2019-2020 幕張クロス CM3

2019年11月04日 11:07

台風の影響で例年よりもシーズンインが遅れてしまいましたが、なんとか無事に開幕を終えました。毎年参加している幕張クロス(旧スターライトクロス幕張)は、好きなだけに入れ込みすぎて怪我も多いコース。安全第一で楽しんできましたよ。

コースチェック
makuharicross_map.png

恒例の試走時間前徒歩でのコースチェック。エリートはUCIレースとなるのでコースは右回り。基本的なレイアウトは作シーズンと変わらない感じだが、下位カテゴリーは芝生エリアがショートカットされる様子。この日のチェックポイントはコースコンディション。排水ポンプを使ってコース内の水たまりはほとんどなくなっているが、一部だけ意図的に残してある場所あり。また染み出しによりぬかっている場所もあり。後半のスケジュールであればラインもできてドライになりそう。

IMG_0898.jpeg

コース図左側とコース奥にある2連キャンバーの2つめ登り返し(忍者返し)はディスマウント。それ以外は基本的に乗車でクリアできる(バリア除く)。

作戦と目標
昨年は自分史上最も仕上がっていたシーズンだったが、今年のオフは本当に自転車にまたがっていなかった。そんな中の初戦でスタートは43番コールなので5列目。順位目標はなし。現状できる限りの力でプッシュをして、どれくらいのポジションで走れるのかを確認するレースとします。もちろん安全第一でね。

機材
19-20_raizin_cx.jpg
詳細はこの記事で

昨年は芝生エリアの転がりを重視してタイヤをシケイン(チャレンジ)にしたが、登り返しのキャンバーでトラクションが抜けることが多かった。試走では丁寧に走るから問題なくてもレースだとやっぱり神経が行き届かない。今回は芝生エリアも短くなっている事もありオールラウンドのスラローム(FMB TU)にした。不安だったのはタイヤ貼ってから一度も使ってなかった事くらい。

CM3 レースレポート
IMG_0985.jpg
Photo by Tomoaki Hori

スタートは周りの動きを見つつ落ち着いて。1コーナーまではあまり車間を詰めないようにして安全第一。そこから芝生エリアのヘアピンでガラ空きのラインを見つけてちょっと踏む。焦って踏んでも前に詰まるだけなので冷静にラインを探して空いたらそこに入る感じでバリア前まででそれなりに挽回できたかな。

IMG_0987.jpg
Photo by Tomoaki Hori

体力は持つはずがないので、出しどころを制限して、滞りなくフローするようなイメージ。芝生エリアに入ったらダンシングで早めにスピードに乗せるのは心がける。プッシュ、プッシュ!

IMG_0981.jpg
Photo by Tomoaki Hori

試走よりコースが絞られて逃げ場がなくなった水たまりポイント。まだラインができていない泥部分を走るより水の中の方が抵抗が少ないと信じて。

74426185_2551909774891893_5416872466645516288_o.jpg
Photo by Shinya Yoshiwara

Lap2の水たまりポイントではひろさとさんのオンボードに映っているが、加速も含めて2名をパスしている。

IMG_0983.jpg
Photo by Tomoaki Hori

決めたプランを淡々とこなし、前が見えたら追いつけるようにプッシュ。Lap2後半で前太ももに乳酸が溜まって踏めず。Lap3入って一度抜いた選手2名にパスされる。

IMG_0943.jpg
Photo by テリー

後ろを気にしつつ、これくらいの位置かと漕いでいたが、キャンバーなどの処理は破綻なくクリアできた事もあり抜かれた1名は射程距離に入った。最終コーナー手前の芝生エリアで踏んで気づかれないくらいの位置に上がって、最終コーナーで一気に真後ろにつき、そこからスプリント!声が出るくらい踏んで抜いてゴール。

リザルト:10位/49人出走 20%
Lap1 8:38(14)
Lap2 8:12(7)
Lap3 8:17(8)
合計タイム 25:09 (+1:23)

Good!
・決めたプランを確実に遂行できたこと
・できすぎのリザルト
・喘息発作や坐骨神経痛などの症状が出なかった

Bad
・オンボードカメラの操作失敗でデータなし

Lap2終了時に9位に上がっていたみたいだけれど、抜かれて抜き返して最終的には10位のリザルト。暑さを感じたが、空気の乾燥はなく、体調を崩すことなく走りきれたのは大きい。これからフィジカルを積み上げるのは困難なので、できる限りプッシュしつつ、冷静なマネージメントでリザルトを残せたらいいね。

IMG_0938.jpg
TEAM 48PRODUCT マスターズは無事にシーズンイン。NEWシューズはジャージデザインにドハマリしていると話題に。

最後に幕張クロスについて。昨シーズンまで売りだったナイトレースがなくなり、2日間に分けて1日分のスケジュールを消化する宇都宮のような運営になった。下位カテゴリーの参加人数減少によりレースグループが減ったのは長期的には問題なのかもしれないが、レース進行的には余裕ができた。UCIカテゴリーと下位カテゴリーでコース長の調整もあり、ちゃんと30分のレースが開催された。

