラック)の他に予備フレームとしてイエロー/ホワイトも持っているので、まだ使えますが、常に視界をより確保するために情報収拾は欠かせません。今回そのアンテナに引っかかったのが、OGK kabutoの新作OGK KABUTO 301Dです。

301dogku.jpg
メーカーサイト:OGK kabuto 301シリーズ

前に紹介したスミスのODSのようにアダプターを介して8カーブ用のフレームに6カーブのレンズを組み込めるようにするシステム。OGKではDOCKシステムと呼んでいるようです。フレームのデザインと合わせてCFD解析を行っているようで6カーブでありながら空気抵抗、風の巻き込みなどにも対応しています。

見た目の好みについては、サングラス単体で語るのはあまり意味がなく、ともかく実際にフィッティングしてみないとなんとも言えないけど、悪くはなさそう。少なくとも試してみたいと思った。

ただ、いつも言うけど自分で調整できるノーズパッドはあまり好きではない。転倒などでぶつけた時にフィッティングが変わるのが嫌なんですよね。

OGK Kabuto(オージーケーカブト) 301DPH サングラス 防曇クリア調光[自転車・アイウェア][調光レンズ][サングラス]
by カエレバ


スプリットジャケットよりも軽かったらいいな。自転車では気にならない重量もランニングだと上下運動があるので動くのが気になるんですよ。お店に足を運んでみようと思います。




ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



チームカーから見た2019年全日本選手権自転車ロードレースレポート

2019年07月01日 20:00

全ての始まりは、こんな他愛のないつぶやきからでした・・・



2019年の全日本選手権ロードレース会場は富士スピードウェイ。4年前に栃木で開催されたのが関東地方で初めての開催。そこからやっとまた観戦に行けそうな場所で行われる。そのワクワク感をちょっとしたジョークで表現したのですが、この直後にオランダにいる武井さんからメッセージが入ります。

TK(武井さん)
「っということでFSW走りませんか?」
「土曜日 ね」
「29日 土曜日 でございます」


「えっ!?走るってサポートカーの件ですか!?」
「もちろん応援に現地へ行く予定でしたよ」

TK
「じゃ やりましょう!」
「ライセンスだけ申請しておいて」
「すげーかっこよくね!?」


「カッコイイ!w」


始まりはいつも唐突です。面白いと思ったお誘いやチャンスには、常に尻軽に飛びつきたいをモットーとしていますが、流石に今回はちょっと尻込みしました。真冬の野辺山遠征真夏の館山へ不安なく行けるくらい信頼しているダッツン。しかし、どんなにメンテに気を使っても現代の車に比べたら当然故障するリスクは高い。失敗により自分が苦労することに臆することはないが、東京五輪出場がかかる全日本選手権に「面白そう」で安請け合いをして、大会に迷惑をかけてしまわないか・・・正直相当なプレッシャーでした。

何が不安かを武井さんと話し合い、バックアップ体制を提示してくれました。何よりも日本のロードレース界へ新しい風を入れたいと考えるTK氏の思いを聞き、もうこれは実現に向けてしっかりとメンテナンスをするしかないと腹を決めたのです。

datsun411ss.jpg

今回チームカーとして走らせた車を改めて紹介します。1966年式のダットサン・ブルーバード(411)。グレードは1300SSで上から2番目のスポーツグレードです。サファリラリーで日産が初めて優勝したモデルとなります。(のちに石原裕次郎主演で映画化されました)機関はほぼノーマルですが、点火システムのみアップデートされています。スポーツモデルはエンジンの戦闘力アップ、トランスミッションが3速から4速になり、前輪ディスクブレーキも装備されました。ボディデザインはピニンファリーナによるものですが、お尻下がりに見えるデザインが日本ではあまり受け入れられずに、この後期型(411)で変更が加えられています。
このブルーバードのデビューは1963年。東京五輪の前年となります。そのブルーバードが2020年の東京五輪前年に行われる全日本選手権を走るってのも凄い巡り合わせですよね。

oilchange.jpeg

私は元自動車メカではありますが、このブルーバードは車検をはじめ大事なメンテについては信頼しているベテランメカニックにお願いしています。控えめに言ってもゴッドハンドと周りから尊敬される方で、我が家にあるクルマは全てその方が手を入れてくれています。3年前にキャブは同じ年代のフェアレディから部品を流用してセッティングをして、ローダウンしてあったサスペンションもノーマルに戻して初期化してあります。今回は私が各部のチェックと消耗品の交換を行いました。チームカーでの参加を決めてからそれ程時間はありませんでしたが、それなりに自信を持って当日を迎えることができました。逆に自信がないと走っちゃダメですよね。
ただ、天気だけはどうしようもなく雨のFSWのコースがどれくらい滑るのかが不安要素でした。雨対策は、ワイパーの水はけとデフロスターの効きも悪いので撥水、曇り止め剤をしっかり塗り込むくらい。とにかく最高の集中力で運転できるよう早めにベッドに入りました。