ちなみに昨年までは20分前で終わることが通例だった。

昨日に引き続き20分弱のレース。ルール通りトップのラップから算出すれば3周回のレースになるはず。競技の性格が変わってくるくらいの状況だし、どうにか対策をして欲しい。ちなみにこの日は私たちとC3は2周回でC4は3周回のレースとなりました。なんだそりゃ。
UCI基準に合わせることによる弊害(コースが長くなり、遅い選手に合わせておかないとタイムスケジュールのコントロールが難しい)があるのは予想できるが、それにも対処方法はあると思う。今回スタートがホームストレート内だったが、これを別のスタートループを設ければ、前のレースの遅い選手をコースで走らせつつ、召集も完了できたりするでしょう。年々良くなっているイベントだけに次回に期待します。
昨年のレポートより



次回はRapha Super Cross 野辺山です。茨城の新会場も気になるけど体力的に難しいので観戦だけにしておきます。いやぁ、シクロクロスって辛くて楽しいですね。



ssalebaner.jpg

スポンサーサイト



【シクロクロス】2019−2020シーズンの主力タイヤ

2019年10月08日 08:00

17-18シーズンから使っていたFMBスラロームですが、トレッドの摩耗、損傷は問題がなさそうですが、ホイールとの接着部分に剥がれが見られたので思い切って交換することに。貼り直せば3シーズン目も使えそうですけど、ふんどし剥がれのリスク回避の意味もあります。

fmbservicecourse.jpg

今回も同じくスラロームですが、シリカ配合で低温時でも硬くならない緑のスラロームにしました。性能云々よりも見た目のチョイスです。グリーンのフレームに合わせて、ダサい感じにしたかった。

fmb_green.jpeg

7月末にはBIKE24にオーダーを入れて待つこと1ヶ月。何の音沙汰もなく、メールで問い合わせて、いろいろあってオーダー入れなおして、その後はすぐに届きました。

daiwa_weder.jpeg

DUGASTを使ってみたい気もしたのですが、FMBは標準でコットンに防水処理をしてあるのがポイント。(DUGASTでもオーダーできるようですが)自分でタイヤをはめた後に接着面保護で塗りますが、コットン部分は下地ができている感じで塗りこまなくても少量で塗れます。

greentire_fmb.jpeg

今回は定番のアクアシールではなく、ダイワの製品を使ってみました。前回はバスコークで接着面の保護だけして、サイドのコットンは何もしなかったんですよね。





1週間後のレースに向けてギリギリのタイミング。そして今のところ天気予報では台風が列島を直撃しそうな勢い。レースが開催されれば、このタイヤの出番っぽいのですが、その前に一度くらい使っておきたいですね。

今年も手組み&TUと完組&クリンチャー(オープンTU)で戦います。




ssalebaner.jpg

2019-2020 CXシーズンスケジュール予定

2019年10月03日 20:00

昨年まで日帰りで行ける範囲のレースは何も考えずにエントリーしていたシクロクロス。しかし、連戦で体調を崩し、後半は怪我などによりDNSになるのがパターンになっていました。特に昨年の椎間板ヘルニアと腰椎すべり症による坐骨神経痛は、日常生活に影響が出るほど。持病リストには「アトピー性皮膚炎」、「アレルギー性喘息」、「円錐角膜」とありますが、そのリストが更新されてしまいました。

参考:2018-2019 シクロクロスシーズン総括
なんと12レースエントリーしていました。(DNSが3)振り返ってみると後半戦はペットロスもあって気持ちも入らなかったんだな・・・



44419434645_08b17a930c_z.jpg
Photo by Tomoaki Hori

シーズンオフの間も腰痛との戦いがあり、Attack!299もDNF。昨年までのスケジュールでは到底楽しめないと悟り、エントリーレースを吟味することにします。

2019-2020 シーズン予定
10月14日 茨城シクロクロス #2 取手ステージ(エントリー済み) 台風により中止
11月2日 幕張クロス(エントリー済み)
11月23日 スーパークロス野辺山(エントリー済み)
12月14日 宇都宮シクロクロス ろまんちっく村
1月26日 茨城シクロクロス #3 城里ふれあいの里
(2月16日 千葉シクロクロス #2 会場未定だが新会場なら検討)
2月23日 茨城シクロクロス #4 土浦

2レース/月を条件としてAJOCCのカレンダーで検討。ピックアップしたら7レースとなりました。茨城の新会場涸沼はかなり気になるけど幕張と野辺山の間なのでパスかな。(来シーズンのために観戦は行きたいけど)千葉は新会場であれば検討するけど、前と同じ場所であればパスする感じ。湘南も中井は好きだし、野辺山以外の遠征も入れたいけど今年は無理かな。

facedown.jpg
Photo by Takashi Saito

こんな風に書いていてもシクロクロスレースに参加する実感がいまいち湧いてこないのですが、昨年の記事でも書いている通り "本当のモチベーションは走り出さないと生まれないのを知っています。まずはとにかく走り出すこと。走りながら考えたいと思います。"