4時に起床して、道中は車を労わるように80km/h巡航で走らせます。途中GSに寄り空気圧を調整。チームより少し早く会場入りしました。その後すぐにチームがピット入り。挨拶を交わして準備に入ります。

mecafsw.jpg
ピットではレースが始まる直前まで入念なチェックが行われていました

武井さんのリーダーシップとマネージメント、そして最後の最後までこだわり続けるメカニック作業、これに加えて普段のコーチまでやってるんだから、やっぱり凄いですね。それでいてあらゆる局面でストレスフルであろう場面もあるだろうけど、声を荒げることなんてチーム内では絶対にしない。「よし、じゃぁ、それ俺がやるよ」頼んで、不安そうなら自分が黙々と動く。そしてできる限り万全の体制で自信を持って選手を待つ感じ。自分が20数年前に関わっていた自動車レースのピット風景と比較しても、とてもプロフェッショナルな現場だと感じました。

やるって決めたことをシンプルにやる

言葉にするのは簡単だけど、それがなかなかできないんだよね。他から見たら変人だと思われている感があるけど、それはいわゆる日本的な「普通」と違うだけで、どっちがおかしいのか?って問われたら口ごもる人も多いのかもしれない。

fsw_up.jpeg

この日最初のレース(U23男子)の途中に與那嶺選手が会場入り。レースへの集中を邪魔しないように、距離を置いて接しようと思ったのですが・・・ファーストコンタクトは私が控え室で呑気にモダン焼きを食べているところでした。恵理さん開口一番「ソースのスメルがすごいw」あぁー、失敗したなぁw 

レースの結果は各メディアの情報を見てもらった方がいいでしょう。チームカー目線での大まかな流れは48PRODUCTブログに書いています。

fsw_live.png
ライブ中継は武井さんのFBにログが残っていると思いますよ

レース中はダッツンのフロントガラスに取り付けたスマホでライブ中継をしていました。主催者が中継を配信していない事もあり多くの方が見てくれていたようです。序盤なんかは、あまり余裕がなかったし、與那嶺選手に横付けするシーンなど失敗もあり迷惑をかけてしまいましたが、無事にレースを終えることができました。この中継の録画を私自身はまだ見ていないのですが、ラジオツールの音、チーム間の無線、私たちの会話、ダッツンのエクゾーストノートなどもちゃんと記録されていて臨場感あったみたいですね。裏話みたいな事を書こうと思ったけど、全部筒抜けだったんですよね。

fsw_heavywet.jpg
Photo by Kei Tsuji

コースはヘビーウェットで終始雨が降っていました。2速と3速の間を行ったり来たりしながらトラクションを維持しつつ慎重にドライブ。序盤はチームカーやコミッセールカーの隊列に入り、行ったり来たりするオートバイ、ちぎれていく選手に気をつけながら走る感じ。周りはオートマ、4駆、太いタイヤでイージーに走っていると思いますが、こちらはそのペースに合わせるのも大変でした。早い段階で與那嶺選手が飛び出し、その後はコース幅も使えてそれなりのペースでスムースにフロウできたので助かりましたよ。

沿道からは大きな歓声があり、與那嶺選手の人気はもちろん、クラシックカーが走る姿を概ね好意的に受け入れられたことが伝わってきました。本場のレースでも特定のステージで最新のスポーツクーペが走りプロモーションをすることは一般的になりましたが、クラシックカーがナショナル選手権を、しかも最有力選手をサポートするなんて前代未聞でしょうね。私が言うのもなんですが、すごいシーンを目撃したと思いますよ。

與那嶺選手はゴール直前でスポークが飛ぶトラブルに見舞われましたが、機材交換などのサポートが必要なシーンが訪れる事もなく、盤石の体制で勝利を手にすることになります。圧巻の独走勝利により私もダッツンも4時間19分の任務から解放されました。

IMG_8770.jpg

そして開放感に浸る私にサプライズが。なんと表彰台で受け取ったチャンピオンジャージをプレゼントしてくれるなんて。恵理さん曰く「一緒に140キロ走ってくれたんだから当然ですよ」と。最近、涙もろくなっている私は・・・。

レースが終わり帰路へ。2時間半のドライブ。この日は合計10時間近く運転したことになりますね。與那嶺選手の勝利に貢献する1番の目標は達成。(いや、貢献って言うのもおこがましいですね。)結果的に1966年式の車もちゃんとメンテナンスをすればこんな風に走らせることができる事もアピールできました。ただ、そんな事より、私にとっては真剣勝負の現場にこれ以上なく近い場所で、それを見て感じることができたのがめちゃくちゃ貴重な体験で最高のギフトでした。心地良い疲労感に包まれ、それでも興奮しているのかあまりよく寝付けなかったな。なんか本当に凄い経験をさせてもらっちゃいました。チャンスをくれた武井さん、恵理さん、そしてTema ERIの皆さんありがとうございます。

ラストラップ。助手席から沿道に向けて武井さんは「東京で会いましょう!」と声援に応えました。リオ五輪で日本人最高位を掴み、それからも本場のロードシーンで戦い続けてきた與那嶺選手が無事に東京五輪を迎えて力を発揮してくれる事を心から願っています。



ssalebaner.jpg

ヒッチメンバー取り付け自転車ラック選び

2017年07月20日 08:00

ヒッチメンバーに取り付けられる自転車ラックを選択中です。日本ではあまりポピュラーではなく量販店へ行ってもお目にかかることはありません。THULEなんかはカタログには掲載されてるのですが、それ以外は日本では取り扱いのない場合がほとんど。並行輸入品から選ぶか海外通販で購入するしかありません。それだけに大手メディアの情報は余りないのですが、個人ブログのレビューなどが参考になります。

6861974129_3c74a8ace3_z.jpg

TKC Productions
車にヒッチキャリアを付けてみよう!
ヒッチキャリアをkuat NVに交換した話

Above Bike Store
KUAT NV HITCH RACK/クワット エヌブイ ヒッチラックのご紹介。

BLUE LUG HATAGAYA BLOG
Hitch&Rack

Circles BLOG
Kuatracksの装着。弊社トランポを例に。

KTANA REPORT
JEEPラングラーを買ったのでヒッチメンバーを付けた話

ウィスラーの次はニュージーでのMTB DHライドを夢見つつ、エリート復活を目指す39歳
ヒッチキャリア Kuat Transfer2 はよく出来てる!
普通車+ヒッチキャリアで、あれこれ試して分かった事=Swagman XTC2は良い!

IMG_6976

他にもたくさんの記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。上のリンクを辿るとkuat NVを買っておけば間違いない感じですが、YAKIMA HOLD UPもほぼ同じ機能を有している事もわかりました。質感は下がるけどお求め安い価格で正規代理店が楽天で売っているのは買いやすくていいですね。YAKIMAなら4台積載でリーズナブルなモデルもあったりして面白いです。質感は随分と下がりますけどね。

更にアメリカのサイトをサーフすればレビュー記事や動画もたっくさん出てきます。インターネッツ万歳!

1台積み
1up USA Bike Rack "Quik-Rack"


2台積み
MITSUBISHI OUTRANDER PHEV + Kuat Racks


YAKIMA TwoTimer


RV INNO Tire Hold INH305


Saris Freedom Bike Rack


3台積み
Kuat Transfer 3


4台積み
YAKIMA HoldUp 4


質感や機能、積載台数、拡張性、重さや取り回し(チルトや折りたたみなど)、取り付ける車との相性、バリュー、ブランド、入手のしやすさなどどこを重視するかで幾つかの候補に絞れてきましたが・・・もう少し悩んでみます。

【USヤキマ・正規輸入代理店】 YAKIMA ドクタートレー 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用 ※トランクヒッチ用バイクラック
by カエレバ

ヤキマの新作Dr.TRAYはFAT BIKE対応でかなりシッカリした作りっぽいですね

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

CXのロードトレーニング用ホイール 1

2015年12月04日 22:30

三角巾がコスプレのように感じて来た昨今。通院の時は一応していくのですが、ついスヌードのように首にだけ掛けて行ったら「ホントに邪魔なんですね・・・今日でやめましょうか」と半ば諦めに似た言葉と共に右腕が自由を勝ち取りました。可動域は広がって来ましたが、一定を越えると痛みは出るし、体重をかけたり、重いものを持つ事は無理。でも野辺山で軽く流したあの日よりも日に日に回復している事を実感。ここまでくればロードワークは問題ないでしょ。

nobeyamaraizin.jpg

そこでロードバイク(Tramac)に乗ってもいいのですが、やはりCXシーズンですしライジンCXに乗っておきたい。荻島さんのCXスクールでも基本はロードでのトレーニングでシーズン中はポジションに慣れるためにもCXでのロードトレーニングが有効だと聞いています。そこでライジン用にロードタイヤが欲しいなと。

11速仕様のライジンにはWH-7850SL(with PAX加工スプロケ)とWH-RS81-C24を準備してあります。シラクのマッドとノーマルを履かせてこれはCXレース用に。

MAVIC GP4 + SHIMANO105(5800)

それと、昨年使っていた手組TUホイールが余っているのでこのリムをWOに組み替えてもらい太めのロードワーク用タイヤを組み込む魂胆。リムはMAVIC OPEN PRO CDdeにしてタイヤをどうするか?