FlatCoatedRetriever_rinda.png
俺の自転車タイムイーター "リンダ"

最初に書いた通り、昨シーズン後半はペットロスで走れませんでした。しかし、その後のシーズンオフも(良い意味で)ペットのせいで走れていません。昨年はなんだかんだ言って密かに結果を求めたシーズンだったけど、今年は違ったペースでシクロクロスを楽しみたいと思います。



ssalebaner.jpg

2019-2020シーズンに向けて

2019年09月10日 08:00

CXシーズンももうすぐ開幕。例年ならエントリーをバンバンしている時期ですが、今年はまだ茨城CX #2 取手(小貝川)のみ。9月は見送って10月からシーズンインとし、体調とも相談して、あまり過密日程にならないようにしたいと思います。

シクロクロス 俺の楽しみかた(note)

犬との時間を大事にするあまり自転車に乗る時間は激減していますが、ここで改めてシクロクロスについて書いたのでよかったら読んで下さい。ちょっと前に書いて、公開設定をせずに下書きのままだった記事ですが、基本的にはこんなスタンスです。

とりあえずシーズン後半に向けて?ローラーを30分回しました。めっちゃキツイです(苦笑)




ssalebaner.jpg

2019/07 現在のTarmac Pro

2019年09月09日 12:00

テーマは「脱シマニョーロ」

親指シフトの気持ち良さは捨てがたいが、11速化して変速調整がシビアになり、こだわって少し面倒な機材を使うのにも飽きたので互換性の確約されたフルシマノに戻します。シマノ内でもグレードや型番で互換性がないものもありますが、その辺にも考慮してスッキリさせたい。
「脱シマニューロへ」より


【 2019ver 】 チューンナップ案(2019年2月の記事)」で宣言した通り脱シマニューロ。3月の時点で部品集めはほぼ完了。それらを組み付けて2019年Verが3月の時点で(ほぼ)完成しました。

201903tarmac.jpeg
2019/03/22

st9001r.jpeg

FD-9000-B.jpeg

br9000.jpeg

3月の段階でSTI、ブレーキ、FDを交換する事で脱シマニョーロは完了。微妙な変速不良とまでは言えないフィーリングの悪さから脱し、メーカーが約束してくれた互換性パーツの完璧な動作を手にしました。

34T化と1番古い部品の交換
これで当初の予定は終了だったのですが、昨年も参加した過酷な真夏のライド「Attack!299」に向けて更に手を入れることに。RDをダウングレードすることによってロー34Tを使えるようにして、更にTARMAC PRO購入当時から愛用していたTIMEペダルを交換しました。

tarmac201907.jpg
あとで写真差し換えよう

その他
thomson2.jpg

アメリカンバイクにアメリカンパーツを。ボトルケージからスタートしたこのムーブメント(大袈裟)がステム選びにも影響を与えます。カーボンバイク=黒系部品での統一に一石を投じるチョイス(大袈裟)。ステムをトムソンにしました。次はクリスキングのBBかな。

(未計測)kg
今までの最軽量Verが7.785kgでしたが、昨年はタイヤ交換などが響いて7.9kgに。軽量化を目指したペーツチョイスでもないので計測もしてません。気が向いたら測ります。

左右デュアルコントロールレバー:SHIMANO DURA-ACE ST-9001 NEW!
フロントディレイラー:SHIMANO DURA-ACE FD-9000-B NEW!
リアディレイラー:SHIMANO ULTEGRA RD-R8000 NEW!
カセットスプロケット:SHIMANO CS-HG800 11-34 NEW!
前後ブレーキキャリパ:SHIMANO DURA-ACE BR-9000 NEW!
クランク:SHIMANO FC-6800
パワーメーター(センサー):パイオニア左のみ
ペダル:SHIMANO ULTEGRA PD-R8000 NEW!
ホイール:FULCRUM RACING ZERO NITE C17
タイヤ:MICHELIN POWER ALL SEASON 25c
チューブ:Panaracer R'AIR
ハンドル:DIXNA アグリーハンドルバー 405mm NEW!
バーテープ:SUPACAZ SUPER STICKY KUSH Galaxy NEW!
ステム:THOMSON ELITE X2 90mm NEW!
ボトルケージ:KING CAGE IRIS

ハンドルバーとか交換したけど触れていなかったパーツもあったので一覧をなんとなく更新。もう基本はできたので、気まぐれなアメリカンパーツムーブメントの波が次はどこに!?ってところかな。調和を目指すならBBにシートピラー、ハンドルバーなんかは交換したい気持ちもあるけど優先順位はとても低いので良いタイミングがあればって感じ。そろそろGARMINメーターとかも怪しくなってくるし、そっちが先かもね。




ssalebaner.jpg



最新記事