1.CXでのロードワークに特化したスリックタイヤ
まずは当たり前に通勤やロングライドで使う事を考えてスリックタイヤを選ぶパターン。サイズはCXブロックタイヤとの挙動があまり変わらないようにCXと同じ32Cからちょっと太めの35Cくらいに。

候補
パナレーサー・リブモ PT 35C
コンチネンタル・ゲータースキン 32C

2.CXレースも頭の片隅に置いてドライ用タイヤを装着
マッドとノーマルのブロックタイヤはあるので、もっと転がりを追及したIRCで言えばサンドみたいなヤスリ目くらいのセミスリックタイヤを使っておけば、ロードワークともしものレース用で併用できないかな?

候補
パナレーサー・グラベルキング 32C
IRC シラクCX SAND WO 32C

3.Tarmacでも使えるスリックタイヤ
WH-7850SLは元々Trmac用のオールラウンドホイール。CXシーズンは仕方がなくカーボンディープホイールで過ごしています。そこでこのホイールをどっちでも使えるクラシックアルミホイールって位置づけにするのも汎用性が高い。ロードは23Cしか使った事がありませんが評判がいい25Cにしようかな。

候補
パナレーサー RACE D EVO3 レースD 25C
IRC ASPITE PRO 26C

2014 Raizin CX

まぁ、汎用性を高めると中途半端な感じになるので普通に太めのスリック(1)で考えた方がいいですよね。TUじゃないんだからターマックで使いたくなったらタイヤを入れ替えればいいんだもん。CXに細いタイヤはルックス的にも微妙ですしね。

そんな事を検討しながらとりあえず組み替えを依頼しに行ってこないと。スポークそのまま流用できれば嬉しいな。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

女性用サドル選び

2012年02月27日 22:46

当初から「お尻が痛い!」とクレームの入っていたGIANT OCR3。妻の乗り方の問題だろう(ペダルを踏んでいない)とも思っていたのですが、とりあえずVELO gel入りサドルに交換して様子を見てもらっていました。

giant_vero.jpg

先日、タイヤ交換後に購入した輪工房までポタリング。往復で20キロくらいだと思うのですが、やはりお尻が痛くて次の日辛いとの事・・・。乗り方云々もあるんだろうけど、まずは快適性の高いサドルを使わないと、佐渡ロングライドに向けて練習も苦痛になるだろうからとサドル交換をしましょう。

女性用サドルって何だろ?
巷には女性用サドルなんてものが売られています。自分には関係ないのであまりよく知らなかったのですが、ちょっと解説を読んでみて「なるほど」と思いました。要は女性は出産をすることもあって一般的に男性よりも骨盤が広い。よって、幅の広めのサドルじゃないとデリケートゾーンを圧迫してしまうよ!って事なんですね。

そう考えたらスペシャライズドもボントレガーも骨盤の広さを計測してサドルを決めていた事を思い出しネットでチェック。段ボールを使って量ってみました。そしたら一目瞭然。私よりも妻の方が骨盤が広く、それでいて私よりも着座位置の幅が狭いサドルを使っているのですから痛いに決まっています。

ショップで計測
別件で出掛けたついでにTREKのショップがあったのでそこに立ち寄り専用の計測器(サドルサイザー)で坐骨間隔を量ってもらいました。すると女性用のMサイズが適合との事。

そこで選んだのはinform ネビュラプラス WSD。カテゴリー的にはクロスバイク等のアップライトポジション用のサドルになるようですが、とにかく一番お尻に優しいモノを使って、ペダリングに邪魔だとか問題が出れば軽量なロード用に交換しようって魂胆です。

wide_sadole.jpg
左:VERO 右:inform ネビュラプラス WSD

このサドルの一番のポイントはFlexForm。幅の広さをカバーするようにペダリングの動きに応じてサドルが左右に傾斜します。このシステムのおかげで重量はかなりあるのですが、プロレーサーもサドルは快適性を優先するそうですから迷いはありません。

flex.jpg
レールとサドルベースはフレックスフォームを介して接続されています

しかも、これだけのシステムが付いてるのに定価4300円ですよ。軽くなれば1万円以上はしますからね。作りもしっかりしてるし安いなぁー。それでいて購入したバイクプラスさんでは30日満足保証対象商品で満足できなければ交換や返金に応じてくれるとの事。いやはや、凄いサービスですね。サドル選びにはうってつけのサービスでしょう。

sadole_w.jpg

いい買い物だったと結論付けるのは「これでお尻痛くなくなった!」と言ってもらえてからですけどね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事